8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『アースクエイクバード』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『アースクエイクバード』の概要:東京湾で女性の死体があがった。知人女性として取り調べを受けるルーシーは、死んでしまった親友と、恋人との三角関係を思い出し、自分が呼び寄せたであろう死へ思いを馳せる。

スポンサーリンク

映画『アースクエイクバード』の作品情報

アースクエイクバード

製作年:2019年
上映時間:106分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、サスペンス
監督:ウォッシュ・ウェストモアランド
キャスト:アリシア・ヴィキャンデル、ライリー・キーオ、小林直己、祐真キキ etc

映画『アースクエイクバード』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『アースクエイクバード』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT×
Hulu×
Amazonビデオ×
dTV×
TELASA×
TSUTAYA TV×
ビデオマーケット×
Netflix

※動画の配信情報は2021年7月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『アースクエイクバード』の登場人物(キャスト)

ルーシー・フライ(アリシア・ヴィキャンデル)
日本に長年住んでいる翻訳家。現実主義で、あまり感情を表に出さない。禎司と出会って恋に落ちる。
リリー・ブリッジス(ライリー・キーオ)
明るく無邪気なイギリス人女性。日本に来たばかりだが、日本語は簡単な挨拶さえわからない。
禎司(小林直己)
日本人の写真家。普段は蕎麦屋で働いている。独特な完成の持ち主で、恋人以外の人間は撮らない。
ボブ(ジャック・ヒューストン)
気さくな外国人で、ルーシーの旧友。リリーをルーシーに紹介する。

映画『アースクエイクバード』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アースクエイクバード』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『アースクエイクバード』のあらすじ【起】

1989年、東京。笹川事務所で翻訳家として仕事をしているルーシーは、東京湾で女性の死体が見つかったというニュースを聞き、友人のリリーかもしれないと考えた。警察が来て、事情聴取を受けることになった。

リリーと最後に話をしたのはルーシーらしい。隣人によると、リリーと別れたあとで、ルーシーが追いかけるところを見られていたそうだ。ルーシーは追いかけたことを認めるものの、追いつけなかったのだと答える。

ここまでの経緯がある。ルーシーが出会った禎司という男は、写真を撮る男だった。水や建物、光を撮り、人は撮らないが、ルーシーのことは撮りたいと思ったのだと言う禎司。ルーシーも、彼に惹かれていることを正直に話した。二人は本心を言い合える関係を発展させていく。

禎司は一人暮らしだった。禎司の家で撮影をしていると、地震が起きる。揺れたあとに鳥の鳴き声のような音がした。この音は、地震のあとだけにするのだと話す禎司。

映画『アースクエイクバード』のあらすじ【承】

ルーシーは、久しぶりに会った知人のボブからリリーという女性を紹介された。日本に来たばかりで、日本語を話せないようだ。軽く挨拶をしたものの、共通点のない子の世話係なんてできないと、ボブに抗議するルーシー。

ルーシーが日本人女性の知人に振袖を着せてもらっていると、山本さんという女性が訪ねてくる。迎えに行こうとすると、山本さんは階段で足を滑らせ、落ちていった。首が折れていて、彼女はそのまま亡くなった。

自分に死がついて回っていると感じているルーシーは、そのことを禎司に話す。いつか詳しく聞きたいと言う禎司とキスをし、愛し合う。写真を撮ると魂の一部を被写体から奪うと言われるが、それでもいいか?と聞かれ、答えは決まっていると答えるルーシー。

いつしか、ルーシーはリリーと仲良くなっていた。リリーの家選びに付き合い、喫茶店での日本語の注文方法を教える。リリーは屈託なく何にでも興味を持ち、やがて禎司にも会いたいと言い出した。

映画『アースクエイクバード』のあらすじ【転】

禎司はなぜ写真を発表しないのかリリーに聞かれ、本人に聞いてみるルーシー。君には関係ないと突き放されて、出来心で禎司の家に忍び込む。金庫を開けると、知らない女の写真が大量に出てきた。帰ってきた禎司を問い詰めると、前の恋人のサチだと言った。ルーシーは踏み込みすぎたことを謝罪する。

リリーを禎司に会わせると、リリーは禎司がルーシーを愛していることがよくわかると話した。ルーシーの家に来たリリーが手相を見てくれる。空虚や静寂に満ちた過去。突然の変化と、事故と死。禎司のことも聞こうとしたが、よくわからないとにごされた。

夜中、地震が起こる。おさまると鳥の声がした。怖がっていたリリーだが、朝になると寝ていたので知らないと話す。佐渡島に行きたがっているリリーは、禎司とボブも呼びたいと言った。

ボブにリリーと付き合っているのか聞いたルーシーだったが、リリーは気まぐれなのでわからないと返される。見ると、リリーと禎司が楽しそうに踊っている。たまらず割って入るルーシー。

ルーシーは友達の父親に性的虐待を受けたことを禎司に話す。その父親は溺死した。毎日のように思い出す悪夢だった。

映画『アースクエイクバード』の結末・ラスト(ネタバレ)

佐渡島は、ルーシーとリリー、禎司で行くことになった。気分が悪くなって山道で気絶したルーシーを、二人は置き去りにして先に進んでいた。禎司とリリーと別れたあとに嫌な予感がして戻ると、禎司はリリーの写真を撮っていた。

事情聴取で、ルーシーは自分がリリーを殺したと自白した。謝りに来たリリーを追いかけて殺したのだと話す。ところが警察は、東京湾の死体はリリーではないと言う。なぜ嘘をつくのか聞かれ、殺したかったからだと答えるルーシー。

行方不明の禎司の家に忍び込み、自分の写真のフォルダを見る。写真はやがてリリーのものになり、最後の写真はリリーの死体だった。

自宅に帰ると禎司がいた。もう終わりだと言うと、襲いかかってくる禎司。手にとったガラスをぶつけると、禎司の頭に直撃し、彼は倒れた。

リリーをあの時家に入れていれば、と悔やむルーシーに、知人女性は「山本さんにワックスをかけたことを伝えていなかった。彼女の死は私の責任だろうか?」と問いかける。ルーシーは彼女の目を見つめたが、何も言うことができなかった。

映画『アースクエイクバード』の感想・評価・レビュー

犯人が誰なのかというサスペンス的な側面と、嫉妬する女のドロドロしたラブストーリーと、また死は誰の責任になるのか?というテーマを複合的に併せ持つ難解な映画。日本で暮らす女性のリアリティを出すため、日本語を習得したアリシア・ヴィキャンデルの演技にも引き込まれる。

じっとりとした独特な世界観の中で、狂気と悲しみが感じられる。地震鳥という独特の概念が何を意味しているのか、考えるのも面白い。(MIHOシネマ編集部)


1989年の日本を舞台に描いたNetflixオリジナル作品。外国人女性リリーが行方不明になり、やがて死体となって発見されます。疑いをかけられるルーシーとそこに現れる、日本人カメラマン禎司。日本人の写真家と恋に落ちた外国人女性が三角関係に悩まされる様子を悲しく、儚く描いたサスペンスです。
後半は過去も関わってくる展開に驚かされました。そしてこの作品に描かれる日本が、すごくリアルで完成度が高かったです。(女性 30代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラブストーリー映画ヒューマンドラマ映画サスペンス映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました