映画『プロフェシー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「プロフェシー」のネタバレあらすじ結末と感想

プロフェシーの概要:ポイントプレザントで実際にあった出来事を基に製作された作品。2年前、妻を亡くした新聞記者は導かれるかのようにポイントプレザントを訪れる。そこで起きている奇妙な出来事を調査する内に未知なる存在、蛾男モスマンの存在を知るのだった。

プロフェシーの作品情報

プロフェシー

製作年:2002年
上映時間:119分
ジャンル:サスペンス
監督:マーク・ペリントン
キャスト:リチャード・ギア、ローラ・リニー、ウィル・パットン、ルシンダ・ジェニー etc

プロフェシーの登場人物(キャスト)

ジョン・クライン(リチャード・ギア)
ワシントン・ポスト紙の新聞記者。妻を亡くして2年後、誘われるように車を走らせポイントプレザントを訪れる。
コニー・ミルズ(ローラ・リニー)
地元の女性警官。金髪女性でポイントプレザントにて起きている怪現象の調査をジョンに依頼。一緒に調査を行う。
ゴードン・スモールウッド(ウィル・パットン)
ポイントプレザントに在住する善良な住民。数々の怪現象を体験し、とうとうモスマンとの対面をも体験する。ジョンとの誤解を解いた後は友人となる。
メアリー・クライン(デブラ・メッシング)
ジョンの妻。新居の購入を決意した夜、車を運転中、操作を誤って頭部を強打。病院の検査にて側頭葉に腫瘍が発見され、亡くなる。
アレクサンダー・リーク(ルシンダ・ジェニー)
古代歴史の研究者であり、モスマンが引き起こす現象などの研究を行っている。

プロフェシーのネタバレあらすじ

映画『プロフェシー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

プロフェシーのあらすじ【起】

ワシントン・ポスト紙の新聞記者であるジョン・クラウンは、妻のメアリーと共に新居を購入し浮足立っていた。しかし、その帰り2人は交通事故を起こしてメアリーが頭部を強打。病院にて目覚めた彼女はジョンに「あれを見た?」と怯えたように問いかける。検査の結果、メアリーの側頭葉に腫瘍が発見されるも、手術では取りきれず化学療法を行うことに。

やがて、クリスマスが到来。メアリーはジョンの幸せを祈りながらその日の夜、静かに息を引き取るのだった。
病院にてメアリーの荷物を整理していた際、日記を発見したジョン。中を見ると後半にいくほど、死神のような人物を描いた絵が多く見られた。

2年後、ジョンは荷物をまとめ深夜にも関わらず家を出た。ひとまずはリッチモンドへ向けて走っていたが、深夜2時を回ったところで車のエンジンが急に停止。携帯の電波がなく助けを呼ぶこともできないため、仕方なく車を置いて近くの家を訪ねる。だが突如、家主に銃を突き付けられバスルームへ押し込められてしまう。

地元警察のコニー・ミルズが駆け付けて事情を聞くと、家主のゴードン・スモールウッドとその妻は、3日前から深夜2時半になるとドアがノックされジョンが現れたと言う。そうして3日目の今日、とうとう彼を捕まえたのだった。ジョンは身分証を見せ、コニーの計らいにより、どうにか誤解を解くことに成功するのだった。

コニーに町のモーテルへ連れて来てもらう。そもそも、自分がいる町の名前すら分からないジョン。彼女に聞くと、州境のポイントプレザントという場所であることが分かった。

プロフェシーのあらすじ【承】

一夜明け、車を修理工へ見てもらったところ、何の異常もないと言われる。しかも、ポイントプレザントにはワシントンから遥かに遠い町であり、深夜1時に出発して2時半に着ける場所ではないことが判明。時速130キロで車を走らせても6時間はかかる場所だった。
一体、ジョンに何が起こっているのか。

その日の夜、ジョンはゴードンの家を見張ることにした。2時を過ぎた頃、コニーが現れ一緒に見張ることになるも結局、訪問者は現れなかった。一安心したジョンだったが、コニーからこの数カ月で急に何人もの人が奇妙な出来事を体験していると明かされる。ジョンは彼女から警察の記録を見せてもらうことにした。

異様な光、奇妙な電話。警察では対応しきれない事象ばかりである。更に、渡された絵を見たジョンは息を飲む。その絵は亡くなったメアリーが書いていた絵と同じものだったからだ。
翌日からコニーと共に調査を開始したジョン。体験者の話によると、身長は250メートルで赤い目をしており空を飛ぶ。電話では謎の信号音の後、キーキーという音が聞こえる。ある夜には強烈な光を発し、それを見た若い男は目が腫れあがった上、充血して未だに治らないらしい。

翌日、本屋にいるジョンの元へゴードンがやって来て昨夜、起こった出来事を話して聞かせた。深夜、激しい頭痛に見舞われたゴードンはバスルームへ薬を飲みに行ったが、排水溝から唸り声が聞こえ「99人が死ぬ、デンバー9」という言葉を聞く。彼は必死になってメモをしたが、朝になってそのメモを見ると赤と黒で死神のような絵も描かれていた。
その後、ゴードン夫妻と食事に来たジョン。レストランのテレビでデンバー発の航空9便が墜落し、99人が亡くなったというニュースを見る。これはあの言葉と一致するのではないだろうか。

更に翌日、ゴードンからまたも驚くべき体験を聞く。彼は昨夜、セメント・プラントの化学工場にて声の主と会ったと言うのだ。相手はインドリッド・コールドと名乗り赤道で300人が死ぬと予言。そして、朝刊を見るとエクアドルで地震が発生し、300人の死亡が確認されていた。

プロフェシーのあらすじ【転】

その夜、モーテルにて怪現象をコニーと検証。その最中にゴードンから電話が入る。今まさに、インドリッド・コールドが家に来ているという知らせだった。
ジョンはインドリッドと会話し音声の録音に成功。だが、インドリッドはジョンの生い立ちから、現在の行いすらも見透かしたかのように言い当てる。しかも、過去にジョンと会ったことがあると言うのだった。

録音した音声を研究室へ持ち込んだが調査の結果、インドリッドの声は地球上に存在しない声であり、敢えて言うなら電気だと言われる。
このことにより、ジョンは一度電話で断られているにも関わらず、研究者であるアレクサンダー・リーク博士の元へ向かい直接、協力を要請することにした。

シカゴへ飛んだジョンは、リーク博士から怪現象の正体を聞く。博士はその者を蛾男、モスマンと呼んでいた。古代歴史にも現れる存在であり、合理的説明は不可能だと言う。いずれにせよ、ポイントプレザントにて何かが起こる。博士はジョンにあの町へ戻るなと警告。だが、ジョンは導かれたのだ。例え待っているのが死であっても、戻らないわけにはいかなかった。

コニーと合流したジョンはゴードンが仕事を辞め、その妻が家を出たことを聞く。
その後、シルバー橋にてゴードンを発見し声をかけるも、彼はインドリッドを待っていると言う。会話後にモーテルへ戻ったジョンだったが、寝付くことができず。朝6時過ぎにモーニングコールがかかってきたので起きることにした。

携帯が鳴った。相手はゴードンだったが、音量は低く話もどこかおかしい。電話が切れた後、ゴードンが森へ入って行くビジョンを見たジョンは、慌てて森へと向かった。そうして、息絶えたゴードンを発見する。しかし、遺体を調べてみると死後8時間は経過していることが判明するのだった。するとその後、ジョンの周囲で次々と怪現象が発生するのである。

プロフェシーのあらすじ【結】

怪現象と同時にメアリーの幻想にも悩まされ始めたジョンは、助けを求めてリーク博士の元へ。深夜にも関わらず対応してくれた博士から、モスマンの予言が本物であることを聞く。だが、博士はそのせいで人生を棒に振ったと言う。

その夜の内にモーテルへ戻ったジョンは、資料を処分しこの件にはもう関わらないことにした。しかし、朝になって会社から電話が入り、取材する予定だったバージニア州の知事がポイントプレザントの化学工場へ視察に来ることが分かる。その時、録音テープの音声からオハイオ川で大惨事が起こると、予言が流れるのだった。

ジョンはコニーに助けを求めた。だが、コニーはジョンの話を聞いてはくれず仕事へと向かってしまう。仕方ないので、知事と会って化学工場にて起こる大惨事を警告。しかし、知事もジョンの話を聞かずに視察へと向かってしまうのだった。

途方に暮れたジョンは空港のバーで、知事が無事に視察を終えたニュースを目にする。直後、彼の元にメアリーが金曜の正午に自宅へ電話を入れるというメッセージが届く。まだ終わっていないのだと感じた彼は、荷物をまとめて帰宅するのだった。

金曜の正午前、コニーから電話が入る。彼女はジョンを優しく慰め、一緒にクリスマスイブを過ごそうと誘ってくれた。電話を切った直後にメッセージの通り、電話が鳴る。ジョンは電話に出るかどうか逡巡し結局、電話線を抜いてしまった。しかし、それでも電話は鳴り続ける。彼はそれを振り切って家を出た。

コニーとの約束の時間は夜の6時だった。だが、シルバー橋で渋滞が発生。どうやら橋の先にある信号が故障したらしい。その時、ジョンは何かの気配を察知して立ち止まる。視線の先には化学工場があり、足元の川はオハイオ川。まさか、予言はこれから起こることを言っていたのではないか。

ジョンは急いで住民達へ避難の声掛けを行う。そして、橋から軋むような不気味な音が鳴り始め、とうとうワイヤーが断裂。1本が切れるとそれからは早かった。均衡を崩した橋は崩壊。渋滞に巻き込まれていたコニーもパトカーから無線にて助けを呼んだが、崩壊のせいで車ごと落下してしまう。その様子を見ていたジョン。彼は自ら川へ飛び込み、彼女を助けることに成功するのだった。

橋の崩壊にて被害者は36人にも上った。その数を聞いたコニーが驚愕する。彼女は起きろ37番と言われる夢を見ていたからだ。ジョンが助けてくれなければ、コニーは37人目の被害者になっていただろう。ジョンとコニーは安堵の吐息を漏らし、2人で肩を寄せ合った。

その後、シルバー橋の崩壊原因は確定されず。モスマンの目撃は各地で報告されたが、ポイントプレザントからは姿を消した。

この記事をシェアする