映画『パンチドランク・ラブ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「パンチドランク・ラブ」のネタバレあらすじ結末と感想

パンチドランク・ラブの概要:バリー・イーガンは気の強い7人の姉に苦手意識があり、女性と上手く話せなくなっていた。姉達はそんな弟の心情を気にせず、お節介を焼き、私生活について介入しようとした。そんなある日、姉の同僚であるリナが、写真を見てバリーに好意を抱く。

パンチドランク・ラブの作品情報

パンチドランク・ラブ

製作年:2002年
上映時間:95分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
キャスト:アダム・サンドラー、ジェイソン・アンドリュース、ドン・マクマナス、エミリー・ワトソン etc

パンチドランク・ラブの登場人物(キャスト)

バリー・イーガン(アダム・サンドラー)
ラバーカップを販売する会社の経営者。7人の姉がいる。姉達にからかわれ、私生活をしつこく質問されることにウンザリしている。情緒不安定で、突然泣き出したり暴れたりする。
リナ・レナード(エミリー・ワトソン)
バリーの姉のエリザベスの同僚。写真を見てバリーを気に入り、好意を抱く。不安定なバリーを包み込む、懐の深い優しい女性。出張のため、世界各国を飛び回っている。
ディーン(フィリップ・シーモア・ホフマン)
家具屋の経営者。裏で、テレフォン・セックスサービスを利用した客をゆすっている。

パンチドランク・ラブのネタバレあらすじ

映画『パンチドランク・ラブ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パンチドランク・ラブのあらすじ【起】

バリーは仕事をした後、外に出て休息を取っていた。すると、1人の女性が車に乗って現れる。バリーの仕事場の隣にある自動車修理工場に、車の修理を依頼しに来たのだ。だが、時間が早すぎて工場は開いていなかった。女性はバリーに車の鍵を渡し、預かって欲しいと頼んだ。バリーは快く鍵を受け取り女性を見送るが、実は酷く緊張していた。女性が去った後、職場に戻って緊張を解放させた。

バリーは“ツマリトール”という名の、ラバーカップを販売する会社を経営していた。顧客に商品を説明して売り込んでいると、姉から電話が掛かってきて邪魔をされる。バリーには7人の姉がいた。皆バリーの口答えを許さない強気な女性ばかりで、バリーが仕事中であることを配慮してはくれなかった。

バリーが実家に帰ると、姉達は自分のことをゲイだとからかって馬鹿にしていた。帰りたい気持ちを抱きつつも、頑張って家の中に入った。しかし、姉達のからかいは止まらなかった。バリーは苛立ちを我慢することができず、部屋の窓ガラスを手で叩き割ってしまう。バリーは歯科医である義兄に、精神科医を相談して欲しいと頼んだ。時々精神が不安定になり、泣きたくなるときがあるのだ。

バリーはスーパーの食品売り場で、ヘルシー・チョイス食品がマイレージ・キャンペーンを行っていることを知る。“お好きな商品10点で500マイルをゲット”と書かれており、バリーは値段の安いプリンを買って応募することにした。

パンチドランク・ラブのあらすじ【承】

バリーは新聞の広告を見て、テレフォン・セックスサービスを利用することを思い立つ。受付の女性に個人情報が守られるのか確認した後、聞かれるままクレジット番号や住所などを教えた。バリーは部屋をうろうろしながら、落ち着かない様子で、担当になったジョージアという女性と電話で会話をした。ジョージアは性的なことを言い、バリーの妄想を掻き立てるような話をした。

次の日、バリーの家にジョージアから電話が掛かってくる。750ドルの家賃が払えなくて困っており、助けて欲しいと言うのだ。バリーは余裕がないと断るが、ジョージアは個人情報を立てに脅してきた。バリーは対処しきれず、電話を切った。そして、クレジットカードを破棄した。

バリーの職場に姉のエリザベスと同僚のリナが訪ねて来る。リナはバリーに車を預けた女性だった。エリザベスはバリーにリナを紹介するため食事に誘うが、バリーは姉達にからかわれるのが嫌で、仕事があると言って断った。エリザベスはそんなバリーを非難した。バリーが姉達と話していると、ジョージアから電話が掛かってくる。クレジットカードを解約したことについて非難されるが、バリーは上手く言い返すことができず、電話を切った。エリザベス達はバリーを食事に誘うことを諦めて帰ることにした。だが、リナはやはりバリーのことが気になり、1人で戻ってバリーを食事に誘った。バリーはリナの誘いに応じ、リナが書いた電話番号を受け取った。

パンチドランク・ラブのあらすじ【転】

バリーとリナはディナーデートに出かけた。そこで、リナはバリーが写っている写真を見て興味を持ち、バリーに会うために修理工場を利用したことを打ち明けた。リナはバリーと真剣に付き合いたかったため、隠し事をしたくなかったのだ。バリーは突然のことに驚きながらも、リナとの会話を楽しんだ。だが、リナはエリザベスから、バリーが子供の頃に暴れ、窓ガラスを粉々した話を聞いていた。バリーはそのことに苛立ち、男子トイレで暴れてしまう。店員に手の怪我を見られたバリーは、店を追い出されることになった。

バリーはリナを、部屋の中まで送り届けた。姉達とは違い自分のことを詮索してこないリナに好意を抱くが、上手く会話ができないまま部屋を出た。すると、管理人から電話だと呼び止められる。電話の相手はリナで、バリーがどんな人物でも構わないから、帰り際にキスをして欲しかったと言われる。バリーはリナの元に戻りキスをした。そして、次に会う約束をした。

バリーはジョージアの知り合いの男達に脅され、500ドルを渡した。殴られたため逃げるが、男達は再び来ることを叫んで去って行った。バリーはプリンを買い込み、マイルをゲットして、ハワイに出張に行ったリナを追いかけることにした。だが、マイルを振り込むには、手続きのため2か月かかると言われる。バリーは暴れて泣き叫んだ。どうすることもできなかったため、バリーは自費でハワイに行くことにした。

パンチドランク・ラブのあらすじ【結】

バリーはリナのハワイでの宿泊先を、エリザベスに電話を掛けて聞くことにした。だが、エリザベスはリナに気があるのかとからかい、中々話そうとはしなかった。バリーはそのことにウンザリし、エリザベスのことを罵りながら教えろと怒鳴った。バリーはエリザベスから聞いたホテルに電話を掛けるが、なぜか男性が出た。再度電話を掛け直すと、リナが出た。バリーはリナに恋人がいるのか心配するが、リナは否定し、バリーと会う約束をした。

バリーとリナは夕暮れを眺めながらお酒を飲んだ。部屋に戻った2人は、ベッドの上でキスをした。そこで、バリーはトイレで暴れたことを打ち明けた。リナは静かにバリーを抱きしめた。次の日、リナはエリザベスと電話で話をするが、バリーが来ていることは話さなかった。バリーは嬉しそうにリナの顔を見ていた。

バリーが車に乗ってリナと自宅に帰っていると、突然車に追突される。やったのはジョージアの知人男性達だった。リナが怪我をしたのを見たバリーは激しく怒り、男達を次々殴りつけていった。リナを病院に連れて行った後、バリーはジョージアに電話を掛け、責任者を出せと脅した。そして、電話に出た責任者のディーンを怒鳴りつけるが、ディーンは開き直った態度で言い返してくるだけだった。その後、バリーはリナの元に戻るが、既に退院していた。

バリーは番号案内サービスからディーンの居場所を見つけ、会いに行った。ディーンはバリーが警察に言っていないことを知り、白旗を上げて降参することにした。帰って来たバリーはリナに会いに行き、全ての経緯を説明して謝罪し、君なしでは生きていけないと告白した。リナは病院に置き去りにされたことを怒っていたが、バリーの思いを受け入れ、キスをして抱きしめた。

この記事をシェアする