「ラスト・キャッスル」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ラスト・キャッスルの概要:軍法会議にかけられた中将が軍刑務所内の非人道的な管理に怒りを覚え、囚人達を率いて暴動を起こすアクションドラマ。ロバート・レッドフォードが中将、ジェームズ・ガンドルフィーニが刑務所長を演じる。

ラスト・キャッスルの作品情報

ラスト・キャッスル

製作年:2001年
上映時間:132分
ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ
監督:ロッド・ルーリー
キャスト:ロバート・レッドフォード、ジェームズ・ガンドルフィーニ、マーク・ラファロ、デルロイ・リンドー etc

ラスト・キャッスルの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ラスト・キャッスル』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ラスト・キャッスルの登場人物(キャスト)

アーウィン(ロバート・レッドフォード)
歴戦の英雄で、軍の中将。自らの命令で兵士が死亡した責任を感じ、懲役10年の刑に服する道を選ぶ。囚人達を率いて刑務所内で暴動を仕掛ける。
ウインター(ジェームズ・ガンドルフィーニ)
軍刑務所の所長を務めており、囚人達を非人道的に扱っている。実際の戦闘の経験はなく、戦争に関連する骨董品を収集している。
イェイツ(マーク・ラファロ)
ヘリのパイロットで、刑務所内で賭博を仕切っている。父親がハノイでアーウィンと共に捕虜になっていた。
アギラー(クリフトン・コリンズ・Jr)
海兵隊の伍長。ハンマーで上官を殴った罪で収監されている。アーウィンに敬礼したことでウインターによる厳しい懲罰を受ける。

ラスト・キャッスルのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ラスト・キャッスル』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ラスト・キャッスルのあらすじ【起】

ウインターが所長を務める軍刑務所にアーウィンが移送されて来る。ウインターは受刑者間の敬礼が禁止されていることなど所内のルールを説明する。アーウィンは刑期を終えて帰ることが望みだと話す。翌日、ボスケットボールを巡って囚人同士のケンカが起こる。ウインターがボールの数をわざと減らしたのだ。ウインターは看守にサイレンを鳴らすように命じ、囚人全員を地面に伏せさせる。それに逆らった者はゴム弾で撃たれてしまう。囚人らはアーウィンに刑務所内の不当な扱いについて訴えるが、アーウィンは戦うことに消極的姿勢を見せる。

アーウィンは娘と面会し、孫のことなどを話す。アギラーがアーウィンに敬礼をして話しかけてきたため、アーウィンは敬礼の起源と意味を説明する。しかしウインターがその様子を見ており、アギラーに懲罰を命じる。アギラーは雨の中で敬礼の姿勢のまま長時間立たされる。アーウィンは懲罰をやめさせようとするが、その際にアーウィンが看守の体に触れたために同じく懲罰を命じられる。

ラスト・キャッスルのあらすじ【承】

アーウィンは炎天下の中で石運びをさせられる。イェイツはアーウィンが成功するかを他の囚人に賭けさせる。アーウィンは見事に懲罰をこなし、囚人の信頼を得る。イェイツはハノイで捕虜となった父親がアーウィンのことを命の恩人と見なしていたことを話す。しかし、アーウィンはイェイツの父親の存在があったからこそ自分は生き残れたと説明する。ウインターは囚人達に命じて1870年代にあった刑務所の壁を再建させていたが、アギラーが中心となってその壁を壊してしまう。

アーウィンの指揮の下で囚人達はしっかりとした壁を建て直し、アギラーは壁に名前を彫る。囚人達がアーウィンを中心とした指揮系統を持ち始めたことにウインターは脅威を感じ、重機により壁を壊すことを命じる。しかし、アギラーが重機の前に立ちはだかる。看守がゴム弾を撃つが、それが頭部に命中してアギラーは死んでしまう。アーウィンは囚人達を整列させて、アギラーのことを追悼するために演説する。囚人達は全員で合唱し、敬礼の仕草をする。

ラスト・キャッスルのあらすじ【転】

ウインターは敬礼を容認して事態の沈静化を図ろうとするが、アーウィンはウインターには指揮官の資格はないと言って辞任を要求する。仕方なくウインターは上官を呼んで解決しようとする。上官がアーウィンと面会中にウインターは上官を誘拐するという脅迫状を受け取る。ウインターは直ちに放水車やヘリを出動させるが、全てはいたずらで終わる。脅迫状は非常時の手順を把握するために、アーウィンが仲間と仕掛けたものだった。

ウインターは大統領の命令に背いて兵士が殺されたためにアーウィンが収監されていることを囚人達に知らせ、従わないように説得しようとする。そしてイェイツにアーウィンの企みについて情報提供するように取引を持ちかける。アーウィンは刑務所の統制を失った場合に所長は解雇させられるとの規定を説明し、囚人達に暴動を呼びかける。そして看守を制圧した上で、救難信号として国旗を逆さに掲げる作戦を説明する。アーウィンはイェイツが取引を持ちかけられたことも見抜いており、正しい行動を取るように訴える。

ラスト・キャッスルの結末・ラスト(ネタバレ)

イェイツはウインターに会い、情報収集のためにもう1日欲しいと頼む。翌朝、イェイツはウインターに国旗を逆さに掲げる計画を説明し、自分が前日の面会時にウインターが保管した国旗を奪ったことを明かす。囚人達は中庭に集められて、刑務所内で国旗の捜索が始める。それこそがアーウィンが待っていた好機だった。囚人達は火炎瓶で監視塔を攻撃し。投石機を使ってウインターがいる所長室に石を投げ込む。さらにイェイツがヘリに飛び移り、ヘリを監視塔に衝突させる。

アーウィンは国旗を掲揚するために、囚人達を中庭に整列させる。そこに実弾で武装した看守を率いたウインターが現れ、投降を命じる。アーウィンは囚人達を地面に伏せさせると、自分だけは旗を持って掲揚台に近づく。ウインターは看守に発砲を命じるが、看守は命令に従うことを拒んでしまう。そこでウインターは自らの手でアーウィンに何発も銃弾を撃ち込む。アーウィンは息絶えるが、国旗は上下正しく掲げられていた。囚人達は国旗に向かって敬礼し、ウインターは看守によって逮捕される。

ラスト・キャッスルの感想・評価・レビュー

刑務所内での尊厳をうたう映画だが、重たい雰囲気はなく肩肘張らずに鑑賞できる。題名の通り城に対する考え方が重要らしいが、むしろ旗が果たす役割が面白いと思った。前半にも旗が登場する場面があれば深みが増したのではないだろうか。ロバート・レッドフォードは静かに闘志を燃やす男がよく似合う。ジェームズ・ガンドルフィーニが演じているためか刑務所長にも人間味を感じられ、そこまで憎めない存在に見えてくる。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする