映画『MR.LONG/ミスター・ロン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』の概要:台湾人のプロの殺し屋が仕事に失敗し、田舎町へと逃れて来る。台湾人の母親を持つ幼い少年に救われ、料理をごちそうしたことからご近所さんに受け入れられ、人の温かさを知り穏やかで優しい生活を送ることになるのだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』の作品情報

MR.LONG/ミスター・ロン

製作年:2017年
上映時間:129分
ジャンル:ヒューマンドラマ、サスペンス
監督:SABU
キャスト:チャン・チェン、青柳翔、イレブン・ヤオ、バイ・ルンイン etc

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』の登場人物(キャスト)

ミスター・ロン(チャン・チェン)
台湾人、プロの殺し屋。主にナイフを使って人を殺す。その動きはスピーディーかつ、無駄がなく一瞬。いつも眉間に皺を寄せており、ほとんど表情がない。特技は料理。日本語は全く話せない。
賢次(青柳翔)
やくざ系列のホステスの店で、運転手をしていた。気の好い日本人男性で、リリーと逢瀬を重ね恋人同士になる。リリーの妊娠を知って喜んでいたが、制裁され引き離される。
リリー(イレブン・ヤオ)
台湾人女性。接客業という名目の元、台湾から日本へと斡旋され、ホステスとして働いていた。賢次と恋仲になりジュンを身籠る。やくざの男から覚せい剤を打たれ、薬漬けになっていた。優しく可憐で息子のことをとても大切にしている。日本語は話せる。
ジュン(バイ・ルンイン)
リリーと賢次の息子。台湾語と日本語を話す。幼いながらも人の機微を察することができる。母親の世話を献身的に行う。傷だらけのミスター・ロンも助けてくれる。賢く無口ではあるが、野球が好き。

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』のあらすじ【起】

ナイフ使いに長けたプロの台湾人殺し屋ミスター・ロンは、仕事が早く証拠を残さない。彼は台湾で仕事を終えた後、翌日の夜には東京の六本木にいた。渡されたのはパスポートとターゲットの写真だけである。クラブにてターゲットを見つけたが、相手はまるで彼が来ることを知っていたかのように、ミスター・ロンを捕縛するのだった。

麻袋に詰められたミスター・ロンは、まさに袋叩きにされるも奇襲を仕掛けて来た謎の男のお陰で、逃げる隙を見つける。どうにか停車中の配送トラックへ身を隠し、その場を離れた。
トラックから下りた場所は、廃屋ばかりが立ち並ぶ寂れた場所。身を隠せる場所まで移動し、横になった。

ふと、目を覚ますとミスター・ロンの前に幼い少年ジュンが立っている。会話もなくじっと詰め合った後、少年はどこかへ走り去り様々な物を持って来る。ミスター・ロンはその中から消毒液を取り、傷口の消毒を行った。すると、ジュンは次にTシャツを何枚か持って来てくれる。着られそうなシャツを選んで着替えた。次に目を覚ますと、なぜかネギなどの野菜があった。ミスター・ロンは廃屋を巡り、水が出る家を発見。幸い、塩も残されていたため、鍋を探し火を熾して野菜の汁を作ってやった。

すると、ジュンは台湾語でおいしいと言う。彼は母親が台湾人なので、言葉が話せると言った。そこへ、若い女がやって来て少年を呼ぶ。彼は母親リリーに頼まれ、やくざからある物を貰って渡す。ガチャポンのケースの中には覚せい剤が入っていた。

ミスター・ロンは勝手に家へ入って、リリーから覚せい剤を取り上げる。薬を抜くと副作用が激しくなるため、手荒ではあったが、リリーを縛って世話をした。ジュンには世話になったので、恩返しのつもりだった。

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『MR.LONG/ミスター・ロン』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』のあらすじ【承】

雨が降ったある日。突然、ミスター・ロンの前におじさんが現れ、彼を引っ張って行く。おじさんは自分の台所を貸して、彼に料理を作らせた。すると、近所の人が集まって来る。皆、ミスター・ロンの料理に感嘆し、彼は引っ張りだこになった。

近所の人たちが何を言っているか分からないが、ロンちゃんロンちゃんと気安く声をかけてくる。更にご近所さんは、彼にお金や使わなくなった家財をお礼にくれるのだった。一体、何がどうなっているやら意味が分からない。
翌日、再びご近所さんが集まり、家の修理やごみ集めをしたりする。衣類や靴なども寄付してくれた。お礼はミスター・ロンの料理である。好意というか、おせっかいというか。
気が付いたら牛肉麵の屋台まで造られていた。

そうして、ミスター・ロンはなぜか、神社の境内で牛肉麵の屋台をやることになる。評判は上々で、手伝いにはいつもジュンがついて来てくれた。やがて、リリーから覚せい剤が抜ける。母親はミスター・ロンが作った料理を食べながら、献身的に世話をしてくれた息子を見つめるのだった。

リリーは日本に来てホステスとして働いていた。給料を貰った日、運転手の賢次だけ車に傷をつけたペナルティとして、給料が貰えなかったので、降りる時に彼へと少しお金を分けてあげた。それがきっかけとなり賢次とデートを重ね、やがて恋仲になる。蜜月を経てリリーは彼の子供を身籠った。ところが、やくざ系列の店では、女は売り物なので妊娠させた賢次は、手酷い制裁を受けることに。

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』のあらすじ【転】

リリーは隙を突いて事務所から逃げ出し、たった一人でジュンを産んだ。その後、稼ぐために男へと体を売って子供を育てる。だが、客の中にやくざの男がいて、リリーは覚せい剤を打たれてしまう。それから堕落するのはあっという間で、薬欲しさに家賃までつぎ込むようになり、アパートを追い出された。そうして、現在に至る。
リリーはミスター・ロンのお陰で、ようやく覚せい剤の脅威から抜け出すことができたのだった。

ミスター・ロンが屋台を出すようになってから3日が経過。連日、屋台には行列が並び商売は繁盛する。地域の納涼祭でご近所さんが素人歌舞伎を披露し、賞をもらった。景品は旅館の宿泊券。ご近所さんはそれをジュンに渡し、リリーとミスター・ロンの3人で行って来いと言う。

商売繁盛のお陰で資金は大分、貯まっていたが、ジュンのためにお出かけすることに。寺院を見て陶芸を体験し、少年と温泉に入った。和食を堪能した後は温泉卓球。リリーは卓球が意外に強く、ミスター・ロンは敗北した。

ご近所さんにお土産をたくさん購入。色々、世話になった礼である。皆でご飯を食べた後、リリーとジュンを送り、また明日と言って別れた。
翌日も屋台は繁盛。ジュンを迎えに来たリリーと一緒に帰る。その途中、ジュンがリトルリーグを羨ましそうに見ていたため、ミスター・ロンは監督に頼んで入れてもらう。そうしたことを繰り返し、3人は次第に親子のような関係を築いていくのだった。

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』の結末・ラスト(ネタバレ)

未だかつてないほど、平穏で楽しい毎日。しかし、幸せとはそう長く続かないものである。移動中に交差点で青信号を待っていた時、真向かいのコンビニにリリーを薬漬けにしたやくざの男が立っていた。彼女は咄嗟にミスター・ロンとジュンに忘れ物をしたと嘘をついて、自宅へ駆け戻る。しかし、相手は車で追いかけて来て家に土足で上がり、リリーを脅迫。

彼女は全てを諦め、男を受け入れることにした。また覚せい剤を打たれ体を貪られる。彼女は窓から見える空を眺め、賢次を思った。
屋台にリリーを犯した男がやって来る。麵を食べた後、男はにやついた顔でどこかに電話をしながら去って行く。

屋台を終え、家に戻るとリリーが首を吊っていた。ミスター・ロンは咄嗟にジュンの目を覆う。外へ出ると、やくざが大勢で屋台を破壊している。ご近所さんが出て来て止めようとしたが、追い払われた。更に車が数台やって来て、人数が増える。やり損ねたターゲットの一派だった。

ミスター・ロンはナイフを手に、息つく間もなくやくざを殺した。全員殺した後、振り向くと誰もが恐怖に表情を引き攣らせ、彼を見ている。あのジュンでさえも、酷くショックを受けた顔をしていた。ミスター・ロンは台湾へ帰国することにし、世話になった人たちには挨拶もせず去った。

台湾へ戻り、また暗殺業を再開。しばらく後、通りに見たことのある一団を発見する。もしかしてと思ったが、やはりご近所さんとジュンだった。彼らはミスター・ロンを見つけると、歓声を上げて道路を渡って来る。ミスター・ロンも外へ出て彼らへ近寄った。すると、ジュンが縋り付いてくる。ミスター・ロンは泣き笑いのような顔で、ジュンを抱き上げた。
そうして、ミスター・ロンはジュンを引き取り、台湾で育てることにするのだった。

映画『MR.LONG/ミスター・ロン』の感想・評価・レビュー

まず、主人公を演じるチャン・チェンの動きが素晴らしい。彼は他の作品でも同様に、全く無駄のない動きとスピードを披露している。無表情の演技が抜群に上手く、まさにこの作品の役ははまり役だと思う。そして、ジュン役のバイ・ルンインがまた、可愛らしく健気。今作の監督は国際的にも名を馳せるSUBU。無駄なセリフがなく、映像と演技でストーリーが展開する。

日本語を理解できない主人公が、わけも分からないうちに生活環境を整えられ、なぜか屋台をやる羽目になるというスピーディーな展開が面白い。あれよあれよという間、とはこのことである。そして、命を救ってくれた少年との出会いにより、人らしさを取り戻す。母親の死からラストシーンまでの流れは、反則じゃないのかと思うほど、切なく感動的。(MIHOシネマ編集部)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒューマンドラマ映画サスペンス映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました