「ロスト・シティZ 失われた黄金都市」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ロスト・シティZ 失われた黄金都市の概要:パーシー・フォーセット少佐は王立地理学協会からの指示を受け、ヴェルデ川の水源を探す旅に出ることになった。同行者のヘンリーと共に、探索を続けた。その過程で、先住民の男性から、失われた都市「Z」の話を聞く。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市の作品情報

ロスト・シティZ 失われた黄金都市

製作年:2016年
上映時間:141分
ジャンル:ヒューマンドラマ、アドベンチャー
監督:ジェームズ・グレイ
キャスト:チャーリー・ハナム、ロバート・パティンソン、シエナ・ミラー、トム・ホランド etc

ロスト・シティZ 失われた黄金都市の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市の登場人物(キャスト)

パーシー・フォーセット(チャーリー・ハナム)
軍人・少佐。王立地理学協会からの指示を受け、ヴェルデ川の水源を探す旅に出る。その旅で失われた都市「Z」の話を聞き、探検の魅力に取りつかれる。
ヘンリー・コスティン(ロバート・パティンソン)
隊員募集の広告を見て、ヴェルデ川の水源を探すパーシーの旅に同行する。パーシーの良き理解者。
ジェームズ・マリー(アンガス・マクファーデン)
資産家。探検家。見栄っ張りで自分勝手な性格。体力があまりなく、実は探検があまり得意ではない。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市のあらすじ【起】

1905年アイルランド・コーク、英国陸軍駐留地。舞踏会で大公に鹿を献上するため、狩りが行われた。パーシー・フォーセット少佐は鹿を仕留め、妻のニーナと息子のジャックの元に戻って喜び合った。

パーシーはニーナと一緒に舞踏会に出席した。パーシーは勲章を持っておらず、昇進しないことを気にしていた。最後の砦だと思っていた政務官さえも、目をかけてはくれなかった。パーシーは落胆した。

1906年3月。パーシーは上からの指示を受け、ロンドンの王立地理学協会を訪れた。そこには、会長のサー・ジョージ・ゴルディと事務局長のケルティがいた。ジョージ達はボリビアについて話をした。ボリビアの地図は空白だらけで、ほとんど把握できていなかった。分かっているのは、アマゾン川流域にゴム農園がたくさんあることだった。国境を巡ってボリビアとブラジルが論戦になっており、ゴムの高騰を踏まえれば戦争に発展しかねない状態だった。ボリビアとブラジルは公平な地理観測のために、審判役を依頼してきた。パーシーはジャングルを探検し、土地の測量を行うことになった。この功績が認められれば勲章が貰えると言われ、仕事を引き受けることにした。

ニーナのお腹には新しい命が宿っていた。ニーナは不安に思いながらも気丈に振る舞い、パーシーを送り出すことにした。1906年4月大西洋パナマ号。パーシーは「隊員募集」という広告を見てやって来たヘンリー・コスティンという男性に出会う。ヘンリーは家族がおらず、独り身だった。パーシーはヘンリーを仲間に加え、測量の任務を行うことにした。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市のあらすじ【承】

パーシー達は「ヴェルデ川の水源を探せ」という指令を受ける。それは、ボリビア・ブラジル間の国境を成す川だった。測量の開始地点はジャコビナ農場だったが、地図には載っていなかった。ヘンリーは農場がある町のことを知っていた。

1906年7月ボリビア東部の未開地。パーシー達は森の中を歩きながら測量を行った。夜になり、パーシー達はジャコビナの町で連絡兵のマンリーと会った。マンリーは国境画定委員会から電報が届いたことを知らせた。委員会は任務中止を強く勧めていた。さらに、地元のゴム輸出会社の社長であるゴンドリス男爵が先住民を奴隷のように扱い、道を案内してくれる者がいなかった。パーシーは任務を中止する気はなく、ゴンドリス男爵と取引をして数名の人材を確保した。

パーシー達は筏で川を進んでいた。その途中で、「ハンブルク」と書かれた停泊している船を見つける。船の中に人影を見つけ、声を掛けた。その時、森にいた先住民が矢で攻撃してきた。仲間の1人が矢に撃たれ、川に落ちてしまう。落ちた仲間は川にいたピラニアに襲われ、助からなかった。

仲間達は傷つき体力を失い、極限の状態で動いていた。そんな時、パーシーは先住民の男性から、かつて黄金と食物で溢れていた都市の話を聞く。その都市は英国人の文明よりも古く、白人にはけして見つからない森の奥深くに存在していた。さらに、先住民は英国人のような征服者は死ぬ運命にあるとも話した。

食料が底を尽き、極限状態に陥った仲間の1人がパーシーを殺そうとした。ヘンリーは仲間の耳を銃で撃ち、パーシーを救った。その時、水源が見つかる。パーシー達は喜び、最後の測量を行った。先住民の男性は逃げてしまったが、役目を果たしたため追わなかった。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市のあらすじ【転】

パーシーは年代物の土器を見つけ、先住民の男性が言っていた都市の話が本当だったのだと悟る。その後、パーシーは帰国し、ニーナとジャック、誕生した次男のブライアンと再会した。

1911年2月6日。パーシーの功績は大きく称えられ、あらゆる人が注目していた。パーシーは王立地理学協会員の前で演説を行い、アマゾンに失われた都市「Z」があることを話した。ほとんどの者が都市などありはしないと思っている中、資産家で探検家のジェームズ・マリーは探索に名乗りを上げた。ヘンリーも共に行くことを決める。

ニーナは航海術などを学んでおり、パーシーの探検について行こうとした。だが、女性では探検に耐えることはできないと、パーシーに拒まれてしまう。2人は激しい口論になった。結局、ニーナは一緒に行くことができず、パーシーはヘンリー達と旅立った。

パーシー達は探検を行いながら、新聞記事を読んだ。そこには、アメリカ人のビンガムがペルーで古代遺跡のマチュピチュを発見したと書かれていた。その時、先住民が矢で攻撃してきた。パーシーは反撃しないよう仲間に指示し、攻撃する意思がないことを先住民に示した。先住民は攻撃を止め、パーシー達を受け入れた。

先住民は人食い族で、死んだ仲間の遺体を食べることで魂を体内に取り入れる文化があった。パーシーは「Z」の情報を求め、先住民に話を聞くことにした。ジェームズは先住民の考えを受け入れることができず、ボートに戻った。その村の首長は「Z」について話を聞いたことがあった。上流に暮らす住民に詳しい話を聞くようパーシーに教えた。

ジェームズは皆の足を引っ張ってばかりいた。足を怪我し、敗血症まで患ってしまう。パーシーはゴム採取の野営地まで退却するよう指示した。ジェームズは仲間のことなど考えておらず「Z」のことしか頭にないのだろうとパーシーを非難し、馬に乗って去っていった。

食料が油まみれになっており、これ以上探索を続行するのは不可能だった。ジェームズの仕業である可能性が高かった。パーシー達は探索を諦め、帰国することになった。そんな中、オーストリア皇太子が暗殺される。戦争が起きようとしていた。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市の結末・ラスト(ネタバレ)

パーシーが家に帰ると、娘のジョアンが誕生していた。そして、ジェームズが帰国し、自分を見捨てたとしてパーシーに謝罪を要求した。パーシーはジェームズの意見を突っぱね、王立地理学協会を辞めて単独で動くことにした。

パーシーは軍人として戦地に行かなければいけなくなる。ジャックは家を空けてばかりいる父に不満を募らせ、厳しい言葉を投げかけた。パーシーはジャックを叱り、思わず頬を叩いてしまう。

2年後、フランス・ソンム川、独軍との戦線。決戦間近の時、パーシーはロシア軍から預かった占い師に運勢を尋ねた。占い師はパーシーが探検家だと知った上で、「Z」を見つけるまで魂は安らぎを得ないと告げた。パーシーの胸に占い師の言葉は強く響いた。

1916年9月26日。パーシーは部下達を鼓舞し、ドイツ軍と戦うために配置に就いた。そんな中でも、パーシーの脳裏には「Z」のことがあった。激しい戦いが行われる中、マンリーは撃たれパーシーは塩素ガスを吸って倒れた。

パーシーは病院で目を覚ました。塩素ガスの影響で目は見えなかったが、すぐに回復するとのことだった。ヘンリーは生きていたが、多くの部下が亡くなっていた。パーシーの部隊は唯一退却をしなかったため、勇気を認められてパーシーは中佐に昇格することになった。パーシーはジャングルに戻りたがったが、医師からは無理だと告げられる。

1923年イングランド、ストーク・キャノン。大佐となったパーシーは、記者の質問を受けるがその表情は硬かった。パーシーの影響から、アメリカでは探検ブームが巻き起こっていた。しかし、アメリカ人は武装して探索を行うため、貴重な建造物が破壊されないかパーシーは心配していた。

ジャックは一緒に探検しようと父に話を持ちかけた。母を説得し、旅に行く許可をもらう。パーシーはヘンリーにも話を持ちかけた。ヘンリーは結婚し子供も生まれたため、同行を拒んだ。「Z」の存在を信じていたが、それを見つけるための情熱を失くしていた。

1924年12月3日ロンドン。パーシー達は探検に行くことを記者会見で発表した。その後、パーシーは王立地理学協会員に会い、「Z」から戻らないと決めた場合は愛用のコンパスを送ると伝えた。そして、家族に別れを告げ、旅立っていった。

1925年4月。パーシーは同行者を帰らせ、ジャックと共に探索を続けた。そして、「Z」に到着するまでの最後の手紙を、ニーナに送った。そこには先住民と会い、彼らだけが知る秘密の岩穴についての話を聞いたことが書かれていた。

探検を続けていたパーシー達は、先住民に捕まってしまう。ジャックは死の恐怖に怯え、パーシーは息子を宥めた。その後、パーシー達の行方は分からなくなった。何百人と捜索人を出すが、見つけることはできなかった。ニーナはパーシー達に会ったというブラジル人から、パーシーが愛用していたコンパスを預かっていた。それを王立地理学協会員に見せた。ブラジル人はパーシーから「意味が分かるはず」という伝言を預かっていた。

パーシーの仮説は百年近く一笑に付された。しかし、21世紀初頭にアマゾンのジャングルから道路網や農耕集落の遺跡が各地で見つかった。その内の1つは、パーシーが「Z」と呼んだ場所だった。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市の感想・評価・レビュー

映画『インディ・ジョーンズ』シリーズのようなコミカルさや明るさはないが、実在した探検家の話はとても興味深かった。見ているだけでもジャングルの探検は過酷で、楽しさなど感じられないほど大変なものだと思う。それでも、失われた都市「Z」を見つけるために行動を起こすパーシーが純粋に凄いなと感じた。あと、家でパーシーの帰りを待ち続ける妻のニーナが切なかった。きっと探検など行かずに、家にいて欲しかっただろうと思う。(MIHOシネマ編集部)


1925年に消息不明となった探検家、パーシー・フォーセットを題材とした作品。『インディ・ジョーンズ』のようなアドベンチャーものを期待して観るとがっかりしてしまいます。この作品は実話をベースに作られていて、とにかく地味でリアルなストーリー。盛り上がったり、ハラハラドキドキするシーンもありますが、衝撃が1番大きいのはラストでしょう。あの時話されていた伏線はここで回収されるのか…と切なく、悲しいなんとも言えない気持ちになりました。
歴史に名を残すこと。相当な覚悟が無いとできない事だと感じました。(女性 30代)

この記事をシェアする