映画『スケアクロウ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「スケアクロウ」のネタバレあらすじ結末と感想

スケアクロウの概要:暴力で人を威圧して、孤独に生きてきた大男のマックスは、人を笑わせることが大好きなライオンと出会い、ユーモアと友情の大切さを学んでいく。名優ジーン・ハックマンとアル・パチーノの見事な演技が心に響くヒューマンドラマ 。ジェリー・シャッツバーグ監督の演出も秀悦。

スケアクロウの作品情報

スケアクロウ

製作年:1973年
上映時間:113分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ジェリー・シャッツバーグ
キャスト:ジーン・ハックマン、アル・パチーノ、ドロシー・トリスタン、アイリーン・ブレナン etc

スケアクロウの登場人物(キャスト)

マックス・ミラン(ジーン・ハックマン)
6年間の服役生活を経て、刑務所から出所してきたばかりの大柄な男。非常に短気で、すぐに喧嘩騒ぎを起こす。人を信用せず、常に警戒心を持って生きている。コツコツと稼いだお金をピッツバーグの銀行に貯金しており、それを元手に洗車屋をしようと思っている。
フランシス・ライオネル・デルブッキ(アル・パチーノ)
通称ライオン。5年前、妊娠中の妻を残して家出し、船乗りをしながら気ままな放浪生活をしていた。妻と5歳になっているはずの子供に会うため、デトロイトへ行こうとしている。人を笑わせることが好きで、偏屈者のマックスにも気に入られる。
コーリー(ドロシー・トリスタン)
マックスの妹。廃品回収をしながら、デンバーで暮らしている。苦労を共にしてきた兄のマックスとは仲が良く、洗車屋をするならデンバーでして欲しいと思っている。
フレンチー(アン・ウェッジワース)
コーリーの同居人。男好きで、マックスを誘惑して肉体関係を持つ。フランス女性のようなので、フレンチーと呼ばれるようになった。
ジャック・ライリー(リチャード・リンチ)
マックスとライオンが入所した刑務農園で、2人と同室になった受刑者。ライオンに目をつけ、自分の仲間に引き入れる。
アニー・グリーソン(ペネロープ・アレン)
デトロイトで暮らすライオンの妻だった女性。妊娠中にライオンが失踪してしまい、心細い思いをしてきた。2年前に再婚し、ライオンからの仕送りを元手に商売をしている。

スケアクロウのネタバレあらすじ

映画『スケアクロウ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スケアクロウのあらすじ【起】

アメリカ西部の広大な牧草地を歩いてきたマックスは、ヒッチハイクをするため、道路沿いへ移動する。その様子を見ていた男が、「フランシスだ」と自分の名を名乗り、気さくに声をかけてくる。しかし、マックスは男を無視して、わざと離れた場所に座る。

2人は道路を隔てた対面に座り、ひたすらヒッチハイクを続ける。そのまま5時間が経過し、とうとう日が暮れ始める。マックスはタバコに火をつけようとするが、ライターのオイルが切れていた。それを見た男は、最後の1本のマッチをマックスに譲ってやる。

翌日、2人はトラクターの荷台に乗せてもらい、ようやく町にたどり着く。その後、2人はカフェに入り、朝食をとる。マックスは男に心を開いたようで、彼のミドルネームのライオネルを文字って、ライオンと呼ぶことにする。

乱暴なマックスは、傷害事件を起こし、6年の刑期を終えて出所してきたところだった。今後は、ピッツバーグの銀行に貯金してきたお金を元手に、洗車屋の商売を始めようと考えていた。ライオンを気に入ったマックスは、一緒に商売をしようと彼を誘う。ライオンは、すぐにそれを承知する。

ライオンは、5年前に妊娠中の妻のアニーを残して家出し、船乗りをしてきた。稼ぎは残らず送金してきたが、妻子には悪いことをしたと思っており、まずはデトロイトにいる妻子に会おうと思っていた。我が子の性別がわからなかったので、子供へのお土産は電気スタンドにした。ライオンはマックスにその事情を話し、ピッツバーグで商売を始めるのは、デトロイトへ寄ってからにしてもらう。マックスも、まずはデンバーにいる妹を訪ねる予定だった。2人はそれぞれの用事を済ませてから、一緒に商売を始める約束をする。用心深いマックスは、絶対に裏切るなと何度も忠告して、ライオンの前でフォークを曲げて見せる。それは、裏切ったらタダでは済まないぞという、マックスの脅しだった。

スケアクロウのあらすじ【承】

2人は日銭を稼ぐため、皿洗いのアルバイトをする。しかし、マックスが従業員と喧嘩を始めてしまい、すぐに店を追い出される。

ライオンは暴力的なマックスに、「殴るより笑わせろ」と助言し、カカシ(スケアクロウ)の例え話(カカシはユニークな風貌でカラスを笑わせ、カラスに「ここの農夫はいい奴だから、よその畑に行こう」と思わせている)をする。ライオンは、人生にはユーモアが必要だと思っていた。マックスは馬鹿馬鹿しいと思いつつも、ライオンを相棒にした理由を聞かれて、「最後のマッチをくれたし、俺を笑わせたからだ」と答える。

2人はヒッチハイクを繰り返し、旅を続ける。その道中、寂れた酒場で気の強い女に絡まれたマックスは、喧嘩騒ぎを起こしそうになる。ライオンは咄嗟に道化を演じ、場の空気を和ませる。ライオンのおかげで大笑いしたマックスと女は、すっかり意気投合し、そのままベッドになだれ込む。

2人は日雇いのアルバイトや野宿をしながら旅を続け、マックスの妹のコーリーが暮らすデンバーに到着する。コーリーは兄との再会を喜び、ライオンのことも歓迎してくれる。コーリーは廃品回収をしながら、親友のフレンチーと暮らしていた。フレンチーは、マックスに一目惚れしたようで、彼のために手料理を作り始める。

結局、フレンチーは料理を焦がしてしまい、テイクアウトのチキンが夕食になる。お酒の入ったマックスは、ライオンと始める商売について熱く語っていたが、フレンチーの誘惑に負けて、2人で寝室へ行ってしまう。ライオンと2人になったコーリーは、デンバーで洗車屋をして欲しいと話す。マックスは融通が利かないところがあり、貯金している銀行があるという理由だけで、ピッツバーグでの商売に固執していた。

翌日、コーリーの誕生日プレゼントを買いに行ったマックスは、ライオンに協力させて、店の商品を盗もうとする。盗みが嫌だったライオンは、店内を走り回り、店員とマックスが唖然としている間に店を出てしまう。マックスも仕方なく、ライオンに続く。

その夜、マックスたち4人は、コーリーの誕生祝いとライオンのお別れ会を兼ねて、町の酒場へ出かける。そこでマックスと踊っていたフレンチーは、元彼らしき男に絡まれる。マックスと男は喧嘩になりそうになるが、その場に警官がいたので、一旦は休戦する。ライオンは不穏な空気を変えるため、店中の客を巻き込んで大騒ぎを始める。お祭り騒ぎは店の外でも続き、その騒ぎの中で、マックスと男が再び喧嘩を始める。その結果、マックスとライオンが逮捕されてしまう。

スケアクロウのあらすじ【転】

2人は1ヶ月間の強制労働を命じられ、刑務農園へ送られる。また刑務所生活に戻ってしまったマックスは、ライオンのことを逆恨みし、この1ヶ月は口を利かないと宣言する。そんな2人に、同室のジャックが声をかけてくる。マックスは無視していたが、ライオンは愛想良く接する。

ジャックは刑務官に賄賂を渡し、囚人の任務割りを任せてもらっていた。ライオンを気に入ったジャックは、彼に楽な洗車の仕事を回してやる。一方、反抗的なマックスは、みんなが嫌がる豚小屋勤務にされてしまった。

ライオンはジャックに付き合いながらも、常にマックスのことを気にかけていた。しかし、頑固なマックスは、ライオンを無視し続ける。温厚なライオンもさすがに腹を立て、「俺の責任じゃないとわかった日には後悔するぜ」と言っておく。

ジャックに誘われ、2人で酒を飲んでいたライオンは、彼から性行為を迫られる。ライオンは必死で抵抗して、ジャックにひどい暴力を振るわれる。半殺しの目にあったライオンは、フラフラになって部屋の入り口まで戻り、マックスの名前を呼ぶ。マックスはベッドから起き出し、血まみれになったライオンを介抱してやる。

ジャックはライオンに暴力を振るった罰として、豚小屋勤務に回される。マックスはジャックを痛めつけ、ライオンの仇を討ってやる。

マックスとライオンは刑期を終え、一緒に刑務農園を出る。マックスは、まだ痛々しい傷跡の残るライオンの顔を見て、心配だからデトロイト行きはやめておこうと言い出す。ジャックの一件以来、ライオンの表情は暗かった。しかし、ライオンはアニーに会って、きちんと謝罪しておきたかった。マックスはライオンの意思を尊重し、デトロイトまで付き合うことにする。

スケアクロウのあらすじ【結】

デトロイトへ旅立つ前、2人は酒場に入る。マックスは元気のないライオンを気遣い、明るく振る舞っていた。ライオンは、マックスが笑うことの大切さに気づいてくれたのだと思っていた。しかし、マックスはそこでも男に絡まれ、喧嘩を始めようとする。

アニーのことを考え、ずっとナーバスになっていたライオンは、今までのようにマックスを笑わせる元気が出ない。そして、同じ過ちを繰り返すマックスにも怒りを感じ、1人で店を出ようとする。マックスは、そんなライオンを呼び止め、陽気にストリップショーを始める。店中の客は大笑いして、マックスのショーを楽しんでいた。ライオンは、そんなマックスを静かに見守る。

2人は貨物列車を乗り継ぎ、デトロイトへ移動する。マックスは列車の中で、店の名前を「カカシ(スケアクロウ)」にすると嬉しそうに話す。ライオンは、長旅でボロボロになってしまったプレゼントの箱を抱え、物思いにふけっているようだった。

デトロイトに到着したライオンは、身支度を整え、妻子が暮らす家へ向かう。しかし、家の前まで来ると、急に足がすくむ。5年も放置していたのだから、アニーが再婚していてもおかしくはない。ライオンは先に電話をすることにして、電話ボックスに入る。マックスは思いつく限りのことを言って、ライオンを励ます。

幼い息子と自宅にいたアニーは、ライオンからの電話に動揺する。アニーは2年前に再婚し、ライオンの仕送りを元手にして、新しい夫と商売を始めていた。ライオンは冷静に話を聞き、会いたいという自分の気持ちを伝える。しかし、アニーはそれを拒絶し、ライオンのことを責め始める。ライオンは何も言い返さず、子供のことだけ尋ねる。腹の虫が収まらないアニーは、子供は妊娠8ヶ月の時に流産したと嘘をつく。さらに、「男の子だったけど、洗礼もなしに死んだので天国へも行けない、あなたは自分の子供を闇から闇へ葬ったのよ」と言って、ライオンを責める。ライオンはショックのあまり、そのまま電話を切ってしまう。しかし、マックスの前では明るく振る舞い、再婚していたので会わずに帰るとだけ伝えておく。

マックスとライオンは噴水のある公園へ移動し、酒を飲む。ライオンは賑やかに『宝島』の芝居をして、公園にいた子供たちを喜ばせる。マックスは、そんなライオンに不自然さを感じていた。嫌な予感は的中し、ライオンは1人の子供を抱きかかえたまま、噴水の中へ入っていく。その子の母親が騒ぎ出したので、マックスは急いでライオンから子供を引き離し、母親に返す。ライオンは「洗礼するんだ!」と叫び、噴水の中で暴れまわった後、意識を失ってしまう。

ライオンを診察した医師は、かなりひどい錯乱状態に陥っているので、このまま州病院に移送するとマックスに告げる。鎮静剤で眠るライオンは、ベッドに手足を拘束されていた。マックスはどうしても医師の言うことが信じられず、ライオンの拘束具を外し、「俺1人じゃダメなんだ!」と必死で呼びかける。しかし、ライオンは無反応だった。

マックスは銀行で金を下ろし、また戻って来るつもりで、ピッツバーグ行きの往復チケットを買おうとする。しかし、ポケットのお金では足りず、靴の踵に隠していたお金を取り出す。マックスは、お金を出すのに外した踵を直すため、靴底をカウンターに叩きつける。周囲の人が呆れる中、マックスは孤独と不安を振り払うかのように、靴底でカウンターを叩き続けるのだった。

この記事をシェアする