映画『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!」のネタバレあらすじ結末と感想

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!の概要:春日部の街で、自分のそっくりさんが出現するという噂が広まっていた。春日部幼稚園に通うしんのすけ達は気にしていなかったが、いつもとは様子が異なる友達がいた。そんな時、しんのすけは母親のそっくりさんを目撃する。

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!の作品情報

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!

製作年:2006年
上映時間:90分
ジャンル:コメディ、アニメ
監督:ムトウユージ
キャスト:矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ etc

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!の登場人物(キャスト)

野原しんのすけ(矢島晶子)
春日部幼稚園に通う園児。可愛いお姉さんが大好き。いつも明るく陽気で、ちょっとお下品なことも口にしてしまう。妹のひまわり・愛犬のシロ・母親のみさえ・父親のひろしと一緒に暮らしている。
マサオくん(一龍斎貞友)
春日部幼稚園に通う園児。しんのすけの友達。気弱な性格。同じ幼稚園に通う酢乙女あい(通称、あいちゃん)のことが大好き。
風間くん(真柴摩利)
春日部幼稚園に通う園児。しんのすけの友達。お母さんのことが大好き。いつもしんのすけに振り回されている。
ジャクリーン・フィーニー(渡辺明乃)
通称、ジャッキー。SRIという組織に所属している捜査官。ある事件を追って春日部の街にやって来る。
アミーゴスズキ(池田秀一)
ジャッキーの父親。バイオテクノロジーによってコンニャクローンを作製する。サンバの基本と美容と健康を追い求める内に、自分らしく踊ることを忘れてしまう。

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!のあらすじ【起】

春日部幼稚園に勤める先生達が、お酒を飲みながらおしゃべりをしていた。そこで、まつざか先生は今度のお遊戯会で、サンバを踊ることを提案する。まつざか先生はサンバを踊って園児の父親を誘惑する気だった。いつも春日部音頭を踊っていたので、よしなが先生と上尾先生は困惑した。とりあえずその日は解散することになり、上尾先生が酔ったまつざか先生を送ることになった。よしなが先生は1人で歩いていたのだが、誰かの気配を感じて気味が悪くなった。慌てて踏切を渡ってやり過ごすが、自分によく似た女性に襲われてしまう。

園長先生はよしなが先生と共に、バスに乗って園児達を迎えに行った。しかし、しんのすけの準備が終わっておらず、野原家で足止めを喰らってしまう。園長先生が乗せるのを諦めて出発しようとしているのを、よしなが先生が止めた。しんのすけの母のみさえも園長先生も、いつになく明るくてしんのすけの下品な話にも合わせてしゃべるよしなが先生に違和感を抱いた。

しんのすけの友達のマサオくんは、自分が好きなあいちゃんの性格が変わってしまったことに気づく。いつもは自分に冷たいのに、急に優しい態度で接してくるようになったのだ。マサオくんはそのあいちゃんが偽物だと思い、しんのすけ・風間くん・ネネちゃん・ボーちゃんに相談した。すると、ボーちゃんは自分のそっくりさんが本物に成り代わり、自宅に帰る話をした。風間くん達はその話に怯えるが、ただの噂だと気にしなかった。

サンバに反対していたよしなが先生が、突然サンバを行うことに賛成した。まつざか先生は昨夜と言っていることが全く違うよしなが先生の様子に戸惑った。風間くんはそんな先生達の様子を偶然目撃しあいちゃんとの関連を疑うが、特に気にしないことにした。しかし、家で母の様子がいつもとは違うことに気づき、密かに怯えることになる。

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!のあらすじ【承】

よしなが先生は画びょうを使い、教室の壁に展示物を張りつけていた。その時、靴の中に画びょうが落下した。風間くんはそのことに気づき忠告しようとするが、よしなが先生はその前に靴を履いてしまう。よしなが先生は画びょうを踏んでも痛がることもなく平然としていた。園長先生とよしなが先生は風間くんが違和感を察知したことに気づくが、しんのすけが現れたため何もすることができなかった。風間くんは偽物の存在を認めることができず、友達に相談することはできなかった。

しんのすけは家族でスーパーに買い物に出かけた。その時、みさえが2人いることに気づく。戸惑っていると正体不明の女性(ジャッキー)が現れ、偽物のみさえを撃退した。みさえが逃げたので女性が後を追って行くと、サンバホイッスルが落ちていた。その頃、みさえも夫のひろしも自分のそっくりさんの気配を感じていた。

しんのすけはみさえの偽物を見たことを風間くん達に話した。その時、園長先生とよしなが先生がお遊戯会でサンバを踊ることになったと園児達に話し始めた。しんのすけがサンバの曲を流すと、園長先生とよしなが先生と数十人の園児達が踊り始めた。偽物は踊りが好きだという噂があり、今踊っている人達が偽物であることは間違いなかった。しんのすけ達は逃げ出ることにした。しかし、まつざか先生はしんのすけ達を助けるために、敵に捕まってしまう。

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!のあらすじ【転】

ひろしは同期の偽物と黒いマントを羽織った怪しい集団に襲われる。しかし、家族を守るために必死に家に帰った。すると、既に偽物が家の中に入り込んでいた。ひろしとみさえは偽物のひろしを家の外に追い出した。庭にいた犬のシロを呼んで家の中に籠城しようとするが、なぜか警戒されてしまう。実は、しんのすけも偽物だったのだ。ひろし達が戸惑う中、本物のしんのすけがジャッキーの車に乗って現れる。ひろし達はその車に乗って逃げた。

ボーちゃん・マサオくん・ネネちゃんは家族が偽物だったため、公園の遊具の中に隠れていた。すると、偽物の風間くんと黒いマントを羽織った怪しい集団に見つかり襲われそうになる。そこに、ジャッキーの車に乗ったしんのすけ達が現れ助け出される。春日部の街は既に偽物だらけになっており、本物はジャッキーの車に乗っているしんのすけ達だけになってしまう。

ジャッキーはしんのすけ達を逃がそうとするが、主要な道路は敵の手によって封鎖されていて街の中を走っていることしかできなかった。ボーちゃんは春日部山から隣町に抜けることを提案した。ジャッキーは山道を運転するが、敵がショベルカーに乗って待ち構えていた。しかも、後ろからも敵が来て追い詰められてしまう。ジャッキーは隙間を縫って、その場を逃げ出した。敵の1人が車にしがみついていたが、木にぶつけて撃退した。

ジャッキーは本部に連絡しようとするが、妨害電波のせいで繋がらなかった。ジャッキーの正体は、この事件を捜査する特殊捜査官だった。偽物が初めて現れたのは、アメリカのカリフォルニアのサンタモナカという小さな町だった。メキシコやカナダでも同様の事件が起こっており、春日部は6番目に被害に遭った町だった。この事件の真犯人はアミーゴスズキという名の人物だった。ジャッキーがしんのすけ達にこの事件について話していると、敵が襲ってきた。ジャッキーは何とか逃げ出すが、しんのすけ達が捕まってしまう。

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!の結末・ラスト(ネタバレ)

しんのすけ達が連れて行かれた地下工場では、こんにゃくを使って偽物が作製されていた。そのことに驚いていると、リーダー格の女性・アミーゴスズキと敵がしんのすけ達の周りでサンバを踊り出した。しんのすけ達は敵からサンバを踊るよう強要されるが、ひろしは怒って抵抗した。すると、アミーゴスズキはひろしが偽物であると言い出した。ひろしは言い訳をして偽物ではないことを証明しようとするが、そんなことをしなくてもみさえ達は目の前のひろしが本物だと確信していた。

アミーゴスズキはしんのすけ達を処分するよう指示した。すると、そこにジャッキーが仲間を連れて助けに現れる。ジャッキー達は工場を制圧し、ひろしに偽物(コンニャクローン)を溶かすことができる液体を渡した。1人残ったジャッキーは、アミーゴスズキとサンバで対決した。

ひろし達は工場の奥で無理矢理サンバを踊らされている春日部の住民達を発見する。ジャッキーの仲間が音楽を止めると、住民達は踊るのを止めて座り込んだ。皆が再会を喜ぶ中、しんのすけはジャッキーの元に戻り、サンバを踊って激励した。そこに、ひろし達も駆けつける。ジャッキーはしんのすけに励まされ、楽しそうにサンバを踊った。その姿を見て、ひろし達も踊り始めた。

しんのすけ達は皆で春日部音頭を踊った。それにアミーゴスズキは調子を狂わされてしまう。アミーゴスズキが皆と一緒に踊る楽しさを見出しそうになっているときに、アミーゴスズキの部下がジャッキーを撃った。ジャッキーの仲間達はそれを見て、アミーゴスズキ達を攻撃した。ジャッキーは死んでおらず、意識を取り戻した。そんな中、攻撃を受けたアミーゴスズキの体を覆っていたコンニャクが解けだした。アミーゴスズキの本当の姿は男性で、ジャッキーの父親だった。ジャッキーは父と和解した。実は、ジャッキーがスーパーで拾ったサンバホイッスルは、家を出るときにジャッキーが置いていったものだった。ジャッキーはそのホイッスルをしんのすけに贈った。