映画『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」のネタバレあらすじ結末と感想

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームの概要:引っ込み思案な女子高生ヴィーはある日、ナーヴというゲームを始める。SNSと同じく注目を浴びたいという欲求を利用したゲームから次第に抜け出せなくなり、事態は命に関わる大事に発展してしまう。

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームの作品情報

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

製作年:2016年
上映時間:96分
ジャンル:ミステリー
監督:ヘンリー・ジュースト、アリエル・シュルマン
キャスト:エマ・ロバーツ、デイヴ・フランコ、ジュリエット・ルイス、エミリー・ミード etc

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームの登場人物(キャスト)

ヴィーナス・ヴィー・デルモニコ(エマ・ロバーツ)
内気な性格の女子高生。ナーヴを始めたことで起きる刺激的な毎日が彼女の行動に影響を与えていく。
イアン(デイヴ・フランコ)
ナーヴでヴィーのパートナーとして行動する。
シドニー(エミリー・メーデー)
ヴィーの親友。ナーヴでは人気者だったが、人気を得ていくヴィーに嫉妬していく。
トミー(マイルズ・ヘザー)
ヴィーの友達。ナーヴにはまるヴィーを心配する。

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームのあらすじ【起】

引っ込み思案な女子高生ヴィーは、学校でも自分の想いを口に出すことができない内気な女性であった。学校では男女問わずみんなから人気があるシドニーと仲良くしていた。そんなシドニーは、ナーヴというゲームに熱中していた。ナーヴはスマホやパソコンを通じ、ナーヴを視聴している人からの指令を実行することで、視聴者から人気を獲得し賞金を得るゲームであった。

ある日、自分が好きだった人から間接的に振られてしまったヴィーは、勢いでナーヴを始めてしまう。ナーヴから初めて出された指令は見知らぬ人と5秒間キスをすること。ヴィーはレストランにいる男性イアンにキスをしてゲームをクリアする。指令を実行したことでヴィーは、膨大な賞金を手にした。

その直後ヴィーとイアンにナーヴから次のミッションが出される。視聴者からの人気を獲得した2人へのゲーム続行希望が多く、ナーヴとイアンはパートナーとして組むことにしてゲームを続けることにする。

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームのあらすじ【承】

ヴィーへの次のミッションは高級ドレスを試着する指令であった。試着している様子もスマホによって撮られていたが、それでもゲームをクリアする。イアンも同様スーツに試着し、ヴィーのドレスに合う靴を探している中、その隙に別のナーヴ参加者によって服を奪われていた。

服がない状況下で2人には外へ出るようナーヴからの指令が下る。下着だけで外へ出なくてはいけないため困惑しつつも普段体験できないスリルに快感を覚えたヴィーはイアンとナーヴのゲームを楽しむのであった。

一方親友のシドニーは、ヴィーが参加するまでナーヴで人気者であったが、徐々に自分より注目を集めていくヴィーへ嫉妬と危機感を覚えるのであった。

イアンとヴィーに対しタトゥーを入れる指令が下された。これまでタトゥーを入れたことはなかったヴィーだが、途中でゲームを棄権すると獲得した賞金を失うことになるため、途中で投げ出すことができずにタトゥーを彫り始めるのであった。

その頃、ヴィーの男友達トミーは、イアンの動向を怪しみ、アルバという闇サイトを通じ身辺調査を開始する。そこでイアンがヴィーと組む前にナーヴをやっていた過去の映像を見つけ、不信感を募らせるのであった。

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームのあらすじ【転】

ヴィーがタトゥーを彫り終えた直後、目隠しした状態の中、バイクで96km出して走行するという危険な指令がナーヴから下る。これまでゲームの指令には従ってきたヴィーだったが、あまりにも危険な今回の指令には抵抗する。だが、イアンの頼みを断れず最終的に従ってしまうのであった。

ヴィーとイアンは非常に危ない走行を繰り返しながらゲームをクリアし2人の距離はさらに近づく。この段階で視聴者数はトップに立つのであった。一躍時の人となったヴィーに対しシドニーは嫉妬さらに増していくのであった。

メリーゴーランドがある場所へやってきたヴィーとイアンは互いの胸の内を語り出す。そこでヴィーはこれまで抱えていたシドニーへの不満を吐露する。シドニーと直接会って話すことをイアンに提案されたヴィーは会いに行くことを決める。ヴィーがイアンへの不満を吐く様子もナーヴで配信されており、鑑賞していたシドニーも怒りが増してしまうのであった。

シドニーは人気を取り返したい一心で向かい合う建物の窓にはしごを建てて渡るという危険なゲームにチャレンジしてしまう。落ちたら即死してしまう高さを途中まで渡っていたが、恐怖心から足がすくんでしまい、ゲームを途中で棄権する。

シドニー以外にもエスカレートしていくナーヴのゲームから脱落者が増えていくのであった。

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームの結末・ラスト(ネタバレ)

シドニーのもとへいったヴィーは互いにこれまでの鬱憤を晴らすよう口論を始める。逆上したヴィーはシドニーがクリアできなかったゲームをクリアし自分のほうが上だと行動で示すのであった。だが、その場にいたトミーからヴィーとシドニーが勝負するよう仕組んでいたのはイアンであることを知らされる。

イアンに騙されたと思ったヴィーは警察へ行こうとする。だが、裏の実情を知っていたイアンは必死でヴィーを止めようとするもイアンの静止を振り切り警察へナーヴの危険性を密告するのであった。だが直後、ヴィーの口座からお金を全て奪われ、タイというイアンと面識のある男に捕まってしまうのであった。

ヴィーは捕まった直後、知らない人からテレビモニター越しでゲームから脱出したければ、イアンと決勝に挑むよう命令される。

拘束を解かれたヴィーのもとへイアンが現れ事の経緯を説明する。過去イアンとタイはゲームのことを警察に密告しようとしたが個人情報を全て取られ、ナーヴに従わざるを得ない状況に陥っていたのであった。ヴィーはナーヴを止めるためにトミーとシドニーと協力し行動する。

ナーヴはオープンソースであったためトミーはプログラムを書き換えられないかハッキングを駆使し挑む。

その頃ヴィーとイアンは決勝戦の舞台に行くのであった。決勝戦の舞台に着いた2人は予め渡されていた銃でどちらかを撃てと指令される。だが、指令に従わない2人に対し、タイが現れ、代わりに挑戦すると言い出す。

タイはナーヴの視聴者へ撃つか撃たないかを投票させる。撃つという回答が半数以上を占めたためタイはヴィーを撃ったが、実は空砲でありヴィーは生きていた。

トミーはその隙にナーヴをハッキングし無事にゲームを壊すことに成功した。

若者の間で流行したゲームは無くなり、イアンと和解したヴィーは平穏な生活に戻るのであった。

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームの感想・評価・レビュー

スマホやパソコンといった現代のツールを使ったゲームが題材。しかもSNSの特徴である人からの注目を浴びたいという欲に付け込んだ現実でありそうなゲームというのが非常に怖い。こんなゲームはない方がいいが、もしかしたら闇サイトとかではあったりするんじゃないかとリアルに感じてしまうのは今の時代と親和性が非常に高いからだろうか。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする