映画『ピースメーカー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ピースメーカー」のネタバレあらすじ結末と感想

ピースメーカーの概要:ロシアで核弾頭を乗せた列車が事故を起こし、爆発炎上した。アメリカの原子力科学者であるケリーは事件を調査し、ただの事故ではないことに気づく。アメリカ陸軍兵士のトムと共に、事件を調査することになった。

ピースメーカーの作品情報

ピースメーカー

製作年:1997年
上映時間:124分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:ミミ・レダー
キャスト:ジョージ・クルーニー、ニコール・キッドマン、マーセル・ユーレス、アレクサンダー・バルエフ etc

ピースメーカーを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『ピースメーカー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

ピースメーカーの登場人物(キャスト)

トム・デヴォー(ジョージ・クルーニー)
アメリカ陸軍中佐。破天荒な性格。正義感が強く、人々を守るために危険を冒すことも厭わない。
ジュリア・ケリー(ニコール・キッドマン)
原子力科学者。女性でありながらも実力と豊富な知識を兼ね備えており、ロシアで起こった核弾頭を乗せた列車の爆破事件の指揮官を任される。
デューサン・ガブリック(マーセル・ユーレス)
セルビアのクロアチア人。回教徒。ピアニスト。戦争の犠牲になった妻と娘の死を悼み、テロ行為を行う。
アレクサンドル・コドルフ(アレクサンダー・バルエフ)
ロシア軍将軍。金に釣られ核弾頭ハイジャック事件を引き起こす。

ピースメーカーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ピースメーカー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ピースメーカーのあらすじ【起】

ロシア・チェリャビンスク、カルタリ・ミサイル基地。核兵器削減協議会の実行指令が出たため、核兵器が解体されることになった。核弾頭は列車に乗せられ、基地外へと移送された。その後、列車が何者かに襲撃され、同乗していた兵士達は殺された。実は兵士の中に裏切り者がいたのだ。運転手も殺された列車は、一般車両とぶつかって事故を起こした。そして、襲撃犯が設置した爆弾が爆発した。

北米防空司令部が核爆発を探知し、核密輸対策班のジュリア・ケリーが対策室に呼ばれた。爆発の規模は500~700キロトン。汚染範囲はまだ分かっていなかった。ケリーはチェルノブイリを超える大変な事件だと顔を青褪めさせた。ケリーは爆発現場の衛星写真や核弾頭が容易に爆発しない仕組みになっていることから、事故ではなくテロだとハミルトン国家安全保障顧問に進言した。

ケリーは会議を行い、テロ首謀者となりうる人物の説明を行った。すると、米陸軍中佐のトム・デヴォーがテロリストの犯行だという考えに異議を唱えた。衛星写真には、一般車両からは衝突を避けて飛び降りる乗客が写っていた。しかし、核弾頭を乗せて貨物列車からは誰も飛び降りていなかったからだった。列車の爆発事故は、核弾頭ハイジャックの時間稼ぎだとトムは考えた。ケリーはトムの指摘に言葉を詰まらせた。

ケリーはトムと捜査を担当することになった。ロシア対外情報庁に連絡を取り、列車に乗っていた兵士の名前と核弾頭が10基載っていたことが判明する。しかし、名簿には階級が載っていなかった。ケリーがそのことに文句を言いながら兵士の名を読み上げていると、トムがある人物のところで声を上げた。それは、アレクサンドル・コドルフだった。コドルフの階級は将軍で、貨物列車に乗るような人物ではなかった。

ピースメーカーのあらすじ【承】

トム達はコドルフについて調べた。それにより、汚職容疑で送検される予定だったことが判明する。後分かったのは、9日前に国家の崩壊を嘆き、スラブ民族の団結を訴える演説を行っていたことと、列車事故が起こった後も恋人の元に電話が掛けられていることだった。トムはロシア対外情報庁のディミトリに連絡を取り、恋人の元に電話が掛けられていることを伝えて様子を伺った。ディミトリは息を飲んで驚いており、何も知らない様子だった。

ケリーとトムはオーストリアのウィーンに飛び、ディミトリと落ち合った。ディミトリは元ソ連国家保安委員会の一員でマフィアの仲間である、コルデックが関わっているのではないかと睨んでいた。コルデック運送会社のシューマッハに会いに行くようトム達に伝えた。

ケリーとトムは偽名を使い、仕事を持ち掛ける振りをして運送会社を訪れた。シューマッハに会うと、核兵器をどこに持って行ったのか遠回しに尋ねた。シューマッハが何も話そうとはしなかったため、トムは痛めつけて聞き出すことにした。ケリーは驚くが、トムを止めることはできなかった。トムがシューマッハから聞き出したパスワードを元に、パソコンから情報を取り出し印刷した。トム達はディミトリの車に乗り逃走するが、追手の車に囲まれてしまう。ディミトリは金を渡して見逃してもらおうとするが、殺されてしまう。トムは無理矢理車を動かし逃走した。

ピースメーカーのあらすじ【転】

シューマッハのデータを解析し、目的地が南ロシアのアゼルバイジャンであることが判明する。そこは、イラン国境から8キロのところだった。最終的にイランに運び込むつもりなのだ。トムはトラックの追跡を本部に指示した。ケリーはデータにあった「44E」が気に掛かったが、何を表しているのか分からなかった。

トム達は核弾頭を追うため、トルコ・米軍特殊部隊司令本部に足を運んだ。トラックの監視を行っていたが、渋滞の影響で衛星画像から車のナンバーを読むことができなかった。内戦で北から難民が流れてきているのだ。トムは外線電話を使い、コドルフに直接電話を掛け、ミサイルが飛んでいくと脅して電話を切った。トム達は衛星画像を見て、無理矢理車を動かそうとしているトラックにコドルフが乗っていると当たりをつけた。ナンバーを確認すると、見事一致した。

トム達は大統領やロシア側に連絡を取った。これ以上は内政干渉に当たるため、大統領はロシアに任せるよう指示を出した。だが、トムは核弾頭を取り戻すのは今しかないと、ケリーの制止を振り切ってヘリコプターに乗り込んだ。

ケリーはボスニアの財務大臣がサラエボの教会で暗殺されたニュースが気になった。殺された財務大臣は支持者の多い穏健派で、今週ニューヨークで始まる和平交渉の立役者でもあった。ケリーはその時、シューマッハのデータにあった「44E」を思い出す。地図の44度線を辿っていくと、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボがあった。ケリーはトラックの請求書の口座番号を調べるよう部下に指示を出した。

ロシア軍の検問地点にいた兵士達が皆殺されていた。しかも、衛星画像の信号は、後10分しかもたなかった。ケリーはロシア司令部にこの状況を報告するよう部下に指示した。ケリーは軍略指令センターに連絡を取り、ヘリコプターのロシア空域侵入の許可を求めた。付近にロシア軍はなく、トム達が動くしか方法がなかった。ハミルトン国家安全保障顧問は責任を持つ覚悟があるのかケリーに尋ねた。ケリーはそれに頷いた。全ての責任を取る覚悟で、ヘリコプターの出動命令を下した。

ピースメーカーの結末・ラスト(ネタバレ)

アメリカ兵士が乗ったヘリコプターは、ロシア軍の管制塔に盗まれた核弾頭を追っていることを伝えた。しかし、空域を侵犯していることで攻撃されてしまう。アメリカ軍の兵士が9人乗っている1号機にミサイルが撃ち込まれ、爆破した。ケリーは激しく動揺しながらその報告を受けていた。

トム達はトラックを襲撃した。コドロフは死亡し、仲間のヘリ1機もやられてしまった。しかし、回収できた核弾頭は8基だけだった。1基は爆発してしまったため、残り1基あるはずだった。トムは敵の生存者1名を発見し、その1基の行方について尋ねた。すると、今回の計画を立てた男が持ち逃げしたことが判明する。コドロフは所詮金目当てにすぎなかった。逃げた男は核弾頭のコア部分だけを鞄の中に入れて逃走していた。

請求書の銀行口座の名義が、サラエボ郊外のグルバビカであることが判明した。ケリーは平和執行部隊に調査依頼をするよう部下に指示を出した。ケリーは苛々した様子で、地図を見ながら必死にコアの行方を考えた。その後、平和執行部隊の調査により、ヴラドー・ミリックという男が金の出所であることが判明する。ミリックの部屋に平和執行部隊宛てのビデオがあった。それは犯行声明だった。テロのリーダーは「平和の使者(ピースメーカー)」の名の元に戦争を引き起こした者達を憎んでいた。ケリーはそれを見て、襲撃場所がニューヨークの国連ビルだと気づく。住所は東44丁目で、シューマッハのデータにあった「44E」にも合致した。

ケリーはテロの対応に追われながらも、亡くなった兵士の死を悼み涙を流した。トムはそっとケリーの肩を叩いて励ました。ケリーは気持ちを持ち直すと、核対策非常礼を発動し空港の閉鎖を指示した。

ケリー達はアメリカに戻り、今後の対策について話し合った。調査により、ヴラドー・ミリックについて分かったことがあった。ミリックはボスニア人の過激派で1週間前から行方不明。義兄はピアニスト。密輸と闇取引でミリックには3回の逮捕歴があった。トム達はヴラドーが犯人だと睨むが、ケリーだけがそれを否定した。犯行声明の男は自分のことを「セルビアのクロアチア人で回教徒である」と言っていた。2人がヴラドーが犯人かどうかで揉めていると、空港にミリックという名の乗客がいると報告が入る。

トム達は空港に急ぐが、そこにいたのは犯行声明に映っていた男ではなかった。男は偽造パスポートを「闇で買った」と証言していた。トム達が男の持ち物を検査していると、空港の警備員から、旧ユーゴから8名の外交官が入国したと教えられる。外交官はフリーパスで入国することができた。ケリー達はその外交官の中にテロリストが混じっていることに気づく。

犯行声明のビデオに映っていた男はデューサン・ガブリックという名で、暗殺された財務大臣の代わりに派遣された臨時代表だった。ケリーはそのことを知り、ヴラドーの義兄だと気づく。トムやFBI捜査官と共にガブリックが泊まっているホテルに向かうが、部屋に姿はなかった。ケリー達は急いでホテルを飛び出し、ガブリックの行方を捜した。その頃、ガブリックは街を歩きながら、銃で撃たれて死亡した娘と妻のことを思い出していた。

トム達は必死にガブリックの行方を捜した。スナイパーが発見するが、木や肩車された子供が邪魔で撃つことができなかった。ガブリックは警官に呼び止められるが、ヴラドーに助けられその場を逃げ出した。トムとケリーはガブリックを見つけ、後を追いかけた。背後からヴラドーに撃たれそうになるが、トムが反撃して銃弾を浴びせた。ガブリックは激しく動揺し、銃を乱射してガブリックを抱え逃走した。トムは後を追いかけてガブリックの肩を撃ち抜くが、逃げられてしまう。

ガブリックは教会を訪れ倒れ込んだ。ケリーは穏やかに話し爆弾の解除方法を聞き出そうとするが、ガブリックは生きることに絶望しており自ら頭を撃ち抜いて自殺した。爆弾はタイマー式で、残り時間は後僅かだった。ケリーが解除することになり、トムはそれを傍で見守った。ケリーが核弾頭の信管を外したため、爆弾部分だけが爆発した。ケリー達は細かな怪我を負いながらも、生きていた。それぞれ別の救急車に運び込まれた。

トムは新しい勲章が授与された。トムはケリーに会いに行き、飲みに行こうと誘った。

ピースメーカーの感想・評価・レビュー

若かりし頃のジョージ・クルーニーはカッコよかったし、ニコール・キッドマンはとても可愛かった。性格的には正反対な2人が、時にはぶつかり合いながら事件を解決するために奔走する姿が描かれている。

犯人が核弾頭を奪った理由が、とても切ないものだった。犯人の家族が戦争の犠牲になったのがきっかけで、とてもやるせない気持ちになった。月並みかもしれないが、やはり戦争は行うべきではないのだと改めて感じる作品になった。(女性 20代)

この記事をシェアする