映画『龍の忍者』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「龍の忍者」のネタバレあらすじ結末と感想

龍の忍者の概要:父の仇を討つために日本から恋人と共に中国へ渡った若い忍者。仇を追い詰めるも、彼の前にカンフーの使い手である若い男が立ち塞がるのだった。忍者対カンフーの夢のコラボをふんだんに描いた作品。八割方、戦闘シーンでそれぞれの魅力を詰め込んでいる。

龍の忍者の作品情報

龍の忍者

製作年:1982年
上映時間:112分
ジャンル:アクション
監督:ユン・ケイ
キャスト:真田広之、コナン・リー、ウォン・チェン・リー、田中浩 etc

龍の忍者の登場人物(キャスト)

玄武(真田広之)
伊賀忍者であったが、掟を破って抜け忍となり父の仇である福佐を追って、茜と共に中国へと渡る。忍者としての腕はかなりのもので、実は中国語を話したり蛇拳を使ったりもできる非常に優れた人物。
孫靖(コナン・リー)
裕福な家庭に育ちつつも、カンフーの使い手。横柄な態度と若者特融の思い上がっている面があり、人一倍正義感が強い。いつも悪戯ばかりしている。福佐を慕っている。
茜(津島要)
玄武の恋人であり、伊賀のくノ一。変わり身の術や幻術を得意とし、敵へと茶を差し出すなど豪胆な面もある。しとやかな日本女性。
福佐(田中浩)
元は日本の忍者。鏡職人として働いている。玄武の父親から形見を預かり、息子へ渡せないまま中国へ渡る。孫靖と玄武に笑い仏を渡し共に手を取り合うよう、橋渡しをする。

龍の忍者のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『龍の忍者』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

龍の忍者のあらすじ【起】

徳川家康の時代。優秀な伊賀忍者であった玄武は、幼い頃に亡くした父の仇である福佐という男が、密かに中国へ渡ったという情報を長年の調査でようやく入手。恋人の茜と共に忍の掟を破り、決死の覚悟で海を渡った。

一方、中国では裕福な家庭にて育ちつつも、鏡職人として働く福佐と友好を深める青年、孫靖がいた。彼はカンフーの使い手であり腕前は確かなものだったが、若いゆえに思い上がっている節が目につく。だが、修練は真面目に行うし人一倍正義感が強かった。そして、腕試しと称して騒ぎを起こすのも常であった。

中国へ渡った玄武は福佐の居所を調べるべく茶房へ向かうも、孫靖が起こした騒ぎに巻き込まれてしまう。彼は咄嗟に一般人のふりをして難を逃れるのだった。
孫靖は孫靖で真打師という胡散臭い武装集団の跡取りと腕試しをして、今日も勝利を収める。

龍の忍者のあらすじ【承】

福佐が日本を捨て、中国にて鏡職人をしていると知った玄武。彼は早速、戦いの準備を行い奴が住む川べりの工房へ。床下に忍び入り福佐へと襲い掛かった。
激しい攻防を展開し、工房を爆破した玄武。福佐は玄武と戦うべく捨てたはずの忍び衣装へ着替えて対決。しかし、そこへ孫靖が乱入し福佐を助けるのだった。

ひとまずは安全な場所へ避難し、福佐から襲撃者が何者かを聞いた孫靖。忍者は過酷な状況でも生き抜き、手裏剣や爆薬、驚異的な身体能力を身に着けている。身分は低く主以外の命令は聞かず、それ故に誰も信用せず自分の判断にのみ従う。玄武は中でもかなりの腕利きで、神業的な能力を持っていた。
孫靖は福佐を守るべく、自分の邸にて罠を仕掛け玄武を捕まえようと待ち構えることにするのだった。

深夜、孫靖の邸へとやって来た玄武は、追い詰めるかのような罠に追い立てられ一室に閉じ込められてしまう。孫靖との攻防を繰り返しつつ、部屋の明かりを全て消した玄武だったが、相手も負けじと手段を講じる。だが、玄武の方が一枚上手で、自ら出口を開けて奴の逃亡を許してしまう孫靖。

龍の忍者のあらすじ【転】

慌てて玄武を追いかけ、奴が居を構える邸へ。しかし、そこでは茜が待っており、孫靖を翻弄。その間に福佐の首をまんまと落とした玄武だったが、それさえも仕掛けられた罠だった。
歯噛みする玄武。

数日後、茜が風邪を引いてしまったため、薬を買いに来た玄武は薬屋の店員がヒ素を混入しようとしているのを見抜く。そして、店員を自宅へ連れて来て毒見をさせ、安全を確認してから飲ませた。だが、そこへ忍びの長が郎党を連れて登場。抜け忍の始末にやって来たのである。

玄武と長は激しい戦いを繰り広げるも、そのせいで茜が巻き込まれ殺されてしまう。長を見事に討ち取った彼は、荷物をまとめて邸を後にするのだった。
その頃、邸から福佐が出て行ってしまったことを置手紙にて知った孫靖は、福佐を捜して走り回っていた。そして、とある邸にて薬屋の店員を発見する。彼から忍者が逃げたと聞いた孫靖は即座に走り去るも、残された店員の前に茜が姿を現す。彼女も忍び一族の一員であったため、変わり身の術を使い死んだように見せていたのだった。

龍の忍者の結末・ラスト(ネタバレ)

福佐を追って原野へ入り込んだ玄武だったが、奴の方から奇襲をかけられる。だが、福佐に促され川岸にて刀を交えた玄武は、彼から父親には遠く及ばないと言われてしまう。
福佐の仲間でもあった玄武の父親は、息子よりも遥かに勝った忍者であったのだ。そして、玄武は福佐から事のあらましを聞くことになる。

今まで父の仇と思ってきた福佐だったが、実はやむを得ない事情から玄武の父親を残し中国へと逃亡したのであった。福佐は玄武へと父親から預かった遺品を手渡し、自ら服毒。自分が誤解していたと知った玄武は過ちを謝罪し、福佐の希望に沿い彼の介錯をするのだった。

その場面に居合わせた孫靖。なぜ福佐の命を奪ったのかと激しく玄武を責め立てる。だが、言葉が通じ合わず誤解は解けない。しかし、互いに良く思っていないのだけは分かったため、戦いにて決着をつけようと激しい戦闘を展開。忍びの術では玄武の方がプロであるが、腕は互いに互角であった。戦いの途中、実は玄武が中国語を理解し話せることが判明。更に、福佐から渡された笑い仏を互いに持っていたことが分かり、ようやく誤解が解けいつしか2人の間には友情さえも芽生えていた。

その時、茶房で孫靖がちょっかいを出した真打師が復讐に現れる。奴らは祭壇を使って法術を使っているかのように見せかける。だが、それは見せかけだけのもので、中国風忍者と言わんばかりであった。2人は協力してそれぞれに得意な技で対抗。ここでもまた、激しい戦闘を展開する。
そこへ、茜と薬屋の店員が駆け付けて戦闘に一役買ってくれたため、2人は真打師の長を倒すことができたのであった。

この記事をシェアする