映画『ポネット』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ポネット」のネタバレあらすじ結末と感想

ポネットの概要:4歳の少女ポネットは、母親の突然の死が理解できない。周囲の説得にも耳を貸さず、ポネットは再会を信じて母親を待ち続ける。幼い子供の目を通し、生や死、愛、宗教についての純粋で素朴な問いを淡々と描き出す。

ポネットの作品情報

ポネット

製作年:1996年
上映時間:99分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ジャック・ドワイヨン
キャスト:ヴィクトワール・ティヴィソル、マリー・トランティニャン、グザヴィエ・ボーヴォワ、クレール・ヌブー etc

ポネットの登場人物(キャスト)

ポネット(ヴィクトワール・ティヴィソル)
4歳の少女。母親が運転する車に乗っていた際に交通事故に遭い、母親は即死した。甘えん坊で夢見がち。指をしゃぶる癖がある。
母親(マリー・トランティニヤン)
ポネットの母親。運転中の事故で命を落とす。明るく陽気な女性で、空想することが好き。
父親(グザヴィエ・ボーヴォワ)
ポネットの父親。無神論者。母親の死を受け入れられないポネットに、現実を教えようとして思い悩む。
デルフィーヌ(デルフィーヌ・シルツ)
ポネットの従姉。ポネットより少し年上で、現実的な考え方をするしっかり者。傷心のポネットの面倒を見る。
マチアス(マチアス・ビューロー・カトン)
ポネットの従弟。ポネットと同じ歳くらいの心優しい少年。ポネットに幼い恋心を抱いている。
伯母(クレール・ヌブー)
ポネットの父親の姉。母親の死後、仕事で家を空ける父親の代わりにポネットを預かる。大人として、ポネットに母親の死を理解させようと愛情をもって説明する。
アダ(レオポルディーヌ・セール)
ポネットが寄宿学校で出会う、眼鏡をかけたユダヤ人少女。幼いながらも神について確立された概念を持っている。
リュス(リュスキー・ロワイエール)
寄宿学校で、ポネットと同室になる少女。独身の母がおり、愛や結婚について大人びた考えを持っている。

ポネットのネタバレあらすじ

映画『ポネット』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ポネットのあらすじ【起】

4歳のポネットは、ある日、母親とのドライブ中に交通事故に遭う。母親は即死し、ポネットは左手首を怪我する。

父親が仕事で家を空けるため、ポネットが伯母に預けられることになる。母親の葬儀への道中、父親はポネットに、絶対に死なないことを約束させる。ポネットは死というものが理解できず、母親はすぐに戻ってくると思っている。

墓地で、ポネットは従姉弟のデルフィーヌやマチアスと再会する。葬儀の後、父親はリヨンに発つ前に、お守りとしてポネットのぬいぐるみを受け取り、代わりに腕時計をポネットに渡す。父親は、ポネットを心配しながら出発する。

ポネットは、空想の中で生前の母親と会っている。デルフィーヌとマチアスは、遊びに誘っても応じないポネットを馬鹿にする。伯母はキリストの話を例えに出し、母親は天国に行ったからもう会えないと、ポネットに遠回しに説明する。

以前に祖父の死を経験しているデルフィーヌ達は、死者とは会えないことを理解している。ポネットは、自分の考えを否定するデルフィーヌ達を撥ねつける。デルフィーヌ達は、呪文を唱えて死人のふりをした子供を蘇らせて追いかけっこをするという『生き返り遊び』をする。

ポネットのあらすじ【承】

ポネットは、食事もせずに母親との再会を待ち続ける。伯母はポネットの純粋さを褒めながらも、母親とは会えないことを理解させようと心を砕く。ポネットは、周囲の人々は母親が戻ってくることを嫌っていると勘違いする。

ある朝、ポネットは伯母の家を抜け出し、以前に母親と遊んだ草原へ行って母の出現を待つ。マチアスにからかわれ、ポネットは人目につかない茂みの奥へ移動し、見えない母親に向かって呼びかけ、生き返りの呪文を唱える。母親からの返答が無く、ポネットは泣きじゃくる。

ちょうどその場へ、仕事の合間を縫って、父親がポネットに会いに来る。父親はいつまでも母親の死を認めず心を閉ざしているポネットに苛立ち、早く現実を見るようポネットを叱る。

ポネットとデルフィーヌ、マチアスは、短期の寄宿学校に入る。ポネットは、周囲の子供達となかなか馴染めない。デルフィーヌや同室のリュス達は、結婚や大人の愛について強い興味を持っており、夜毎話し合っている。

ポネットは体調を崩したフリをして、ベッドから出ようとしない。ポネットは、見舞いにやってきたマチアスとじゃれあううちに、幼い性に目覚める。

ポネットのあらすじ【転】

ポネットは、キリストは復活したのに、母親が戻ってこないということに納得がいかない。ポネットは、ユダヤ人のアダに神について質問をする。アダは、ポネットが神を通じて母親と会話できるようにするため、神のテストを受けるようポネットに提案する。母親に会えると希望を抱いたポネットは、神を信じ始める。

アダの指導のもと、ポネットは1回目の神のテストに合格する。その夜、ポネットは一人で寄宿学校の礼拝所に入り、何としてでも母親と話ができるよう、泣きながら神に祈る。翌日、ポネットは仮病を使って授業を抜け出して一人になり、母親に会えるよう、再び神に祈る。

母親が現れる気配を一向に感じられず、ポネットは神に嫌われていると思って不満を持ち始める。ポネットは、アダから2回目のテストを受けて合格するが、まだ多くのテストが残っていると知って尻込みする。

ポネットは、デルフィーヌとマチアスの助けを借りて、ゴミ箱のコンテナに5分間閉じ込められるというテストに挑む。ポネットは、コンテナに入ってからすぐに泣き出し、デルフィーヌ達はもう5分経ったと嘘をついてポネットをコンテナから出す。

ポネットのあらすじ【結】

ポネットはある男の子から、ポネットが悪い子だったから母親が死んだ、とからかわれる。ポネットは傷つき、ショックのあまり大泣きする。

ポネットは、天国に行って母親に会うために死にたいと考える。マチアスはお気に入りの人形を贈ってポネットを慰め、ポネットはお礼に父親の時計を手渡す。

ポネットはリュスから、母親に会えるという魔法のキャンディーを受け取る。寄宿学校の最終日の夜、キャンディーを舐めながらベッドに入ったポネットは、母親の夢を見る。

翌朝早く、ポネットは一人で学校を抜け出して墓地へ向かう。母親の墓の前で、ポネットは母親に呼びかけて出現を待つが、一向に母親は現れず、ポネットは泣き出す。

突如、ポネットの前に、生前の姿をした母親が現れる。母親に抱きしめられ、ポネットは待望の母親の香りや感触を楽しむ。母親は、これからは夢の中で遊ぶことをポネットに約束するが、ポネットはこのままずっと一緒にいたいと愚図る。母親は、今を楽しく生きることを学ぶよう、ポネットを優しく諭す。

母親は、ポネットにお気に入りのセーターを着せる。母親との別れの時が近づき、ポネットは離れたくないと駄々をこねる。楽しいことに目を向けるよう母親に励まされ、ポネットは現実に戻る。

ちょうどその時、寄宿学校まで迎えにきた父親が、ポネットを探して墓地にやってくる。ポネットは、母親と実際に会ったことを父親に話す。母親の死を受け入れたポネットは、母親との思い出を胸に、前を向いて歩み出す。

この記事をシェアする