映画『哭声 コクソン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「哭声 コクソン」のネタバレあらすじ結末と感想

哭声 コクソンの概要:平和な韓国の村、谷城(コクソン)で村人が家族を殺害する事件が立て続いて起こる。幻覚性キノコが原因だと発表されるが、捜査に関わることになったジョングは説明のつかない事実に巻き込まれる。意外な展開が連続するまさに異次元的映画。

哭声 コクソンの作品情報

哭声 コクソン

製作年:2016年
上映時間:156分
ジャンル:サスペンス、ミステリー、ホラー
監督:ナ・ホンジン
キャスト:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ etc

哭声 コクソンを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『哭声 コクソン』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

哭声 コクソンの登場人物(キャスト)

ジョング(クァク・ドウォン)
妻と娘とごく普通の生活を送る警察官。村で起きた村人惨殺事件をきっかけに、言葉では説明のつかないようなオカルトじみた事件へと巻き込まれることとなる。
謎の日本人(國村隼)
犬と共に山奥でひっそりと暮らす日本人。誰とも関わろうとしないためか身元に謎が多く、また非常に無口。彼が村に現れた頃から事件が起きるようになったために彼が犯人なのではないかと疑われているが……。
ヒョジン(キム・ファニ)
ジョングの娘。父にはどこかぶっきらぼうな態度を取ることもあるが、しっかり者で優しい性格。ジョングが日本人の男と接触してから、その身体と精神に異変が起き始める。
イルグァン(ファン・ジョンミン)
娘に起きた異変を治すためにジョングが呼んだ、高名な祈祷師。高い霊力を持つ。
ムミョン(ファン・ジョンミン)
奇妙な挙動と言動が目立つ、若い女性。事件の目撃者で、ジョングには「事件の犯人は悪霊。悪霊の正体は、山に住む日本人の男だ」と伝える。
ソンボク(ソン・カングク)
ジョングの後輩警察官。ジョングに何かと協力してくれる。
イサム(キム・ドユン)
ジョングの同僚の甥っ子で、神父の見習い。日本語の通訳ができるために日本人の男との接触の際、ジョングたちと同行することに。

哭声 コクソンのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『哭声 コクソン』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

哭声 コクソンのあらすじ【起】

のどかな田舎の村、コクソン。平和そのものだったその村に、ある日身内が身内を襲い殺してしまうという事件が多発する。加害者には共通して、肌が爛れ目が濁り、正気を失った状態になり家族に襲い掛かるという特徴があった。

事件を担当することになったのは、妻と娘、そして祖母とつつましくも幸せな生活を送る警官のジョング。事件の現場に向かうと、加害者の家族と思しき男性が泣きながら「何故だ!どうしてこんなことに!」と叫んでいる。事件のあった家の中はめちゃくちゃになり、被害に遭った家族の遺体が見える。容疑者の青年は全身血まみれになり、虚ろな状態のまま座り込んでいる。明らかに常軌を逸した状況だ。容疑者に動機はなく、専門家たちの見解では「幻覚性のキノコにより錯乱した末の犯行だ」と述べる。

ある夜、警察署の中では部下のソンボクがジョングに村はずれの山奥に住む日本人の話を始める。村人たちの間では彼の存在が怪しい、ともっぱらの評判であった。ソンボクの話によれば、村の猟師が山へ鹿狩りにいった時のこと。彼が足を滑らせてしまい谷底に落ちた際に、その日本人は現れた。姿は裸で、目は赤く光り、まるで悪魔のような形相で日本人は鹿に食らいついたのだという。一連の事件はその日本人が関連しているのではないか?村ではそんな噂が流れているのだ。そんな馬鹿な、と笑い飛ばすジョングだったがその時突然警察署に雷が落ち、停電に。あまりのタイミングに2人して怯えていると、更なる落雷の直後、署の前には裸の女がまるでゾンビのように佇んでいた。年甲斐にもなく大声を上げ、本気で怖がる2人。慌てて外に出てみると、既に女の姿はどこにもなかった……。

女の正体が分からないまま翌日を迎えるジョング。女のせいで悪夢に魘されながらの目覚めの直後、朝から妻と車の中でせっせと情交に耽りはじめる。娘のヒョジンに見つかりそうになりながらも、大慌てで車を飛び出すジョング。何とも落ち着きのない一家ではあるが、ヒョジンにオカリナを教えてあげたりと幸せそうにジョングは微笑む。

