映画『レフト・ビハインド』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「レフト・ビハインド」のネタバレあらすじ結末と感想

レフト・ビハインドの概要:ある日、世界中で人が突然消えるという現象が起こる。地上との交信が途絶えた旅客機を操縦するレイは、乗客の命を守るために決死の思いで着陸を試みる。ニコラス・ケイジ主演作品。

レフト・ビハインドの作品情報

レフト・ビハインド

製作年:2013年
上映時間:110分
ジャンル:サスペンス
監督:ヴィク・アームストロング
キャスト:ニコラス・ケイジ、チャド・マイケル・マーレイ、キャシー・トムソン、ニッキー・ウィーラン etc

レフト・ビハインドの登場人物(キャスト)

レイフォード・スティール(ニコラス・ケイジ)
パン・コンチネンタル航空のパイロット。熱心なキリスト教徒になった妻とうまく折り合えていない。257便のパイロットとしてロンドンへ向かう。通称レイ。
キャメロン・ウィリアムズ(チャド・マイケル・マーレイ)
ジャーナリスト。ニュース番組に出演しており、広く顔が知られている。空港で偶然クローイに会い、連絡先を交換した後に257便に乗り込んだ。通称バック。
クローイ・スティール(キャシー・トムソン)
レイの娘。レイの誕生日に合わせて帰省してきた。歳が離れた弟のレイミーを可愛がっている。両親の不仲を心配している。
ハティー・ダーハム(ニッキー・ウィーラン)
客室乗務員。レイが既婚者であることを知らず、ロンドンでのデートを楽しみにしている。

レフト・ビハインドのネタバレあらすじ

映画『レフト・ビハインド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

レフト・ビハインドのあらすじ【起】

JFK国際空港。母親のアイリーンからの電話で、クローイはレイが急な仕事で休暇を一緒に過ごせなくなったと聞く。出勤してくるレイと空港で会うことにしたクローイは、そこでジャーナリストのバックと出会う。空港職員からロンドンでのコンサートのチケットをレイに渡すように頼まれたクローイは、レイが家族に嘘をついていることに気が付く。

バックにコンサートのチケットを託し、クローイは実家に帰る。価値観の違いでアイリーンと喧嘩をしたクローイは、弟のレイミーを連れてショッピングモールへ向かった。買い物を楽しむクローイとレイミー。しかし、何の前触れもなくレイミーは服と荷物を残して姿を消す。

257便でも一部の乗客が姿を消し、機内はパニックになっていた。副操縦士のクリスも消えており、操縦室に戻ったレイは機体の体制を整える。乗客を着席させるために酸素マスクを下ろしたレイは、機内が落ち着いたのを確認してから管制塔に無線で緊急事態宣言をする。しかし、返答はなかった。

レイは乗客に状況を説明しに行くが、人が突然消えた理由はわからなかった。地上との交信ができないため、その現象が機内に限られた出来事なのかを確認できないと伝える。

レフト・ビハインドのあらすじ【承】

レイはハティーに乗客名簿を確認し、誰が消えたのかを確認するように指示する。機内をカメラで撮影していたバックは乗客に取材を始める。しかし、わかったことは“服を残して突然消えた”ということだけだった。

レイミーを探すクローイ。パニックになった街では暴徒化した一部の市民が窃盗を始めていた。逃げ惑う人々の中に、運転手が消えた小型ヘリが墜落する。クローイはアイリーンに電話を掛けたが繋がらなかった。

機内。レイはJFK空港へ引き返すことを決める。その時、257便に別の機体が接近してくる。レイは無線で通信を試みるが、操縦士が消えたその機体は自動操縦で飛行を続けていた。レイの操縦で正面衝突は免れたものの、257便は右の翼を損傷してしまう。レイは管制塔と交信しようとするが、応答はない。

一方、クローイは事故に巻き込まれたレイミーが病院に搬送されているのではないかと思い病院へ向かった。緊急外来はパンク状態で、クローイは関係者入り口のガラスを割って病院内に侵入する。そこで、クローイは入院患者から“子供は全員消えた”と伝えられる。

レフト・ビハインドのあらすじ【転】

257便は自動操縦への切り替えができなくなっていた。操縦席から離れられないレイはバックが撮影した写真で翼の損傷具合を確認し、燃料が漏れていることを知る。空港までの燃料が足りるのかと心配するバック。レイとバックは衛星電話でクローイに電話を掛け続けていたが、一向に繋がらなかった。

なんとか帰宅したクローイは、アイリーンの携帯電話に残されていたレイからのボイスメッセージを聞く。そのメッセージが途切れたことで、クローイはレイが操縦する飛行機が墜落したと察する。そして、アイリーンも姿を消していた。

257便。レイは消えたクリスと客室乗務員が残した服と荷物を探り始める。2人の共通点はキリスト教を深く信仰しているということだった。アイリーンから聞かされていた聖書の内容を思い出したレイは、ハティーに消えた人の行き先がわかったと告げる。その時、ハティーはレイが既婚者であることを知る。

家族を失ったクローイは教会を訪れる。そこには牧師が1人いるだけだった。牧師はクローイに、聖書に“大勢が突然消える”と書かれていることを説明する。神の存在を信じていた人達は苦難の時代から救われ、天国に連れて行かれたと言う牧師。

レフト・ビハインドのあらすじ【結】

257便。管制塔からの無線が入る。レイは機内と同じ現象が世界中で起こっていることを知る。JFK空港の滑走路は混雑しており、他の空港へ向かうように指示されるレイ。燃料が残り少ないためJFK空港以外へは向かえないと告げるレイだったが、そこで交信は途絶えてしまう。

愛する人を神に奪われたと感じたクローイは、橋の上から身を投げようとする。その時、バックからの電話が鳴る。レイがまだ生きていると知ったクローイ。レイはクローイに、空港が封鎖されてしまったためこのままでは着陸ができないと告げる。

JFK空港周辺は市街地で、滑走路以外に着陸できるスペースがない。レイはリスクの高い水面着陸を決断する。そこにクローイからの着信が入る。工事中の新しい道路は、着陸するための十分な距離があった。コンパスアプリを使い257便を道路まで誘導したクローイは、目印になるように重機に火を点ける。

機体の損傷でコントロールが利かなくなった257便だが、レイの決死の操縦で胴体着陸に成功する。乗客達と共に脱出したレイはクローイと再会を果たす。遠くに見える街が燃えている様子を見たバックは“まるで世界の終わり”と呟く。しかし、クローイは“新しい世界の始まり”と答える。

この記事をシェアする