映画『蜘蛛の巣を払う女』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「蜘蛛の巣を払う女」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

蜘蛛の巣を払う女の概要:天才ハッカーのリスベットには双子の妹カミラがいた。彼女とは幼少期の時に別れており、それ以来16年間、会うことは無かった。ファイアーフォールというプログラムを盗む仕事を依頼されたリスベットは、やがて自分の過去と対峙することになる。

蜘蛛の巣を払う女の作品情報

蜘蛛の巣を払う女

製作年:2018年
上映時間:115分
ジャンル:サスペンス、ヒューマンドラマ
監督:フェデ・アルバレス
キャスト:クレア・フォイ、スヴェリル・グドナソン、レイキース・スタンフィールド、シルヴィア・フークス etc

蜘蛛の巣を払う女の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『蜘蛛の巣を払う女』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

蜘蛛の巣を払う女の登場人物(キャスト)

リスベット・サランドル(クレア・フォイ)
天才的な才能を持つハッカー。父親はロシアの犯罪組織の黒幕。少女期に父からの虐待から逃れようと実家から逃走。背中に大きなドラゴンのタトゥーを入れている。
カミラ・サランドル(シルヴィア・フークス)
リスベットの双子の妹。リスベットが屋敷から逃げた後、父親からひどい虐待を受けて育った。父の死後は犯罪組織の名前を“スパイダーズ”と変え、ボスとなる。
ミカエル・ブルムクヴィスト(スヴェリン・グドナソン)
“ミレニアム誌”の記者。過去、リスベットと共に難事件を解決した。その記事は高い注目を浴びて一躍有名人となったが、リスベットの過去を暴くものでもあり、苦悩することとなった。
エドウィン・ニーダム(ラキース・スタンフィールド)
元・伝説のハッカー。今はNSAで特別職員のポストに就いている。バルデルが組み上げたファイアーフォールというプログラムを管理していたが、リスベットに奪われ、スウェーデンまで奪還しにくる。元・特殊部隊員でもある。
アウグスト・バルデル(クリストファー・コンベリー)
ファイアーフォールを作ったバルデルの息子。幼いながら天才であり、チェスの腕前はリスベット以上。ファイアーフォールのプログラムを構築する際、彼の考え方が基盤となっている。

蜘蛛の巣を払う女のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『蜘蛛の巣を払う女』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

蜘蛛の巣を払う女のあらすじ【起】

リスベット・サランドルの父親はロシアの犯罪組織の黒幕だったが、ひどいサディストでもあった。リスベットにはカミラという双子に妹がいた。父からの虐待から二人で逃げよう考えたリスベットだったが、カミラは父親を怖がり従順に彼に従ってしまった。リスベットは自宅のテラスから飛び降りると雪の中を一人で逃げていった。

それから時が立ち、成人したリスベットは難事件解決に手を貸すほどの天才ハッカーになっていた。それとは別に、彼女は個人的に夜な夜な父親のような傲慢な男たちを懲らしめてもいた。ある日、彼女のところに仕事が舞い込む。暗号考案者フランス・バルデルという男が、自分が作り上げたファイアーフォールを盗んでほしいと依頼してきた。

ファイアーフォールは個人のPCから世界中の核兵器に簡単にアクセスでき、どこからでも核を発射できるというとんでもないプログラムだった。それはバルデルの手を離れ、今はNSAのエドウィン・ニーダムという男が管理していた。

ニーダムのコンピュータに不正アクセスしたリスベットはファイアーフォールを奪取。それに気がついたニーダムは転送先がスウェーデンのストックホルムであることを突き止め、大急ぎで回収に向かった。

ファイアーフォールを手に入れたものの、プログラムは特殊なパスワードでロックされて開くことはできなかった。その夜、リスベットの家に何者かが侵入しPCを奪うと家を爆破。なんとか危機を脱したリスベットは、やってきた警察の追跡を振り切って逃走していった。

蜘蛛の巣を払う女のあらすじ【承】

待ち合わせ場所に来なかったことから、リスベットがファイアーフォールを盗んだと思ったバルデルはスウェーデンの公安警察に駆け込んだ。副局長のグラーネは早急に対処することを約束した。

“ミレニアム誌”の記者ミカエル・ブルムクヴィストは、かつてリスベットと共に難事件を解決した人物だった。だが、リスベットが去った後、これといって有名になるような記事は書けていなかった。そんな彼の前に三年ぶりにリスベットが現れる。彼女は今の状況を説明し、自宅のセキュリティに残っていた画像を渡した。その画像には自分を襲い、PCを奪った仮面の男の姿が写っていた。ミカエルに捜索をお願いしたリスベットは早々に彼の前から姿を消した。

ニーダムはスウェーデンにやってきたが、彼の素性を知るグラーネからおかしな行動はしないようにと釘を刺される。仲間のハッカーの所にやってきたリスベットはバルデルが公安警察に行ったことを知らされる。ファイアーフォールを開けるのはバルデルしかいない。マスクの男が次に狙うのはバルデルだと察知したリスベットは彼を監視することにした。

バルデルは幼い息子アウグストを連れていた。アウグストはサンフランシスコの母親の元に行きたがっていた。

ミカエルはマスクの男に蜘蛛の刺青があるのを発見。それを調べるとミロシュという男に辿り着く。ミロシュに写真を見せると、マスクの男は“スパイダーズ”と呼ばれる組織の一員“毒殺者”だと説明される。そのことをリスベットに報告するが、彼女もスパイダーズについては知らなかった。

ニーダムはリスベットを追いかけたが、彼女はことごとく彼を欺いた。そうこうしているうちにバルデルの所に“毒殺者”が現れる。それに気がついたリスベットはバルデルを逃がそうと彼の元へと駆けつけたが、“毒殺者”によってバルデルは殺され、アウグストが連れ去られてしまった。

リスベットは警察車両を奪うと彼らの後を追いかけ、“毒殺者”の車のスマートシステムをハッキングし、彼らを足止めすることに成功。吊橋のところで追いついたリスベットはアウグストを助け出し、橋を動かして“毒殺者”を橋に閉じ込めた。その場を去る直前、橋の向こう側に赤い服を着たカミラの姿を見たリスベットは凍りつく。

蜘蛛の巣を払う女のあらすじ【転】

ニュースでリスベットに殺人と誘拐の容疑がかけられたと報道される。事件を嗅ぎまわっていることがバレたニーダムはアメリカに強制送還されることとなり空港へと連れて行かれた。

アウグストは天才でファイアーフォールのシステムは彼の考え方で構築されていた。アウグストはリスベットにファイアーフォールのパスワードを教える。隠れ家にやってきたミカエルはスパイダーズについて得た情報を説明した。スパイダーズはかつてリスベットの父の組織の別名で、今はカミラが指揮を執っているのだと。

アウグストを国外に逃がそうと考えたリスベットはニーダムを利用しようと考える。空港に監禁されているニーダムを、持ち前のハッキングテクニックで解放したリスベット。ファイアーフォールは奪還後に破壊することと、アウグストの国外脱出の手助けをするという取引を持ちかけられたニーダム。警察に追われたニーダムはそれをしぶしぶ了承。救出された彼はリスベットの仲間のハッカーの所へと運ばれていった。

携帯電話でアウグストの居場所を突き止めたカミラたちはリスベットの隠れ家へと乗り込んできた。久しぶりに姉妹が顔を合わせたが、カミラは、今度は姉さんが苦しむ番だと言ってアウグストを拉致。リスベットはミカエルを連れてその場を逃げた。

カミラが自分たちの実家に戻ったことに気がついたリスベットは、アウグストとファイアーフォールを取り戻すべく、屋敷へと向かって行った。

蜘蛛の巣を払う女の結末・ラスト(ネタバレ)

グラーネに現状を報告に行ったミカエル。彼女は早急な対応をしてくれたが、屋敷へと向かう途中、ミカエルはカミラからファイアーフォールを買う“客”がグラーネだと気がつく。彼女は、あれほど危険なプログラムはアメリカも個人も手にするべきではないと語った。

屋敷に乗り込んだリスベットだったが、カミラの罠にハマり捕まってしまう。だんまりを決め込むアウグストにリスベットは、私を信じてと言ってパスワードを言わせた。ファイアーフォールが起動し、現れたグラーネはそれを買おうとしたが、カミラの裏切りによって殺されてしまった。

リスベットと対峙したカミラは、リスベットがいなくなったあと16年間もの間、父親から虐待を受けたことを告白。リスベットが一人で逃げたことを恨んでいた。

リスベットは忍び込んだ時、屋敷のシステムに侵入していた。それにより、屋敷の内部は3Dモデリングで仲間のハッカーのPCに転送されており、屋敷内の人間の行動もモニターされていた。そのデータを使ってニーダムはスナイパーライフルでスパイダーズたちを撃ち殺していく。

状況に気がついたカミラと“毒殺者”はそれぞれ屋敷から逃走を図る。ミカエルはアウグストを救出。それを確認したリスベットはカミラを追いかけていった。カミラは車で逃走したが、突如、森から現れた“毒殺者”と衝突して負傷。

森の中に逃げていくカミラを発見したリスベットは崖に彼女を追い詰める。カミラは、なぜ16年の間、私を助けに来てくれなかったのかと問いかけてきた。リスベットは、怖かった、あなたは私でなく父親を選んだと泣きながら返事をした。それを聞いたカミラはファイアーフォールの入ったPCを投げ捨て、自ら崖の下へと飛び降りていった。

PC内のファイアーフォールは破壊され、世界から核の脅威は去った。アウグストはニーダムと共にアメリカに渡り、母親の元へと帰された。ミカエルは今回のことを“蜘蛛の巣を払う女”というタイトルで記事にするが、以前のようにリスベットの過去を書くことに悩み、最終的にその記事を破棄した。リスベットは過去を葬るように実家に火を放つと、バイクに跨りその場を去って行った。

蜘蛛の巣を払う女の感想・評価・レビュー

有名なシリーズの最新作だが、リスベット役が変わったのは大きかったと思う。年齢的に難しいのは分かるがノオミ・ラパスのイメージが強すぎたため、クレア・フォイでは少し弱い印象。作品自体は後半になるにつれてスケールダウンする感じ。カミラとの関係もあっさりと終わってしまい物足りない。このシリーズは繊細で強烈な心理描写が持ち味だと思っているのだが、今回はそれがあまり感じられなかった。悪い方にアメリカナイズされてしまった感じ。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

前作 ドラゴン・タトゥーの女

この記事をシェアする