映画『無限の住人』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「無限の住人」のネタバレあらすじ結末と感想

無限の住人の概要:沙村広明による同名漫画の映画化。主人公の万次は、傷を治す血仙蟲を体内に入れられ、不老不死の体となる。殺された両親の仇をとろうとしている少女・浅野凛は、万次を用心棒とし、逸刀流統主・天津影久を探す。

無限の住人の作品情報

無限の住人

製作年:2017年
上映時間:141分
ジャンル:アクション、時代劇
監督:三池崇史
キャスト:木村拓哉、杉咲花、福士蒼汰、市原隼人 etc

無限の住人の登場人物(キャスト)

万次(木村拓哉)
賞金取りに妹・町を目の前で殺され、自分も死のうとしたところ、八百比丘尼という老婆から、血仙蟲を体に入れられる。その蟲は傷を治し、万次は不老不死となる。町と似ている少女・浅野凛に用心棒を頼まれ、再び人を斬るようになる。
町(杉咲花)
万次の妹。万次に旦那を斬られ、気がふれてしまう。万次が面倒を見ていたが、賞金取りに捕まり、殺される。
浅野凛(杉咲花)
剣道の道場の娘。逸刀流統主・天津影久に両親を殺され、仇をとることを誓う。万次を用心棒として雇う。
天津影久(福士蒼汰)
逸刀流統主。流派の統一を目指し、全国の道場を荒らしている。祖父の形見の斧を身に着けている。凛の父を殺し、母を拉致する。
黒衣鯖人(北村一輝)
逸刀流剣士の一人で鎧兜を身に着けている。凛に恋心を抱く。
閑馬永空(市川海老蔵)
逸刀流剣士の一人で、血仙蟲を体に宿し、200年生きているという男。同じく血仙蟲を宿す万次と手を組もうとする。
乙橘槇絵(戸田恵梨香)
遊女。天津を超える剣の腕を持ち、彼に頼まれ万次を殺しに来るが、人を斬ることに迷いがある。
尸良(市原隼人)
金を貰って人を斬る賞金取り。逸刀流の剣士を次々と殺し、万次と手を組もうとする。

無限の住人のネタバレあらすじ

映画『無限の住人』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

無限の住人のあらすじ【起】

万次という男は、旗本を殺し、同士の6人も殺した過去を持つ。その際に妹・町の旦那も殺してしまい、それ以来、気のふれてしまった町の面倒を彼が見ている。

賞金首である万次は狙われており、ある日、町が捕まってしまう。万次は賞金取りの男の指示通り刀を捨てたが、町は目の前で殺されてしまった。万次は怒りに任せその場にいた何十人もの敵を斬りまくった。左手首が切り落とされ、目もつぶれたが、万次は一人で全員倒した。そこに八百比丘尼という老婆が現れ、万次の傷に血仙蟲という蟲を入れた。その場で死ぬつもりだった万次だが、蟲の力で手首はくっつき、他の傷もみるみる治っていった。

五十年後、浅野凛という少女は、道場で男に混じって剣の修行をしている。家族で夕食を囲んでいると、逸刀流の軍団がやって来た。彼らは流派統一のため、国中の道場を荒らしているという。凛の父は、逸刀流統主・天津影久に斬られ、母は拉致された。黒衣鯖人という男は、母の叫び声が聞こえないよう、凛の耳を塞いでいた。

無限の住人のあらすじ【承】

凛が森で剣の練習をしていると、八百比丘尼が現れ、不死身の男を用心棒として雇うよう諭した。

凛は人里離れた河原で万次を見つけた。凛に呼ばれ振り返った万次は、一瞬凛を町と見間違えた。凛の依頼を断った万次だったが、彼女を家まで送った。

凛の家の前には、黒衣がいた。彼は、凛の父が殺された後、毎晩凛に恋文を送っていた。黒衣は、肩に乗せた凛の母の生首を見せた。彼は究極の愛情表現として凛を殺そうとしたが、万次が現れ、黒衣を倒した。

凛は町の話を聞いて、自分が彼女に似ているのだと悟り、万次を「お兄ちゃん」と呼んだ。万次は「兄さまだ」と言った。

万次が休んでいると、閑馬永空が話しかけてきた。彼は逸刀流であるが、万次と組みたいと言った。万次は断り、二人は斬り合いとなった。万次が勝ったように思えたが、閑馬も血仙蟲を宿しており、彼は起き上がった。

帰り道、万次の傷が開き、血が噴き出した。医者を呼びに行こうとした凛は、閑馬に捕まってしまう。しばらくして、閑馬の小屋にボロボロの万次が来た。閑馬は、血仙殺という血仙蟲の効果を失くす薬を塗った剣を使っていたという。再び斬り合いとなり、万次は閑馬の体を切り刻んで殺した。

無限の住人のあらすじ【転】

天津の元に心形唐流から逸刀流に入りたいという手紙が来ており、天津は一人で心形唐流統主の元へ向かうことにした。

まだ傷の塞がらない万次の元に、天津は乙橘槇絵という遊女を送り込んだ。剣術に長けた乙橘相手に、万次も苦戦した。乙橘が万次にトドメを刺そうとした時、彼女は突然武器をおろした。彼女は元々人を斬ることに抵抗があるという。凛が万次の前に立って彼をかばい、乙橘は去って行った。

凛は山で天津を見つけ、彼を殺そうとしたが、凛の力は到底及ばなかった。天津は、自分と凛の祖父がライバル同士だったという話をした。天津の持っている斧は、祖父のものだという。

万次たちは、町で逸刀流を殺す男・尸良に遭遇した。尸良の仲間たちにとっても逸刀流は敵だと言い、万次は彼らと手を組むことにした。

翌日、町で逸刀流との戦いが始まった。尸良に盾突いた凛が殺されそうになると、万次は尸良の手首を切り落とした。

万次は、旗本が金のために嘘をついていたことに気付き殺したこと、賞金取りに妹を殺されたことなどを凛に話した。尸良たちが賞金のために逸刀流を殺していることに気付いた万次は、彼らと手を組むのをやめた。

無限の住人のあらすじ【結】

万次が目を覚ますと、「万次を死なせたくない」という置手紙を残し、凛は一人で天津を殺しに向かっていた。

天津は心形唐流の屋敷に着いたが、逸刀流に加わる話はなかったことにされてしまう。外に出ると、天津は大勢の敵に囲まれた。

凛は敵から逃げている天津に遭遇し、一緒に追われることになった。

凛を探す万次は、逸刀流の剣士3人に囲まれた。万次が瀕死状態になると、八百比丘尼が現れた。万次は、凛のために再び力を与えてもらった。

天津と凛が何百人もの敵に囲まれているところに、万次が到着した。万次は次々と敵を倒していき、天津の元へは乙橘が応援に来た。

そこに尸良が現れ凛を連れ去り、万次は追いかけた。尸良は万次に武器を捨てるよう言った。武器を捨てた万次は、素手で尸良に飛びかかり、彼を滝に落とした。

敵はいなくなり、万次と天津の一騎打ちになった。万次が天津を追い込み、最後に刀を凛に渡したが、凛はなかなか刺せなかった。去って行く天津を追いかけると、万次が刺されてしまい、凛は思い切って天津を刺した。凛が「ごめんね、お兄ちゃん」と泣いていると、万次は目を開け「そこは兄さまだろ馬鹿」と言った。

この記事をシェアする