「ミスター・アーサー(1981)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ミスター・アーサー(1981)の概要:大富豪の御曹司アーサーは、親同士が決めた愛の無い政略結婚をするか、心から愛する下町の女性と一緒になって貧乏暮らしをするか、決断を迫られていた。アーサーの執事ホブソンは、金持ちとしての人生を歩むことを彼に勧めるが…。

ミスター・アーサーの作品情報

ミスター・アーサー

製作年:1981年
上映時間:97分
ジャンル:コメディ
監督:スティーヴ・ゴードン
キャスト:ダドリー・ムーア、ライザ・ミネリ、ジョン・ギールグッド、ジル・アイケンベリー etc

ミスター・アーサーの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ミスター・アーサー(1981)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ミスター・アーサーの登場人物(キャスト)

アーサー・バック(ダドリー・ムーア)
ニューヨークに住む大富豪の御曹司。生まれた時から欲しい物は全て手に入る程裕福だったが、本当の愛を知らない孤独な男。父親に政略結婚を決められ反発するも、従わなければ7憶5000万ドルの財産を相続させないと言われ渋々結婚に踏み切る。しかし、街で一般人のリンダと出会い恋に落ちてしまう。
リンダ・マロッラ(ライザ・ミネリ)
父親へプレゼントするネクタイを万引きした際アーサーに助けられ、次第に惹かれていく。女優を目指しウェイトレスのアルバイトをしている。父親は失職中。
ホブソン(ジョン・ギールグッド)
アーサーの執事。彼を子供の頃から見守っており、政略結婚に従うよう助言する。
スーザン・ジョンソン(ジル・アイケンベリー)
アーサーの結婚相手。アーサーの放浪癖や過度な飲酒を辞めさせると宣言するなど、彼とはとことん価値観が合わない。

ミスター・アーサーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ミスター・アーサー(1981)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ミスター・アーサーのあらすじ【起】

酔ってニューヨークの街に繰り出したアーサーは、車の中から娼婦に声を掛けた。グローリアと名乗る彼女を車に乗せたアーサーは、200ドルやると言い、プラザ・ホテルへと向かった。

ホテルのレストランで、グローリアはそのいで立ちから入店を断られそうになったが、アーサーの口利きで二人は入店。レストランではアーサーの叔父と叔母が食事をしており、彼はグローリアを「西インド諸島にある小さな国の王女」と紹介した。叔父は呆れ、アーサーに少し大人になれと声を掛けたが、彼はてんで聞いていなかった。

酔ったアーサーは、グローリアに「スーザン・ジョンソンと婚約中だ」と明かした。父に押し付けられた結婚話にうんざりしているアーサーは、スーザンを退屈な女だと扱き下ろした。

グローリアと一夜を明かしたアーサーは、夢の中にいても尚爆笑し続け、部屋の中をオモチャの機関車が走る音で目を覚ました。グローリアは、200ドルと朝食を貰いホテルを後にした。

執事のホブソンは、アーサーの父が持ってきた結婚の話を受けるよう彼に進言した。当のアーサーはハットを被ったまま風呂に浸かり駄々を捏ねたが、ホブソンに伴われ父のオフィスへと向かった。

父と面会したアーサーは、スーザンと結婚しないと親子の縁を切ると宣言されてしまった。それでも彼は頑なに結婚しないと言い張ったが、7憶5000万ドルの財産を贈与しないと言われ、その金額の大きさに結婚を受け入れた。式は一ヶ月後に迫っていた。

ミスター・アーサーのあらすじ【承】

服を買うためにホブソンと街にやって来たアーサーは、ブティックでネクタイを万引きする女性に興味を持った。警備員に追われる女性を追うアーサーとホブソンは、彼女の度胸を買って「自分のツレだ」と言い助けた。

女性はリンダと名乗り、アーサーは彼女を口説こうとした。ホブソンはこれ以上二人が仲良くならないよう邪魔をしたが、アーサーは彼女を運転手のビタマンに送らせることで連絡先を手に入れた。

リンダは、高級車に乗るのが初めてだった。彼女の住む地区の子供達も、見慣れぬ高級車へ物珍しそうに近寄った。帰宅したリンダは、失職中の父に盗んだネクタイをプレゼントした。彼女がアーサーの話をすると、父は目の色を変えて「結婚を許す」と言った。

アーサーは、リンダへ贈る花を買い占めていた。花屋の店主に恋とは何かを聞き、大声で「彼女が忘れられないんだ!」と詰め寄った。その日の夜、アーサーとリンダは食事をした。

リンダは、女優を目指すウェイトレスだった。アーサーは彼女の話を聞いて一層愛しさを募らせ、リンダもまた、彼がただの金持ちではなく純粋な男であると気付き、二人は惹かれ合った。

ミスター・アーサーのあらすじ【転】

アーサーは、敬愛する祖母にスーザンとの結婚は嫌だと打ち明けた。最初はにこやかに話を聞いていた祖母だったが、意中の女性が下町の人間だと知ると態度を一変させた。今更貧乏生活はできないのだから、スーザンと結婚して浮気すればいいのだと言う祖母に呆れたアーサーは、彼女の元を去った。

アーサーは、リンダに電話をして真実を語った。リンダは「そっちに行けなくなった。今夜婚約する」という彼の言葉にショックを受けたが、それ以上に彼女の父が泣いて悔しがった。

珍しく真面目な顔付きになったアーサーは、風邪のため床に臥せるホブソンにリンダへ別れの電話をしたと報告した。ホブソンは「あんな小娘いくらでも金で買えます」とアーサーに言い放ち、彼を激怒させた。アーサーは酒を煽りながら、自分の運転でスーザンのいる邸宅へと向かった。

千鳥足になったアーサーは、スーザンの父と面会した。スーザンの父は、娘を幸せにしないと殺すとアーサーを脅し、結婚後は自分の会社で働くことを約束させた。

スーザンとディナーに出掛けたアーサーは、てんで価値観の合わない彼女との会話を苦痛に感じていた。渋々彼女へ結婚指輪を渡したが、アーサーは頭痛がすると言って店を後にし、リンダのアパートに向かった。

夜中の3時にリンダの家を訪れたアーサーは、アルバイトをしなくてもいいようにと彼女に10万ドルを渡したが返されてしまった。リンダの父は、またもや悔しがった。

後日、ホブソンはリンダの家を訪れ、彼女をアーサーの婚約パーティに招待した。ホブソンはリンダにドレスをプレゼントすると「老いぼれにも恋する若者を見分けられます」と言い、二人の恋路を応援すると宣言した。しかし、彼の体調は悪そうだった。

ミスター・アーサーの結末・ラスト(ネタバレ)

パーティの夜、ホブソンから贈られたドレスを着たリンダは会場に入った。二人は馬舎で落ち合い、リンダはアーサーへ「あなたに抱かれて朝を迎えたかった」と別れを告げた。

リンダと別れたアーサーは、ビタマンに呼ばれ病院へ向かった。ホブソンの容態が悪化し、彼が入院することになったのだ。アーサーは当分ホブソンの側にいることを決め、両家へ結婚式の延期を伝えた。

アーサーは、勝手に病室をリフォームし自宅と同等の設備を備えさせると、ホブソンの隣で寝泊まりするようになった。ホブソンは、アーサーへ「思い通りに生きなさい」と声を掛けると、しばらくして亡くなった。

アーサーはパブで飲んだくれ、親父が死んだと吹聴していた。スーザンとの式まであと5時間となった時、アーサーは燕尾服のままリンダの店を訪れ、彼女に「60年ほど仕事を休んでくれ」と言いそのままプロポーズをした。リンダは喜びそれを受け入れ、二人はスーザンの待つ教会へと向かった。

相変わらず千鳥足のアーサーは、ウェディングドレスを着たスーザンにはっきりと「愛してない」と言い切った。スーザンは叫んで父を呼びつけ、スーザンの父はナイフを手にアーサーに向かった。アーサーの祖母が止めに入ったため彼は無事だったが、式も政略結婚も破綻してしまった。

大勢の参列者が帰った後、教会にはアーサーとリンダ、祖母だけが残った。二人は神の前で永遠の愛を誓うと共に、貧乏暮らしをすると決意した。しかし、祖母は「バック家の者を地下鉄には乗せません」といきり立ち、アーサーに7憶5000万ドルを相続させた。

本当の愛と大金を手にした二人は、ニューヨークの街へと消えていった。

ミスター・アーサーの感想・評価・レビュー

何不自由ない境遇を不自由と感じるアーサーに、意外にも共感できた。もちろん自分は彼のような富豪などではないが、現代日本で一般家庭に生まれた私は両親の努力の甲斐あって衣食住が保証されていた。しかし、自分の愛を見つけるのは困難だった。これは誰しもが通る道だろう。

何を以て自立したというのだろうか。就職した時なのか、家庭を持った時なのか、これは富豪でなくとも大きなテーマだと思う。そんなことを考えさせられる映画だった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする