「アウトサイダー(2018)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

アウトサイダー(2018)の概要:元米軍のニックは、刑務所でヤクザの清を助けたことで次第に日本の裏社会に足を踏み入れていく。アメリカの若手俳優を主人公に、日本の実力派俳優たちが脇を固める、異色ヤクザ映画。

アウトサイダーの作品情報

アウトサイダー

製作年:2018年
上映時間:120分
ジャンル:フィルムノワール
監督:マーチン・サントフリート
キャスト:ジャレッド・レトー、浅野忠信、椎名桔平、忽那汐里 etc

アウトサイダーの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『アウトサイダー(2018)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

アウトサイダーの登場人物(キャスト)

ニック(ジャレット・レト)
元米軍大尉で日本の捕虜として服役していた。日本語は得意ではないものの、義理堅い性格からヤクザとして周囲から認められるようになる。
清(浅野忠信)
大阪を取り仕切るヤクザ組織、白松組の一員で、獄中でニックと出会い彼を組織に迎え入れた人物。妹の美由の面倒を見ているだけでなく、周囲から頼られる度量のある人物。
オロチ(椎名桔平)
白松組の幹部であり、勢津組に情報を流していた裏切り者。過去に清に助けられた恩があるものの、保身のために組織を裏切った。美由の元彼。
美由(忽那汐里)
清の妹で、バーで給仕として働いていたところニックと出会う。英語が堪能でニックを精神的に支えている存在。
白松組長(田中泯)
大阪を取り仕切るヤクザ、白松組の組長。老齢であるが、自ら戦地に赴くなど血気盛んな一面があるものの、常に組員のことを考えている懐の深い人物。
勢津組長(大森南朋)
神戸を取り仕切る勢津組の組長で、大阪を手中に収めようとしている。若いにも関わらず、組織を導いている、カリスマ的な存在。

アウトサイダーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アウトサイダー(2018)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

アウトサイダーのあらすじ【起】

日本の捕虜となった元米兵のニックは、刑務所に服役していた。刑務所内で囚人から敵視されていたニックは、ある日、風呂場で殺されそうになっていた囚人、清を助ける。

清は日本のヤクザで、敵対する組織から命を狙われていたのだった。彼は自殺を装い、刑務所から脱獄する計画に協力するよう、ニックに頼む。見返りとして釈放を約束されたニックはこれに協力する。

次の日の晩、清は切腹し病院に運ばれる。その後、計画通り脱獄を成功させた清によって、ニックは釈放されるのだった。

1954年、清が所属する白松組は大阪を仕切っていた。清の手引きによって、ニックは白松組の世話になることに。世話をする代わりに、縄張りで言うことを聞かないアメリカ人の説得を頼まれたニックは、暴力でこれを解決したのだった。

ニックたちがバーで成功を祝していると、白松組と敵対する勢津組が乗り込んでくる。ニックが半殺しにしたアメリカ人は勢津組の傘下にあったため、その落とし前をつけにきたのだった。清と白松組幹部のオロチの説得によって彼らは帰ったものの、ニックは極道の世界に足を踏み入れていことになる。

アウトサイダーのあらすじ【承】

その後、組織内で反発はあるものの、ニックは次第に認められ、清と組んで仕事をすることになる。

そんな中、ニックは清の妹である美由と出会い、一夜を共にする。

清の手伝いとしてヤクザビジネスにも慣れてきたある日、清がアメリカに輸出する武器を横領する計画をニックに依頼し、ニックはこれを一人で実行することになる。

ニックが武器を買いに港に向かうと、計画を知っていた勢津組が待ち伏せしていたのだった。殺されそうになったニックは、彼らから銃を奪い、勢津組組員を殺してしまう。

計画が失敗に終わると、勢津組との戦争を避けたい白松組長の指示で、ニックと清は小指を切り落とし、落とし前をつける。これによって抗争は回避されたが、その後、組織の中で勢津組に情報を流した裏切り者がいることに気付くのだった。

大きな失態はあったものの、彼の気概を買った白松組長によって、ニックは正式な組員として杯を交わすことになる。

その日の晩の宴会の最中、清はニックに美由との関係を問いただす。常に危険と隣り合わせのヤクザは家庭を持つべきでないと考えている清は、美由と会うことを禁じたのだった。

アウトサイダーのあらすじ【転】

ニックは、ヤクザとしてビジネスを軌道に乗せる傍ら、言いつけを破って美由との愛を深めていく。

そんなある日、白松組長の元に、勢津組の代理人が尋ねてくる。彼らはラジオを売るセールスマンで、白松組に勢津組との合同出資を提案する。これは実質的に白松組が勢津組の傘下に入ることを意味しているため組長は断ろうとするが、幹部のオロチはなんとか組長を説得しようとする。

オロチの忠告を無視し、この提案を断った組長に対し、オロチは不満を抱えていた。この提案はオロチが裏で画策し、勢津組長と組んで計画したものだったのだ。

その後、組長同士での直接対談の場が設けられる。改めて傘下に入るよう伝える勢津組長に対し、白松組長は脅しをかける。これを境に抗争が激化していくことなる。

一方、美由はニックとの子供を妊娠する。このことを清に伝えるか悩んだニックだったが、正直に伝えると、清は妹を守るようニックに伝え、父親の形見である日本刀を渡すのだった。

アウトサイダーの結末・ラスト(ネタバレ)

抗争の最中、白松組長がニックと清を連れ、洋服の仕立屋を訪れる。採寸のため席を外したニックと清だったが、しばらくしても組長は帰ってこない。二人が様子を見にいくと、組長が勢津組の組員に刺されていたのだった。

清はその場で組員を射殺し、車で組長を逃がそうとするが、外で待ち伏せていた勢津組の手下に射殺されてしまう。

組長は一命を取り留めたものの、事務所に帰ると組員の大半が殺されたと報告を受ける。本格的に戦争が始まり、報復の応酬が始まる。

自分の組の手下たちが次々殺されてしまった勢津組長は停戦を提案し、話し合いのために港に来るよう白松組長に伝える。

港に到着すると、勢津組が待ち構えており、その中には白松組幹部のオロチの姿もあった。彼が組織の裏切り者で、勢津組に情報を流していたのだった。組長は裏切ったオロチを抱きしめ、帰ってくるよう諭す。しかし、次の瞬間オロチは組長を刺殺してしまう。

翌日、ニックは単身で勢津組に乗り込む。一度は捕らえられたニックだったが、清にもらった刀でオロチを殺し、仇を打つ。

彼は無事に美由の元に帰り、組長として組員たちを導いていくのだった。

アウトサイダーの感想・評価・レビュー

日本のヤクザ映画の歴史は長く、多くの作品が作られてきたが、今作は海外から見たヤクザの姿と伝統的なヤクザ映画が見事に融合しており、懐かしい中にも新鮮な一面を持つ作品だった。

また、主人公ニックは日本人ではないものの、自分が受けた恩に対して報いる義理堅さを持ち合わせており、その点からも義理人情を重んじるヤクザ文化に溶け込みやすいキャラクラーであった。

また、BGMがほとんど流れておらず、淡々とした物語進行が作品全体の殺伐としたイメージを作り上げていた。(MIHOシネマ編集部)


ジャレッド・レトに椎名桔平、浅野忠信出演のヤクザ映画。好きな俳優ばっかりでこれは観るしかないです。Netflixオリジナル映画なのがもったいない。終戦後の大阪。刑務所で大阪の白松組の清を救ったアメリカ兵のニック。清とニックは固い絆で結ばれます。
ヤクザ映画のこの「兄弟分」みたいなのめちゃくちゃいいですよね。「恩義」を大切にする世界。潔くてかっこいいです。
裏社会って怖い世界のイメージがあるのでこうやって映画で見るのが1番。この作品でも、怖いし痛いし、男の生き様にしてはハードすぎて辛くなりますが、やっぱり面白かったです。(女性 30代)

この記事をシェアする