「クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリの概要:野原家にUFOが墜落した。UFOの中から、宇宙人のシリリが現れる。シリリは殺されると怯え、バブバブパワーを出した。バブバブパワーを浴びたひろしとみさえは、子供の姿に若返ってしまう。元に戻るには、種子島にいるシリリの父に会う必要があった。

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリの作品情報

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ

製作年:2017年
上映時間:103分
ジャンル:SF、コメディ、アニメ
監督:橋本昌和
キャスト:矢島晶子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ etc

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリの登場人物(キャスト)

野原しんのすけ(矢島晶子)
幼稚園児。空気が読めず、突拍子もない行動を起こすことがある。嘘を吐くのが苦手で、ついつい本当のことを言ってしまう。
シリリ(沢城みゆき)
ナースパディ星に暮らす宇宙人。身の危険を感じたとき、バブバブパワーを出し相手を若返らせる。ナースパディ星人なら使えるスクスクパワーを使うことができず、劣等感を抱いている。
八尾幾三(大人:小西克幸 / 子供:久野美咲)
幼い頃にUFOの撮影に成功し、そこから宇宙人やUFOを探すようになる。本棚にはSF関連のDVDがぎっしりと詰まっている。
チチシリ(宮迫博之)
シリリの父。横柄な性格で、シリリのことを自分の思い通りに行動させようとする。「人類バブバブ化計画」を企てる。

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリのあらすじ【起】

夜、野原ひろし、妻のみさえ、息子のしんのすけ、娘のひまわりは流れ星を目撃し、必死に願いごとを呟いた。だが、それは流れ星ではなくUFOだった。UFOは野原家に墜落し、中からシリリという宇宙人が現れた。

しんのすけにおもちゃの銃を向けられたシリリは殺されると誤解し、光線・バブバブパワーを出した。シリリは命の危機を感じたときだけ、バブバブパワーを出すことができた。バブバブパワーが当たったひろしは若返り、子供の姿になってしまう。シリリは大人は危険で、子供は安全な生き物だと信じていた。

シリリがテレビの銃声に驚き、再びバブバブパワーを出した。バブバブパワーはみさえに当たり、子供の姿になった。ひろしとみさえは25歳若返っていた。ひろし達は元の姿に戻すよう訴えるが、シリリにはできなかった。2人を元に戻すには、シリリの父に会う必要があった。ひろし達はシリリの父がいる種子島に行くことになった。

ひろし達は犬のシロを連れ、新幹線で種子島に向かうために駅に向かった。その途中、しんのすけの友人の風間くん、ネネちゃん、ボーくん、マサオくんに会ってしまう。シリリはしんのすけの尻に隠れていたのだが、しんのすけのオナラの臭いに驚き正体を現してしまう。シリリの姿を見た周囲の人は驚き、テレビカメラマンはシリリの姿を映して報道した。ひろし達はその場を離れ、風間くん達に事情を説明した。そして、シリリのことやひろしとみさえが子供の姿になったことは秘密にして欲しいと頼んだ。

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリのあらすじ【承】

ひろし達は新幹線に乗って移動した。皆で食事を食べる中、しんのすけがシリリの宇宙食を勝手に食べてしまう。ひろし達はシリリを不憫に思い、お弁当を少しずつ分けてあげた。シリリは素直じゃない態度ながらも食事を受け取り、お腹を満たした。みさえは子供のことを迎えに来ないシリリの父にあまり良い感情を抱けなかった。しかし、シリリは宇宙の平和を守るために忙しく働く父のことを理解し、尊敬していた。

ひろし達の荷物が不審な男に盗まれてしまう。ひろし達は静岡で下車し、ヒッチハイクを行うことになった。その結果、八尾幾三という男の車に乗せてもらうことになる。八尾はひろし達を自宅に連れて帰り、食事を振る舞った。

八尾の部屋にはSFの映画がたくさんあった。みさえは八尾の態度に不信感を抱き、UFOや宇宙人を信じているのか質問した。八尾は幼い頃から宇宙人の存在を信じていることを話した。実は、八尾はテレビで放送された映像を見て、シリリの存在を知っていた。

八尾は宇宙人に対して並々ならぬ執着心を見せた。みさえ達は八尾の元から逃げ出し、森の中を彷徨い歩いた。ひろしが荷車を引き、しんのすけ達はその上に乗っていた。すると、八尾が諦めず、追いかけてきた。シリリはバブバブパワーを出そうとするが、上手くいかなかった。八尾が木の枝にぶつかって倒れた拍子に、ひろしは加速した。その時、しんのすけ、シロ、シリリが誤って飛んで行ってしまい、長崎行きのトラックの荷台に落ちてしまう。トラックの運転手はしんのすけ達に気づかないまま、発進した。

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリのあらすじ【転】

しんのすけ達は長崎の町を歩いていた。しんのすけは呑気だったが、シリリは早く父の元に行かなければいけないと焦っていた。シリリは父の役に立たなければいけないと、追い詰められている様子だった。シリリの種族であるナースパディ星人は、生き物を成長させるスクスクパワーが使えた。しかし、シリリは生まれつきその力がなかった。誰の役にも立たないと落ち込んでいたシリリを認めてくれたのは、父だけだった。

シリリは寄り道ばかりするしんのすけに苛立ち、口論になってしまう。シリリは段ボール箱を被り、1人で去っていった。一方、みさえとひろしは八尾の運転する車で、しんのすけ達の後を追っていた。八尾は宇宙人と関われると喜んだ。

シリリは人間に姿を見られてしまい、逃げ惑った。シリリが逃げ込んだ場所は、サーカス会場だった。シリリは団員に捕まり、観客の前で見世物にされてしまう。恐怖に震えるシリリを救ったのは、しんのすけとシロだった。しんのすけ達は大砲を使い、サーカス会場から脱出した。しんのすけとシリリは仲良くなり、ヒッチハイクを行いながら種子島を目指した。シリリは移動しながら、地球の良さを体感する。

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリの結末・ラスト(ネタバレ)

しんのすけ達は無事にみさえ達と再会する。そこに、銃を持った不審な男とビデオカメラを持った不審な女が現れる。男達はみさえ達を捕まえ、地下にある施設に連れていった。そこにいたのは、シリリの父・チチシリだった。不審な男、不審な女はチチシリの部下の変身した姿で、サーカス団員も仲間だった。シリリやひろし達の荷物を盗んだのも、不審な男の仕業だった。全ては、シリリのバブバブパワーを集めるためだった。

チチシリはバブバブパワーを集めたため、シリリをお払い箱にした。シリリはショックを受けながらもみさえ達との約束を守るため、スクスクパワーで成長させて欲しいと父に頼んだ。しかし、チチシリに拒否されてしまう。

チチシリは「人類バブバブ化計画」を実行に移した。全人類を纏めて子供にし、再教育を施すというものだった。チチシリは純度を高めたバブバブパワーで、八尾を子供の姿に変えた。すると、八尾は記憶を失くし、心まで子供になった。みさえもバブバブパワーを当てられ、記憶を失ってしまう。シリリはしんのすけ達を守るため、初めて父に反抗した。しんのすけはチチシリの意表を突き、シリリやひろし達と一緒に逃げた。

しんのすけ達は通信機を使い、風間くん達に事情を説明して協力を仰いだ。風間くん達はシリリが乗ってきた宇宙船を使い、しんのすけ達がいる宇宙に向かった。一方、しんのすけ達は協力してチチシリ一味と戦った。そして、集められていたバブバブパワーを使い、チチシリの手下を子供の姿に変えた。子供になったチチシリの手下は自由に行動し、宇宙船を滅茶苦茶に操作した。チチシリは我慢ならなくなり、スクスクパワーを使った。チチシリの手下と共に、ひろし達も大人の姿に変わった。

風間くん達の乗った宇宙船が突っ込んで来て、バブバブパワーを溜めていた機械が破壊される。さらに、チチシリの宇宙船の操縦が効かなくなる。チチシリは嫌気が差し、退避することにした。シリリに一緒に来るよう命令するが、シリリはしんのすけ達を助けるために拒んだ。しんのすけ達はシリリの宇宙船に乗り込み、地球に帰還した。

シリリの宇宙船が壊れたため、ナースパディ星に戻ることはできなかった。シリリは野原一家と暮らすことになった。家の庭で花火をしていると、UFOが墜落した。中から、シリリの母親が降りてきた。シリリのことを迎えに来たのだ。シリリは母との再会を喜んだ。

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリの感想・評価・レビュー

始めシリリは偉そうな態度で野原一家と接するのだが、しんのすけと喧嘩した後に素直になったところが良かった。しんのすけがシリリのことを見捨てず、助けに行ったところも感動した。相変わらず、子供だけでなく大人も楽しめる作品だと思う。子供の姿に変わっても、家族を守ろうと頑張る野原ひろしはカッコ良かった。今回はしんのすけだけでなく、ひろしやみさえの頑張る姿もたくさん描かれていたので見応えがあった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする