「旅情(1955)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

旅情(1955)の概要:長年の夢であったベネチアへ一人旅にやってきたジェーンは、そこで素敵な男性レナートと出会い、情熱的な恋をする。ベネチアの美しい街並みと、その地での夢のように素敵な恋を楽しめる、ロマンチックな物語。

旅情の作品情報

旅情

製作年:1955年
上映時間:100分
ジャンル:ラブストーリー
監督:デヴィッド・リーン
キャスト:キャサリン・ヘプバーン、ロッサノ・ブラッツィ、イザ・ミランダ、ダーレン・マクギャヴィン etc

旅情の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『旅情(1955)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

旅情の登場人物(キャスト)

ジェーン(キャサリン・ヘプバーン)
長年の夢であった水の都ベネチアへ一人旅に出る。一人でいることに寂しさを感じており、運命的な出会いを期待している。
レナート(ロッサノ・ブラッツィ)
妻とは別居中のベネチアに住む男性。サン・マルコ広場でジェーンを見かけ、彼女に興味を持つ。
マウロ(ガイタノ・アウディエロ)
レナートの次男。一人旅をするジェーンと街で友達になり、一緒に観光するようになる。無邪気でわがままだが、優しい少年。

旅情のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『旅情(1955)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

旅情のあらすじ【起】

アメリカで秘書をしているジェーンは、長年の夢であったベネチアへの一人旅を実現させる。列車から水の都ベネチアが見えてくると、ワクワクしてたくさん写真を撮るジェーン。期待を胸に、ベネチアに降り立つ。

ジェーンは、ベネチアの景色を楽しみながら、水上ボートに乗って、滞在先であるフィオリニ荘へ向かう。水上にも陸のように信号があったり、ボートのパトカーがいたりと、珍しいものばかりで興奮が止まない。水上ボートで同乗した老夫婦は、二人仲良くヨーロッパを周遊中だと言う。また、彼らも同じフィオリニ荘に泊まる予定だと言い、そんな出会いにもワクワクするのであった。

フィオリニ荘に着くと、そこの女主人が温かくジェーンを出迎えてくれる。また、窓からの美しい景色にうっとりするジェーン。女主人に、ここに奇跡やきらめく出来事をずっと待ち望んでいる少女がいると自分ことを話す。そんなジェーンに、待っているだけじゃダメよ、動かなくちゃとアドバイスする女主人。

旅情のあらすじ【承】

フィオリニ荘に滞在しているカップルや夫婦たちと、ジェーンはフィオリニ荘のテラスでおしゃべりする。このあと皆で食事でもしないかと誘うジェーンだったが、皆それぞれ約束があり、行ってしまう。ジェーンは、パートナーと共に仲良く過ごす皆を見て、一人寂しい気持ちになる。

仕方なく、ジェーンは一人で外を散歩する。そこへお金稼ぎに、少年のマウロが話しかけてくる。彼を特に相手にせず、ジェーンはサン・マルコ広場へ向かう。

サン・マルコ広場のカフェに入り、街行く人々を見て過ごすジェーン。誰もが皆恋をして、幸せそうに歩いている。写真を撮ってまた寂しい気持ちを紛らわせるジェーンであった。ふと、後ろの男性が自分を見ている気がするジェーン。振り返ると、素敵な男性が笑顔でこちらを見ていた。目が合い、恥ずかしさから、お会計を済ませ、逃げてしまうジェーン。そんな自分に落ち込んでしまう。

次の日、ジェーンは買い物に出掛けることにした。一目見て気になったグラスが置いてあるお店に入ると、そこの主人があの男性であることを知る。彼に再会し、恥ずかしくなったジェーンは、そのグラスを購入し、早くお店を出ようとする。しかし、グラスを二つ買おうとしたジェーンに、珍しいグラスだから一つしか置いていないと言う。もう一つが届いたらお届けすると、滞在先を彼に伝えることとなる。一つのグラスを手に、ジェーンは足早にお店を後にする。

旅情のあらすじ【転】

次の日、またジェーンは一人寂しくサン・マルコ広場のカフェへ向かう。またそこであの男性に会えるかもしれないと淡い期待を抱きながら、サン・マルコ広場を行き交う人々を見て過ごす。そこへ彼がまた来て、喜ぶジェーンだったが、挨拶だけしてすぐにいなくなってしまう。寂しさと自分の勇気のなさに嫌気が差し、すっかり落ち込むジェーン。

カフェを出て、ベネチアの街を歩いていると、またあの少年マウロに出会う。ジェーンは、マウロに街を案内してもらい、寂しさを紛らわせる。マウロの家について行ってみると、そこはあの男性のお店であった。あの男性はいなかったため、マウロを待たせて写真を撮っていたジェーンは、誤ってベネチアのラグーンに落ちてしまう。その場に居合わせた人々に助けられ、むなしくなってフィオリニ荘に戻ることに。どこかからラグーンに落ちた噂を聞きつけたあの男性がジェーンの元へやってくる。彼の名前はレナートと言い、ジェーンに興味を持っていると言う。戸惑い、拒否するジェーンだったが、彼に誘われサン・マルコ広場のカフェに行く。

オーケストラの音色を聴きつつ、レナートとロマンチックな時間を過ごすジェーンは、この上ない幸せを感じる。カフェを出て、夜道を散歩する二人は、キスをする。動揺したジェーンは、これ以上深入りしたくないと思い、レナートにもう会わない方が良いと言うが、そんなジェーンに明日も会いたいと言うレナート。

旅情の結末・ラスト(ネタバレ)

翌日、オシャレをしてレナートとの待ち合わせ場所へ向かうジェーン。わくわくした気持ちでいっぱいのまま、席で待っていると、レナートのお店で働いていた男の子がやってくる。彼はレナートが遅れてしまうという伝言を伝えに来たが、同時に彼がレナートの息子であることも告げる。彼は、母も元気だと言う。レナートは結婚していたのだ。騙されていたのかと怒りと悲しみでいっぱいになったジェーンは、レナートにさよならと伝えてと言って帰る。

フィオリニ荘までジェーンを追いかけてきたレナート。妻とは別居中だそう。かたくなにレナートを拒否するジェーンに、もっと欲望のまま素直になれと言う。ジェーンは、ベネチアの美しさに欲望のまま酔いしれても良いのではないかと言われ、それもそうかもしれないと受け入れ、レナートを選ぶことにする。

ジェーンとレナートの二人は仲良くロマンチックな日々を過ごす。ブラーノ島へも行き、二人だけの素敵な時を楽しむのだった。しかし、ジェーンは急にアメリカへ帰ると言い出す。どうしても行かしてほしいと言うジェーンを止めることができず、レナートは彼女とさよならをする。

さよならの後、列車に乗り込んだジェーンの元にレナートが見送りにやってくる。そんな彼にあなたが好きだと伝え、幸せいっぱいのまま、次に進むためにお別れをする。ベネチアでの旅で一回り大きく成長したジェーンであった。

旅情の感想・評価・レビュー

ジェーンと同じく、ベネチアに昔からずっと憧れがあるので、ベネチアの美しい風景に酔いしれることができ、とても満たされた気持ちになった。ジェーンは、ベネチアでレナートと出会い、恋をして、自分の殻を打ち破ったように見えた。待ってばかりではなく、勇気を出して自分から動いたからこそ、ジェーンは恋も人生も楽しめたのではないかと思う。ジェーンのように、勇気を振りしぼってみたくなる素敵な作品だ。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする