映画『僕らのミライへ逆回転』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「僕らのミライへ逆回転」のネタバレあらすじ結末と感想

僕らのミライへ逆回転の概要:とある街にある売り上げの悪いビデオ店の唯一の自慢は、偉大なジャズマンであるファッツ・ウォーラーがここで生まれたということだった。ある時レンタルビデオの映像が全て消えてしまうという事件が起き、苦肉の策でオリジナルのリメイク版を撮影することになった。手作り感満載のリメイク映画は以外にも人気が出てしまい、店の売り上げは上昇したのだった。

僕らのミライへ逆回転の作品情報

僕らのミライへ逆回転

製作年:2008年
上映時間:101分
ジャンル:コメディ
監督:ミシェル・ゴンドリー
キャスト:ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローヴァー、ミア・ファロー etc

僕らのミライへ逆回転を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『僕らのミライへ逆回転』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

僕らのミライへ逆回転の登場人物(キャスト)

マイク(モス・デフ)
ファッツ・ウォーラーの生家を謳うビデオ店で働く青年。映画のリメイク作品を撮影する際に監督、脚本としての手腕を発揮する。
ジェリー(ジャック・ブラック)
戦争で化学兵器に侵され退役した元軍人。なんでも壊す。街にある発電所からは電磁波が発せられており、それが人々を操っていると信じている。電磁波を止めるため発電所に忍び込んだが、強力な電磁パルスを浴びたことで磁気を帯びるようになった。
フレッチャー(ダニー・グローバー)
ファッツの生家でレンタルビデオ店を営む店主。市からは都市計画のため店を取り壊すか、せめてリフォームするようにと忠告を受けている。リフォームするにも売り上げが伸び悩んでいるため、ライバル店を視察し経営方針を変えようと奮闘する。
ファレビチ(ミア・ファロー)
フレッチャーの旧くからの友人。甥っ子達と暮らしている。視察のため店を空けている間、ジェリーの動向を監視するようフレッチャーから言われている。
アルマ(メロニー・ディアス)
クリーニング屋で働く姉妹の妹。学校の演劇で冷蔵庫の役をやったことがあるため、マイクとジェリーのリメイク映画に参加することになった。

僕らのミライへ逆回転のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『僕らのミライへ逆回転』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

僕らのミライへ逆回転のあらすじ【起】

偉大なジャズマン、ファッツ・ウォーラーが生まれた街にVHSしか置いていない老舗のビデオ店があった。そこで働いているマイクは店の宣伝とファッツの偉業を街の人に知って貰うため、友人のジェリーを誘って高架下の壁にファッツの似顔絵を落書きしていた。ところが宣伝も虚しく、都市計画のため店は立ち退きを迫られることに。ビデオ店の店長フレッチャーは街から、今後売り上げが上がらず改築もできないようであれば取り壊すと忠告を受ける。そんな状況にあってフレッチャーは、ファッツの没後60年を偲ぶ旅行へと出掛けるフリをして、他のレンタルビデオ店のリサーチに出掛ける。自分が居ない間の店番をマイクへ頼み、「ジェリーは立ち入り禁止」というメッセージを残す。

フレッチャーから要注意人物とされているマイクの友人ジェリーは元軍人で、街の発電所から出ている電磁波で人々が操られているのだと信じていた。フレッチャーが店を離れた日、ジェリーはマイクを誘って発電所を破壊しようと試みたがマイクは途中で帰ってしまう。ジェリーはそのまま一人で破壊作戦を決行しようとしたが、大量の電磁パルスを浴び体調を崩す。

僕らのミライへ逆回転のあらすじ【承】

ジェリーは発電所を破壊することに失敗した翌日、フラフラの状態でマイクの居るビデオ店を訪れた。マイクは最初こそ入店拒否したが、ジェリーのあまりの具合の悪さに同情し店内へ招き入れる。何やら情緒不安定なジェリーはすぐに客とトラブルを起こし、再び店の外へ追い出されたのだった。後日ビデオを借りた客達から「何も映っていなかった」とクレームが来る。調べてみると、店にあるビデオの映像が全て消えてしまっていた。これは発電所で電磁パルスを浴びたジェリーから発せられる磁気の影響であった。

貸し出しできるビデオが1本もない状況で、フレッチャーが懇意にしているファレビチ婦人がビデオを借りに来店する。彼女はゴーストバスターズを観たいと言うが、マイクとジェリーは商売道具が無いため必死ではぐらかした。ところがファレビチ婦人は、今夜までに用意できないのならフレッチャーに店番の状況を言い付けると言い出したのだ。2人は慌てて、苦肉の策としてオリジナルのゴーストバスターズを撮影し始めたのだった。

店を開けている限り、客は少ないながらも来店する。その度にマイクとジェリーは映画の再撮影を行い、いつしか2人のリメイク版の方が人気が出てしまった。

僕らのミライへ逆回転のあらすじ【転】

フレッチャーが店に戻ると、彼がこれまでに見たことがない程に客足が増えていた。しかしフレッチャーは取り壊しを避けるための対策として、店にあるビデオを全て破棄してDVDを導入すると決めたのだ。新しい経営方針に納得のいかないマイクやジャックは、街の住人をリメイク版映画に出演させることで、より短いスパンで多くの作品を作ってレンタルして貰うことを思い付いた。この作戦は功を奏し、たったの3週間で店のリフォーム代として市から提示された6万ドルに近付いたのだ。

街全体がリメイク映画への出演や鑑賞を楽しんでいたある日、フレッチャーの元へ弁護士がやって来た。リメイク映画で利益を得ることは著作権の侵害にあたるため、強制的に営業を停止するというのだ。さらに、映画会社への賠償金として31億ドルの支払いを命じられ、フレッチャーをはじめマイク、ジュリーは絶望の底へ落とされてしまった。そこでマイクは、ビデオ店をファッツの生家として歴史的建造物の申請をしようとフレッチャーに持ち掛ける。ところが、ここがファッツの生家というのはマイクの気持ちを明るくするために吐いていた嘘であり、ファッツが住んでいた記録は残っていないと告白されてしまう。

僕らのミライへ逆回転の結末・ラスト(ネタバレ)

住民達が出演しリメイクした映画は、弁護士によって全て破棄されてしまった。歴史的建造物にも登録できないビデオ店は、正式に取り壊しが決まったのだった。それでもジェリーを筆頭にした住人達は、再び映画を撮ろうとマイクとフレッチャーに声を掛ける。もちろん今度はリメイクではなくオリジナルの映画を撮るのだ。住民総出でファッツの生涯を描いた映画を撮り、上映会でビデオ店の修理資金を集めようと皆が協力してくれた。取り壊し予定日まで残り1週間という段階であった。

映画の撮影は順調に進み、無事作品が完成した。上映会には出演した住民だけでなく、多くの住民が来てくれた。店の修理資金への寄付も集まるかと思いきや、最低限必要な6万ドルには到底及ばなかった。フレッチャーは、最後に皆で映画を観てこの店の歴史にも幕を閉じようと考えた。

ライバルビデオ店からプロジェクターを借り、店のショウウィンドウに白いカーテンを引いて上映会は始まった。それぞれが特別な思いで映画を鑑賞していると、何やら店の外が騒がしいことに気付いた。店の中にいた人々が外へ出ると、店に入りきらなかった住民達が、店のショウウィンドウに映し出された映画を観て歓喜していたのだった。

僕らのミライへ逆回転の感想・評価・レビュー

映画を通じて交流する人々の関係性を、ユーモラスに描いた優しい作品だ。その場凌ぎで始めたリメイクが、徐々に住民達に受け入れられてゆくシーンにわくわくする。ジャック・ブラックの奇抜な演技を目当てにこの映画を鑑賞するのもいいだろう。しかし、電磁パルスに侵された元軍人という設定が最後まで活かされないのが悔しい部分だ。

作中でリメイクされた作品の元ネタを思い出しながら観ると、より一層楽しめる映画ではないかと思う。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする