映画『リズと青い鳥』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「リズと青い鳥」のネタバレあらすじ結末と感想

リズと青い鳥の概要:テレビアニメ「響け!ユーフォニアム」に登場する、鎧塚みぞれと傘木希美を主人公に据えた劇場版スピンオフ作品。「けいおん!」シリーズなども手がけた山田尚子が監督を務めた。高校3年生になったみぞれと希美の、高校最後となるコンクールに向けた日々を繊細に描く。

リズと青い鳥の作品情報

リズと青い鳥

製作年:2018年
上映時間:90分
ジャンル:青春、音楽、アニメ
監督:山田尚子
キャスト:種崎敦美、東山奈央、本田望結、藤村鼓乃美 etc

リズと青い鳥を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『リズと青い鳥』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

リズと青い鳥の登場人物(キャスト)

鎧塚みぞれ(種崎敦美)
北宇治高校に通う高校3年生。吹奏楽部でオーボエを担当している。無口で大人しい性格。中学のとき吹奏楽部に誘ってくれた希美を、誰よりも慕っている。希美が音大を受験すると言ったのがきっかけで、自身も音大を目指すようになる。
傘木希美(東山奈央)
北宇治高校吹奏楽部でフルートを担当している。みぞれとは中学からの同級生。天真爛漫な性格で、誰からも好かれる人気者。音大受験を志していたが、みぞれとの実力差を知り諦める。
吉川優子(山岡ゆり)
みぞれと希美の同級生で、吹奏楽部の部長を務めている。担当楽器はトランペット。責任感が強く、部長として頑張りすぎてしまうところがある。希美を理由にすべてを決めるみぞれのことを心配している。
中川夏紀(藤村鼓乃美)
みぞれと希美の同級生。吹奏楽部の副部長で、担当楽器はユーフォニアム。優子と仲が良いが、一見すると喧嘩のようなやり取りが多い。自分を追い込みがちな優子を気にかけたり、無口なみぞれのフォローをしたりと面倒見の良い性格。みぞれとのことで悩む希美の相談にも乗った。
剣崎梨々花(杉浦しおり)
オーボエ担当の北宇治高校1年生。先輩のみぞれと仲良くなりたいと思っていて、何度も遊びに誘うが断られてばかりだった。そのため、みぞれの方からプールに誘ってくれたときはとても喜んだ。
滝昇(櫻井孝宏)
北宇治高校吹奏楽部の顧問。普段は穏やかだが、演奏に対する指導は厳しい。ソロパートの掛け合いがうまくいかないみぞれと希美に、もっとお互いの音を聞くようにアドバイスする。
新山聡美(桑島法子)
コンクール前などに、臨時で木管パートの指導に来てくれる先生。みぞれのオーボエの腕を評価していて、音大の受験を勧める。

リズと青い鳥のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『リズと青い鳥』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

リズと青い鳥のあらすじ【起】

鎧塚みぞれと傘木希美は、北宇治高校吹奏楽部に所属する3年生。みぞれはオーボエ、希美はフルートを担当している。中学のとき希美に誘われて、みぞれも楽器を始めた。いつもひとりぼっちだった自分に声をかけてくれて、友達になってくれた希美は、それ以来みぞれにとって特別な存在だった。

日曜日の朝、少し早く校門に着いて、みぞれは希美の到着を待つ。見ていなくても、足音で希美が来るのがわかる。校門で希美と合流し、吹奏楽部の部室へ向かう。みぞれはいつも希美の後ろを歩く。そして、前を行く希美のポニーテールや、スカートが揺れるのを眺めるのが好きだった。

みぞれたちは高校最後のコンクールを控えており、自由曲は「リズと青い鳥」に決まっていた。
希美は、この曲に決まったことをとても喜んでいた。小さい頃にも読んだことがあるという「リズと青い鳥」の絵本を取り出して、みぞれに見せる。ずっとひとりぼっちだったリズのもとに、ある日青い髪の少女が現れる。2人は仲良くなって一緒に暮らすようになるが、少女の正体は青い鳥で、やがて別れが訪れる。ちょっと私たちみたいだと、希美は無邪気に笑顔を見せた。

第3楽章の冒頭には、オーボエとフルートが掛け合うソロパートがある。試しに2人で吹いてみると、希美は早く本番で演奏したいと顔を輝かせた。コンクールが終われば、希美とこれまでのように一緒にはいられなくなる。それを恐れているみぞれは、本番なんて来なくていい、と呟くのだった。

リズと青い鳥のあらすじ【承】

部活の休憩時間、みぞれは希美から借りた「リズと青い鳥」の絵本を読んでいた。希美たちフルートのメンバーは、いつも賑やかに話をしている。最後に全体で合奏をして、部長の優子からコンクールへの意気込みが伝えられ、その日の練習は終わった。

後輩たちとファミレスに行くという希美に絵本を返し、みぞれは1人図書室へ向かった。文庫版の「リズと青い鳥」を見つけて借りると、夢中で読みふけった。少女は青い鳥なのだから、いつかは空へ帰さなければならない。そうわかっていながらもずっと側にいてほしいと願うリズに、みぞれは希美に対する自分自身を重ねていた。

翌朝、教室へ向かう途中、みぞれと希美は後輩たちが「大好きのハグ」をしているのを見かける。相手を抱き締めながら、大好きだと思っているところを挙げていくのだ。2人の中学時代にも流行ったもので、希美は懐かしむが、みぞれは当時も遠巻きに見ているだけでやってみたことはなかった。

コンクールの参加者とソロの担当者を決めるオーディションが迫ってきていて、部活では皆がますます練習に精を出していた。絶対にソロを吹きたいという強い気持ちを胸に、希美も練習に励んだ。一方のみぞれは、生物室の水槽にいるふぐを気に入り、放課後の部活の時間にはよくそこを訪れていた。

そんなある日、みぞれは新山先生から音大の受験を勧められる。コンクール前などに臨時で木管パートを指導してくれている先生で、みぞれの実力を評価しているのだった。みぞれが先生に渡されたパンフレットを見た希美は少し顔を曇らせ、ここを受けると唐突に言い出した。みぞれは、希美が受けるなら私も、と目を輝かせた。

季節はすっかり夏になっていた。みぞれと希美は、地元のお祭りやプールに遊びに行ってはいたものの、あれ以来進路の話はしていなかった。プールに誘ったとき、初めてみぞれが他の子も誘っていい?と後輩の梨々花たちの名前を挙げたことも、希美には気がかりだった。

リズと青い鳥のあらすじ【転】

オーディションも終わり、みぞれと希美は第3楽章のソロパートを担当することが正式に決まった。コンクールへ向けて本格的な合奏練習が始まっていたが、2人の掛け合いはあまりうまくいっていなかった。顧問の滝先生からは、もっとお互いの音を聞くようにと注意されていた。

ソロパートの掛け合いは、リズと青い鳥の別れを表現している。青い鳥を愛しているからこそ、彼女を空へ帰すことをリズが決断する場面。1年生のとき、希美はみぞれに何も言わないまま一度吹奏楽部を辞めていて、今でもみぞれはそれを気にしていた。今度はいついなくなってしまうかわからない、自分にとっての青い鳥である希美をずっと閉じ込めておきたい。みぞれは、ソロが噛み合わない理由を自分のその気持ちのせいだと感じていた。

いよいよコンクールが近づいてきて、新山先生も合奏練習に参加するようになった。希美は、音大を受けようと思っていることを新山先生に伝えた。先生は応援してくれたものの、みぞれにしたようにパンフレットを渡してはくれなかった。

練習の合間、新山先生がみぞれにアドバイスしている様子を、希美は嫉妬が入り混じる面持ちで見ていた。ふと目が合い、みぞれは嬉しそうに手を振ったが、希美は振り返さずに目をそらしてしまった。

同級生の優子と夏紀は、みぞれと希美の間にこれまでとは違う空気を感じていて、ずっと心配していた。大丈夫なのかと希美に尋ねても、曖昧な返事しか返ってこない。そして希美は、音大を諦めて普通大学に行こうと考えていると2人に打ち明ける。それを聞いて、みぞれを振り回すなと優子は怒る。近くにいるからといって何でも言えるわけではない、と夏紀が庇い、希美は寂しそうに頷いた。

その頃、みぞれは生物室でソロパートのことを新山先生に相談していた。好きな人を遠ざけるリズの気持ちが自分にはわからない。だからソロの掛け合いもうまくいかないのだと言うみぞれに、もし鎧塚さんが青い鳥だったら?と先生は問いかける。

青い鳥がリズとの別れを受け入れた理由。それはみぞれにとって、とても共感できるものだった。どんなに離れるのが悲しくても、リズが望んだことだから青い鳥は飛び立つしかない。リズの幸せを願うのが、青い鳥の愛のあり方だから。

今まで、みぞれはリズに自分を重ねようとしていた。みぞれも希美も、リズがみぞれで、青い鳥が希美だと思っていた。でも今は、逆なのだと2人は気が付いたのだった。

リズと青い鳥の結末・ラスト(ネタバレ)

翌日の合奏練習。みぞれは、まず第3楽章を通しでやりたいと申し出る。青い鳥の気持ちを乗せて奏でるみぞれのソロは、昨日までとは明らかに違っていた。他の部員たちが息を呑んだり、泣き出したりするほど見事だった。希美も演奏をしながら、途中涙をこらえきれなかった。

合奏が終わり、皆が口々にみぞれを褒める中、希美は一人生物室にいた。その姿を見つけ、みぞれも部室を出て希美のもとへ向かった。みぞれとの実力の差を思い知らされた希美は、自分を卑下し、みぞれはすごいと言う。そんな希美を遮り、みぞれは少しずつ自分の思っていることを話し出した。

希美がいつも何も言わずに決めてしまうのを勝手だと思っていたこと、希美が声をかけてくれなければ自分には楽器も何もなかったということ、希美といられれば何でもいいということ、希美は自分にとって特別なのだということ。そこまで言ってくれる理由がわからないと困惑する希美に、みぞれは「大好きのハグ」をする。希美の好きなところを挙げていくと、みぞれのオーボエが好き、と希美は応えた。

少しの間があり、希美は突然笑い出した。そして、何度もありがとうと言ってみぞれから離れ、生物室を出て行く。1人で廊下を歩きながら、希美はみぞれに初めて話しかけたときのことを思い出していた。それから、何かを吹っ切るように一つ息を吐いた。

翌日、返却した「リズと青い鳥」をもう一度借りようと、みぞれは図書室に来ていた。前回は返却日を1ヶ月以上過ぎていたみぞれに、図書委員は今度こそ期限を守るよう釘を刺す。その剣幕にみぞれが押されていると、希美が現れ、大学受験の問題集を図書委員に差し出した。みぞれと目が合うと、希美はにっこり笑った。

2人は歩き出すが、行き先は一緒ではない。希美はそのまま図書室で勉強をし、みぞれは部室でオーボエの練習をする。みぞれが第3楽章の楽譜を開くと、そこには青い鳥の絵と共に「はばたけ!」という希美からのメッセージが書かれていた。

帰りにどこかへ寄ろうと決めていた2人は、校門で待ち合わせをする。お互いに食べたいものを挙げながら、一緒に歩き出す。途中、希美は立ち止まり、みぞれのソロを完璧に支えることを約束する。みぞれも、これからもオーボエを続けていくという決意を伝えた。2人はまた歩き始め、「本番、頑張ろう」と同時に口に出す。しばらくして、それまでは前を歩くだけだった希美が、ふいにみぞれを振り返った。みぞれは目を見開き、嬉しそうな表情を浮かべた。

リズと青い鳥の感想・評価・レビュー

主人公の1人であるみぞれが無口な性格ということもあり、それほど会話が多い映画ではない。その分、足や瞳の動き、人物目線などのカットが挟まれていて、言葉にしきれない感情が表れる部分を拾い上げていると感じた。登場人物たちが抱く、独占欲や嫉妬、自己嫌悪など思春期ならではとも言える感情には共感できる人も多いと思う。そういった人間らしい部分を描きつつも、音楽や色彩によってとても爽やかで瑞々しい青春映画になっていると思った。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする