8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ショーシャンクの空に』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

ショーシャンクの空にの概要:無実の罪でショーシャンク刑務所に収監されたエリート銀行マンが、どんな逆境の中でも心の豊かさと希望を失わず、必死に生きる姿を描いたヒューマンドラマの名作。ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンの演技も光っており、フランク・ダラボン監督の出世作となった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ショーシャンクの空にの作品情報

ショーシャンクの空に

製作年:1994年
上映時間:143分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:フランク・ダラボン
キャスト:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントン etc

ショーシャンクの空にの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ショーシャンクの空に』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2021年3月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ショーシャンクの空にの登場人物(キャスト)

アンドリュー・デュフレーン(ティム・ロビンス)
通称:アンディ。大手銀行の副頭取というエリートだったが、妻とその愛人を殺害した容疑をかけられ、無実の罪でショーシャンク刑務所に収監される。刑務所内でも心の豊かさと希望を失わず、常に新しいことへ挑戦する。
エリス・ボイド・レディング(モーガン・フリーマン)
通称:レッド。殺人の罪で終身刑を言い渡され、ショーシャンク刑務所に20年服役している受刑者。刑務所内では調達屋をしており、囚人仲間に信頼されている。物静かなアンディと気が合い、友情を育んでいく。
ノートン所長(ボブ・ガントン)
ショーシャンク刑務所の刑務所長。表向きは規律と聖書を重んじる厳格な所長を演じているが、裏では不正な賄賂で私腹を肥やし、囚人を虐待する冷酷非道な男。アンディの能力を見込んで、自分のお抱え会計士にする。
ハドリー刑務主任(クランシー・ブラウン)
ショーシャンク刑務所の刑務主任。限度知らずの暴力を振るうので、囚人たちから「鬼主任」と恐れられている。ノートン所長の忠実な犬。
ブルックス(ジェームズ・ホイットモア)
ショーシャンク刑務所に50年もいる老受刑者。ずっと図書係をしており、ひな鳥の時から育てたカラスを相棒にしている。
ボグズ(マーク・ロルストン)
ショーシャンク刑務所の囚人の中でも、最低レベルの人間のクズ。新人を犯すのを楽しみにしており、アンディを執拗に追い回す。
トミー(ギル・ベローズ)
アンディが服役して18年目に、ショーシャンク刑務所へ収監されてきた若い窃盗犯。別の刑務所で、アンディの妻とその愛人を殺した真犯人から事件の話を聞いていた。

ショーシャンクの空にのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ショーシャンクの空に』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ショーシャンクの空にのあらすじ【起】

メイン州の大手銀行で副頭取をしていたアンディは、妻とその愛人を殺害した容疑者として法廷に立っていた。事件のあった夜、妻は離婚話をして家を出て行き、アンディはバーで酒を飲んで妻の愛人宅の前まで行く。しかし愛人宅に乗り込むことはせず、自殺用に準備していた銃も川へ捨て、家に帰る。ところが、妻と愛人はその夜何者かに射殺され、アンディが逮捕されてしまう。アンディは無実を主張するが聞き入れられず、終身刑の判決を受ける。

1947年、アンディはショーシャンク刑務所に収監される。新人がやってくる日、囚人たちは誰が1番最初に泣くかで賭けをするのが恒例だった。その日も賭けが行われ、消灯後に泣き出した新人は、ハドリー刑務主任に激しい暴力を受けて死亡する。それがこの刑務所の現実だった。

殺人の罪で終身刑を言い渡され、この刑務所に20年も服役している古株のレッドは、囚人たちの調達屋をしている。レッドに手数料さえ払えば、タバコや酒など、ほとんどのものは調達してくれた。収監されてから1ヶ月が過ぎた頃、アンディはレッドにロックハンマーの調達を頼む。レッドは凶器にもなりうると警戒するが、アンディの人柄を信用して、ロックハンマーを調達する。それはとても小さなツルハシのようなもので、アンディは趣味の鉱物集めに使うのだと言っていた。

レッドたち囚人からも「人間のクズ」と呼ばれているホモのボグズは、上品なアンディに目をつける。洗濯係に配属されたアンディは、ボグズ一味につけ狙われ、無理やり犯されてしまう。アンディはそれから2年間、ボグズに追い回され、生傷の絶えない日々を送る。

ショーシャンクの空にのあらすじ【承】

1949年の春。レッドの仲間たちとアンディは、屋上の修理作業をする係に選ばれる。そこでハドリー刑務主任が相続税の愚痴をこぼしているのを聞いたアンディは、非課税で遺産を相続できる方法を教え、「無料で書類も作成するので、仲間にビールを飲ませてくれ」と頼んでみる。ハドリー刑務主任はその取引に応じ、冷えたビールを用意してくれる。アンディのおかげで、レッドたちはシャバにいるような開放感を味わう。

刑務所での有り余る時間を有効に使うため、アンディは拾った鉱物でチェスの駒を掘り始める。その時、独房の壁がもろいことを発見し、レッドにリタ・ヘイワーズという女優のポスターを頼む。

映画鑑賞の日、映写室でボグズに犯されそうになったアンディは、抵抗して半殺しの目に遭わされる。アンディはひどい怪我で1ヶ月も診療室で過ごすことになり、ボグズは懲罰房に入れられる。アンディを重宝がっていたハドリー刑務主任は、障害が残るまでボグズを痛めつけ、病院送りにしてしまう。レッドたちは、診療室から戻ったアンディを温かく迎える。

ハドリー刑務主任からアンディの話を聞いたノートン所長は、抜き打ち検査を装ってアンディの独房を訪れる。ノートン所長はアンディを使えると判断し、図書係に任命する。50年近くも1人で図書係をしてきた老人のブルックスは、話し相手ができたことを喜ぶ。アンディは図書室で刑務官たちの資金運用の相談に乗り、便利な無料会計士として重宝がられる。

仮釈放されることになったブルックスは、刑務所の外へ出ることを恐れ、仲間をナイフで刺そうとする。刑務所暮らしの長いレッドには、ブルックスの気持ちが痛いほどわかった。刑務所を出されたブルックスは、塀の外での暮らしに馴染めず、結局自殺を図る。

アンディは、毎週州議会に手紙を出し、刑務所の図書室への予算を求め続ける。そして6年後、アンディの要望が聞き入れられ、200ドルの小切手と古本やレコードが送られてくる。その中にオペラのレコードを見つけたアンディは、刑務官の制止を無視して、館内放送でオペラを流す。アンディはそのせいで懲罰房に入れられてしまうが、囚人たちは美しい歌声に癒される。アンディはどんな状況の中でも希望を失ってはいけないと考えていた。しかしレッドは「ここで希望を持つことは危険だ」と忠告する。

ショーシャンクの空にのあらすじ【転】

1959年、アンディの努力が実り、州議会からの予算はさらに増える。1963年頃には、図書室で音楽まで聴けるようになっていた。

ノートン所長もアンディを信用し、自分のお抱え会計士にする。ノートン所長は、社会奉仕という名目で、刑務所の外での仕事を安く受注し始める。ノートン所長の狙いは、その収益をピンハネすることと、仕事を回して欲しい業者から賄賂を受け取ることにあった。アンディは、不正な収入を架空の口座に小分けで入金し、所長の隠し財産を守ってやる。

1965年、刑務所にトミーという青年が入所してくる。トミーはあちこちで盗みを繰り返し、様々な刑務所を渡り歩いてきた。しかし結婚して子供もできたため、高卒の資格を取りたいのだとアンディに相談する。アンディは、1年間トミーに根気よく勉強を教え、高卒資格の試験を受けさせる。

アンディが妻と愛人のプロゴルファーを殺した罪で服役していると知ったトミーは、別の刑務所で一緒だった男の話を思い出す。その男は何百件もの盗みを重ねている凶悪な強盗犯で、逢引中の人妻とプロゴルファーを殺したと話していた。そして、自分の代わりに人妻の亭主が捕まったのだと笑っていた。

トミーの話を聞いたアンディは「真犯人が見つかったので再審請求したい」とノートン所長に訴える。しかしアンディを手放したくない所長は、アンディを懲罰房に入れてしまう。そしてトミーを呼び出してハドリー刑務主任に射殺させ、彼が脱獄しようとしたと嘘の話をでっち上げる。トミーが高卒資格試験に受かった直後のことだった。

懲罰房から戻ったアンディは、何かを思い悩んでいるようだった。アンディはレッドに「ジワタネホというメキシコの町へ行き、海沿いでホテルを経営したい」と夢を語る。アンディは「必死に生きるか、必死に死ぬかの二択しかない」とも語っており、レッドはアンディが自殺をするのではないかと不安になる。その日アンディは「もし仮釈放になったら、バクストンという牧草地を訪れ、目印となる樫の木の近くにある黒曜石の下を掘り返せ」とレッドに伝えておく。

ショーシャンクの空にの結末・ラスト(ネタバレ)

その夜、レッドは不安で眠れなかった。そして翌朝、朝食前の点呼にアンディが現れない。昨夜の消灯時には独房にいたアンディが、忽然と姿を消していた。アンディの独房を訪れたノートン所長は、ポスターの裏の壁に大きな穴があるのを見つけ、呆然とする。

1966年、アンディは長い時間をかけて計画してきた脱獄を決行する。アンディは、ポスターで隠した壁に、小さなロックハンマーでコツコツと穴を掘り続けていた。そして昨夜、その穴を抜けて下水管の通る場所まで行き、下水管の中を460メートルも這って刑務所の外へ出たのだ。

外へ出たアンディは、ビニール袋に入れて持ち出したノートン所長の靴とスーツに着替え、町の銀行を回って、ノートン所長の架空口座を解約していく。アンディは、架空口座の名義人の出生証明や免許証も用意しており、疑われることなく37万ドル以上の大金を手にする。さらにアンディは、ノートン所長の不正と刑務所内での殺人を告発する書類を新聞社に送っておく。

この事実はすぐに新聞の一面で報道され、刑務所には警察がやってくる。トミーを殺害したハドリー刑務主任は逮捕され、追い詰められたノートン所長は頭を撃ち抜いて自殺を図る。アンディから無記名の絵葉書を受け取ったレッドは、自由の身となったアンディの姿を想像して、爽快な気分を味わう。しかし、やはり彼のいない日々は空虚だった。

仮釈放委員会の審判を受けたレッドは、自分の気持ちを正直に語り、仮釈放を許可される。40年ぶりに外の世界へ出たレッドは、ブルックスと同じ道を辿りそうになるが、アンディとの約束を思い出し、バクストンの牧草地へ向かう。

牧草地の先には、アンディが言った通りの場所があり、黒曜石の下には古いクッキーの缶が埋まっていた。中には「私のところへ来て、仕事を手伝って欲しい」と書かれたアンディからの手紙とお金が入っていた。ずっと孤独だったレッドは、胸が熱くなる。

レッドはアンディと同じく必死で生きる道を選び、仮釈放の規則を破って町を出る。そしてバスを乗り継いで国境を超え、アンディが暮らしたいと言っていたジワタネホの町を目指す。ジワタネホの砂浜にたどり着いたレッドは、ボートの修理をしていたアンディと再会し、抱擁を交わす。

ショーシャンクの空にの感想・評価・レビュー

希望を持つことの大事さを教えてくれる素敵な映画です。
無実の罪で逮捕され、人間の尊厳を保つ最低限度の生活すら保てない刑務所生活においても、希望を見失わず、外に出たいという一心で生きたアンディが素晴らしいです。

逮捕されなくたって、希望を失くして自殺してしまう人々が多数いる世の中で、絶望的な状況下においても強く生きていけたアンディについて、考える価値は大きくあると思います。
なお、最期のシーンで二人は再会していましたが、小説では異なる点も面白いところです。(女性 20代)


冤罪で投獄されてしまった物静かで知的なアンディが、刑務所で居場所を見つけ能力を活かして環境の改善までしてしまうのは爽快だった。仲間思いで心の豊かさを忘れない内面も素晴らしいが、後半で明らかになる狡猾さは痛快でその二面性も興味深い。

命が軽んじられているようで胸が悪くなる出来事も多いが、アンディとレッドの心の交流には胸が熱くなった。空撮で刑務所にズームインしていく冒頭と、海岸をズームアウトしていく解放感あふれる最後の対比が、心のあり様を表しているようでよかった。(女性 40代)


どんな状況でも希望を持ち続ける事と、言い続けたアンディが身を挺してそれを実現するストーリー。とはいえ、その過程には、刑務所の恐ろしい実態や、正義とは裏腹のあくどい所長の存在などが渦巻いている。少しずつ希望が見えてきても、その度に壁が立ちはだかり、非常に歯がゆい思いをするのだが、アンディが最後に配水管から出て、開放された時のシーンは何ともいえない開放感が味わえる。また、アンディだからこそ出来るエンディングの展開は、非常に清清しいものであり、途中で殺害されてしまったトミーや自殺したブルックスも含めて、なんとなく救われたような気持ちになった。(男性 30代)


こんな名作に出会ったことがない。主人公のアンディが放つ言葉の数々はとても暖かく胸を熱くする。できることなら、毎日その言葉を見れるように持ち歩きたい位だ。

無実の罪でショーシャンク刑務所に入れられたアンディが、すさんだ刑務所の中でも優しさや正しさを失わずにいる姿勢に感動する。彼ほどの人間性を持った人が果たしているのだろうか。

大切なものは誰にも奪えない。多くの大切なことを教えてくれるこの映画は、この先も名作として語り継がれるに違いない。(女性 20代)


どの登場人物も愛おしく、一つ一つの台詞が意味深くて心に深く沁みた。
刑務所の中でも希望を持ち続け、冤罪を晴らす為の証拠を見つけ出すアンディの姿に、どんな逆境に立たされても努力し続け、もっと必死になって生きなくてはと前に進む勇気を貰えた。
特に最後のシーンの雨の使い方が印象深く、爽快感や希望に満ち溢れていて美しかった。
愛のある人たちとの繋がりを大事にしていきたい。それは人間にとってどんな時も欠くことのできない存在だ。
観終わった後もしばらくその余韻に浸っていたくなる、色褪せない不朽の名作。(女性 20代)


ルパン三世もびっくりの愉快痛快脱獄ストーリー。
楽しい獄中話だが、彼らは同時に犯罪者でもある。にも拘わらず彼らのハッピーエンドを素直に受け入れることができるのは、観ている側が彼らの罪は贖われたと思えるからではないだろうか。そこを自然に描いて納得させてくれているおかげで、「ああ良かった」で終われる。
ラストの主人公二人の笑顔と青い海に、何故か観ているこちらもどこか身が清められた気分。爽快感の残る作品だった。(男性 40代)


どんな逆境でもめげずに希望を持つことの大切さを教えてくれた映画だ。今までの人生で観た映画で5本の指に入る名作である。

レッドはじめ他の囚人たちは、最初にアンディを見たときには軟弱な印象を持つが、挫けないその精神力の強さに圧倒される。人間の持つ底力のような強さを見せてくれるので、観終えたときは深い感動と爽快感があった。

いじめに悩む若者や、苦難の連続で辛い人にぜひ見てもらいたい。乗り越えたその先に光があることをアンディが教えてくれる。(女性 40代)


なんで何回も観たくなるんだろうか。アンディが本当の意味で囚人たち、主にレッドを更生させてくれた。ショーシャンクの刑務所での更生とは、看守たちの支配に過ぎなくて、そんな中での、アンディのいくつかの刑務所とは似つかないアクト。

罪人の更生とは何をもって更生なのか、人生とは何か考えさせられた。希望は無いと信じなかったレッドが最後にアンディの「夢」の手伝いをしに行くシーンで終わるけど、こんな綺麗な結末になるとは思わなかった!最後まで希望を捨てなかったアンディは強かったのだ。(女性 20代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒューマンドラマ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. きーもも より:

    アンディ以外の人達は皆、罪を犯した囚人なのにここまで優しい気持ちになれて、応援してしまうのは何故なのでしょう。刑務所内の生活は想像もつきませんが、囚人を見下すような看守の姿や自分のことしか考えていない所長。彼らのように正義であるはずの人間が、とても汚く醜く描かれているのが、囚人への感情移入の理由かなと思いました。
    アンディの脱獄からの展開が非常にテンポがよく、ハッピーエンドすぎるので呆気にとられてしまいましたが、レッドを迎え入れた時の表情はたまらないものがありました。

  2. surapi より:

    洋画好きでこの作品を知らない人はおそらくいないだろう。今更説明するまでもない名作。“洋画 名作”で検索したら絶対出てくる。観たことがない人はとりあえず観るべき。
    これは私の場合だが、本当に好きだなと思える映画を観た時の感情は、大体この作品を初めて観た時の感情と似ている。
    すべてのシーンがひどく印象的で、写真のように心に焼き付く。ラストでどうしようもなく胸に湧き上がる喜びと、美しい青が忘れられない。
    出来ることなら記憶を消してもう一度観たい作品。

  3. monta より:

    冤罪で何十年も拘束され、本来ならば必要のない刑務所生活を送らされる残酷な環境。その中でも暴力を振るわれ、同じ囚人にも強姦を受け、真実を知る人は力で揉み消され、そして閉じ込められ、と散々な扱いを受ける。

    普通であれば精神をおかしくしてしまうんじゃないかと思ってしまうようなドン底でもこのアンディは必死で生きるのである。希望を持ち、自らの最悪な運命に立ち向かう姿は勇気をもらえた。6年もの間手紙を送り続けたり、コツコツ小さな金槌で穴を掘り続けたり、とにかく執念がすごく、しつこい人であることが分かる。彼の賢さだけでなく、諦めない力が状況を打破し、夢を叶えたんだなと幸せな気持ちになった。アンディの脱走からのシーンは良くやった!と思ったし、テンポも良く、とにかく気分爽快だった。

  4. matuge より:

    無実の罪で投獄されてしまったアンディ、牢獄の中で数々の絶望を味わいながらも「希望」を捨てずに堪え抜いた先に待つのは最高のラスト。結構、苦しかったり辛いシーンが続くこともありますが、このラストで全て帳消しになります。映画史上最も爽快なラストと言っても過言ではありません。「希望」を持ちそれに向けて走り続ける事が、人生の中で大切なこと、そして知性を磨き、活用することの凄さを感じれました。まさに名作中の名作、死ぬまでに一度は見て頂きたい作品です。

  5. hamataro より:

    20年間希望を捨てなかった男名大脱走劇です。主人公アンディは知的で、人を引き付ける魅力があります。アンディの人柄に囚人も看守も影響を受け、刑務所内の雰囲気も和やかで、クスクス笑いたくなるシーンもちらほら。その代わりに冷酷な現実を突きつけるシーンは重く、非常に緩急のある物語です。

    ラストシーンが最高です。囚人仲間も看守も全員ハメて、一人刑務所から脱出する爽快感は凄いです。悪徳所長に制裁を加え、図書館を改善し教育水準を上げ、無実の男は刑務所を去ります。脱帽です。

  6. 匿名 より:

    まさか本当にアンディの脱獄が成功し、ノートン所長の悪事も表沙汰になり、レッドが仮釈放されたあと無事にアンディと再会するとは思わなかったので、一番理想的なハッピーエンドでした。レッドが仮釈放されたときは一瞬ブルックスと同じ道を辿るのではとハラハラしましたが、Brooks was here.のあと「,so was red.」と書き記した瞬間、レッドの覚悟の強さを信じることができ、もう大丈夫だと感じました。そしてこれからまたやって来るであろう仲間たちは、この文章を見て何を思い何を感じるのでしょうか。短い一文ながら、2人の正反対の生き様を表す素晴らしいシーンでした。この映画は一つ一つのエピソードが印象深く、そして様々なことを考えさせてくれました。冤罪の重さ、労働の喜び、自由とは何か、人間はどうして生きるのか…など一見重いテーマですしすぐに答えの出る内容ではありませんが、アンディ、レッド、ブルックス、トミーらの生き方を見ていると今までの自分には無かった答えが見つかると思います。

  7. 匿名 より:

    本編中、2回ほどレッドが仮釈放審査されるシーンがあります。その2回ともレッドの答えは「もう大丈夫です」「更生しました」「これからは真面目な人間になります」等の通り一遍なものばかり。本当に仮釈放されたくて反省の言葉を述べているのか、それともこう答えれば仮釈放されないと分かっていてわざとなのか、判断は個人の解釈もありますし難しいところです。しかし、ブルックス老人の話やアンディに対する態度からいって、これらの言葉は演技であり本心ではないと私は思います。もしかしたら初めての仮釈放審査でこう述べたにも関わらず許可が下りなかったことが、レッドが夢や希望を持つことを諦めたきっかけになったかもしれません。そして誰にでも言えるような薄っぺらい言葉では、到底許されないことを悟ったのでしょう。アンディが脱獄したのちの審査で、レッドは初めて「更生とは何か?」「自らの罪は一生消えない」「仮釈放など自分には何も意味がない」と自分の本心を口にします。早く仮釈放不可のハンコを押してくれというレッドですが、押されたハンコは「Approved(許可)」。レッドは自分と向き合う覚悟をしたことで、希望を持つチャンスを与えられたのです。

  8. 匿名 より:

    アメリカのモダンホラー小説家であるキングが書いた原作のタイトルは『刑務所のリタ・ヘイワース』で、本編にも実際の彼女の映画やポスターが男性ばかりの刑務所に色鮮やかな刺激をもたらしています。製作当初はタイトルも原作通りの予定だったため、リタ・ヘイワースのドキュメンタリーだと勘違いし、彼女役のオーディションを熱望する者まで現れたらしいです。このためタイトルから名前は消され、映像内のみの出演となりました。キングは同じく刑務所内の物語として『グリーンマイル』を記しています。これは看守と受刑者の話なので今作とはまた視点が違いますが、刑務所内の抗争や葛藤、中の人間たちの心の通わせ方など非常に似通った部分もあり、その描写は常に私たちに問いかけをくれるようです。そしてアンディの妻と愛人を射殺した真犯人は『スタンド・バイ・ミー』で主人公の親友クリスを殺害した犯人と同一人物だと原作では描かれています。同じ作者ならではの衝撃の展開です。

タイトルとURLをコピーしました