映画『ピーターラビット』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ピーターラビット』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『ピーターラビット』の概要:いたずら好きのウサギのピーターが、ある日隣に引っ越してきたトーマス・マクレガーとその畑をめぐって争いを繰り広げる。ビアトリクス・ポター原作の大人気作品が、ハリウッドで実写化。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『ピーターラビット』の作品情報

ピーターラビット

製作年:2018年
上映時間:95分
ジャンル:コメディ、アニメ
監督:ウィル・グラック
キャスト:ローズ・バーン、ドーナル・グリーソン、ジェームズ・コーデン、マーゴット・ロビー etc

映画『ピーターラビット』の登場人物(キャスト)

ピーターラビット(ジェームズ・コーデン)
イタズラ好きのウサギの少年。怖いもの知らずの性格で、マクレガーさんの畑の野菜をよく盗んでは、トラブルに巻き込まれている。
マグレガーさん(サム・ニール)
ピーター達の巣の近所に引っ越してきて、畑で野菜を育てている。畑を見に来たピーターの父親を殺して、パイにしてしまった。
トーマス・マグレガー(ドーナル・グリーソン)
マクレガーさんの甥。ロンドンの高級デパート「ハロッズ」で働いていたが、叔父の遺産として湖水地方の家を相続し、引っ越してくる。相続した家の畑と一目ぼれしたビアを巡って、ピーターと争う。
ビア(ローズ・バーン)
マクレガーさんの家の隣に住む画家。抽象画を専門としているが、湖水地方に住む動物の絵もよく描いている。心優しく、ピーター達をいつも見守っている。トーマスと恋に落ちる。
モプシー(エリザベス・デビッキ)
ピーターの妹の三つ子の長女。黄色いシャツを着ている。長女であることでいつも威張っている。
フロプシー(マーゴット・ロビー)
三つ子の二女。赤いブラウスを着ている。モプシーが長女であることが気にくわない。
カトンテール(デイジー・リドリー)
三つ子の三女。水色のシャツを着ている。落ち着きがなく、冒険的な性格。
ベンジャミン(コリン・ムーディー)
ピーターたちのいとこ。ピーターにふりまわされてばかりいるが、正義感は強い。

映画『ピーターラビット』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ピーターラビット』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『ピーターラビット』のあらすじ【起】

イギリスの湖水地方に住むピーターラビットは、三つ子の姉妹といとこのベンジャミンと一緒に、近所のマクレガーさんの畑の野菜を盗んだりして、にぎやかに生活していた。

ある日、いつものように野菜を漁っていると、芝生を刈っていたマクレガーさんに見つかってしまう。青いジャケットが引っかかり、逃げられなくなってしまったところを桑で仕留められそうになるが、マクレガー家の隣に住む画家のビアに助けられる。ビアはこうしていつもピーター達の仲間となって、マクレガーさんから助けてくれる。

かつてマクレガーさんに殺され、パイにされてしまった父の形見であるジャケットを畑に置き去りにしてしまったピーターは、再びマクレガーさんの庭に忍び入り、ジャケットを取り戻すことに決める。そこに待ち伏せしていたマクレガーさんに捕まり、今度こそ絶体絶命だと思われた。しかし、マクレガーさんは心臓発作で倒れ、そのまま息を引き取る。

自分がマクレガーさんを倒したと勘違いしたピーターは、三つ子やベンジャミンを連れて、畑の野菜を好きなだけ食べていく。付近の野生動物も噂を聞きつけ、ついにはマクレガーさんの家まで侵入してパーティーを始めてしまう。

映画『ピーターラビット』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『ピーターラビット』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『ピーターラビット』のあらすじ【承】

一方、ロンドンでは高級デパートハロッズに務めるマクレガーさんの甥、トーマスが上司から叔父の訃報を聞いていた。昇進の話だと思っていたトーマスは落胆し、叔父の死には全く悲しんでいない様子のトーマス。さらに自分よりも能力の劣る同僚が代わりに昇進したと聞いて腹を立てる。しかし、相続した叔父の家の価値が高いものだとわかると、すぐに売却して自分のおもちゃ屋を建てようと計画する。

トーマスが叔父の家に到着すると、動物たちによって畑も家の中も荒らされ放題の姿だった。直ちにピーターや他の動物を追い出す。挨拶に来たビアに一目ぼれしたトーマスは、動物のために畑を開放しようと諭されるが、彼女の見えないところで畑に頑丈な柵を付ける。

さらに、畑に侵入したピーターとベンジャミンを見つけ、捕まえたベンジャミンを他の動物の見せしめのために仕留めようとする。しかし、ベンジャミンはピーターと三つ子により救出される。

映画『ピーターラビット』のあらすじ【転】

程なくしてビアとお互いに恋に落ちたトーマスを見たピーターは、二人を別れさせようと必死になる。ある日、ピーターがビアのアトリエを訪ねると、ビアはトーマスとピーターを絵に描きたいと言う。彼女の見えないところで喧嘩する二人だったが、トーマスがピーターを押さえるために使った筆で、ビアの作品を台無しにしてしまう。勘違いしたビアはピーターをアトリエから追い出してしまう。

更なる嫉妬に燃えるピーターは、トーマスの家中にトラップを仕掛ける。これに反撃するため、トーマスは畑とピーターの巣にダイナマイトを仕掛ける。

爆破される畑を目撃したビアは、トーマスの暴力的な側面を目にし、彼を問い詰める。この姿を見たピーターは、トーマスの本当の姿を見せようと他のダイナマイトも爆破させるが、そのせいでピーターの巣が爆破され、その衝撃で倒れた木がビアのアトリエまで壊してしまう。

落ち込む彼女にピーターのせいだと言い張るトーマスに、別れを告げるビア。トーマスも悲しみに暮れ、ロンドンのハロッズでの仕事へと戻ってしまう。

映画『ピーターラビット』の結末・ラスト(ネタバレ)

ビアが引越しを考えていることを知り、申し訳なく思ったピーターは、ベンジャミンと共にロンドンのハロッズに向かう。トーマスに会い、ビアのために湖水地方に戻ってきてほしいと説得し、トーマスもそれを受け入れる。

村に着くと、トーマスはビアに弁明しようとするが、自分のアトリエを壊した犯人はウサギのピーターであると、ふざけた嘘をついていると思っているビアは耳を貸さない。しかし、ピーターは実際に自分の持っていた発動装置を取り出し、押すしぐさを見せ、ビアに謝罪する。ビアもそれを信じる。

仲直りしたピーターとトーマスとビアは家に戻ろうとするが、そこにはトーマスの広告をみた金持ちのカップルがいた。彼らは土地を買うと言って動かず、ピーターは以前仕掛けたトラップで彼らを追い出す。

騒動の後、トーマスは念願のおもちゃの店を開く。ビアもその店内で自身の動物たちの絵を販売し、ピーター達も店頭で他の動物たちと触れ合うなど、幸せに暮らす。

映画『ピーターラビット』の感想・評価・レビュー

全く前情報を持たずに鑑賞したが、コメディ劇だったことに驚いた。原作の絵本はかなり無視したストーリーのように感じた。原作が好きで、実写化を観ようと思っている人は注意が必要だ。
可愛いキャラクターがブラックなことをするという意味では「テッド」に似ているかもしれない。「テッド」よりかは子供向けに作られているが、大人も楽しめるコメディだった。コメディで子供と大人両方を楽しませることはなかなか難しいが、今作はそれを実現している。(男性 20代)


あの『ピーターラビット』にドーナル・グリーソンが主演するとなれば見ないという選択肢はない。

子供に見せられるかというと、「ちょっとどうなんだ」というところを含めてこの作品大好き。うさぎたちのいたずらがいたずらというレベルを超えていて、軽くギャングとの抗争を思わせる。お隣のお姉さんも夢見がちでどうにも共感できない。それでも、ラストで「まあこれでいいか」と思わせるくらいにはうさぎたちのビジュアルは良い。続編も絶対に見るくらいには好みの作品だ。(男性 30代)


オリジナルの絵本のピーターラビットの穏やかで優しいタッチとは、想像もしなかった破天荒さに、思い巡らしていた映画とは違っていて驚いたが、鑑賞し終えた後には温かい気持ちになっていた。ピーターラビットなどの野菜のうさぎをこよなく愛し、少し変わり者で、絵描きの女性ビアが、絵本の原作者であるビアトリクス・ポターを彷彿させて、それもまたほっこりとする。湖水地方の豊かな自然に心が洗われる。(女性 20代)


あの有名な絵本『ピーターラビット』のウサギたちをモデルに描いた実写版です。始まりから躍動感あふれる素早い動物たちの動きで楽しむことが出来ます。長閑な田舎町が舞台になっているのに、悪戯好きなウサギたちと現代的な音楽でポップな映画になっています。コメディ要素が満載で、何度も笑ってしまいました。

動物たちの動きはもちろん、表情がとても豊かで、可愛かったのです。特に、ウサギたちの謝り方や、できてないウインクのシーンが可愛かったです。(女性 40代)


ピーターラビット達がちょこちょこと動いているのが本当に可愛らしい。実際に彼らのような小動物がいたら、友達になりたい。絵本では感じることができない、躍動感を感じることができる。毛並みとかもフワフワで、触ってみたいなと思った。
ビアの目を盗みながら戦いを繰り広げるピーターラビット達とトーマスが本当におもしろい。まるで兄弟喧嘩を見ているかのようだった。最後はハッピーエンドで終わるので、幸せな気持ちで見終わることができる。(女性 30代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメディ映画アニメ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました