「OVER DRIVE」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

OVER DRIVEの概要:ラリー競技に命を懸ける兄弟には、過去の出来事による確執があった。険悪な関係にあった兄弟の前に新人マネジメントが現れたことで、2人の確執を解くきっかけを得る。ラリー競技のレースとチームの奮闘、兄弟が再び絆を結び直す様子を繊細に描いた感動作。

OVER DRIVEの作品情報

OVER DRIVE

製作年:2018年
上映時間:104分
ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ
監督:羽住英一郎
キャスト:東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海 etc

OVER DRIVEの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『OVER DRIVE』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

OVER DRIVEの登場人物(キャスト)

檜山篤洋(東出昌大)
スピカレーシング所属の凄腕メカニック。淡々とした作業も厭わず、車の性能を向上させる術を常に研究している。真摯で落ち着いた男性で冷静。亡き幼馴染との件で、悔いを残しながらも前向きに歩もうとしている。
檜山直純(新田真剣祐)
スピカレーシング所属の天才ドライバー。亡き幼馴染へ吐いた嘘で罪悪感を抱え、鬱々としている。幼馴染の遺言により世界ラリー選手権へ参戦し、世界一を目指している。驕った態度と攻撃的な性格であるが、レース前には緊張と恐怖で嘔吐するなど、弱い面もある。
遠藤ひかる(森川葵)
直純のマネジメントをすることになった新人。ラリー競技には全く興味がなく、当初はやる気がほとんどなかった。篤洋と直純の確執を解くきっかけを与える。篤洋の真摯な姿を目にすることで、真面目にマネジメントをしようと決める。
新海彰(北村匠海)
シグマレーシング所属の凄腕ドライバー。直純のライバルで接戦を展開する。常に冷静沈着で礼儀正しい。チームとも一丸となってレースへ挑んでいる。

OVER DRIVEのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『OVER DRIVE』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

OVER DRIVEのあらすじ【起】

スピカレーシングに所属する天才ドライバー檜山直純とメカニックの檜山篤洋は、兄弟でラリー競技の最高峰、世界ラリー選手権を目指している。弟直純は類稀なる運転技術を持ち人気を博していたが、メカニックである兄篤洋の助言を無視し責め続ける運転ばかりをする。兄弟には今や家族としてではなく、ドライバーとメカニックとしての関係しかなく、会話と言えば常に喧嘩腰で険悪な状態だった。

そんなある日、スピカレーシングに新人マネジメントとして遠藤ひかるがやって来る。彼女の担当は直純であったが、驕った態度でスポンサーのこともまるで考えていない。自分一人だけに人気があるのだと口にして憚らず、とうとう記者との間に暴力事件を起こしてしまう。

事件は雑誌でも大々的に取り上げられたが、この件に関してひかるにお咎めはなかった。だが、ラリーに興味がない彼女は直純にも一方的にクビを言い渡される始末。上司からは嫌ならやめろと言われてしまい、ひかるは仕方なくできることから始めた。

チームのメカニックは常にエンジンの性能や車の状態を把握し、ドライバーに合わせた整備を行う。そして、制限時間内に整備を終わらせるためにあらゆる手を尽くしている。レースの間はひかるに取り付く暇などなく、邪魔者扱いされてばかり。そんな中、篤洋だけが彼女に対し心ばかりの優しさを見せてくれるのだった。
この時のレースでは直純が新たなタイムを叩き出し見事、優勝。チームも歓喜に沸いた。

そんなある雨の日だった。ひかるは次のラウンドの打ち合わせのため、スピカレーシングへやって来たが、当の直純はすでにおらず。篤洋だけが部品の調整をしていた。そこで、彼女は彼から車の性能を高める話を聞くのだが、篤洋の話は専門用語ばかりで良く分からず。そこで、ひかるは篤洋がメカニックになったきっかけを聞かせてもらう。幼い頃から、スピードに魅入られた直純が壊した自転車を直すのが篤洋の役目だった。それが、いつの間にか仕事としてもその役割をこなすようになっていたらしい。

OVER DRIVEのあらすじ【承】

ラリー競技、マレーシア大会へ参戦したスピカレーシング。直純はエンジンにパワーがないと文句を言っていたが、悪いタイムではなくエンジンも好調。ただ、ブレーキを労われと篤洋は助言をし、反論させる前に直純を送り出した。ところが、直純はスピードに拘るあまり、障害物にぶつかってしまい大幅なロスタイムを出してしまう。

そのせいで直純は酷く荒れ、その夜のパーティーでまたも暴力事件を起こしてしまう。目下、直純のライバルは新海彰というドライバーで、好タイムを叩き出している。下手をすれば新海に先を越されるという焦りがあった。

その後、直純から兄篤洋との間にある確執を聞かせてもらったひかる。兄弟には幼馴染の女の子がおり、篤洋と良い関係にあったらしいが、直純がそれを壊したのだと言う。幼馴染は高校卒業と同時にボストンへ留学したが、その先で銃撃事件に巻き込まれ亡くなっていた。

次のレースでもクラッシュしてしまった直純は絶不調。車の足回りが全てダメになり、スペアと交換したものの、制限時間内の整備では限界があった。今回は優勝を諦め、ポイントを稼ぐしかない。だが、直純はそんなメカニック達の奮闘をも馬鹿にし、優勝を逃したことに苛立ちを募らせる。彼にとってレースとは、金と名誉を得るためだけのもので、他はどうでも良いことなのだった。

好調な新海は着々とタイムを縮めていた。対して直純もようやく持ち直してポイントを得る。ラリーにはドライバーの他にナビが助手席に乗り込む。ナビがいるからこそ、ドライバーはスピードを出して道を走ることができる。そして、車に関しても常に状態が良好であるようにメカニックが日々、奮闘しているのだ。

OVER DRIVEのあらすじ【転】

群馬でのレースは、かなり攻撃性の高いコースであった。新海のチームではようやく車のチューニングが終わった様子。今回から恐らく本腰を入れてくるだろう。現在の首位はスピカレーシング。しかし、レース開始直後、雨が降り出し路面は最悪な状態へ。山道でタイヤを取られ、車がクラッシュしてしまう。ナビはリタイアしようと言ったが、直純は諦められず。ようやく整備へ持って来たが、篤洋の見立てではエンジンが完全に故障してしまったため、現状況ではリタイアせざるを得ず。苦渋の決断を下すしかなかった。

勝ちに拘る直純は篤洋を信じて治せると思っていたが、この状況ではとても直すことなどできない。今回のレースはリタイアした。対して、新海のチームは手堅いレース展開でポイントを奪取。首位へと返り咲いてしまう。
以来、直純はチームへと顔を出さなくなり、篤洋もまた苛立っていた。そんな時、弟の所在を探すため、直純のロッカーを開けた篤洋。そこに、幼馴染からのクリスマスカードを見つけた兄は、かつて兄弟と幼馴染が時を過ごした浜辺へと向かった。

兄弟はそこで、幼馴染との過去について腹を割って話し合う。直純は亡き幼馴染から世界一になってとたった一言、メッセージをもらっていた。弟は涙ながらに過去に吐いた嘘を告白し、これ以上嘘を吐き続けたくないと呟き去って行く。
篤洋は過去の直純のレース映像を見直し、弟の走り方を見つめ直した。そうして、自分の行いも同時に見直し、弟を追い詰めたのは自分だったのだと反省。

そこで、直純のためにスピードを重視するため、開発中のエンジンをレースカーに搭載することを決める。弟はいつも全力で走り、クラッシュする恐怖へと真っ向から立ち向かってきた。その恐怖はドライバーとナビにしか分からない。故にメカニックの篤洋には分からないことだったのだ。その気力と胆力を存分に引き出すには、車をその仕様にチューニングする。それが、篤洋ができる最善の策だった。

OVER DRIVEの結末・ラスト(ネタバレ)

篤洋が開発中のエンジンは爆発的なスピードを生み出す、いわばモンスターエンジンである。故に、エンジンを支える他の部品の摩耗具合は恐らく倍以上と思われるため、篤洋はチームのメカニック達へ、整備の度に必ず全部品のチェックをするよう言い渡した。チームはドライバーを含め、一丸となってレースへ挑むものだ。

今回は新海のチームを追う立場にあるため、直純の意気込みと集中力も十分に漲っている。着々とポイントを得る彼と共に、篤洋達メカニックも車の整備には常に細心の注意を払った。新海もまた直純の追い上げに焦り、車のチューニングを整えたが、ミスが目立つ。直純はこれまでにないレース展開と追い上げを見せていたが、そんな時にクラッシュしていた前車に衝突してしまい、山道側の湖へ車ごと落下してしまう。

車は湖へ沈み、ドライバーとナビの安否が気になるところ。幸い、2人は無事に保護されその日のレースは中断されることに。直純とナビには怪我もなく、十分な休養を得れば回復するものだったが、問題は車の方である。弟から車を守れなかったと謝罪された篤洋は、すぐさま踵を返し仲間達へ驚くべきことを宣言するのだった。

湖から車を引き揚げ、整備し直すというものである。何としてでも、一晩で元の状態へ戻し弟を走らせたい。幼い頃から弟が壊した自転車を直してきた。篤洋は弟のために車の整備を開始。兄はいつになく意気込んでいた。

制限時間外の整備には5分のペナルティが課せられる。だが、直純ならきっとそのペナルティも追い抜いてくれるはず。朝方、ようやく整備が終了し無事にエンジンもかかった。
エンジンがかかれば、こっちのものである。直純は兄の奮闘を胸にレースへと挑んだ。5分のペナルティなど大したことはない。兄が直したら自分はただ全力で乗るだけ。
水没した車を一晩で最善な状態へ戻したスピカレーシングのメカニック達は、今回のレースでの功績を称えられ、更に直純もまたその腕を存分に発揮し奇跡の逆転優勝を果たした。

直純とスピカレーシングは総合優勝を果たし、直純はとうとう世界ラリー選手権への参戦権を得る。そのためにイギリスのチームへと移籍することが決定。その後、世界ラリー選手権でのシーズンテストでトップタイムを叩き出した。兄弟は幼馴染の死と確執を乗り越え、再び強い絆を取り戻したのだった。

OVER DRIVEの感想・評価・レビュー

レースへ挑むチームの奮闘と兄弟間の確執を描いている。ラリー競技はオフロードを猛スピードで駆け抜ける、かなり危険度の高いレースである。故に息の合ったチームワークが必然となる。

兄弟のチームは整備の要となる兄とドライバーである弟の仲が険悪であったため、能力が発揮できなかったと思われる。その絆が再び結ばれる様子とレースへ向けて奮闘する様が繊細に描かれている感動作。(MIHOシネマ編集部)


新田真剣佑演じる「ラリー界の天才ドライバー」檜山直純と、東出昌大演じる「メカニック」の檜山篤洋。兄が整備した車で命をかけて走る弟。無鉄砲な弟と真面目で頑固な兄。一見真逆に見える二人ですが、お互いのことをしっかりと認めあっていて、でもそれを素直に伝えられない。観ていてとてももどかしいですが、この作品の見どころでもあります。ラリーを通して成長していく二人、周りで支える人達の人間模様。
一人では戦えないこと、生きていけないこと、そして美しい兄弟愛を熱く描いている作品です。(女性 30代)

この記事をシェアする