12000作品を紹介!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』のネタバレあらすじ結末と感想

この記事では、映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』のストーリー(あらすじ)をネタバレありで結末まで起承転結で分かりやすく簡単に解説していきます。

また、映画ライターや読者による映画感想も数多く掲載中または掲載予定です。

スポンサーリンク

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』の作品情報


出典:https://video.unext.jp/title/SID0032588

製作年 2017年
上映時間 100分
ジャンル アニメ
ファンタジー
ミステリー
監督 阿部記之
キャスト 小野大輔
坂本真綾
田村ゆかり
諏訪部順一
製作国 日本

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』の登場人物(キャスト)

セバスチャン・ミカエリス(小野大輔)
シエルに仕える執事。その正体は悪魔。
シエル・ファントムハイヴ(坂本真綾)
ファントムハイヴ家当主。代々から続く政府の汚れ仕事を引き継いでいる。
エリザベス・ミッドフォード(田村ゆかり)
通称「リジー」。シエルの幼馴染であり婚約者。
葬儀屋(諏訪部順一)
ファントムハイヴ家に協力する者。本作では驚きべき秘密が判明する。
グレル・サトクリフ(福山 潤)
死神。悪魔と敵対する存在なのでセバスチャンを攻撃する。
ロナルド・ノックス(KENN)
グレルの死神仲間。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』のあらすじ【起】

執事のセバスチャン・ミカエリスは、シエル・ファントムハイヴから命令を受ける。
それは『死者を生き返らせる病院の調査』だった。
調査の結果、アウローラ学会という結社が非人道的な人体実験を行っていることが判明。
さらに学会員の集会が、「カンパニア号」という豪華客船で行われることも明らかになる。

シエルとセバスチャンもカンパニア号に乗り込むが、シエルの婚約者のリジーも乗船していた。
船の中でシエルたちは人体実験を目撃、たしかに死者が動き出していたのだった。
ただ、動き出した死者は周囲の人間を攻撃し、会場は混乱に陥る。
しかしとある青年が死者の頭を潰すと、死体は動かなくなった。

青年はロナルド・ノックスという名前の死神だったのだ。
彼は悪魔でもあるセバスチャンを見かけると、いきなり攻撃をしかける。
一方シエルは、逃げ出したアウローラ学会会長を追いかけるのだった。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』を無料視聴できる動画配信サービスと方法については、以下の記事をご覧ください。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』のあらすじ【承】

会長の名前はリアン・ストーカー。
シエルはリアンの行方を追っていたが、貨物庫でリジーとスネークと会う。
その時、生き返った大量の死者が3人を襲う。
貨物個で保管されていたのは、死体だったのだ。
3人の危機を救ったのはセバスチャン、死者たちを倒すのだった。

やがて、リアンも捕らえることに成功。
もう1つの貨物庫に保管されていた死者も生き返り、遭遇した乗客たちが襲われ始める。
どうやらリアンの部屋に死者を止める装置があるようなので、一行はそこに向かった。

カンパニア号には中からだけでなく、外からも危機が迫っていた。
巨大な氷山が進行方向に現れたのだ。
しかし、操舵する乗組員は死者に殺されている。
結果的にカンパニア号は氷山と衝突し、右舵を故障してしまうのだった。
さらにノックスが、死神仲間のグレル・サトクリフと共にセバスチャンを攻撃。
加えて大量の死者たちがシエルとリジーを襲うものの、突然リジーが剣を取り出し、またたくまに死者を倒したのだ。
シエルに女性らしさを認めてもらいたく、彼女は剣の腕前を隠していたのだった。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』のあらすじ【転】

リアンが逃げてしまったので、一行はグレルたちと手を組むことに。
やがてリアンは発見されるが、彼の部屋に死者を止める装置はなかった。

別行動を取っていたシエルとセバスチャンは、ドルイット子爵と葬儀屋を発見。
機械を運んでいたが、起動しても死者は止まらない。
そこに現れたグレルが、葬儀屋たちを攻撃した。
ただ、葬儀屋は攻撃を防ぐ。
実は彼は元死神で、リアンを操って人体蘇生実験をしていたのだ。

葬儀屋が実験を繰り返していたのは、好奇心が理由。
死んだら魂が抜け出るものの、その時点で「記録」も終わってしまう。
ただ、死者を生き返らせたら「記憶」はどうなるのか。
そういった好奇心だったようだ。
死体に偽の「記録」を埋め込むと、魂を求めて人間を襲うことも分かったのだった。

そういった葬儀屋の動機を知った一行は、彼を止めることにした。
しかし葬儀屋の強さはセバスチャン、グレル、ノックスでも敵わない。
それだけではなく、葬儀屋にシエルが捕らえられてしまう。
セバスチャンはシエルを助けるが、葬儀屋の攻撃が彼の体を貫通するのだった。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』の結末・ラスト(ネタバレ)

セバスチャンの体から「記録」を取り出す葬儀屋。
それは、セバスチャンとシエルの絆が深まる過程を描いたものだった。

葬儀屋は「記録」を確認し終えると、セバスチャンを殺そうとする。
しかしカンパニア号が沈没を始め、その拍子にリアンは死亡した。
葬儀屋はセバスチャンを殺さず、カンパニア号から立ち去るのだった。

やがて、カンパニア号は完全に沈没する。
セバスチャンとシエルは救難ボートに乗って何とか逃げられたものの、動く死体が彼らを襲う。
葬儀屋に受けた傷が回復していないものの、セバスチャンはシエルを守るために死力を尽くして戦う。
やがて朝になり、彼らの周りには動かなくなった死体が転がっているのだった。

その後に2人は救助され、リジーとも再会を果たした。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』の感想・評価・レビュー

この映画の感想・評価・レビューはまだ投稿されていません。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』のネタバレあらすじ結末と感想まとめ

以上、映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』のネタバレあらすじ結末と感想について紹介しました。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』を見逃した人やもう一度見たい人のために、以下の記事では映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』を無料で視聴できる動画配信サービスと方法について紹介しています。

ぜひ、以下の記事もご覧いただき、映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』を視聴してみてはいかがでしょうか。

映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画のネタバレあらすじ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
12000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング【PR】
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金 2,189円(税込)
無料期間 31日間無料
作品数 約33万本
特徴 国内最大級の配信数(33万本)で、そのうち29万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金 1,026円(税込)
無料期間 14日間無料
作品数 DVD約35万本+CD約25万本
特徴 DVDやCDの宅配レンタルサービス。「定額レンタル4」プランは、新作・準新作含むすべてのDVD/Blu-ray/CDを月4本までレンタル可能!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅にお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金 月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間 30日間無料
作品数 約1.5万本
特徴 コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!

みんなの感想・レビュー