映画『光をくれた人』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「光をくれた人」のネタバレあらすじ結末と感想

光をくれた人の概要:無人島にある灯台の灯台守とその妻は、2度の流産を経験し悲しみに暮れていた。そんな時、島に息絶えた男性と泣き叫ぶ赤ん坊が乗った手漕ぎボートが流れ着く。夫婦は赤ん坊を自分達の子供として偽り、育て始めるのだった。切ない愛と絆の物語。

光をくれた人の作品情報

光をくれた人

製作年:2016年
上映時間:133分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:デレク・シアンフランス
キャスト:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィカンダー、レイチェル・ワイズ、ブライアン・ブラウン etc

光をくれた人の登場人物(キャスト)

トム・シェアボーン(マイケル・ファスベンダー)
元軍人で戦争終了後にヤヌス島の灯台守となる。イザベルと惹かれ合い結婚。紳士的で非常に真面目で働き者。規律を重んじる。
イザベル(アリシア・ヴィキャンデル)
若く美しく少々変わっている。トムと惹かれ合い文通を経て結婚し、ヤヌス島へ移住する。2度の流産を経験。流れ着いた赤ん坊にルーシーと名付けて育てる。
ハナ(レイチェル・ワイズ)
地元の篤志家の娘。ドイツ人の夫と娘を海で亡くしている。実はルーシーの実母。黒髪の美人で深い愛情を持っている。
セプティマス・ポッツ(ブライアン・ブラウン)
ハナの父親。娘の結婚に反対しているも、孫が産まれたことで態度を軟化。寡婦となった娘を支え続ける。
ラルフ・アディコット(ジャック・トンプソン)
物資を運ぶべく、定期的に船でヤヌス島へやって来る地元の漁師。白い髭を蓄えた気の好い老人で、トム夫妻の良き友人となる。

光をくれた人のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『光をくれた人』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

光をくれた人のあらすじ【起】

1918年、12月。西部戦争終結後、軍を退役したトム・シェアボーンは静かな生活を求め、パルタジョウズの先にある孤島、ヤヌス島へ連邦灯台保全局の臨時灯台守として着任する。
2日後、パルタジョウズへ向かったトムは港の有志であるグレイズマーク家へ。そこで、運命の女性イザベルと出会う。彼女はグレイズマーク家の一人娘だった。

ヤヌス島は人気のない僻地である。だが、そこに建てられた灯台は北半球を照らし、船をパルタジョウズ港へと導く大事な役割を担っていた。孤島にあるのは灯台のみで無人島。トムは臨時なので任期は半年である。その間に療養している前任者が回復すれば、任を解かれる予定だった。

漁師であるラルフの船にてヤヌス島へ。海の潮騒と風の音しかない寂しく孤独な場所だった。それでも戦争で荒んだ心を持つ彼には、この先に残された生活として充分な場所だったのである。灯台守の仕事の他に家の補修や修繕をし、浜を散歩したり戦争にて亡くなった兵士達に祈りを捧げたり。淡々とした生活を送る。

3か月後、港長からの呼び出しで本島へ戻ったトム。療養中の前任者が亡くなったため、正式にヤヌス島の灯台守となる。その足でグレイズマーク家へ報告に向かうと、翌日にイザベルとピクニックへ行くことに。イザベルは初めて会った時から、どうやらトムに惹かれていたようだった。

島へ戻ったトムは彼女と文通にて逢瀬を続ける。孤独な生活の中、イザベルとの文通は次第にトムを癒し、再び生きる活力を彼に与えた。数か月後、2人は結婚。ヤヌス島での生活が始まる。

たった2人だけの甘い蜜月を過ごし、イザベルが第1子を妊娠。しかしある嵐の夜、イザベルが激しい腹痛に襲われ流産してしまう。トムはその時、灯台にて灯を守っていたため、彼女の苦痛には気付かず。1921年、5月のことだった。
深い悲しみに暮れるイザベル。トムは以前から家にあったピアノの調律を行うことで、彼女を慰めるのだった。

2年後、イザベルが第2子を妊娠。子供は順調に育った。しかし、島の生活が良くないのか、およそ6カ月に入った頃、再び流産してしまう。
深い悲しみに襲われる夫婦だったがそんなある日、島に手漕ぎボートが流れ着く。中にはすでに息絶えた男性が1人と生後2か月ほどの泣き叫ぶ赤ん坊が乗っていた。

光をくれた人のあらすじ【承】

子供服の用意はあった。イザベルは保護した女児の世話を嬉々として行い、トムは灯台守として事の次第を報告しようとする。だが、妻から赤ん坊が落ち着くまで報告をしないで欲しいと言われ、トムは彼女を慮り報告を後回しにし、日誌にもこのことは記入しなかった。

翌朝、実直なトムは再び報告しようとするが、イザベルが必死になってそれを止める。彼女は赤ん坊を自分達の子として育てようと言うのだ。子を失ったばかりの夫婦は深い悲しみに苛まれていたため、甘い誘惑に抗いきれなかったのである。
トムはボートに乗っていた男性の遺体を埋め、イザベルが出産したと嘘の報告をした。

数日後、ラルフが物資を運んで来る。イザベルは女児にルーシーと名付けて紹介。気の好い老漁師は大喜びで夫婦を祝福した。
そうして、偽りの幸せな日々が続く。ルーシーは順調に育ち、良く食べ良く話し、良く笑った。

2年後、洗礼のために本島へ里帰りしたトム一家。イザベルの両親や友人知人らと共に教会へ向かうも、肝心の司祭がまだ到着していない。しばしの間、待つことになったため、ふらりと墓地へ足を踏み入れたトム。そこで、墓に参っている黒髪の女性を発見する。女性が去った後、墓碑を目にしたトムは愕然とした。
その墓は2年前に亡くなった男性と赤ん坊のものだったのだ。

洗礼が済んだ後、ラルフから墓碑のことについて聞いた。
今から2年ほど前、地元の篤志家であるポッツ家の1人娘ハナは父親の反対を押し切って、ドイツ人男性と結婚し1人娘グレースを出産。だがある夜、ハナの夫はドイツ人であるが故に、地元民に囲まれてしまう。当時はまだ、大戦で家族を亡くしドイツ人に恨みを持つ者たちが多かったのだ。ハナの夫は危険を感じ手漕ぎボートで海へ逃走したが、元々心臓が弱く発作にて息を引き取ったのである。それが、ヤヌス島へ流れ着いたのだ。
トムは1人で思い悩んだ結果、ハナの家のポストに手紙を残した。

光をくれた人のあらすじ【転】

ハナは愛する夫と産まれたばかりの子供を失い、未だ立ち直れずに深い悲しみに苛まれていた。その日も墓碑を参り帰宅したが、ポストに手紙が入っているのに気付く。手紙には子供が生きていることと、亡くなった夫の冥福を祈る文章が書かれていた。

彼女は娘の生存に希望を見出し、捜索願を出そうとするも手紙だけでは信憑性がないと言われる。
ハナの父親セプティマス・ポッツは孫の生存を信じ、2年前から賞金を出して情報を募っていた。故に、娘から手紙のことを聞き賞金の額を倍にするのだった。

ヤヌス島へ戻ったトム一家はその後も幸せな生活を続ける。ルーシーはおしゃべりで可愛らしく、イザベルとトムの愛情を一心に受け順調に成長。
更に2年後、灯台40周年の記念式典へ出席するため、一家は再び本島へ。
式典には灯台の模型が送られたが、模型製作に出資をしたポッツ一家も出席していた。会場にてハナの姿を目にしたトムは、途端に罪悪感で頭がいっぱいになる。

式典後は会場にてパーティが催されイザベルはルーシーと共にハナと対面。トムもハナと挨拶し、彼女が未だに夫と娘のことで悲しんでいることを知る。話を聞いたイザベルも、真実を察して体調を崩してしまう。

トムは真実を明らかにしようと話すも、イザベルは頑としてルーシーを手放そうとはしない。そこで、彼は密かにハナの自宅ポストへ、娘が元々持っていたフクロウの玩具を投函した。全てが露呈するのを覚悟してのことだった。
その後、一家はヤヌス島へ帰島。

ポストにあった玩具を見たハナは、それを警察へ持ち込んで正式に捜査を依頼。チラシも貼って情報を更に募った。

光をくれた人の結末・ラスト(ネタバレ)

1週間後、島へ警察が訪れる。トムは全ての罪を被り、逮捕されることになった。裏切られたと感じたイザベルは喪失に苛まれ夫を恨むようになる。
投獄されたトムは真実を話すも、ハナの夫の殺害容疑までかけられてしまう。妻は一切証言せず、ルーシーはハナの元へ戻された。

ラルフはトムの説得に赴いたが、彼は妻のために全ての罪を被る覚悟を決めている。せめて、願いを聞き届けようと彼の手紙を妻へと届けた。
だが、イザベルはトムからの手紙に目を通すことなく、机の奥にしまってしまう。

一方、実母ハナの元へ戻されたルーシーは育ての親となるイザベルを酷く恋しがり、決して懐こうとはせず泣いてばかりいた。懐かない娘との距離を縮めようと一生懸命なハナだったがある日、ルーシーが姿を消してしまう。
警察の捜索はグレイズマーク家へ真っ先に向かったが、イザベルの仕業ではないことが判明。子供の捜索が一斉に行われた。
日が暮れた頃、浜辺で眠っているルーシーを無事に保護。彼女は灯台を捜していたらしい。ハナは眠る娘を見守りながら、亡夫との思い出を思い出していた。

その後、イザベルは母親から諭される。ルーシーはまだ幼く、今後も幸せが待っている。だが、トムは天涯孤独で理解者はイザベルただ1人だけ。イザベルの罪を全て背負ったトムは、じきに刑務所へと移送され一生をそこで過ごすのだ。

その日は雨が降っていた。グレイズマーク家へハナが訪ねて来る。彼女は娘のことを思い、イザベルにトムの罪の証言を促した。その後、トムが監獄へ入ったら娘をイザベルに返すとまで言う。イザベルは自らの考えを改め、トムの手紙に目を通した。

手紙によって夫の深い愛情を知ったイザベルは、監獄へ向かうトムの元へひた走り、自らの罪を明らかにする。このことで夫婦は逮捕され、投獄されることになった。
しかし、警察からその報告を聞いたハナは、2人の減刑を願い出る。娘が生還できたのは、トム夫婦のお陰だからだ。
その後、ルーシーはポッツ家の生活へ徐々に馴染み、名前をルーシー・グレースと改め育てられた。

1950年、8月。病気のため、イザベルはルーシーとは一度も会わず、夫トムに見守られ息を引き取った。その後、丘の上の一軒家に1人で住むトムの元に息子を連れたルーシー・グレースが訪れる。トムは妻の手紙を彼女へ渡し、孫を抱かせてもらうのだった。

この記事をシェアする