そんな中、またもや村で事件が起きる。とある一家の妻が家族を惨殺した。現場に駆け付けると、全身の皮膚が爛れ凶暴化した妻がゾンビのようにジョングに襲い掛かってきた。馬乗りにされ間抜けな絶叫を上げるジョングから妻を引き剥がす警察官たち。身を起こしたジョングは、ふと野次馬の中に例の日本人がいるのを何気なく目撃してしまう。

翌日、この妻は首を吊って自殺していた。そしてジョングは気付く。死んだその妻は、あの停電の夜に現れた裸の女だったのだと。

哭声 コクソンのあらすじ【承】

事件後、現場保全のために惨殺事件のあった家の前で警備をしているジョングとソンボク。ジョングは、加害者たちの肌が異様に荒れていたのを思い出し皮膚科に聞き込みへ向かえと命じる。それに従ってソンボクがいなくなった後、スマートフォンをいじくりながら警備を続けるジョング。そんな彼に向かって何故か小石を投げ続けてくる、不審な女が現場に現れた。女の名はムミョン。どことなく異様な雰囲気を漂わす彼女に何の用か尋ねると、ムミョンは事件の目撃者なのだと言う。止めるのも聞かずに勝手に現場へ入っていくムミョン。その後を追いかけると、ムミョンは話し始めた。

「犯人は確かに奥さんだけど、それは呪いのせい。呪いをかけた悪魔はあの日本人だ」

オカルトじみた話を半信半疑に聞きつつ、目撃者がいたことをソンボクに連絡しようとしたところでムミョンは姿を消してしまった。彼女が姿を消した後、現場の裏手に周ると裸で生肉を頬張っている例の日本人の姿を見てしまう。日本人はジョングを見つけるなり、ユラリと起き上がる。血に塗れた全身で、こちらへと近寄ってくる日本人。ジョングは情けなく声を上げ、腰を抜かしてしまう……たちまち悲鳴。と、場面は自室の布団の上。どこまでが事実かは分からないが、裸の日本人に襲われかけたのはジョングの夢落ちであったようだ。目覚めたジョングの横で眠るヒョジンだったが、どうもあまり体調がよくないらしい。……風邪でもひいたのだろうか?

それまでは所詮は噂話だと取り合わなかったジョングも、いよいよ日本人について無視できなくなってくる。ムミョンの言葉もあってか、ジョングとソンボクは調査のため、例の猟師に日本人の住む家へと案内してもらうことにする。その道中で猟師は怖気づき、やっぱり帰ると引き返し始めてしまった。そこで雨が降り出したかと思うと、猟師は雷に打たれ倒れてしまう。漁師はそのまま病院へ運ばれるが、更にその病院では最初の事件の容疑者の青年が激しい痙攣を起こしたまま息を引き取った。その場を目撃し、唖然とする二人。

ある朝、それまで具合の良くなかったヒョジンが異常なまでの勢いでご飯を食べている。「おはよう!」と普段と変わらない様子を見せながらも嫌いだったはずの魚を大量に口に運び、妻も祖母もやや不可思議な顔つきでそれを眺めるばかりだった。

後日、ソンボクの甥だという日本語が話せる助祭・イサムと共に再び日本人の住む家へと向かう一同。家の中に日本人はおらず、飼い犬だけがいるようだった。ジョングは勝手にその家の中を覗き込み、怪しげな仏像や蝋燭が並んだ、まるで何かの儀式でもしているかのような部屋を発見する。一方でソンボクも、大量の写真が貼られた小部屋を見つけ息を飲んだ。そこに映し出されていたのは例の皮膚が爛れた加害者たちの姿や、殺害現場の映し出された写真である――その時、突如悲鳴が響く。飼い犬が、イサムの脚に噛みついていた。犬を何とか払いのけているうちに、家主の日本人が帰宅する。勝手に侵入したということもあってなのか、気まずそうに立ち去る3人。車の中では、真っ青な顔をしたソンボクが呟いた。

「あいつがみんなに呪いをかけてるんだ。部屋の中に写真がたくさんあった。事件に関する写真が……」

やがてソンボクは今にも泣きそうな顔で、運転席のジョングに何かを差し出した。それは……『ヒョジン』、と娘の名前が書かれた片方だけの運動靴だった。慌てて帰宅し、娘にこの靴はお前のものか、と尋ねるジョング。知らない、と素っ気なく答える娘に対し、「日本人には会ったか。重要なことなんだ、答えなさい!」と詰め寄るとヒョジンは豹変したように叫び出した。「一体何が重要なんだよ!」と、金切り声を上げるヒョジン。夜中、彼女が寝静まった頃にそっとパジャマを捲るとその身体には湿疹ができていた。目覚めた娘は再び金切り声を上げ、信じられないような汚い言葉をジョングに浴びせ始める。――ソンボクの言う通りに、娘はあの日本人に呪われてしまったのだろうか?

哭声 コクソンのあらすじ【転】

再び、イサムと共に日本人の家へと向かうジョング。日本人の男はそこにおり、ジョングは家の中へと上がり込むなり例の写真が消えていることに気付く。イサムに尋ねさせると、日本人は「台所で燃やした」と言う。更に「何しにここへ来たのか」と聞くと、「言っても信じないだろう」と曖昧な返答。何者なのか、目的は何なのか、何故ここにいる、次々尋ねかけても真実を語らない日本人に我慢ならなくなり「俺の娘に何をした!クソったれ!」と近くにあった農具で家をめちゃくちゃにする。更には襲ってきた犬を正当防衛からか撲殺してしまう。「3日以内に出て行かないとお前も同じ目にあわせるぞ」と脅し、無表情のままでいる日本人の元を去るジョングとイサム。

翌朝、騒がしい妻と祖母に起こされて玄関を見ると、黒山羊の死体が吊るされていた。更に、ヒョジンが近所のおばさんを刃物で怪我を負わせてしまう。返り血を浴びながら自分のしたことに恐怖を覚えるヒョジン。祖母がすぐさま、有名な祈祷師だというイルグァンに依頼をする。一家の元を訪ねて来たイルグァンはジョングを見ただけで「あんたは最悪の相手を挑発してしまった。あの日本人は悪霊だ」と、除霊の代わりに多額の金額を要求した。娘のためにもそれに同意するしかない家族たち。ジョングは尋ねる、何故うちの娘が狙われたのかと。イルグァンは答える、「釣りをする時に何が釣れるか分かるのか?奴は餌を撒いただけ。そして、あんたの娘はそれに食いついただけ」だと答える。

数日後、イルグァンの祈祷が始まる。『殺』という呪術を掛けることでしか悪霊を倒せないという。お祓いというよりは激しい舞いでも踊るかのようなその儀式に、ヒョジンは術が効いているのか苦しみ激しくもがき始める。見守ることしかできないジョングと、「もうやめて」と泣いてせがむ妻。相手の日本人も抵抗するように静かに術を唱え始め、呪術と呪術のぶつかり合いが始まった。こちらの術が効くと日本人も苦しむが、また同時にヒョジンも悲鳴を上げてのた打ち回り空を掴むように悶絶する。そんな姿に耐え切れず祈祷を中止するジョング。同時に、術のダメージで倒れていた日本人も息を吹き返した。それを物陰から見つめるのはいつかの不思議な女、ムミョンであった。一方ヒョジンは病院へと搬送される。

ジョングはイサムと共に神父に相談に行くが、「実際に見たもの以外は信じるな」と言うばかりで力にはなってもらえそうにない。ジョングは直接日本人を殺しに行くしかない、と再度彼の元を数人で訪れる。隠れていた日本人を見つけ出し、追い詰めようとするジョング一同だが、彼は怯えたような表情で逃げ出してしまう。途中、崖近くで見失い諦めるより仕方なくなってしまう。一方、ジョング一行から逃げ出した日本人は例の女・ムミョンを見つけるなり何故か彼女を追う。その途中、諦め帰宅しようとしたジョングらの乗る車に轢かれる日本人。突然の出来事に呆然とするが、一先ず彼を殺せたことで遺体を崖下に投げ捨てる。……結果として日本人を殺すことには成功したがそれは正解なのだろうか?答えは分からないままヒョジンの入院先へ向かうと、娘は元気になっているようだ。涙を流し抱き合う親子。何だ、やはりあいつの呪いだったんだな、とジョングは安心する。しかし、一方では何かに気付いたイルグァンがジョングにしきりに電話を入れる。電話に気付かないジョングに、イルグァンは直接彼の家へと向かう。

場面は変わり、ソンボクの家。ソンボクは自分の祖母を殺害していた。返り血を浴び呆然としているソンボク――、呪いはまだ、終わっていない。

哭声 コクソンの結末・ラスト(ネタバレ)

ジョングの家に着いたイルグァンだったが、車から降りた彼の前に暗闇から1人の人物が現れる。……ムミョンだ、日本人から逃げていた彼女が何故ここにいる?突然大量の鼻血と共に嘔吐するイルグァン。ムミョンに恐れをなし車に乗り込むイルグァン、そこでようやく彼からの大量の着信に気付いたジョングがイルグァンの元へと向かう。彼からの電話に応じながら、信じ難い言葉を聞くこととなる。

「俺は『殺』をかける相手を間違えた!本当の悪霊はあの女だ。日本人はきっとあの女から村を守ろうとしていたんだ。早く家に戻ってくれ!」

混乱しつつ言われた通り家に戻るジョングだったが、退院してきた筈のヒョジンの姿がない。周辺を探し回っていると、そこへ姿を見せたのは「本当の悪霊」だというその女・ムミョンだった。こんな時間にどこへ向かうのか、と尋ねる彼女に警戒心を持つジョング。娘の行方を尋ねると、ムミョンは「あの子は悪霊に惑わされている。今、家に入っては駄目。今家に入ればあなたの家族がみんな死ぬ」。……分からない。誰が敵で誰が味方なのか?ジョングは尋ねる。

「どういう意味なんだ?」
「あの日本人の男はあなたが家に戻るのを待っているのよ」
「あいつはもう死んだじゃないか」
「死ぬなんて有り得ないわ。家に罠を張ったから、あそこの鶏が3回鳴くまでは家に入らないようにして」
「お前は何者だ?」
「あなたの娘を救うために来たの」

一方、家にはヒョジンが帰ってくるが様子がおかしかった。虚ろな目をしたままヒョジンは家へと入り、家中の食料を食い散らかし始めた。座り込みそれを呆然と眺めるしかできない母と祖母。

ジョングの元に、再びイルグァンから電話が入る。「女に惑わされてはいけない。早く娘の元へ!」と切羽詰まった声で告げると、毅然としたままでムミョンは言う。「あの祈祷師はグルだから信じないで」。

一方、鎌を持ったイサムが日本人の家へと訪れていた。死んだ筈の日本人は確かに生きている。毛布に包まったその日本人に話しかけるイサム、「お前は何者なんだ」。日本人は表情一つ変えずに答える、「お前はどう思っているんだ」。イサムは「悪魔だ。お前は悪魔だ。お前の口から正体を言え!」と迫る。日本人は言う、「お前は私が悪魔だと確信をもってここへ来たんじゃないか。なら、その考えは変わらない」。そんな日本人にそれは違う、と叫び、本当の正体を明かしてくれるなら自分は何もせずに帰ると告げる。不気味に笑いだす日本人。一方で、ジョングの元では鶏が1度、2度と鳴き、結局ムミョンが止めるのも聞かずにジョングは家へと入ってしまう。愕然とし、止めようとしその手を伸ばしたまま悲し気な顔をするムミョン。家へと入ると、そこには血の海が広がっている。かろうじて息のある妻を抱き起こすと、その背後には包丁を持ったヒョジンの姿が現れる……。

日本人の男の顔は、まさに悪魔そのものと化していた。笑いながら聖書の言葉を呟き、イサムの顔をカメラに収める日本人。結局彼は本当に悪魔なのか?それとも人を疑い、殺しまで起こそうとした罪を犯したジョングを裁く神なのか?――答えは定かではない。

夜が明けて、ジョングの家へとやってくるイルグァン。軒先では血に染まり虚ろな眼差しのヒョジンが座りこけているが、構うこともなく中へと入っていく。その現場を写真に収めるイルグァン。家の中では瀕死のジョングがうわ言のように繰り返している。

「ヒョジン、大丈夫だ……父さんが何とかしてやるから……父さんが……」

イルグァンは何事もなかったかのように、その場を後にして去っていくのだった。

哭声 コクソンの感想・評価・レビュー

噂には聞いていたがホラーなのかコメディなのかサスペンスなのか推理ものなのか話が一転二転とする作品。人によって大いに解釈が違うので予備知識なしで見て頂きたい。私も記憶を消してもう1度視聴したい。単純に日本人が悪者?反日映画なの?とは思わないでほしいところ。解釈次第で彼は主人公の罪を断罪した神とも取れるのだから。ちなみに、この謎の男を演じた國村隼は韓国で最も権威のある青龍映画賞で助演男優賞を取っている。名誉な話だ。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする