映画『おそいひと』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「おそいひと」のネタバレあらすじ結末と感想

おそいひとの概要:重度の脳性麻痺を患っている障害者の住田。ヘルパーのおばさんや、同じくヘルパーでありバンドマンのタケに介護されていたが、ある日女子大生のヘルパーがやってくることとなり住田は喜ぶ。訪れた彼女に恋をした住田、だがそれは悲劇の始まりだった。

おそいひとの作品情報

おそいひと

製作年:2004年
上映時間:83分
ジャンル:サスペンス、ヒューマンドラマ
監督:柴田剛
キャスト:住田雅清、とりいまり、堀田直蔵、白井純子 etc

おそいひとを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『おそいひと』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

おそいひとの登場人物(キャスト)

住田雅清(住田雅清)
重い障害を患っており、1人ではほとんど何もできない障害者。ヘルパー達に介護されながら日々を送っていたが、若い女の子のヘルパーがやって来ると知り胸を躍らせる。やがて訪れた彼女にすぐに恋に落ちるが、とある言葉が切っ掛けで彼の中で様々な葛藤と狂気が見え始める。
敦子(とりいまり)
大学の卒論のために介護に携わろうと、住田の元へ訪れた女子大生。
タケ(堀田直蔵)
坊主頭とガタイの良い体躯が特徴のバンドマン兼住田のヘルパー。気さくな性格で、何かと住田にも気を配ってくれる良い人柄。が、それが災いし敦子ともあっという間に親しくなり、結果として住田に恨まれることとなってしまう。
彩(白井純子)
敦子の大学の友人。
福永年久(福永年久)
住田と同じく、重度の障害を抱える寝たきりの男性。住田曰く「人生の先輩」であり何かと彼に相談に行くことが多い。
ヘルパーのおばさん(有田アリコ)
住田の介護をしているヘルパー。敦子の叔母(若しくは伯母)。

おそいひとのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『おそいひと』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

おそいひとのあらすじ【起】

重度の脳性麻痺を持つ障害者の男性、住田。彼は言葉を話せないので、トーキングエイドを使って代わりに言葉を伝える。二足で歩くことさえも難しい時があるので、基本的な移動手段は電動の車椅子を用いる。ヘルパーのおばさん、それからバンドマンのタケに介護され生活を送る日々。ある日、若い女の介護士が来ると聞いて少し嬉しそうな住田。その子が来るまでは、町のガチャガチャマシーンで遊んだりかき氷を食べたり、タケと共に家で飲んだりしてその日を過ごす。それでも最近は調子が良かっただけで、時には全身が痛く薬がないと起き上がれない時もある。ヘルパーのおばさんに何とか助けられ動けるようになった住田だったが、またもや女の子はまだなのかと聞き込み呆れられる。

そして遂に住田の元にやって来た、まだ大学生の敦子(のぶこ)。敦子を早々に気に入り、早速明後日に行われるタケのライブに誘う住田。その日は用事があるので済んでからなら、と了承される。ライブ後、タケから敦子と共に打ち上げと称して焼肉へ向かうが、タケと敦子が円滑に会話できることに疎外感を覚える住田。「薬を飲むから帰る」と言いその場から去ってしまう。

住田の敦子への気持ちが恋へと変わるのも早かった。同じく障害を持つ仲間・福永にそれを伝えるとアホか、と言われ「来るものはちゃんと選べ、そうじゃないと潰れる。お前の周りは壁だらけだ」と助言する。住田は言う、彼女に色々教えたいと。しかし人に物を教える前に住田自身が潰れて寝たきりになってはどうしようもないと根も葉もないことを言い返されてしまう。

おそいひとのあらすじ【承】

ある日、タケに詩の朗読会に呼ばれた住田と敦子。裏ではタケが仲間から、最近住田の様子がおかしいと言われる。何をしでかすか分からない、と呟く仲間に何が言いたいと問い返すタケ。その日の朗読会では、朗読中の私語が気に食わなかった仲間が酔って暴れ出し、集まっていた観客に殴り掛かる。それをどこか遠い目で見つめる住田は、只黙ったままで何を思っているのだろうか。

段々と住田は、タケと敦子が親しくなっていくのを心のどこかで疎ましく思っていた。そんなある時、いつものように介護に訪ねてくる敦子。他愛のない会話を交わしている最中、不意に敦子が問いかける。「住田さんってさ、普通に生まれたかった?」――その何気ない言葉は、住田の心を静かに悪魔へと変えてしまう。彼は笑顔交じりに答える、「コロスゾ」冗談なのか本気なのか判断できないが、それに恐怖を覚えたのか敦子は友人の彩に頼み、卒論の目的もあってか住田を動画で撮影する。しかし、すぐに見つけられ慌てて引き返す彩。

住田の様子はそれ以来どんどんとおかしくなってゆく。タケ達との打ち上げの最中もぼんやりとしたままで心ここにあらずといった具合の住田。先の福永の言葉を借りるならば、住田の周りは「壁だらけ」だ。1人ではほとんど何もできず、何かをしようとすれば潰れそうになってしまうのだから。住田はいよいよ、己の恋慕の情や溜め込んでいた性欲に狂い、周囲の障害を排除しようとし始めるのだった。

その日の晩もタケのライブへ呼ばれ、会場へとタケと共に向かう住田。何故か住田は全身を防護服のようなスタイルで身を包み、ゴーグルを掛けて電動車椅子に乗り会場へと上がり込む。普段のようにライブを鑑賞するのかと思いきや、住田は突如車椅子のまま暴れ出し、次々と電気系統を壊し始めた。灯りが故障し、その日のライブは中止せざるを得なくなってしまう。その後、住田の家で夕飯の面倒を見るタケだったが怒ったりはせずに「まぁ、盛り上がりましたけどね」と、どこか皮肉っぽく呟く。そんな彼の言葉を聞いているのかいないのか、住田の視線は自分が服用している薬の方へと向いていた。タケがトイレに行っている間、住田は足とテーブルを使い錠剤を取り出す。戻って来るなりタケは、住田のために風呂を沸かしに向かう。トーキングエイドの無機質な人工音声が語り始める、「オソイマスヨ、オソイマスヨ」――何と住田は、タケのビールの中へ先程の錠剤を混ぜてしまう。勿論そんなことは知らずに、ビールを飲み干すタケ。洗い物を済ませてからお風呂を奨めるタケに、住田は自分は後で入ると伝える。薬が回り始めたのかどこかしんどそうにしつつも風呂へと入るタケ。やがて静かになった風呂場を覗きに行くと、そこには浴槽に沈んだまま息絶えたタケの姿があった。彼が死んでいるのを確かめると、住田はその蓋を閉じてしまうのだった……。

おそいひとのあらすじ【転】

ある日、住田が公園のベンチで座っている所へ敦子がビールを持ってやって来る。敦子は住田の横に腰かけると、「人って簡単に死ぬんですね」と呟く。すると住田は、砂地に棒で「ちがう」と書く。何が違うのか、と問う敦子に何かを言いたげな目で見つめる住田。しかし彼の訴えたいことが分からず、敦子は只見つめ返すことしかできない。住田は会話を中断させると、電動車椅子に乗ってその場を去って行ってしまう。

またある晩の日、敦子は友人の彩含む仲間達と住田を盗撮していた動画を見ながら彼についての談義を交わしていた。その時、敦子の携帯に住田から着信が入る。上手く言葉で伝えられない彼に、敦子はファックスの番号を教える。電話が切れるや否や、ほぼ同時に送られてくるファックス。そこに書かれていたのは「一発ヤラせて下さい」という住田からのメッセージであった。いつか言われたコロスゾ、の言葉が脳裏をよぎり戦慄する敦子。

それから敦子は仲間にも黙って、突然沖縄へと旅立つ。それ以来、住田の元には敦子に代わり彼女の仲間達がヘルパーとして訪れるようになる。しかし敦子とは違い、どこか住田のことを見下し馬鹿にしているようにも見える彼女達。姿を消してしまった敦子とは何もかもが全く違う――、払拭されない思いを抱えたまま住田は福永の元へと訪れる。いつものように何か相談ごとでもしていたのか、話を終えて立ち上がる住田。「気を付けて帰れよ」と言葉を投げる福永に、住田は突如振り返り持っていたナイフを福永の首元へ突き付ける。福永は怯えることもなく「殺すんなら殺せや」と言うだけで、結局住田はそのナイフを床へと投げ捨てるのだった。

住田は突如、筋肉トレーニングを始めたかと思うと片手に包丁を持ちそれを振るうような真似をし始める。そしていつかのあの防護服に身を固め、電動車椅子で外の世界へ飛び出す住田。何をするのかと思えば、通りすがりの人を刺殺してしまう。翌朝、住田の起こした事件は通り魔による殺人としてニュースで報道されていた。

おそいひとの結末・ラスト(ネタバレ)

それからも、敦子の友人らは住田を動画に収めたり写真に映したりと彼を追いかける。住田はその日も出会った男性を殺し、返り血を自宅の浴槽で洗い流す。一方で、敦子の友人・彩は住田の自宅を撮影し続ける。それから彼の幼少期の写真を見つけ、「46年9月30日誕生日」と書かれているのを知る。彼の誕生日を知った彩は、その日がもうすぐであることからサプライズパーティーを仲間達に提案する。

一方、身も心も狂気の底へと沈んでいた住田。飛空帽と防護服のスタイルで電動車椅子に乗り、たまたま出会った人を追いかけ、そして笑いながら殺す。何度も何度もナイフを突き刺して。

その頃、サプライズパーティーの準備をせっせとしていた仲間達。楽し気に飾り付けケーキを作り、料理などを持ち寄る。クラッカーを準備し、住田の帰りを待つ一同。玄関に彼と思しき影が見えると、それぞれが慌てて持ち場へついた。扉を開いた住田を歓迎する彩達だったが、住田が返り血まみれであることに唖然とし言葉を失う――同時に家へと駆けこんでくる警察達。福永にナイフを突きつけたが結局殺せなかったあの直後、福永が通報していたのだ。取り押さえられ、手錠を掛けられながらも住田はトーキングエイドに言葉を打ち込み続ける。彼が何と伝えたかったのかは分からない。しかし、住田の家から遠ざかって行くカメラの中で車椅子を押されている福永の姿が見える。そのまま彼は振り返ることなく遠ざかっていき、画面も暗転する――スタッフロールの合間、それまで全編通してモノクロだった映像がカラーとなり、住田の家を映し出す。そして、そこには誰もいなかった。

おそいひとの感想・評価・レビュー

どんな感想を述べても誤解に繋がってしまいそうで、難しい作品だ。恋に落ちた障害者が殺人を犯す、という内容は外国の映画で『フリークス』という作品があるがああいった物とも趣が違う。こちらは障害者の抱える性欲や狂気も余すことなく、生々しく描いている。本作の音楽を担当した『world’s end girlfriend』のノイズや悲鳴の混ざったBGMがまた本編のモノクロ映像にマッチングしていて非常に冷たく突き刺してくるような感じが酷く辛い。差別とは果たして一体、何なのだろう。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする