映画『ラブ&ドラッグ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ラブ&ドラッグ」のネタバレあらすじ結末と感想

ラブ&ドラッグの概要:ジェイミーは女性関係が派手な男性だった。ある日、上司の彼女に手を出したことがバレてしまい、仕事をクビになってしまう。ジェイミーは弟のツテを頼り、製薬会社の営業マンとして働くことになった。

ラブ&ドラッグの作品情報

ラブ&ドラッグ

製作年:2010年
上映時間:113分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:エドワード・ズウィック
キャスト:ジェイク・ギレンホール、アン・ハサウェイ、オリヴァー・プラット、ハンク・アザリア etc

ラブ&ドラッグの登場人物(キャスト)

ジェイミー・ランドール(ジェイク・ジレンホール)
医学部を中退。女好きで口が上手い。上司の彼女に手を出したことがバレて、家電の販売員の仕事をクビになる。マギーと出会い、人生が変わる。
マギー・マードック(アン・ハサウェイ)
26歳。パーキンソン病の第1期。病気のせいで恋人に捨てられた過去を持つ。人と深く関わることに怯え、自分の殻に閉じ籠もっている。
ブルース・ジャクソン(オリヴァー・プラット)
ファイザー製薬の営業マンで、ジェイミーの上司となる。家族がシカゴにいるため、栄養成績を上げてシカゴに異動になることを願っている。
スタン・ナイト(ハンク・アザリア)
病院の医師。かつては患者を助けるために希望に燃えていたが、現在は賄賂も平気で受け取るようになった。
トレイ・ハニガン(ガブリエル・マクト)
ナイト医師の友人。かつてマギーと不倫関係にあったが、別れを選ぶ。ファイザー製薬のライバル会社で、優秀な営業マンとして働いている。

ラブ&ドラッグのネタバレあらすじ

映画『ラブ&ドラッグ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ラブ&ドラッグのあらすじ【起】

ジェイミーは女性というだけで声を掛けずにはいられない、ナンパ男だった。家電の販売員の仕事をしていたが、上司の彼女に手を出したことがばれてしまい、クビになってしまう。しかも、弟のジョシュがクビになったことを家族に話してしまい、食卓が凍りついてしまう。ジェイミーの家族は、高給取りの仕事人間ばかりだった。父親は元医師で現在は教授の仕事をしており、姉のナンシーは女医の仕事をしていた。そして、ジョシュは医療ソフト会社を成功させていた。ジェイミーはまだ決まっていなかったが家族から責められるのを避けるため、ジュシュからファイザー製薬の営業の仕事を紹介されており、そこで働くつもりだと話した。

ジェイミーはファイザー製薬で厳しい研修を受けた後、オハイオ川流域に配属が決まる。しかも、ちゃっかりと研修を指導していた女性と体の関係を持っていた。ジェイミーは先輩営業マンのブルースの指導を受けながら医師に薬を売り込みに行くが、ライバル企業の営業マンが手強く、なかなか成果を上げられずにいた。

ジェイミーは受付の女性と仲良くなり、サンプルの薬を棚に置きに行けるようになった。その際にライバル企業の薬をこっそりと盗み出し、ゴミ箱へと捨てた。捨てられた薬は、ホームレスの男性が回収していた。そんな日々が続き、ジェイミーは受付のシンディと体の関係を持つようになった。ジェイミーは病院に通いながら、ライバル企業の女性営業マンのリサもナンパしていたが、医者以外興味がないときっぱりと断られてしまう。ジェイミーはショックを受け、言葉を失くした。

ブルースはナイト医師さえ懐柔できれば他の医師も後に続くと、ジェイミーにアドバイスを送った。ジェイミーは1000ドルの小切手をナイト医師に渡し、医療現場を学ぶために仕事を見学させてくれと頼んだ。ナイト医師はそれを受け入れ、誰かに何か聞かれたら研修医だと答えろとジェイミーに約束させた。

ラブ&ドラッグのあらすじ【承】

ジェイミーはナイト医師と共に診察室に足を踏み入れた。患者は26歳でパーキンソン病を患っている、マギー・マードックだった。マギーは胸に変な痣ができてしまっているのを気にしており、服をはだけさせてナイト医師に診察してもらった。そのとき、後ろに控えていたジェイミーもマギーの胸を見てしまう。痣は単なるクモの噛み傷だった。マギーは安堵の笑顔を見せた。

マギーはジェイミーが薬の営業マンだと気づき、鞄で殴って裸を見たことへの謝罪を求めた。しかし、ジェイミーは軽く謝罪しただけで、反省の色もなくマギーを口説いた。怒ったマギーはジェイミーの顔写真を撮り、“くたばれ”と罵って去って行った。ジェイミーはそんなマギーに興味を持ち、シンディに調べてもらって連絡先を入手した。

ジェイミーはマギーに電話を掛け、食事に誘った。マギーはジェイミーがしつこい人間だと分かっており、仕方なくカフェで待ち合わせをした。ジェイミーは喜び、電話口でガッツポーズをした。そして、約束の時間よりも早く、待ち合わせ場所に向かった。ジェイミーはマギーと話しているとき、マギーの手が震えているのが見えたため、安静時も震えるのか質問した。マギーは笑顔で余計なお世話だと呟き、答えるのを拒否した。それを受けて、ジェイミーは自分に惹かれているからだと話を誤魔化した。マギーは話を変え、ベッドに行こうと誘った。自分を忘れるために女性と体の関係を持つ気持ちは分かると言われ、ジェイミーはマギーの誘いに応じることにした。それからもジェイミーとマギーの体の関係は続くが、マギーはお互いの話をして深入りすることを拒否した。

ジェイミーはマギーの友人でありライバル企業の営業マンであるトレイ・ハニガンに殴られ、マギーに近づくなと忠告を受ける。だが、ジェイミーはそれを無視し、食事を持ってマギーに会いに行った。2人は和やかに食事を楽しんでいたが、ジェイミーが“幸せだ”と呟くとマギーが取り乱してしまう。真剣な交際に発展して、捨てられることを恐れているのだ。前の彼氏は不倫関係だったのだが、病気のせいでダメになってしまっていた。ジェイミーはその相手がトレイだと気づく。

ラブ&ドラッグのあらすじ【転】

ジェイミーは勃起できなくなってしまう。マギーはトレイを気にして勃起できなくなるのは負けず嫌いだからだと笑った。ジェイミーはトレイを気にしていないと必死に否定するが、マギーは笑うだけだった。そして、マギーはジェイミーの会社が販売している“勃起薬”を使ってはどうか提案した。ジェイミー達がその薬のことで笑い合っていると、ジェイミーの勃起不全が改善した。

ジェイミーは“勃起薬”である、バイアグラの営業を行うことを決める。ナイト医師に売り込みに行くと、傍にはトレイの姿もあり、マギーのことで口論になった。トイレはジェイミーでは病気のマギーを支えることはできないと罵った。

ジェイミーはマギーに拒まれても、電話をしたり会いに行ったりした。マギーが安価な薬を求めてカナダに行ったため、ジェイミーは駐車場に一晩泊まりマギーの帰りを待った。戻ってきたマギーはそんなジェイミーの姿に心を動かされる。別れたら友達に悪口を言い、同棲もせず、両親にも紹介させないことを条件に付き合うことを決める。

バイアグラが大ヒットした。医師自身も使い、薬局は品薄状態だった。ジェイミーは仕事も、マギーとの恋も順調だった。ある夜、ジェイミーは気分が悪くなりながら、生まれて初めてマギーに“愛している”と伝えた。マギーは愛の言葉を言われることを嫌がるが、家族にも“愛している”と言ったことがないと聞き、衝撃を受ける。

ジェイミーはバイアグラを渡す代わりにナイト医師からファイザー製薬の薬を使うとの確約を得る。仕事を終えてマギーの家に行くと、様子がおかしかった。薬局が休業日で薬が飲めず、体が上手く動かない状態だった。マギーは取り乱しながら、健康で元気な普通の女性と付き合えばいいとジェイミーを罵った。ジェイミーはマギーの酷い言葉に腹を立て部屋を出て行こうとするが、マギーの泣き叫ぶ声を聞き、部屋に戻って抱きしめた。

ラブ&ドラッグのあらすじ【結】

マギーはパーキンソン病の患者の会を開いている女性に声を掛けられ、良ければ来てくれとチラシを渡される。マギーはそこで自分の病気の体験を面白おかしく話している患者達の声を聞き笑顔になるが、同時に悲しくもなった。ジェイミーも途中からその会に参加し、妻がパーキンソン病を患っている男性と出会う。ジェイミーがアドバイスを求めると、男性は別れることを勧めた。男性は妻を愛していたが、二度とはごめんだと言うほど苦労もしていた。症状が悪化するとシモの世話も着替えも自分でできなくなり、表情を失い認知症になってしまうのだ。

マギーは患者の会の参加に勇気づけられる。そして、ジェイミーに初めて愛していると伝えた。ジェイミーはそれを複雑な思いで聞いていた。マギーの症状は悪化していたため、ジェイミーは仕事の合間にマギーを専門医に見せて回った。マギーはジェイミーの人生の邪魔になるのが嫌で、同棲と恋人関係を解消した。ジェイミーが考え直してくれと頼んでも、マギーの意思は変わらなかった。だが、マギーは1人で涙を流して、別れを悲しんでいた。

ジェイミーはシカゴへの栄転が決まる。そんな時、男性とレストランにデートに来ていたマギーと再会する。マギーはジェイミーがシカゴに行くと聞きショックを受けながら、レストランを出て行った。だが、ジェイミーは追いかけることができなかった。その後、ジェイミーはそのレストランでブルースと栄転のお祝いをするが、シカゴに行きたがっていたブルースが昇給しただけだと知り言葉を失くす。

ジェイミーはマギーを映したビデオを見てもう一度やり直したいと思い、バスに乗っているマギーを車で追いかけた。そして、バスが止まったときに乗り込み、5分でいいから話を聞いてくれと頼んだ。マギーは拒むが、他の乗客がジェイミーを応援したため、仕方なくバスを降りた。ジェイミーは自分をありのまま受け入れてくれたのは君だけだと話し、君が必要だと告白した。マギーは迷惑をかけることを怖がるが、ジェイミーは君がいいのだと必死に説得した。マギーは泣きながらジェイミーに抱きついた。

ジェイミーはシカゴでの仕事を断り、マギーと暮らして医学部を目指した。

この記事をシェアする