「S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREの概要:警視庁捜査一課、特殊部隊Sの活躍を描いた作品で、テレビシリーズの続編。国際テロリストの正木が、ウランとプルトニウムの混合酸化物であるMOX燃料を乗せた輸送船をシージャック。日本崩壊の危機をSAT、SST、NSPの特殊部隊が、それぞれに活躍し日本の未来を救うアクション映画。

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREの作品情報

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE

製作年:2015年
上映時間:120分
ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ、サスペンス
監督:平野俊一
キャスト:向井理、綾野剛、新垣結衣、吹石一恵 etc

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREの登場人物(キャスト)

神御蔵一號(向井理)
警視庁刑事局、捜査一課NPSの突一。作戦決行時、最初に突撃する隊員で元プロボクサー、26歳。熱い性格で激情家。普段は明るく温厚。
蘇我伊織(綾野剛)
警視庁警備部、警備第一課特殊部隊、通称SATの隊員。狙撃手としては、最高の腕前を持つ。冷静沈着の切れ者。確固たる信念を持つ。
林イルマ(新垣結衣)
NPSの新隊員で紅一点。狙撃の名手だが、怖いもの知らずな面もある。蘇我に対しては、やけに好戦的。
倉田勝一郎(青木崇高)
海上保安庁所属、特殊警備隊SSTの隊長。体格が良く、正義に厚い人物。
正木圭吾(オダギリジョー)
国際テロリスト。過去の事件で一號との間に因縁がある。自らの職業を破壊活動全般と称する。あかつき丸シージャック事件の首謀者。

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREのあらすじ【起】

警視庁刑事局、捜査一課。特殊急襲捜査班、通称NPSはSITとSATの能力を併せ持つ、強豪部隊である。彼らの信条は「制圧」ではなく、犯人を生かしたまま捕らえる「確保」であった。新しく創設されたSの存在は、国民に広く告知され、彼らの活躍は世間でも注目の的だった。

日本の未来へ繋がる政策の1つとして、総理が原子力エネルギーのリサイクル事業を展開。この度、ウランとプルトニウム混合酸化物であるMOX燃料を、輸送船第2あかつき丸に積載し、フランスへ出航した。

そんな中、バスのカージャック事件が発生。同時に、あかつき丸も何者かにシージャックされてしまう。犯人はMOX燃料を積んだあかつき丸で、東京を狙おうとしていた。

あかつき丸の対応にはSATが出動し、バスの方にはNPSが出動することになった。調査により、シージャック犯が国際テロリストの正木圭吾であることが分かる。
更に、海上保安庁特殊部隊SSTの隊長である倉田の息子が、カージャックされたバスに乗車していることが判明。

あかつき丸制圧のため、巡視艦「くにしま」へ着艦したSATとSSTは、協力どころか真っ向から衝突。両部隊は普段から対立しているため、一触即発の雰囲気となるも、SAT隊員蘇我の冷静な説得により事なきを得る。

一方、NPSはカージャック犯と正木確保のため、行動を開始。正木の要求は仲間の釈放と、特殊部隊突入の中止。彼は立て籠もり事件も、自分の計画の内であることを匂わせて連絡を切った。総理は人命を優先し、あかつき丸の制圧を中止。船は東京湾へ入った。

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREのあらすじ【承】

出動した一號は、デパート内で正木の姿を目視。確保の命令を待つ。一號と正木の間には、過去の事件により因縁がある。一號は正木確保に燃えていた。
その頃、バスのカージャック犯はイルマの狙撃にて逮捕されるも、発射した銃弾が背後にいた少年にも被弾しまう。奇しくも、少年は倉田の息子だった。

一號は正木の確保に走り出るも、寸前で隊長に止められてしまう。悔しがる一號を嘲笑った正木は堂々と去り、あかつき丸へ向かった。
倉田の息子は、一號の幼馴染が働く病院に搬送。一號は正木を逃がしてしまったことを悔やむも、幼馴染の励ましで元気を取り戻す。

調査により、正木の正体が判明するも依然、目的は不明だった。彼は更に、総理を含む閣僚15名をあかつき丸へ寄越し、1人につき2億円の身代金を要求。NPS隊長は総理に直接、状況を打破するための直訴へ向かった。

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREのあらすじ【転】

斯くして、「くにしま」へNPSも着艦。イルマは倉田に不手際を謝罪するも、倉田は報告を聞いた上で、イルマのせいではないと許してくれる。
一號は蘇我と対面。良きライバルである2人だったが、蘇我は制圧を推進し、一號は確保を推進している。互いに認め合ってはいるものの、2人の信条は決して交じり合わない。

NPS隊長が作戦を提示。彼は閣僚と共にあかつき丸へ乗り込み内情をスパイする。作戦遂行前、一號には突撃用に改良された新たな盾が届き、蘇我とイルマは空からの狙撃支援のため、ヘリに乗り込んだ。

15名の閣僚、1人につき身代金2億円。約束通り計30億円を持参した総理。金を受け取った正木はその後、閣僚を返還しようとする。しかし、正木の仲間が抵抗。NPS隊長は腹部に弾丸を受けつつも、一味の抵抗を止める。しかし、正木は自分を止めたければ、殺せと言い放ち、隊長へ容赦なく銃を放つのだった。

あかつき丸は速度を上げて都心へ向かう。正木は自分の命を懸け、都心でMOX燃料を爆破させることで、日本の崩壊を目論んでいた。
蘇我とイルマは船上の一味をヘリから狙撃。突入口を開こうとしている。船内では隊長が満身創痍で戦っていた。

突入命令が出る。ヘリから飛び降りた一號が、先頭を切って船内への突入を開始。窮地に追いやられていた隊長を救出後、突入班はあかつき丸のエンジン停止に成功した。

正木は総理を連れて第4格納庫へ向かう。そこに、プルトニウムが格納されていた。
正木に追いついた一號との間に、銃撃戦が開始される。奴は仲間を盾にしてその場から逃亡。
別ルートから正木を発見した倉田は、奴の捕縛をしようとするも、反撃されてしまう。倉田を嘲った正木は、手榴弾を投げて更に先へ向かった。

手榴弾が爆破する前に倉田を救助した一號。新型の盾は銃弾をも防ぐ。一號は誰も死なせないと叫び、奥へ進んで行くのだった。そうしている間に、正木が第4格納庫へ到達してしまう。

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREの結末・ラスト(ネタバレ)

格納庫に到着した正木は、仲間から起爆装置を奪取。彼は仲間にも銃口を向け、起爆装置を総理に渡すと、スイッチを押すよう強要。
その時、艦内放送でNPS隊長が正木に語りかける。守るはずだった使命を思い出させ、正木の動きを止めるのが目的だった。

作戦により格納庫の電源が落ちた次の瞬間、開放された天井から差し込んだ光に目が眩む。その隙を突いたNPS隊員が突入し、格納庫内は一気に銃撃戦の嵐となった。
ドアからも隊員が突入。騒乱の中、正木は起爆装置を入手。蘇我がそれを阻止しようとするも、そこへ一號がタックル。しかし、一瞬遅くプルトニウムは起爆されてしまう。

装置が起動。停止するために他の隊員が行動する中、一號が正木と対峙。奴との決着をつけるため、激しい戦闘を展開。その間にもプルトニウムの温度が上昇。止めるためには加熱庫を直接、撃ち抜くしか方法がない。

それぞれの戦いに奮闘する隊員達。イルマは自分を信じ、果敢に加熱庫を破壊しようと集中。放たれた銃弾は見事、加熱庫を撃ち抜き起爆が停止した。
正木と一號は戦い続ける。満身創痍となった2人は疲れ果て、それでも一號は熱意を持って正木を説得し続けた。生きて罪を償えと。

国際テロリスト正木は、とうとう諦め一號の手によって逮捕。しかし、犯人護送のバスへ向かう途中、仲間の裏切りによって銃弾に斃れてしまう。一號は正木の最期の言葉を聞き、涙ながらに彼を看取るのだった。

1か月後、隊員仲間の結婚式が行われた。日本の未来を守れるのかと不安を吐露した一號に、蘇我は自分達の仕事は、今をしっかり守るしかない。それが未来に繋がると信じようと言う。
一號はその言葉に、神妙な表情で頷きを返した。

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREの感想・評価・レビュー

テレビドラマを見ていたため、続編の映画が公開されるのを楽しみにしていた。期待を裏切ることなく、むしろ想像以上の迫力で、圧倒された。向井理、綾野剛、新垣結衣などの豪華キャストのずば抜けた演技力や、激しい銃弾戦も見所である。また、首謀者である正木を演じた、オダギリジョーの演技も見所である。テレビドラマから続いていた、一號と蘇我の対立しながらもお互いを認め合っている関係性も変わらずあり、また二人が強くなっていく描写も見れて良かった。(女性 20代)


テレビシリーズの最終章を映画にするというよくあるパターン。そして毎回感じるのが、スペシャルドラマでよかったのではないか?というものだ。映画にしては薄くないだろうか。確かに正義とは何かというテーマは考えさせられるものもあるが、そのテーマにしては脚本がチープすぎる。
映画というハードルを超えられなかったのだろう。2時間という時間も味方しなかった。1時間半ならまだまとまりのある作品にもできたが、2時間に伸ばすには内容が薄かった。何度も言うが、スペシャルドラマで十分なのだ。(男性 20代)


原作・小森陽一、作画・藤堂裕による同名人気漫画を実写映画化した作品。2014年1月から3月にかけて放送されていたテレビドラマの劇場版として制作された。
テレビドラマにて出演した俳優たちが続投して演じており、ドラマを観ていなくても関係性や内容が分かるような作りになっている。主演の向井理が激しいアクションをこなしていることに意外性を感じたし、彼の演技も良かった。犯人のオダギリジョーはもちろんのこと、ライバルである綾野剛との掛け合いも面白いと感じる。特番でも良かったとは確かに思うが、壮大なスケールで描くには映画の方が都合が良かったのかもしれない。もう少し込み入った罠であったら内容的にも面白みが増したように思うが、バランス的にはちょうどいい見やすさだと思う。(女性 40代)

この記事をシェアする