映画『ルーザーズ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ルーザーズ」のネタバレあらすじ結末と感想

ルーザーズの概要:アメリカの特殊部隊に所属しているクレイは、仲間と共にボリビアでとある作戦を実行していた。そこで、子供を救助するために司令官の指示を無視するが、司令官はそのことに腹を立て、クレイ達を爆撃するよう指示を出した。

ルーザーズの作品情報

ルーザーズ

製作年:2010年
上映時間:97分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:シルヴァン・ホワイト
キャスト:ゾーイ・サルダナ、ジェフリー・ディーン・モーガン、クリス・エヴァンス、イドリス・エルバ etc

ルーザーズの登場人物(キャスト)

アイシャ(ゾーイ・サルダナ)
CIAやテロ組織から命を狙われる謎の女性。実態は、テロリストを雇う武器の密売人ファディールの娘。父を裏切ったマックスに復讐するため、クレイ達に近づく。
クレイ(ジェフリー・ディーン・モーガン)
アメリカの特殊部隊に所属している。作戦統制が専門。軍人としての誇りを持っており、上の指示よりも人命の救助を優先させる優しい人物。
ジェンセン(クリス・エヴァンス)
アメリカの特殊部隊に所属している。通信と技術が専門。明るくひょうきんな性格。チームのムードメーカー。
ローク(イドリス・エルバ)
アメリカの特殊部隊に所属している。爆薬と戦術が専門。クレイとは相棒のような関係。自分達のことを顧みず、マックスに復讐心を燃やすクレイに不満を抱くようになる。
プーチ(コロンバス・ショート)
アメリカの特殊部隊に所属している。輸送と重火器が専門。妊娠中の妻がいる。
クーガー(オスカル・ハエナダ)
アメリカの特殊部隊に所属している。長距離射撃が専門。帽子がトレードマークの寡黙な男性。女性によくモテる。
マックス(ジェイソン・パトリック)
CIAの関係者。ボリビアでの作戦の指揮を行う。自分の邪魔になる存在は躊躇なく殺す残忍な性格。戦争を起こし、アメリカに利益を促そうと画策する。

ルーザーズのネタバレあらすじ

映画『ルーザーズ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ルーザーズのあらすじ【起】

5人の兵士達がボリビアの森の中にいた。ジェンセンは通信と技術、クーガーは長距離射撃、プーチは輸送と重火器、ロークは爆薬と戦術、クレイは作戦統制が専門だった。今回の標的はファディールという名の男で、テロリストを雇う武器の密売人だった。クレイ達の任務はファディールの位置を調べ、報告することだった。

クリス達は屋敷にいるファディールの位置を調べ、戦闘機に爆撃の指示を出した。しかしその時、ファディールの屋敷に多くの子供達が入っていくのが見えた。クリスは作戦の中止を訴えるが、受け入れられなかった。仕方なくシステムを破壊し、作戦を続行できないようにした。しかし、司令部のマックスは子供達がいることも了承済みだった。位置は既に分かっていたため、そのまま作戦を続行することを伝えた。

クリス達はファディールの屋敷に押し入り、子供達を救い出した。ファディールはクレイに、マックスに殺されることになると忠告した。その後、その部屋から銃声が鳴り響いた。救助ヘリに全員乗ることは不可能だったため、クリス達は子供達を先に乗せて逃がした。しかし、マックスがそのヘリコプターを破壊するよう戦闘機に指示を出した。クリス達の目の前でヘリコプターは木端微塵に吹き飛んだ。クリス達はその焼け跡に自分達の名前が彫られたプレートを投げ込み、死を偽装した。25人の子供達が殺されたことはニュースで大々的に報じられた。アメリカ政府は全くの無関係だと発表した。

ルーザーズのあらすじ【承】

クレイはマックスへの復讐を考えていたが、ロークはただアメリカへ帰ることだけを考えていた。他の者達も工場に働きに出ており、チームはバラバラになっていた。クレイが落ち込みながらバーで酒を飲んでいると、アイシャという美しい女性に声を掛けられる。アイシャに求められるまま自宅へと招くが、予想した通り襲われる。クレイとアイシャは激しく殴り合った。だが、アイシャがマックスの件で話があると伝えたため、クレイは戦うことを止めた。アイシャはマックスを探し出すのなら、アメリカへ帰国させるとクレイに話した。だが、それは命の危険も伴う仕事だった。

クレイはジェンセン達を招集した。ジェンセンがアイシャを調べると、CIAやテロ組織のハマスが殺害を命じているほどの国際的に有名な女性だと知る。ロークはそんなアイシャの情報を鵜呑みにするのは危険だと忠告するが、そこにアイシャが現れマックスについての情報を話し始めた。マックスは97時間後にマイアミを訪れる予定だった。プーチはマックスを襲えばCIAと全面戦争になると尻込みするが、クーガーは先に裏切ったのはCIAだと腹立たしげに伝えた。

ノガレス、アメリカ・メキシコの国境地域。クレイ達は棺桶に入り、ボリビアから抜け出した。その頃、マックスは手に入れた音響破壊兵器“スヌーク”を、どこの国でもいいから販売しようとしていた。それは、小さな島を一瞬で破壊できるほどの威力を持っている最新兵器だった。マックスはスヌークを販売してわざと戦争を起こし、アメリカに利益をもたらそうとしていた。

ニューメキシコ州。クレイ達は麻酔銃を使って隊員を襲い、救護ヘリを奪った。その後、救護ヘリを塗装し直したり、襲撃の計画を立てたり、準備を行った。その最中、ロークはアイシャに何が目的なのかズバリ質問した。アイシャはマックスが次世代兵器を購入しようとしていることを突き止めており、その使用を阻止することが目的だと話した。

ルーザーズのあらすじ【転】

マイアミ。クレイ達はマックスが乗っている車を監視していた。ロークが護衛の車に爆弾付きのGPSを撃ち込み、ジェンセンがGPSを追跡した。そして、クーガーがマックスの車のタイヤを撃ち抜いて事故を起こさせた。クレイ達は爆弾を起動させたり煙を噴射させたりして現場を混乱させ、その間にプーチがヘリコプターを操縦して車ごとマックスを誘拐した。しかし、プーチの知り合いがその場におり、プーチが生きていることがバレてしまう。

クレイ達は車の中を調べるが、マックスの姿はなく、製造業者ゴライアスのHDDが入っているだけだった。ジェンセンが中を調べるが、復号キーが必要で情報にアクセスできなかった。クレイはアイシャを殺し、全て燃やすように指示を出した。しかし、アイシャはこれが何かは分からないが、マックスを誘き出せる物だと叫んだ。ジェンセンもそれに同調し、アルゴリズムが社内にある筈だと伝えた。ロークはアイシャを殺して元の生活に戻ろうとするが、クレイ達がそれを止めた。生きていることがバレてしまった以上、HDDを利用するしか道が残されていないのだ。

ジェンセンはゴライアス社に侵入してパソコンからアルゴリズムを盗むが、警備員に見つかり取り囲まれてしまう。クーガーが向かいにあるビルから警備員を狙撃して、ジェンセンの窮地を救った。

ジェンセンがアルゴリズムをHDDにダウンロードした。すると、マフィアからの金が入っていることが判明する。悪人が違法な金の出し入れをしたいとき、このHDDに無記名の電子債権を入れて持ち運ぶのだ。マックスは4億ドルの金を持っていた。ジェンセンがさらにHDDのデータを調べ、同じIPアドレスの記録が残っていることを判明する。そこは、ロサンゼルス港の軍事作戦の情報がある場所だった。クリス達はそこを押し入り、悪事を暴くことを決める。

ルーザーズのあらすじ【結】

ロサンゼルス港は元特殊部隊の組織が警備をしていた。クレイは夕方の6時に偵察を開始することを告げ、逃げてもかまわないと仲間達に伝えた。各々の時間を過ごす中、プーチは衛星をハッキングして妊娠している妻の映像を眺めていた。ロークはそれを知り、プーチに帰国を勧めるが、プーチは仲間達を置いて行くことを嫌がった。

ジェンセンはファディールを調べ、遺産が子供に相続されたことを知る。その名前は、アイシャだった。ジェンセン達は急いでクレイの部屋にいるアイシャの元に向かうが、ジェンセンの腕を撃ち逃げられてしまう。クレイ達は話し合い、港への襲撃を続行することにした。しかし、ジェンセン達は捕まってしまい、クレイもロークの手によって気絶させられる。

ロークはボリビアの事件の後、マックスの手下のウェイドと手を組んでいた。いつまでもマックスへの復讐に拘るクレイに嫌気がさしていたのだ。ロサンゼルス港はCIAの隠し金庫だった。ウェイドは金庫にあった10億ドルを盗んだ罪をクレイに着せた後、殺すつもりだった。

ジェンセン、クーガー、プーチは射殺されそうになるが、アイシャが現れ助けられる。クレイも拘束を逃れて逃げ出した。その頃、マックスは核兵器4発を手に入れていた。その場で兵器を起動させ、世界テロを引き起こし、核兵器を製作した科学者に罪を擦りつけようとしていた。

アイシャは銃を突きつけながら父を殺したのかクレイに尋ねた。ファディールはマックスの行いを止めようとして殺されたのだ。クレイはファディールの殺害を認めるが、殺すのなら全てが終わってからにしてくれと頼んだ。アイシャは苦悩しながらも、先にマックスを探すことにした。

クレイはロークと一騎打ちで戦うが、負けてしまう。ロークは飛行機に乗り込んでクレイをひき殺そうとした。反対側からはロークに金を盗まれたことに気づいたウェイドが、オートバイに乗って向かって来ていた。クレイはクーガーに撃つよう指示を出した。クーガーが撃った弾はウェイドのオートバイに当たり、ウェイドは吹き飛んで飛行機のエンジンにぶつかった。飛行機は爆発を起こし、木端微塵に吹き飛んだ。

クレイはマックスを見つけ、銃を突きつけた。しかし、マックスが核兵器の起爆装置を海に投げ捨てたため、クレイはマックスを殺すことを諦め、海に飛び込んで起爆装置をキャッチした。その間にマックスは逃げてしまう。クレイはアイシャに一緒に来るように声を掛けた。アイシャはマックスを殺した後、父の件に始末をつけることを決め、クレイについて行くことにした。

クレイ達はプーチがとある建物に侵入するのを助けた。プーチは病室を開け、妻と再会を果たした。生まれたのは男の子だった。

この記事をシェアする