映画『死国』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「死国」のネタバレあらすじ結末と感想

死国の概要:久々に帰郷した主人公は、かつての幼馴染が若くして亡くなっていたことを知る。もう1人の幼馴染とその死の真相を調べる内に、四国のお遍路の裏に隠された真相を知るのだった。四国のお遍路を題材に、男女の三角関係を描いた坂東眞砂子の小説を映画化。

死国の作品情報

死国

製作年:1999年
上映時間:102分
ジャンル:ホラー
監督:長崎俊一
キャスト:夏川結衣、筒井道隆、栗山千明、根岸季衣 etc

死国の登場人物(キャスト)

明神比奈子(夏川結衣)
幼い頃を四国の高知県で過ごし、両親の仕事の都合により東京へ引っ越した。現在はデザイナーとして活躍中。恋人と上手くいかずに寂しさを抱えている。
秋沢文也(大人:筒井道隆 / 少年期:森脇史登)
比奈子の幼馴染。大学卒業後、大阪で3年間サラリーマンを経験し、現在は村役場で働いている。莎代理に未練を持ち寂しさを抱えている。
日浦莎代里(大人:栗山千明 / 少女期:鈴木美帆)
日浦家の最後の跡取り。幼い頃より口寄せの依り代として一族に貢献しているが、本人はその役目を厭っている。お嬢様気質で我儘な性格だった。16歳の若さで亡くなっている。一時期、文也と恋人関係にあった。
仙道直朗(佐藤允)
四国の結界を守るために練り歩く修験者。文也と比奈子の要請により、日浦家の谷へ駆け付け莎代理を黄泉の国へと送り返す。

死国のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『死国』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

死国のあらすじ【起】

幼い頃に住んでいた四国の高知県、矢狗村へ家の処分のために帰郷した明神比奈子。彼女は幼馴染の日浦莎代理へ会いに向かうも、16歳の若さで亡くなっていたことを知る。同じ幼馴染である秋沢文也と会うことができたので、互いに近況の報告をし合った。
莎代理の母親は娘の死に酷く嘆き悲しんでいたと言う。そのため、長い間お遍路巡りに出掛けているらしく家には誰もいないとのことだった。

翌日、村の道祖神である地蔵の頭が落ちるという怪異が発生。地蔵が立ち並ぶ場所から谷へ向かう先は、入ると呪われるとされる場所がある。唯一、その場所へ入るとすれば、日浦家の者だけだという話だった。

比奈子の家に文也が訪れ、莎代理の生前の写真を持って来てくれる。莎代理はとても美しい少女へと成長していた。その夜、比奈子の夢枕に莎代理が現れる。

死国のあらすじ【承】

亡くなった莎代理が何かを伝えようとしていると思った比奈子は、このことを文也に報告。すると、彼は莎代理が悪霊にとり憑かれて亡くなったかもしれないという、もう1つの噂話をするのだった。

その後、2人は日浦家の者しか出入りしない谷へ入ってみる。山道を進んだ先には、小さな池の真ん中に石碑が立ち、その向こうに口を開ける洞窟があった。

更に翌日、比奈子は莎代理の父親を訪ねる。父親は8年もの間、廃人状態で病院にて寝たきりの状態だった。そして、彼が見つめる天井には“16”という奇妙な染みが。
同じ頃、文也は民俗学の教授を連れて洞窟の調査へ。洞窟の中には石が積まれており、周囲には15本の杭が刺さっていた。教授からこの場所について論文を書いた人物がいた、という話を聞いた文也は、役場の資料から莎代理の父親が書いた本を入手する。

公園で合流し、それぞれが報告をした2人。四国のお遍路は88カ所あるが、通常は順番通りに右回りで巡るものである。そうすることで、四国に結界を張り死者が蘇るのを防いでいると言う。お遍路は、四国すなわち死国となるのを防ぐためのものだった。
だが、莎代理の母親はお遍路を逆回りに巡っている。それを死んだ歳の分だけ繰り返すことで、優れた口寄せの依り代であった娘を蘇らせようとしているのだった。

死国のあらすじ【転】

莎代理に未練を持つ文也と、恋人と上手くいかない寂しさを抱える比奈子。2人は互いに協力し謎を追うことで次第に惹かれ合う。そしてその夜、互いの寂しさを埋め合わせるかのように身体を重ねるのだった。

だが、その様子に嫉妬した莎代理が姿を現し、比奈子を恐怖に貶める。その昔、比奈子は莎代理に川で折檻されたことがある。彼女は当時のことを思い出し、自分が莎代理に恨まれていると激しく泣き叫ぶのであった。

洞窟がある谷は代々、口寄せを生業とする日浦家が神を祀る場所であるらしい。そこは、黄泉の国と繋がっており、黄泉の国は肉体を持つ死者の国であった。
その後、2人は資料館にて修験者である仙道尚朗という人物を紹介してもらい、相談に向かう。仙道は四国の結界を張るために修行を続ける猛者だった。

その頃、娘を蘇らせる準備を整えた莎代理の母親が帰還。彼女は自分の計画を阻止しようとした夫を死に至らしめ、洞窟にて儀式を行い娘を復活させた。
そして、自宅の祈祷場にて莎代理の魂を口寄せし、娘を完全に生き返らせる。だが、彼女はもうすでに人ではなく、喜びに涙する母親を抱き殺してしまうのである。

死国の結末・ラスト(ネタバレ)

仙道に協力を要請して戻った文也と比奈子は日浦家を訪れる。2人は家に明かりが灯っていることで、母親が帰っていることを知る。
文也が洞窟を見て来ると言うため、その場に残った比奈子。彼女は日浦家へと足を踏み入れ、生き返った莎代理を目にするのであった。

急いで文也の元へ向かった比奈子だったが、同じ場所へ莎代理も現れる。
彼女は文也への妄執を見せ、一緒に村から出て幸せに暮らそうと言う。甘言に乗せられた文也は、比奈子の手を放してかつての恋人の元へ。
そして、彼は莎代理によって抱き締められ、意識を奪われてしまうのだった。

窮地に追いやられた比奈子。そこへ仙道が駆け付け、莎代理を黄泉の国へ返そうとする。
洞窟内の池へと彼女を投下した仙道。あとは逆遍路で集められた石を崩せば、黄泉の国の口が閉じるはずだった。

しかし、莎代理は激しく抵抗。比奈子は彼女を押さえることができず、二の足を踏む。そこへ、意識を取り戻した文也が現れ莎代理と共に池の底へ。すかさず、仙道が石を崩し黄泉の国への通路を閉じた。
朝になり、比奈子は幼馴染2人の御霊を思い、帰路へと就くのだった。

この記事をシェアする