映画『殺人者の記憶法』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「殺人者の記憶法」のネタバレあらすじ結末と感想

殺人者の記憶法の概要:昔、殺人者だったアルツハイマーの男と、現役の連続殺人犯の男の対決を描いたサスペンス。どちらも犯罪者ということに抵抗がある観客もいそうだが、認知症を患った殺人者という発想は珍しくて面白い。

殺人者の記憶法の作品情報

殺人者の記憶法

製作年:2017年
上映時間:118分
ジャンル:サスペンス
監督:ウォン・シニョン
キャスト:ソル・ギョング、キム・ナムギル、キム・ソリョン、オ・ダルス etc

殺人者の記憶法の登場人物(キャスト)

キム・ビョンス(ソル・ギョング)
認知症を持つ元殺人者。17年前に殺人をやめており、今は動物病院を経営しながら一人娘と共に暮らしている。今まで殺した者たちは、所有する竹林に埋めてある。殺した者たちはこの世のクズだけだと自負している。ミン・テジュを見て、一目で殺人者だと確信する。
ミン・テジュ(キム・ナムギル)
町の警察署で巡査をしている連続殺人犯。幼い頃に母親から暴力を受けている。それがトラウマとなり、女性たちを殺す行為の理由となっている。ビョンスが殺人者だと気がつき、娘のウンヒに近づいてくる。
キム・ウンヒ(キム・ソリョン)
ビョンスの娘。認知症になった父を心配し、何かと面倒を見る。男手ひとつで育ててくれたこともあり、ビョンスをとても大事に思っている。

殺人者の記憶法のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『殺人者の記憶法』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

殺人者の記憶法のあらすじ【起】

3か月前、キム・ビョンスはアルツハイマーによる認知症と診断された。過去に起こした自動車事故の後遺症だろうと医者は言い、最近の記憶から忘れていき、最後は全部忘れてしまうという。娘のウンヒは、そんな父を心配し、ボイスレコーダーを渡す。何かあったら、これで随時録音すれば忘れないと。

隣町で連続殺人事件が発生する。被害者は若い女性ばかりで、ビョンスはウンヒを心配する。殺人者などには出会わないと言うウンヒだったが、ビョンスはそんなことはないと思っていた。なぜなら、彼もまた、殺人者であったからだ。

記憶を忘れてしまった時のために、ビョンスはパソコンに自分の記憶を書き留め始める。彼が初めて人を殺したのは学生の時で、相手は父親だった。暴力的だった父親が家に戻ってきて、母や姉を殴った挙句、ビョンスが大切にしていた白い運動靴も汚されていた。ビョンスは自分を殴りだした父親を窒息死させると、山奥に埋めた。殺人がバレるのではないかとビクビクしていたが、一向にその気配はない。このことで自信をつけたビョンスは、その後も殺人をするようになる。彼はこの世のクズだと思う人々を次々に殺し、死体を竹林に埋めていた。最後の殺しは17年前。その時に殺したのは女だったが、どこの誰で、どんな理由で殺したのかも、今では憶えていなかった。

殺人者の記憶法のあらすじ【承】

ある日、ビョンスは車で接触事故を起こす。追突の衝撃で相手の車のトランクが開き、中には血の付いた旅行カバンが入っていた。不審に思い、ハンカチに血のサンプルをこっそり取る。運転手の男は、鹿をはねたと言い、事故は気にせず行ってくれと言いだした。ビョンスは名刺を渡したが、男はそのまま立ち去ってしまう。ビョンスは男を見たとき、同属としての勘から、あの男も殺人鬼だと確信する。

ハンカチについた血は人間のものだった。車のナンバーをボイスレコーダーに吹き込んでいたビョンスは、警察に匿名の電話をかける。持ち主はミン・テジュという巡査。ミン・テジュはビョンスにもらった名刺の番号に電話をかけ、心配ないと念押しした。

警察の無能さに呆れたビョンスは、自分で調査を始める。犯人の思考を読み、自分ならどうするか考えた結果、貯水池で女性の死体を発見する。再び、匿名で通報したおかげで、死体は発見された。

ある夜、帰りの遅いウンヒを待っている間、発作が起きて記憶障害になる。そのことで、昔に殺した女と勘違いしたビョンスは、ウンヒの首を絞めてしまう。すぐに我に返ったが、ビョンスは次第に接触事故が本当にあったのか、今、騒がれている連続殺人事件の犯人は、もしかしたら自分なのではないかと考え始めるようになる。

殺人者の記憶法のあらすじ【転】

ビョンスはウンヒの勧めで詩の朗読会に通っていたが、その帰り道にウンヒとミン・テジュが一緒にいるのを目撃。二人は付き合っていると説明される。ビョンスはミン・テジュのことを誰だか忘れてしまっていた。見覚えはあるのだが思いだせない。

ビョンスは昔からの知り合いのビョンマン署長に、車の持ち主を調べてもらっていたが、それを頼んだことも忘れていた。だが、ミン・テジュという名前に反応を示す。ボイスレコーダーを聞き返したビョンスは、ウンヒが一緒にいるのが殺人鬼だと思いだし、娘の身を心配しだす。

娘に近づいたのは、ミン・テジュも自分が殺人者だと気がついたためだと感じたビョンス。娘を守るため、トランクの血がついたハンカチをビョンマンに渡し、検査をお願いする。ビョンスはミン・テジュに会いに行き、“お前の正体を知っている。娘に手を出したらお前を切り刻む”と警告した。そして、彼を監視し始める。

だが、ビョンスの症状は悪化し、一週間分の記憶がごっそりと無くなってしまう。気がついた時には、ミン・テジュとウンヒは結婚することになっていた。ビョンスは記憶の喪失が激しいことを心配しだす。記憶は忘れても、殺しの習慣は体に染みついている。もし、ウンヒのことを忘れたら、娘と分からず殺してしまうかもしれない。

ビョンマンに渡した血の検査結果が出たが、動物の血だった。自分の記憶にいよいよ自信がなくなったビョンス。これ以上、ウンヒに迷惑をかけられないと、修道院に住んでいる姉のもとへ行くことにする。

夜、目覚めたビョンスは、自分が拘束されていることに気がついた。部屋にはミン・テジュがおり、殺人の記憶を書いた日記を読んでいた。血をすり替えたのも彼の仕業で、ビョンスに自分の殺人を擦りつけるつもりでいた。ビョンスが罪を被ってくれるなら、ウンヒは殺さないという。怒るビョンスは、鎮静剤を打たれて眠ってしまう。

目覚めたビョンスは、ウンヒと姉を修道院へとタクシーで送り出し、ミン・テジュと対決するため車を走らせた。ミン・テジュは街はずれの廃屋へ行き、旅行カバンを積み込むと去っていった。ビョンスは廃屋でビデオカメラを発見。中には、詩の朗読会で一緒の女性が殺される瞬間が録画されていた。

ビデオ映像をビョンマンに見せたが、アリバイがないことで逆にビョンスが疑われてしまう。ウンヒの居所を聞かれ、姉と修道院にいると答えたビョンス。だが、ビョンスの姉は彼が学生時代に自殺していた。電話をかけようとするが、電話帳にも名前はない。ビョンマンの制止を振り切り、修道院へとやってきたが廃墟だった。

殺人者の記憶法の結末・ラスト(ネタバレ)

ビョンスは全てを思いだした。17年前の最後の殺人は自分の妻で、原因は浮気だった。その時、ウンヒが自分の子でないことを妻から告げられる。ビョンスは浮気相手と妻を殺し、ウンヒも殺そうと車を走らせ、その途中に事故を起こす。事故で脳に損傷を受けたビョンスは、ウンヒを殺すという目的を忘れ、お父さんと慕う彼女を育てることにしたのだった。

ミン・テジュはビデオの女性の死体を竹林に運び埋めていた。それを掘り起こした警察たちは、ビョンスが犯人だと思い込む。

記憶の混濁が激しくなったビョンスは、全部自分の犯行だと思い、致死量の鎮静剤で自殺を図るが、その時、ボイスレコーダーからミン・テジュの声が響いてきた。ビョンスが拘束されたときの会話が、偶然に録音されていたのだ。記憶を取り戻したビョンスは自殺を思いとどまる。ウンヒがミン・テジュに連れていかれたことも思いだした。

ビョンマンに電話し、ボイスレコーダーの音声を聞かせると、彼はミン・テジュを尾行し、アジトを発見する。そこにはウンヒもいた。彼女はミン・テジュから、父親は連続殺人犯だと説明を受けていた。ビョンマンはビョンスに電話して場所を教えるが、その直後にミン・テジュに殺されてしまった。ウンヒはミン・テジュの正体を知って逃げ出すが失敗し、拘束されてしまう。

ウンヒを助けにアジトまでやってきたビョンスだったが、記憶がなくなってしまい、自分がどこにいるのかも分からなくなる。だが、ウンヒの声に我に返り、格闘の末にミン・テジュを殺害。ウンヒから昔、連続殺人犯だったのかと尋ねられたビョンスは “本当だ”と答えると、“俺とお前は血のつながりはない。だからお前は、殺人者の娘ではない”と続けた。

ビョンスは到着した警察に逮捕され、犯罪者病棟に入院して取り調べを受ける日々が始まる。ウンヒにビョンスの私物が届けられた。その中にボイスレコーダーを見つけたウンヒは、再生ボタンを押す。“ビョンス、お前は認知症の殺人者だ。ウンヒが危ない。ミン・テジュを殺せ。ウンヒはお前の娘。彼女を救うのがお前の唯一の使命だ”と、ビョンスの声で録音されていた。それを聞いて、涙を流すウンヒ。

学生時代まで記憶が退行したビョンスは、ウンヒのことを姉だと勘違いする。ウンヒはビョンスがほしがっていた白の運動靴を買ってきて履かせた。記憶もごちゃごちゃになり、ウンヒに会うと生きていたいと思ってしまうことから、“自分が何者か忘れるため”にも自殺をしようとするが、直前で発作が起きて、再び、それを忘れてしまう。

病院を抜け出して、雪の中を一人で歩くビョンスの姿があった。彼の記憶はすっかりおかしくなっていた。“記憶を信じるな”と考える彼の頭の中に残っているのは、一人の名前だけだった。ミン・テジュ。ビョンスは彼が生きていると思い込み、信じていた。そして、彼を捜しだして殺そうと、歩き続けるのだった。

この記事をシェアする