「息子」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

息子の概要:妻の一周忌で、都会に住む息子たちが実家に集まった。実家でひとりで暮らしている父親を、今後どうすればいいのか。家族全員があらためて見つめ直すことになる。

息子の作品情報

息子

製作年:1991年
上映時間:121分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:山田洋次
キャスト:三國連太郎、永瀬正敏、和久井映見、田中隆三 etc

息子の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『息子』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

息子の登場人物(キャスト)

浅野昭男(三國連太郎)
一年前に妻に先立たれ、一人暮らしをする男。農家として生活をしている。無口で頑固な性格。
浅野忠司(田中隆三)
明男の長男。頭が良く、大企業に勤めているエリート会社員。繊細で神経質なところがある。
浅野哲夫(永瀬正敏)
明男の次男。コロコロとアルバイトを変えながら一人暮らしをしている。仕事中に出会った征子に一目ぼれし、アプローチを開始する。
浅野玲子(原田美枝子)
忠司の嫁。娘が2人いる。しっかり者でよく気が利く。表面には出さないものの、長男の嫁としての悩みを多く感じている。
川島征子(和久井映見)
桜製作所の社員。倉庫で一人で仕事をしており、哲夫から猛烈なアプローチを受ける。耳が聞こえず、言葉を話すこともできない。

息子のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『息子』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

息子のあらすじ【起】

哲夫は、あちこちのアルバイトを転々としながら一人暮らしの生活をしている。ある日、父親から母親の一周忌の連絡が来る。実家は岩手だが、すぐに戻るようにと言われて旅立つことにした。

着の身着のまま到着した哲夫は、派手なアロハシャツで法事に列席。親戚からジロジロ見られ、白いシャツはなかったのか?と言われる。その夜は母親の嫁入りの写真などを見ながら、皆で盛り上がった。

長男の忠司は親戚から、父親をどうするのか聞かれる。まだ若いとは言え、一人暮らしでは何が起こるかわからない。一人暮らしをしていてうっかり丸焼きになった人もいるのよ、と言われて千葉のマンションに呼んでもいいが…と言い出す。孫たちも喜ぶとは思うけれど、景色もよくはないし…と忠司の嫁・玲子も考え込んだ。

長男夫婦が実家から帰る道、玲子は長男の嫁になんかなるんじゃなかったと愚痴をこぼす。忠司は何も言わずにそれを黙って聞いていた。

息子のあらすじ【承】

次男の哲夫は、親父のお守りをしろと言われたと残って手伝いをしていた。今はフードサービスをしていると話す。こんなところで農家をやるよりも楽で儲かると笑う哲夫に、ならば都会で金持ちにでも何でもなるがいいと叱責する父・昭男。学歴にコンプレックスのある次男に対して、長男は大企業で苦労しているのだと話した。

東京に戻った哲夫は、肉体労働のアルバイトを始めた。若い哲夫を見たバイト先の労働者たちは、コーヒーを運ぶのとはわけが違うと忠告するが、これをやりたいんだと言う哲夫。午後になって、続きそうにないと笑う哲夫に、若者は仕事を選び放題でいいなと先輩がぼやく。同行している運転手のタキさんも、いつも文句ばかりを言っていた。サーフィンに向かう前の車の若者にも怒鳴り散らす。

タキさんが横で文句を言い続けていても、哲夫の耳には入っていなかった。納品先の桜製作所にいる女の子に夢中だったからだ。哲夫の会社の労働者たちは、哲夫がすぐにやめるかどうかで賭けをする。

息子のあらすじ【転】

桜製作所の女の子に話しかける哲夫。一人で寂しくないですか?と聞くが、女の子は笑顔で首を振る。名前を聞いたが、返事は返ってこなかった。

哲夫は働きぶりを評価され、臨時社員にならないかと提案される。条件をのんだ哲夫に、給料も出たし、飲みに行こうと社員たちが誘ってくれた。

気持ちを上手く伝えられそうになかった哲夫は、女の子に手紙を書く。自分のことを話したいし、あなたのことも聞きたいと綴ったものの、渡すタイミングが掴めず、あとをつけていく。かなり遠くまでついてきたものの、うっかり尾行がばれてしまった。何で何も喋ってくれないのか?と苦しい心の内を伝えると、手紙を渡す。今度返事を聞くから、と言って走り去った。

運送会社のタキさんがオカマを掘られてムチ打ちになっていると、社長が直々に伝えに来た。社長は、自分が秋田出身だと嬉しそうに哲夫に話しながら、自らトラックを運転する。同行しながらも、哲夫はまたずっとあの子のことを考えているのだった。

息子の結末・ラスト(ネタバレ)

桜製作所に来ると、「川島さんに手紙を渡したでしょ?あの子、耳が聞こえないから喋れないのよ」という事実を教えられる。タキさんの家に見舞いに行くと、惚れた女が聾唖なのはもったいないと言われるが、だからどうだっていうんだ、と感情を爆発させる。

昭男が上京して忠司の家に来た。家を守って母さんと同じ墓に入ると主張するが、それだと見捨てたみたいなので一緒に暮らしたいと言われる。妻の玲子も賛成しているものの、やはり無理かもしれないと言い出し、口論になる。

昭男は哲夫の様子も見に行った。哲夫は征子を紹介し、彼女が聾唖者であること、結婚することを伝える。征子が本当に嫁になってくれるのか、ゆっくりと確認する昭男。征子は頷いた。

その夜、寝付けずに征子を実家に呼ぶ話、孫ができたら預かる話をしながらいつになくはしゃぐ昭男。哲夫は寝てくれと言いながらも、上機嫌で歌を歌う父親を優しく見守るのだった。

昭男は一人で実家へ帰った。かつての家族の姿を誰もいない家で思い浮かべる。小さな火を燃やし、横になってまた歌を歌った。

息子の感想・評価・レビュー

人物描写の細かい、あたたかな映画。父親と長男、次男、妹、嫁。自分の生活を考えながらもそれぞれが立場を全うし、家族への思いやりを形にしようとしている。

伴侶を亡くして生きる希望を欠き始めている昭男が、今までの家族と新しい家族を心の支えとして、これからも生きていくであろう終わりが良い。全員が一緒にいることが必ずしも正解ではなく、遠くにいても思いあえる親子もまた、ひとつの答えだと言えるのかもしれない。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする