「モーグリ ジャングルの伝説」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

モーグリ ジャングルの伝説の概要:ジャングルで親を殺され、オオカミに育てられた人間の少年のストーリー。オオカミでもなく、人間でもない彼がどうやってどこで生きていくのか。ジャングルの掟を破った者の運命とは?

モーグリ ジャングルの伝説の作品情報

モーグリ ジャングルの伝説

製作年:2018年
上映時間:104分
ジャンル:ファンタジー
監督:アンディ・サーキス
キャスト:クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ベネディクト・カンバーバッチ、ナオミ・ハリス etc

モーグリ ジャングルの伝説の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『モーグリ ジャングルの伝説』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

モーグリ ジャングルの伝説の登場人物(キャスト)

モーグリ(ローハン・チャンド)
人間だが、ジャングルで親を殺され赤ちゃんのころからオオカミに育てられた。身体能力でオオカミに敵わず、変人扱いをされている。
ニーシャ(ナオミ・ハリス)
モーグリが赤ちゃんの頃、育てると決めたオオカミの母親。分け隔てない愛情を注いでくれる。
バギーラ(クリスチャン・ベイル)
クロヒョウ。モーグリを見守り続けており、群れの子供を一人前にする試練を担当している。
シア・カーン(ベネディクト・カンバーバッチ)
モーグリの実の親を殺したトラ。残虐で、ジャングルの掟を破ることを何とも思っていない。
アキーラ(ピーター・マラン)
群れの長。掟を非常に大事にしており、守らないものを排除して秩序を保っている。

モーグリ ジャングルの伝説のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『モーグリ ジャングルの伝説』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

モーグリ ジャングルの伝説のあらすじ【起】

トラのシア・カーンは、人間を殺した。古くからジャングルに続く掟を破ったのだ。運命的な夜、ジャングルには見たこともない生き物がいた。人間の赤ちゃんだ。クロヒョウのバギーラは、赤ちゃんを陽の光の下へと運んだ。

オオカミが来て、赤ちゃんに驚く。なぜここにいるのかわからない。怪我はないようだ。ハイエナたちも集まってきた。もしも人間の子を育てるのなら、長老であるアキーラの許可が要るとし、集会の開催を要請するオオカミたち。

オオカミのニーシャは、人間の赤ちゃんを育てると言った。シア・カーンは、そいつの両親は俺が殺したので、育てても意味はないと主張。アキーラは、掟を守らないシア・カーンに戦う気なら群れ全体で相手になると言った。

人間の赤ちゃんはモーグリと名付けられ、すくすくと成長していった。バギーラが狩りを教える。なぜぼくは他のオオカミと違うの?という疑問を持つモーグリに、人間と接触するなと教えるバギーラ。

モーグリ ジャングルの伝説のあらすじ【承】

はみ出しもののブフートと仲のいいモーグリだったが、二人とも変人同士といじめられる。クマのバルーは、走りの試験に合格すれば皆群れの仲間だと言った。バギーラに捕まれば不合格だが、今まで誰も不合格にはなってないと安心させる。

モーグリは試験中に皆から遅れ、サルと遊び出してしまう。走りでオオカミに追いつけないモーグリは、指の力で木から木へ飛び移る練習をすることになった。練習中に水の中に入ったモーグリは、獲物の血を洗いに来たシア・カーンに見つかって逃げ出す。追われて穴に落ちるが、ゾウがモーグリを助けてくれた。

モーグリは、自分が人間の子だと知った。もしまた不合格なら人間の村へ行けと言われ、皆と同じようにオオカミになりたいと懇願するモーグリ。母のニーシャは、あなたは私の息子だと言ってくれるのだった。

再試験。モーグリは崖を飛び降り、枝を伝って進んだ。二足歩行で走り先頭にいたが、バギーラに捕まる。なぜ先頭のモーグリを狙ったのかと、バルーがバギーラを問い詰める。

モーグリ ジャングルの伝説のあらすじ【転】

落ち込むモーグリの元にブフートが来て、自分たちはスペシャルなのだと慰める。モーグリは、スペシャルなんかじゃない、ただの落ちこぼれだとブフートを突き放す。

ボスを倒せば、ボスは交代になるという掟がある。アキーラの座を狙い、襲いかかるシア・カーンの手の者たちを火を使って追い払うモーグリ。追い払うことには成功したものの、人間の武器を使ってしまったことでジャングルから追い出される。

気づくと、檻の中にいた。暴れていると食事を出される。恐る恐る近づき、食事を口にするモーグリ。人間の子供たちに囲まれ、物珍しげに見られるのだった。

夜、バギーラがモーグリの元にやってくる。彼は、モーグリを助けてはやれないと言った。かつて人に飼われており、モーグリと暮らせると思っていたと。だがお前は人間界に戻ったほうがいいと言い、バギーラは去ってしまう。

モーグリ ジャングルの伝説の結末・ラスト(ネタバレ)

人間界に少しずつ順応していくモーグリだったが、アキーラと分裂したオオカミたちが大変だと知らせを受ける。助けが必要なので戻ってきてほしいと言われたが、それでも自分を追い出したと言うモーグリ。人間界が自分の故郷で、もう戻るつもりはないと言った。

モーグリは、剥製にされているブフートを見てしまう。人間の村の猟師がやったのだ。ジャングルへと戻るモーグリ。牙を奪われたゾウに、奪った犯人を教えると言う。皆でシア・カーンを倒そうとするが、アキーラは掟を守れと許さない。

自分はオオカミではなく、人間でもない。掟を守る必要はないと言い放つモーグリ。モーグリとシア・カーンは一騎打ちになった。木の枝を飛び移ってモーグリが翻弄し、ナイフで攻撃を仕掛ける。猟師が出てきて銃を撃ったが、漁師はゾウによって倒された。

アキーラはシア・カーンにやられ、モーグリに謝罪をして息絶える。負傷して逃げたシア・カーンを負うと、彼もまた死にかけていた。シア・カーンの最後の一撃をかわし、とどめを刺すモーグリ。ジャングルに平和が訪れたのだった。

モーグリ ジャングルの伝説の感想・評価・レビュー

野生動物に育てられた人間の少年の話でも、実写としてクオリティの高い作品はなかなか見られないのではないかと思う。ストーリーはありきたりだが、豪華なキャスト陣によるモーションキャプチャは一見の価値がある。

見た目に反してストーリーにあまり動物感はなく、掟を守ろうとする長老と新しい時代を切り開く若者という、普遍的な話がメインになっている。ブフートの結末だけは救われないため、引っ掛かりが残る。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする