「ポーラー 狙われた暗殺者」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ポーラー 狙われた暗殺者の概要:殺し屋稼業引退を間近に控えた男が、企業年金カットのために会社から命を狙われることになる。次々と襲い来る会社からの刺客と、延々と戦い続けなければならない男の物語。

ポーラー 狙われた暗殺者の作品情報

ポーラー 狙われた暗殺者

製作年:2019年
上映時間:118分
ジャンル:アクション、フィルムノワール
監督:ヨナス・アカーランド
キャスト:マッツ・ミケルセン、ヴァネッサ・ハジェンズ、キャサリン・ウィニック、マット・ルーカス etc

ポーラー 狙われた暗殺者の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ポーラー 狙われた暗殺者』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年1月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ポーラー 狙われた暗殺者の登場人物(キャスト)

ダンカン・ヴィズラ(マッツ・ミケルセン)
定年を迎え、殺し屋を引退することになった男。多額の年金を会社から支払われる予定になっており、そのために会社から命を狙われることに。
カミール(ヴァネッサ・ハジェンズ)
かつてダンカンに家族を殺された女。なぜ自分だけが生き残ってしまったのかと思い悩んで生きている。
ミスター・ブルート(マット・ルーカス)
ダンカンの雇い主。会社の経営が危ないため、年金を支払わないことで立て直しをしようとしている。
ヴィヴィアン(キャサリン・ウィニック)
ブルートの部下。ダンカンの命を狙う任務を負っているが、実際は大人しく年金を払ったほうがいいのではないかとも考えている。

ポーラー 狙われた暗殺者のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ポーラー 狙われた暗殺者』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ポーラー 狙われた暗殺者のあらすじ【起】

チリのどこか。美女シンディはプールで男性を誘惑し、仲間のファクンドが銃でそれを狙う。ヒルデとアレクセイも追撃し、男性は死亡。カールはヘリで彼らを迎えに来た。

ワシントン州、シアトル。ダンカンは診察を受けていた。医師から銃弾を取り除いた方がいいとの診断をもらう。全身を調べられ、最後に直腸まで調べられた。彼はブラック・カイザーと呼ばれる殺し屋で、引退を目の前に控えている。この時期が最も大変なのだ。

ヴィヴィアンと会う約束をするダンカン。チリの豪邸で殺された男と同じように、一月で4人が殺されていた。ダンカンの現役期間はあと二週間に迫っているが、経験が豊富な者としてまだ任務に必要とされているのだった。

ダンカンは犬を売っている女性と会話した。買わないと断ったものの、結局買ってしまう。ラスティと名付けたが、その夜悪夢を見た。過去殺した人間の夢にうなされ、気付くと銃を撃っていた。ラスティは死んでしまい、墓を作って埋める。

ポーラー 狙われた暗殺者のあらすじ【承】

ダンカンは次に金魚を飼うことにした。彼に向けてメッセージが来る。返答をしないでいると、やがてそれは15件にもなった。

ダンカンがブラック・カイザーとして雇われていたのはミスター・ブルートの会社だ。50になると引退するのがこの会社の特徴であり、そしてエージェントが事故死した場合は会社が利益を得るようになっている。なぜなら大体の殺し屋には、本来金を受け取るはずの身内がいないからだ。彼は経営の傾いた自分の会社に利益をもたらすよう、引退間近のエージェントを狙って始末しようとしていた。

ベラルーシ、ミンスク。ダンカンは、飛行機の中で再び悪夢にうなされながらたどり着いた。自分を狙って現れた男に遭遇して情報を聞き出すと、殺して顔の写真を撮る。ダンカンは仕事が終わったことをヴィヴィアンに報告すると、「誰かにはめられている。関わっていないだろうな?」と念を押した。ヴィヴィアンはブルートに、残りの金を大人しく払うよう忠告した。

ポーラー 狙われた暗殺者のあらすじ【転】

近所の店の店員に、変わったことはないか?と話しかけられたダンカンはないと答える。近くにいた女がドアの音に驚いて、商品を倒した。

カフェで先程の女・カミールに話しかけられる。彼女は客の立てた音に驚いて今度はコーヒーをこぼした。ダンカンが自分は葬儀屋だったと話すと、頼まれて子供たちに教育をすることになった。人の殺し方を教え、各国の文化として殺した人間たちの様子を話す。その後、死体の写真を子供たちに見せた。

シンディたち殺し屋チームはダンカンを追っていたが、ダンカンが所持していると思われる部屋はどこも別の人間が住んでいた。彼らから情報を聞き出そうとするものの、ダンカンの居場所を知る人間はいない。苛立つ彼らは、住人たちをどんどん殺していった。

ダンカンは、カミーユに銃の撃ち方を教えていた。彼女はかつて虐待されており、自分の人生に何をしたのかをわからせたいのだと言う。人を殺すのって難しい?と聞かれたダンカンは、どうだかなと口を濁した。

ポーラー 狙われた暗殺者の結末・ラスト(ネタバレ)

車が故障してしまったと言い、シンディがダンカンの車に乗ってきた。シンディはダンカンの家までついて来て、二人はベッドに入る。チームは狙撃を試みるが失敗し、シンディはダンカンに殺された。

ダンカンは、長年の仲間・ポーターにも裏切りを受けて拘束される。3日間拷問を受け続け、4日目に暴れて逃走。追いかけてくる人々を殺しながら進み、自分の命とカミールを交換したいと提案した。ブルートは了承したが、用が済んだら二人共殺すと笑う。

電話を逆探知され、居場所がばれたダンカンは大勢に囲まれる。しかしそれは彼の罠だった。設置した武器で全員を撃ち抜いたダンカンは、ブルートの元へ向かって彼の首を飛ばした。

カミールを助けたダンカン。彼女は、かつて彼が任務で殺した人間の生き残りだった。なぜ殺さなかったの?と泣きながら銃を向ける彼女に、自らも涙を流しながら引き金を引くよう言うダンカン。

カミーラはダンカンを殺さなかった。二人は、カミールの父を殺すように指示した人間を探すことにしたのだった。

ポーラー 狙われた暗殺者の感想・評価・レビュー

マッツ・ミケルセンのイメージビデオ。ストーリーは単純で、ただの年金殺人以外の何物でもないのだが、彼を映えさせるための絵になるカットがひたすら続いて見るものを飽きさせない。哀愁の漂う初老の男が好きな人にはたまらない一作になっていることだろう。

ただ、彼を追ってくる殺し屋チームもなかなかの個性的な面々になっており、こちらを見ているのも負けずに楽しい。硬派に見せかけたエンタメ映画である。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする