映画『お父さんと伊藤さん』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「お父さんと伊藤さん」のネタバレあらすじ結末と感想

お父さんと伊藤さんの概要:劇作家でもある中澤日菜子の同名小説を『百万円と苦虫女』のタナダユキ監督が映画化。歳の差20歳、バツイチ男の伊藤さんと同棲をしている彩は、ある日突然、実の父親と暮らさなければならなくなる。

お父さんと伊藤さんの作品情報

お父さんと伊藤さん

製作年:2016年
上映時間:119分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:タナダユキ
キャスト:上野樹里、リリー・フランキー、長谷川朝晴、安藤聖 etc

お父さんと伊藤さんの登場人物(キャスト)

山中彩(上野樹里)
30代半ばで、本屋でバイトをしながら20歳年上の伊藤さんと同棲生活を続けている。兄の所に住んでいるはずの実の父親と突然、一緒に住むことになる。
伊藤さん(リリー・フランキー)
彩の彼氏。バツイチだが、前妻との間に子どもはいない。今は、小学校の給食センターで仕事をしている。かつては探偵のような仕事をしていたらしいが、謎が多い。
山中潔(長谷川朝晴)
彩の兄。娘の中学受験のため、一時的に父を預かって欲しいと彩に持ちかける。元々は父の意に反して、同居を決めた経緯がある。
山中理々子(安藤聖)
潔の妻。義父である、お父さんと暮らすことと、娘の中学受験が重なり、精神的にかなりダメージを受けている。父の姿を見ただけで嘔吐してしまう。
お父さん(藤竜也)
彩の父。かつては教師をしており、頑固なところがある。妻を亡くした後、息子夫婦のところに同居していたが、居心地が良いとは思っていなかった。

お父さんと伊藤さんのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『お父さんと伊藤さん』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

お父さんと伊藤さんのあらすじ【起】

彩は、伊藤さんと一緒に暮らしている。ある日彩は、兄の潔から娘の中学受験のため一時的に父を預かってくれないかと頼まれる。彩は断るが、家に帰ると父が来ているのだった。父は、兄と会っただろうと言い、今日からここに住むと宣言するのだった。

緊張した面持ちで父親の前に座る彩と伊藤さん。父から歳を聞かれ、54と答える伊藤さん。彩と20も歳が離れているのだった。翌日、彩は朝から父にバイト生活のことを注意されるが、そのまま本屋のバイトに出かける。バイトが終わり、家に帰ってくると、庭で家庭菜園の手入れをしている伊藤さんがいて、父がいないことを告げられる。兄夫婦の家に帰ったかと思いきや、父の荷物が大量に届いているのだった。彩は、父が持って来た小箱が気になり開けようとするが、伊藤さんに止められる。

夜、帰ってきた父と三人で夕食をとる。父は兄の家の中学受験を批判する。父は、夕飯というのはみんなで一緒に食べるものだというのだった。

翌朝、朝ごはんを食べる彩に伊藤さんのことをあれこれ聞く父。伊藤さんには結婚歴があり、子供がいるかどうかはわからないという彩を心配する父。しかし、彩は今の伊藤さんは伊藤さんなのだから関係ないと言う。その日の夕方、伊藤さんはいつものように家庭菜園の手入れをしながら、子供はいないよとさりげなく彩に伝えるのだった。

お父さんと伊藤さんのあらすじ【承】

叔母の小枝子が兄の妻、理々子を連れて、彩のバイト先にやってくる。バイトの昼休みに公園で理々子と話す彩。偶然、そこに父が通りすがり、その姿を見た理々子は、その場で嘔吐してしまうのだった。理々子は精神的にかなり追い込まれているのだった。

彩は父が何をしているのか尾行してみることにする。彩は、父が何か性犯罪のようなことをしているのだと疑っていた。それを笑い飛ばす伊藤さん。翌日、彩は尾行を開始する。街を歩く父の後を追いかける。父は、スーパーで弁当を買い公園で食べ、図書館で時間を過ごし、下校時間のチャイムから日が暮れるまで学校の校門の前でじっとしているのだった。

その姿を見た彩は、父を映画、蕎麦屋、ボウリングと連れて行くことにする。日帰り温泉にも行こうとするが、父は帰ると言う。帰り道、伊藤さんが買いたいものがあると言うのでホームセンターに寄る。父と伊藤さんはネジのことで盛り上がる。そして、父はホームセンターで枇杷の木を一本買って帰るのだった。今日は楽しかったと呟く父。家に帰ると父と伊藤さんは、庭で楽しそうに話しているのだった。

お父さんと伊藤さんのあらすじ【転】

ある日、彩がバイトを終え携帯を開くと、着信歴がいっぱいになっている。警察からの呼び出しもあり、向かう彩。心配をしたが、父はバスで暴漢を取り押さえていたのだった。小枝子さんも駆けつけ、父を見た彼女は、またやったのかと怒鳴るのだった。彩には知らされていなかったのだが、実は父には万引きの癖があるのだった。そして、家に帰ると書き置きがあり、父の姿がいなくなっていた。カバンもあの小箱もなくなっているのだった。

伊藤さんは、父を探しにいかない彩を咎める。父がいなくなり、やっと平穏な生活が戻ったのに変だと言う彩。翌日、友達と会うから遅くなると、伊藤さんからメールがくる。夜遅く帰ってきた伊藤さんは、彩にメモを一枚渡す。そこには、その日の正午に父の携帯があった場所の住所が書いてあるのだった。伊藤さんは、昔のツテで違法行為ではあるが調べてもらったのだった。

2人は、兄も連れて父を探しにいくことにする。伊藤さんが調べた住所は、かつての実家の近くで、そこに向かう3人。3人が実家に車を乗り付けると、父がタクシーで帰ってくるのだった。父は、東京には戻らないと言う。家族に気をつかい、いやいや一緒に住みたくはないと言う。父は、伊藤さんにここで一緒に住まないかと提案するが、あっさり断る伊藤さん。伊藤さんは、寝袋などを車からおろし、今夜は3人でよく話しなさい、明日の朝迎えにくると、出ていくのだった。

お父さんと伊藤さんの結末・ラスト(ネタバレ)

翌日、昼になっても伊藤さんは迎えにこない。電話も繋がらない。台風が近づいており雨風が強くなる中、父は散歩に出ていく。父の持っていた小箱は、兄も何が入っているか知らなかった。2人は開けようとするが、やはりやめようと兄に止められるのだった。

伊藤さんが、散歩に出た父を連れて帰ってくる。父は、伊藤さんの説得で今日は何とか東京に帰ると言う。帰る準備をしているとき、大きな雷鳴が轟き、庭の柿の木に雷が落ち、火があがる。そして、その火が家に燃え移ってしまうのだった。父は、例の小箱を探しに燃える家に入っていく。箱を見つけ持ち出そうとしたとき、箱の中身が散らばる。中には父が万引きしたスプーンがいくつも入っていたのだった。

家は焼け落ち、焼け跡には燃えて黒焦げたスプーンがあった。彩の家に戻った父は、ふさぎこんでいた。伊藤さんは、3人で住める所に引っ越そうかと彩に提案する。

火事のことを聞きつけ、かつての生徒が父を訪ねてくる。生徒たちに会っている時の父は、いつもの父に戻っていた。その日の夜、父の食欲は旺盛だった。

数日後、外出から帰って来た父は、介護付老人ホームに入ることを決めていた。翌日、家を出て行く父。父はホームセンターで買った枇杷の木のことと、彩のことを伊藤さんに頼み、出て行くのだった。伊藤さんは、「俺は逃げないからさ」と言い、彩の背中を押す。彩は、父を追いかけ、走り出すのだった。

この記事をシェアする