映画『リベンジ・リスト』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「リベンジ・リスト」のネタバレあらすじ結末と感想

リベンジ・リストの概要:スタンリーと妻のビビアンは、強盗に襲われてしまう。スタンリーは怪我をし、ビビアンは亡くなった。その後、犯人は逮捕されるが、すぐに釈放されてしまう。納得ができないスタンリーは、復讐するために動き出した。

リベンジ・リストの作品情報

リベンジ・リスト

製作年:2016年
上映時間:91分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:チャック・ラッセル
キャスト:ジョン・トラヴォルタ、クリストファー・メローニ、アマンダ・シュル、サム・トラメル etc

リベンジ・リストを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『リベンジ・リスト』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

リベンジ・リストの登場人物(キャスト)

スタンリー・ヒル(ジョン・トラヴォルタ)
特殊部隊の元工作員。妻のことを深く愛しており、彼女のために工作員を辞める。現在休職中。戦闘能力に長けている。
デニス(クリストファー・メローニ)
スタンリーのかつての仲間。情報屋。表向きは理髪店の店主。妻を殺した犯人に、復讐しようとしているスタンリーの手助けをする。
アビー(アマンダ・シュル)
スタンリーとビビアンの娘。結婚しており、夫と息子がいる。スタンリーが工作員だったことは知らない。
ギブソン刑事(サム・トラメル)
相棒のウォーカーと共にビビアン殺害事件を担当する。悪徳刑事で、レミ・Kやメザーブ州知事と通じている。
メザーブ州知事(パトリック・セント・エスプリト)
犯罪の減少に力を入れている。パイプラインを計画しているが、環境保護の観点から市民に反対されている。裏でレミ・Kと繋がっており、持ちつ持たれつの関係になっている。
ビビアン(レベッカ・デモーネイ)
スタンリーの妻。メザーブ州知事の部下。メザーブ州知事の指示で、パイプライン計画に関する調査を行っている。
レミ・K(ポール・スローン)
ギャングのボス。メザーブ州知事の息子に関する動画を持っており、それをネタにメザーブ州知事と関係を築く。冷酷無情な人物。

リベンジ・リストのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『リベンジ・リスト』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

リベンジ・リストのあらすじ【起】

メザーブ州知事は会見を行い、この4年でオハイオ州の殺人事件は半減し、強盗事件は3割減ったと述べた。それだけではなく、麻薬とギャングを街から一掃したと話した。アビーは家でその会見をテレビで見ていた。メザーブ州知事はパイプラインを計画していたが、環境保護の観点から多くの市民に反対されていた。メザーブ州知事は環境保護庁が出した数値と比べるため、独自に調査を行っていることを述べた。その調査はアビーの母のビビアンが行っていた。

失業中のスタンリー・ヒルは、カリフォルニアに行き就職活動を行った。採用してもらえそうな会社が見つかり、妻のビビアンに報告して2人で喜び合った。スタンリーは空港まで迎えに来てくれたビビアンと共に、家に帰ろうとした。その時、強盗集団が現れ、襲われてしまう。スタンリーは怪我を負い、ビビアンは殺されてしまった。その後、スタンリーはコロンバス市警のギルモア刑事と話し、彼の相棒であるウォーカー刑事から取り調べを受けた。

スタンリーが聞いた車のエンジン音を元に、犯人の男が逮捕された。しかし、目撃証言が弱いという理由で、すぐに釈放されてしまう。スタンリーは怒りを滾らせ、アビーはそんな父親を心配した。

スタンリーは街中で犯人の男を目撃し、怒りを抑えられなくなる。家に帰ると、壁に隠してあった武器を取り出した。そして、知り合いのデニスに連絡を取り、犯人についての情報を教えて欲しいと頼んだ。

リベンジ・リストのあらすじ【承】

スタンリーは特殊部隊の工作員だったが、ビビアンのために辞めていた。デニスはその頃の仲間で、情報屋だった。デニスは復讐を行おうとしているスタンリーを止めるが、彼の決意は固かった。デニスは説得を諦め、現在分かっている情報(下っ端の売人達のリスト)をスタンリーに渡した。その情報の中には、強盗の主犯格のチャーリー・ローズの写真があった。

スタンリーは強盗集団の一員であり、リストの中にあったネイサン・ミリガンに会うため酒場を訪れた。だが、ネイサンに気づかれ、逃げられそうになる。スタンリーは追いかけると、銃で脅してチャーリーの居場所を吐かせようとした。そこに、デニスが現れる。2人は口を割らなかったネイサンを始末し、遺体を燃やした。デニスは感情的になっているスタンリーを心配しており、相棒として支えるつもりだった。

男はネイサンが殺される現場を目撃し、ギャングのボスであるレミ・Kに報告した。レミ・Kは男が撮った写真(暗闇にいるスタンリーとデニス)を元に、家族を始末するようチャーリーに指示を出した。

リベンジ・リストのあらすじ【転】

デニスはネイサンが持っていた携帯のデータを調べた。登録されていた番号は1つだけで、強盗仲間のラース・レイノルズかチャーリーのものだろうと考えた。スタンリーが電話をかけると、「ゾンビ・タトゥー」という店に繋がった。店員にラースやチャーリーの居場所を尋ねるが、分からなかった。

ギブソンとウォーカーはレミ・Kから呼び出しを受ける。実は、レミ・Kはメザーブ州知事の息子に関するある映像を持っており、2人を脅していた。ギブソン達がチャーリーを釈放したのも、そのことがあったからだった。レミ・Kは仲間が殺されたことを話し、映像をネットに流されたくなければ犯人を捕まえるよう脅した。ギブソンはメザーブ州知事に会いに行き、そのことを報告した。メザーブ州知事は警部に昇進させる代わりに事態を収めるよう指示を出した。

デニスはチャーリーと彼の仲間に襲われる。しかし、反撃してチャーリーの仲間の男達を倒した。チャーリーはデニスを始末することを諦め、逃げていった。一方、スタンリーは「ゾンビ・タトゥー」の店を訪れた。そこでラースを始末し、ラースが持っていたチャーリーの鞄を盗んだ。鞄の中にはお金と麻薬が入っていた。

アビーは夫と共に父の家に荷物を取りに行き、机の上に置かれたチャーリー達の書類と銃を発見する。そのことに衝撃を受けながらも車に乗って帰ろうとしていると、スタンリーに間違えられチャーリーに撃たれてしまう。アビー達が乗った車は木に激突し、夫は肩を撃ち抜かれた。幸い、命に別状はなかった。そのことを知ったスタンリーは、救急車を呼びホテルに泊まるようアビーに指示した。一方、ギブソン刑事はスタンリーの過去を知り、メザーブ州知事にプロを使って始末するよう指示されていた。

リベンジ・リストの結末・ラスト(ネタバレ)

スタンリー達は奪った麻薬を餌に、チャーリーをクラブに呼び出した。そして、銃で脅し、ビビアンを狙った理由を尋ねた。チャーリーはレミ・Kの指示で動いたこと、「ひっかき回すから殺された」ことを話した。それ以上その場にいては逃げられなくなるため、スタンリーはチャーリーを始末してデニスと共に脱出した。

スタンリーはチャーリーの言葉が気にかかり、ビビアンの仕事の書類や彼女の携帯などを調べた。そして、メザーブ州知事が事件に関わっていることに気づく。その時、アビーから連絡が入る。アビーは娘の連絡に違和感を覚え、デニスに連絡を取った。その頃、アビーの家にはレミ・Kと手下の男がおり、彼女達は人質に取られていた。スタンリーはデニスの力を借り、レミ・Kを倒してアビーと孫を救い出した。

スタンリーはレミ・Kを脅して事件の真相を知ろうとするが、ギブソンが現れレミ・Kを殺されてしまう。ギブソンはウォーカーと共にスタンリーに銃を向けるが、デニスの攻撃によって形勢逆転される。

ギブソンはメザーブ州知事の家までスタンリーを車で送ることになる。その道中、知っていることを話した。レミ・Kは、メザーブ州知事の息子の恋人がパーティーで中毒死したときの映像を持っていた。それ以降、メザーブ州知事とレミ・Kの持ちつ持たれつの関係が始まった。メザーブ州知事がレミ・Kを守る代わりに、レミ・Kはメザーブ州知事が依頼する汚れ仕事を行うようになったのだ。

スタンリーはギブソンとウォーカーが乗っている車に仕掛けを施し、爆発するようにした。そして、州知事の家に侵入し、メザーブ州知事を殺した。警察に包囲されたスタンリーは、警官に銃を向け撃たれるよう仕向けた。

スタンリーは病院に入院していた。彼がかつて工作員だったことから、裁判は極秘で行われることになった。アビーはまともに父と会うことすらできなかった。その後、生き延びていたウォーカーは、ベッドの上にいるスタンリーに銃を向けた。しかし、アビーから密かに銃を渡されていたスタンリーは、撃たれる前にウォーカーを始末した。

医師に扮したデニスは、スタンリーを逃がした。その後、アビーはサンパウロにいる父から手紙を受け取る。

リベンジ・リストの感想・評価・レビュー

何だかイマイチ盛り上がりに欠けるような話だった。物語の一番始めから怪しいメザーブ州知事が悪役のままで物語が終わるし、あっと驚くようなアクションシーンもなかったように感じる。元工作員のスタンリーと情報屋のデニスの相棒関係はカッコいいと思うし、家族のことを深く愛しているスタンリーの設定も良かったと思う。だからこそ、何だかもったいないなと感じる作品だった。アクション好きな人にとってもサスペンス好きな人にとっても、物足りなさを感じる作品だと思う。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする