映画『LION/ライオン 25年目のただいま』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「LION/ライオン 25年目のただいま」のネタバレあらすじ結末と感想

LION/ライオン 25年目のただいまの概要:実際にあった奇跡の物語を映画化。インドにて迷子になってしまった5歳の主人公。彼は首都カルカッタにて保護されその後、オーストラリアの養父母の元で育てられる。迷子になってから25年後、主人公はGoogle Earthにてようやく故郷を捜し当てるのだった。

LION/ライオン 25年目のただいまの作品情報

LION/ライオン 25年目のただいま

製作年:2016年
上映時間:119分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ガース・デイヴィス
キャスト:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェナム etc

LION/ライオン 25年目のただいまの登場人物(キャスト)

サルー・ブライアリー(大人:デーヴ・パテール / 幼少期:サニー・パワール)
5歳の頃、迷子となりカルカッタにて、たった1人で2か月を生き抜く。孤児院へ保護され後、オーストラリアのブライアリー夫妻の元へ引き取られる。幼い頃の記憶を辿り、故郷を見つけ出す。愛情深くて賢く、心優しい人柄。
ルーシー(ルーニー・マーラ)
サルーの恋人。故郷を捜し続ける恋人を支え、理解を示している。ホテル経営を学び、信念を持って目的を達成する優秀な人物。黒髪の美人。
スー・ブライアリー(ニコール・キッドマン)
アメリカ人女性。ジョンの妻で愛情深い。サルーを引き取って育てる。若い時分、肌の浅黒い子供が自分の元に来る夢を見て運命だと確信し、サルーと弟になる子を見つける。
ジョン・ブライアリー(デビッド・ウェナム)
スーの夫でアメリカ人。妻の理解者であり、愛情深い人物。良き父親として子供達へ愛情を一心に与える。
グドゥ・カーン(アビシェーク・バラト)
サルーの実兄。推定14~15歳と思われる。家族思いの働き者で、幼い弟サルーをとても可愛がっていた。

LION/ライオン 25年目のただいまのネタバレあらすじ

映画『LION/ライオン 25年目のただいま』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

LION/ライオン 25年目のただいまのあらすじ【起】

1986年、インドのカンドワにて5歳のサルーは、兄グドゥと共に列車から石炭を盗んでいた。市場で石炭を出すと牛乳と交換してもらえるのだ。他に揚げ菓子の店も出ているが、サルーの家は大変に貧乏で、兄弟はいつか店ごと買おうなどと夢の話をして笑い合う。サルーは弟思いのグドゥが大好きだった。

母親は美しい人で子供達のことをとても可愛がっている。父親はおらず、母は石を運ぶ仕事をして僅かなお金を稼ぎ家族を養っていた。サルーの下にはまだ幼い妹がおり、年長者は下の子の面倒を見るのが当たり前だった。

その日の夕方、グドゥは家族のために1週間ほど出稼ぎに出る予定だったが、サルーは兄と一緒に行きたいと駄々をこねる。結局、弟に弱い兄は幼い弟を連れて駅へ向かった。列車に乗って隣の駅へ向かい、仕事を探してくるから駅のベンチで待っていろと言われるサルー。
しかし、ひと眠りしても兄は戻って来ない。サルーは誰もいなくなった駅で兄を捜し歩き、そこに停まっていた列車へと乗り込み、待っている間にいつしか眠ってしまうのだった。

気が付くと列車が走り出している。サルーは出口を探して列車内を歩き回るも、列車は回送で駅に停まっても扉は開かない。やがて、西ベンガルのカルカッタへと到着。サルーはようやく外へ出て兄を探したが、見つかるはずもなく。駅のチケット売り場でガネトレイへ帰りたいと話すも、サルーが話す言葉はヒンディー語。カルカッタはベンガル語でなければ通じない。駅をさまよった彼は、たむろする孤児達と共に休むことにした。

しかしそれも束の間、孤児達は大人達に次々と捕まり、どこかへ連れて行かれる。サルーは駅から脱出して近くの橋の下へ避難。
それから2カ月、サルーはゴミ漁りなどをして、たった1人生き延びる。良心的な青年に出会い警察へ保護されるも、サルーの話だけでは家を捜すことができず孤児院へと預けられることになるのだった。

LION/ライオン 25年目のただいまのあらすじ【承】

他の子達と共に孤児院へ来たサルー。だが、その孤児院での子供達の扱いがまた酷い。ご飯は食べられるが、衛生状態はあまり良くなく大人の言うことを聞かないと酷いお仕置きをされる。
そんなある日、サルーはオーストラリアのジョンとスー夫妻の元へ養子として引き取られることが決定。その後、外国でのテーブルマナーや言葉を習い、飛行機に乗ってオーストラリアへ。

1987年、オーストラリアのホバートへ到着。サルーはブライアリー夫妻の元へ引き取られる。彼が養子の第1子だった。家はとても裕福で食事に困ることもなく清潔。優しい夫妻に賢いサルーはすぐに懐いた。

1年後、ジョンとスーは養子として2人目の子供を迎える。しかし、サルーの弟となる少年は扱いが難しく、大変に手がかかる子供だった。義弟を育てるにあたり、養父母がどれだけ苦悩しているかを見ていたサルー。なるべくスーの手を煩わせないよう行動し、義母を抱き締め慰めるのだった。

それから20年が経過した2008年。サルーは賢く立派な青年に成長し、ホテル経営を学ぶためにメルボルンの大学へ進学した。

LION/ライオン 25年目のただいまのあらすじ【転】

経営学のクラスに気になる女性がいた。友人が集まるホームパーティへ参加したサルー。そこには気になる女性ルーシーも参加しており、様々な国から来た友人達が集まり国際交流を兼ねて食事会を行った。サルーはそこで幼い頃、食べたくても口にできなかったインドの揚げ菓子を見つけ、自分の境遇を明かすことになる。
友人達へ幼い頃の記憶を話したサルーは、Google Earthを使えば故郷を探すことができるかもしれないと知るのだった。

幼い頃に覚えていること。サルーが住んでいた村はガネトレイという場所だったが、うろ覚えのため、実際にはそういった地名はない。列車に乗っていた時間はおよそ2、3日。地元の駅の傍には給水塔が立っていた。
彼はGoogle Earthを起動し、まずはカルカッタを表示する。そして、当時の列車の速度を調べ、時間と距離を計算。その距離内にある範囲から故郷を捜すことにした。

2010年、タスマニアのホバート。サルーは恋人のルーシーと同棲していたが、未だに故郷を見つけられずにいた。母と兄はきっと今も自分を捜しているに違いない。そう思えば思うほど、見つけられない年月や幼い頃の記憶が彼を圧し潰そうとする。ルーシーは思い詰める恋人の力になりたいと望んでいたが、彼女の存在すらも煩わしく感じ始めたサルー。彼はルーシーへと一方的に別れを告げ、故郷探しにますます没頭していくのだった。

そんなある日、ショッピングセンターでルーシーと遭遇したサルーは、彼女に対し一方的に別れを告げたことを謝罪。自分の苦悩を語って聞かせた。故郷を捜すことは、スーに対しての裏切り行為である。故に、サルーはこれまで育ててくれたスーへの思いにも心を痛めていた。ルーシーは彼の心を知り、スーはそんなことを気に病む人ではないと慰めるのであった。

LION/ライオン 25年目のただいまのあらすじ【結】

再会したルーシーからスーの具合が良くないと聞いたサルーは、義母の元を訪ねる。すると、スーは大人になっても病んでいる義弟のことで心を痛めていた。サルーはスーが実の子を持っていれば、苦悩することはなかったと話すも、養母は子供を産まずに敢えて養子を貰うと初めから決めていたのだと言う。

夫のジョンはスーと同じ考えであったために結婚したのだ。彼女は子供を産んで育てるよりも、不幸を背負って孤児となった子供を引き取って育てる方が、世の中のためになると考えていた。そうして、その考えに至ったきっかけを話し始める。

スーの父親はアルコール依存症で性格の歪んだ人だった。抑制が利かなくなる度に父親は家族を虐げる。故に、スーの心もまともな状況ではなかったかもしれない。彼女が12歳になり消えたいと願った時、強い電気ショックを受け肌の黒い子供の幻覚を見た。瞬きの間に目前へと立った子供を見た時、彼女は産まれて初めて喜びを抱いた。それはまるでお告げのようだったため、この感覚に従えば間違いはないと信じたのである。
そうして、ジョンと結婚し2人の子供を養子として引き取ったのだ。

だが、子供達は大人になるにつれ仲違いするようになり、サルーもスーから距離を置いてしまう。故に彼女は心を痛め、支えを必要としていたのだった。養母の心を知ったサルーはしばし考えた後、故郷探しをやめることにした。過去のことよりも今の家族を大切にするべきだと思った。

それでも諦めきれず、Google Earthを無作為に操作している内、ふと覚えのある景色を目にしたサルー。その場所は計算した範囲よりも、遥かに遠い場所だった。近くの駅を捜し給水塔を発見。そこから延びる線路を辿り、よく遊んだ川や道、駆け抜けた森にそして村。そこは、ガネッシュ・タライという場所だった。子供の発音では確かにガネトレイである。

サルーは泣きながら地図を辿り、自宅があった場所を見つけ出す。あれから25年、とうとう彼は産まれ故郷を発見したのだ。
翌早朝、ルーシーに目的の場所を見つけたことを報告した。そして、スーにもそのことを報告。養父母はむしろサルーを称え、喜んでくれるのだった。

2012年、インドのカンドワへ宿を取り、ガネッシュ・タライへ。懐かしい景色を横目に、自宅への道を辿った。そうして、とうとうその場所へ到達。しかし、家は家畜小屋と化していた。昔の写真を見せ地元の人から話を聞くと、ある男性がサルーを別の場所へ連れて行ってくれる。そうして、彼は年老いた実母と25年振りに涙の再会を果たすのだった。

だが、そこに兄グドゥの姿はなく。サルーが列車に乗ったあの夜、グドゥはすぐ近くで別の列車にはねられ亡くなっていた。幼かったサルーは自分の名前も間違えて覚えており、本名はシェルゥという名前でライオンを意味する言葉だった。

2013年、ガネッシュ・タライにて、養母スーと実母の対面が叶う。2人の母は互いに感謝し合い、強く抱き合うのだった。
インドでは毎年、約8万人の子供の行方が分からなくなっている。これは奇跡的な一例に過ぎないのだ。

この記事をシェアする