映画『ラヂオの時間』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ラヂオの時間』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『ラヂオの時間』の概要:三谷幸喜監督作品特有の、豪華俳優陣ばかりで固められたキャスト陣が光る。三谷幸喜監督は、憧れである戸田恵子の出演を熱望し、「僕の映画に出てください」と直々に頭を下げたといわれている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『ラヂオの時間』の作品情報

ラヂオの時間

製作年:1997年
上映時間:103分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:三谷幸喜
キャスト:唐沢寿明、鈴木京香、西村雅彦、戸田恵子 etc

映画『ラヂオの時間』の登場人物(キャスト)

鈴木みやこ(鈴木京香)
平凡な主婦。シナリオコンクールで自分が投稿した作品が採用され、この度生放送でラジオドラマ化されることになった。
千本のっこ(戸田恵子)
かつて人気を博したベテラン女優。今回のラジオドラマのヒロインを演じる。
工藤学(唐沢寿明)
今企画のディレクター。唯一みやこの気持ちを汲み取ってくれる。
牛島龍彦(西村雅彦)
番組のプロデューサー。俳優陣に押し負けているが、ラジオドラマにかける想いは本物。

映画『ラヂオの時間』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ラヂオの時間』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『ラヂオの時間』のあらすじ【起】

鈴木みやこはとあるラジオのスタジオにいました。平凡な主婦である彼女は本来こういった場所に縁はないのですが、何となく応募したシナリオコンクールで自分の投稿した作品「運命の女」が採用され、生放送でラジオドラマ化される事になったのでした。

みやこは慣れない場所や目の前に並ぶ俳優陣に、緊張の面持ちで本番前のリハーサルを見守ります。熱海を舞台にした、漁師と平凡な主婦の運命的な愛を描いたストーリーが、プロの俳優達によってドラマチックに描かれていきます。

しかし全ての通しが終わりいよいよ本番、という時に主演を務める女優、千本のっこが「主人公の名前が気に入らない」と文句を言い始めます。彼女はかつて一世風靡した大人気女優でしたが、わがままで、自分の意見を絶対通さないと気が済まないという性格でした。プロデューサーの牛島も、千本のっこの機嫌を損ねないように、しっかりとみやこに説明をしないままに勝手に主人公の名前を『メアリー・ジェーン』に変えてしまいます。

映画『ラヂオの時間』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『ラヂオの時間』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『ラヂオの時間』のあらすじ【承】

更に、のっこの横暴に対して、「自分だけ外人役はずるい」、と言いだした共演者がいました。千本のっこの相手役、浜村です。浜村は、寅造という自分の役名を最終的に「マイケル・ピーター」に変更してしまいます。もともとは漁師と平凡な主婦という設定の物語でしたが、2人の名前が『メアリー・ジェーン』と『マイケル・ピーター』ではそれも無理があります。仕方なく、物語の舞台を熱海ではなく急遽ニューヨークに変更することになりました。

次々と好き勝手な事を言う役者の我儘に物語の辻褄をあわせるため、みやこは台本のリライトを要求されます。しかし、本来みやこは平凡な主婦で、今回が彼女にとっての処女作です。そういった咄嗟の対応に慣れていないみやこの様子を見て、牛島はバッキーという放送作家に脚本に手を加えることを依頼します。しかしバッキーが物語をろくに読まず手直しをしてしまったことで、ストーリーはどんどん変な方向に進んでいくのでした。

映画『ラヂオの時間』のあらすじ【転】

変わっていくストーリーにも気にせず、味をしめた役者陣の暴走はとどまるところを知りません。一度熱海からニューヨークに変更した舞台設定でしたが、再度役者陣の強い要望により、今度はシカゴへと場を移すこととなりました。そして、心配だらけの中とうとうラジオは本番を迎えてしまいます。

しかしなんと、本番中に浜村が突然自分の役所を漁師からパイロットに変えてしまったのです。それに対して千本のっこも、自分ばかり平凡な主婦は嫌だと役を女弁護士に変更してしまいます。しかしラジオは生放送、一度した発言は撤回できません。仕方なく役者達の決めた通りにシナリオを書き換え進んでいきます。

登場人物だけでなくそのストーリーも徐々に変わっていき、最早みやこの執筆した原型を留めてはいませんでした。用意していたSEでは対処が出来なくなっていきました。ディレクター陣は、役者達のアドリブに合わせてその場にあるもので何とか急場をしのぎます。

映画『ラヂオの時間』の結末・ラスト(ネタバレ)

どんどんエスカレートしていく役者たちの暴走に、とうとうみやこが激怒します。彼女はCM中にスタジオに立てこもり、これ以上ストーリーを変えるようならもう放送はさせないと言い始めます。しかし彼女の必死の抵抗も虚しく、役者達は聞く耳を持ちません。

その中で唯一、みやこの言葉に心動かされたのがディレクターの工藤だけでした。工藤は、せめてストーリーのラストは彼女の思い描いた通りにしてやって欲しいとプロデューサーの牛島に訴えます。しかし如何にして俳優陣の機嫌を損ねず放送を終えるかという事しか考えていない牛島は、工藤の意見を却下します。

それでも工藤は諦めません。工藤は絶対に意見を譲らないであろう千本のっこを覗く俳優陣にこっそりと連絡を取ります。そして彼らの協力を得て、なんとか千本のっこをコントロールします。そして最後の最後は、みやこの思い描いていたエンディングを迎える事が出来ました。無事に放送が終わったことに胸をなでおろした面々は、それぞれ帰路につきます。みやこも、夫の待つ、自分の「平凡な世界」へと戻っていくのでした。

映画『ラヂオの時間』の感想・評価・レビュー

働く全ての人の為の賛歌。
三谷幸喜は喜劇を専門としているが、喜劇とはコメディと完全には同義ではないのだなと思う。もちろんこの作品には全体にくすりとできるシーンが散りばめられる。しかしそれ以上に三谷作品の見所は、人が普段内に抱えて外に出すことを半ば諦めている些細な感情を描いているところだと思う。
自分の作品が大勢の人が関わる中でどんどん違う形になっていってしまうもどかしさや、その関わる大勢の人それぞれの想いの落とし所のつけ方みたいなものに、生温かい苦笑いをしてしまう。
それがこの作品の味なのだ。(男性 40代)


頭痛が痛い、上を見上げたなど、言葉の重複をアナウンサーが注意する冒頭のシーンから既に面白いです。熱海のパチンコ屋で働く女性の恋物語が、いつのまにか舞台はシカゴ、物語はハチャメチャになっていて爆笑しました。辻褄を合わせるため、どんどん突拍子のない方へストーリー展開していくドタバタ感は一見の価値ありでしょう。ラジオドラマ一つにしても脚本家や俳優、ディレクターなど、実に多くの人が関わって作られていることに気づきました。キャストが超豪華です。(女性 30代)


最初から最後まで笑いっぱなしでした。皆ワガママで好き勝手やって、どんどん目茶苦茶なありえない展開になっていくのに、ラストはなぜが丸く収まってしまうから不思議(笑)。何だか見ていて、その場に居るような気分になって放送をやり終えた時は「やり遂げたぁ」と一緒になって喜んでしまいました。千本のっこの「ドナルド、ドナルド・マクドナルド」と馬鹿にした呼び方がツボに入ってしまいました。マルチン神父、最後にやっと出てこれて良かったね!キャストも、とても豪華で三谷幸喜らしい皆で大騒ぎの密室コメディー、元気を貰える素敵な作品でした。(女性 30代)


三谷幸喜監督の最近の作品とはイメージが少し違い、割と現実に近く感情移入しやすい作品でした。
用意していた効果音が足りず、かつて音響として働いていた守衛さんから知恵をもらう場面が印象的でした。ないことに目を向けるのではなく、今あるもので何ができるのか、どう工夫するのか、人生通しての教訓になった気がします。守衛さんを演じる藤村俊二さんの味のある演技で、穏やかにさりげなく、大事なことがすっと心に届きました。
ジャンル分けしてしまうとコメディーになると思いますが、ラストは観ているこちらも達成感や温かみを感じる、思い出に残るような作品でした。(女性 20代)


公開当時に観て、20年以上経ってから再び鑑賞。出演者のほとんどが今も現役で活躍していて、イメージも変わっていないことに驚きました。

ひとりの主婦が心を込めて書いた本の内容は容赦なく変更され、俳優たちはワガママ放題。ハチャメチャな展開だけど、結局のところはみんな作品を作るのが好きな人たちで、最後は心が温かくなりました。
「人を感動させたかったらこの仕事はやめたほうがいい」「自分の名前が出ることにいつも満足しているわけではない」など、プロの世界の厳しさを感じるセリフが心に残りました。(女性 40代)


三谷幸喜の初監督にしてある意味最高傑作。物語の完成度が高く、登場人物それぞれキャラクターが立っていて「こんな人いるよな」と感じさせてくれる。

難点としてコメディを成立させるには「変な人間」が必要だが、リアルに感じられると感じられるほど現実とリンクしてしまい気まずさやイライラを感じてしまう。特に仕事や創作に携わっている人からするとイライラさせられる場面が多いので、あくまでコメディとして見れる精神的な余裕が必要だ。(男性 30代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメディ映画ヒューマンドラマ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました