映画『宇宙ショーへようこそ』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「宇宙ショーへようこそ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

宇宙ショーへようこその概要:毎年恒例の夏合宿に参加する小学生5人が、宇宙人のポチと出会い、一生忘れることのない出来事を体験する。地球だけでなく、銀河系をも飛び出してしまう5人は、見たこともない世界で様々な体験をする。男の子なら誰もが想像する、夢のある夏休みを描いた物語。

宇宙ショーへようこその作品情報

宇宙ショーへようこそ

製作年:2010年
上映時間:136分
ジャンル:アニメ、青春、アドベンチャー
監督:舛成孝二
キャスト:黒沢ともよ、生月歩花、鵜澤正太郎、松元環季 etc

宇宙ショーへようこその動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『宇宙ショーへようこそ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

宇宙ショーへようこその登場人物(キャスト)

小山夏紀(黒沢ともよ)
ヒーローに憧れる小学五年生。活発で男の子みたいな女の子。周とはいとこで、頼られるお姉ちゃんでいたいと思っている。小学校で飼っているウサギの「ぴょん吉」を逃してしまい、罪悪感を感じている。
鈴木周(生月歩花)
合宿をする5人の中では最年少の小学二年生。夏紀の従兄弟でしっかりとした女の子。ぴょん吉が逃げてしまったことを、すごく悲しんでいる。
佐藤清(鵜澤正太郎)
小学六年生で最年長。みんなのお守役的な存在。親からも信頼されていて、4人からも信頼されている。優しい性格で将来は医者を目指している。
西村倫子(松元環季)
小学四年生の女の子。オシャレが好きで少しマセている。でも一番頼りない。
原田康二(吉永拓斗)
小学校三年生の男の子。本が好きで将来は宇宙飛行士を目指している。メガネをかけていて、いかにも真面目そうな少年。
ポチ・リックマン(藤原啓治)
犬と全く同じ姿をした宇宙人。みんなにポチと呼ばれている。しかし自分の星では学校の教授をしており、宇宙にはもう存在しないとされていた「ズガーン」の研究をするため、地球に来ている。
ネッポ(中尾隆聖)
宇宙中で人気の「宇宙ショー」を仕切る宇宙人。一つ目で縞模様のボールのような見た目をしている。昔はポチと共に学んでいた。
メリー(五十嵐麗)
宇宙ショーの歌手をしている。ポチと同じ星の生まれで、犬の姿をしている。マリーもまたポチとネッポと共に学んでいた。

宇宙ショーへようこそのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『宇宙ショーへようこそ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

宇宙ショーへようこそのあらすじ【起】

山奥にある村の小学校には、5人の生徒が通っている。ヒーローに憧れる夏紀は5年生、夏樹とはいとこでしっかり者の周(あまね)は2年生の女の子。優しくてみんなのお兄さん的存在の清は6年生で、おしゃれで少しマセている倫子は4年生、本が好きでいかにも真面目そうな康二は3年生の男の子。

この村では毎年夏休みになると、子供達だけで学校に泊まる合宿をおこなう。この年も毎年のように合宿をすることになり、5人は各々で必要なものを持ち寄り学校に集まる。学校まで送り届けた親たちは、合宿の終わる一週間後まで学校に来ることはない。

ついに5人での一週間の合宿が始まる。まずはみんなで野球をし、その後には勉強をしようとする。しかし、だらけた様子のみんなを見た清は、前に夏紀が逃してしまった小学校で飼っているウサギの「ぴょん吉」を探しに行こうと提案をする。その提案に喜ぶ4人は、山の中へとピュン吉を探しに行く。

ぴょん吉を探している途中で、康二が足を滑らせ斜面を落ちていくと、そこでミステリーサークルを発見する。みんなでそこに降りて行きサークル内を探っていると、草むらの中に怪我をした犬を発見する。学校に連れ帰り手当をする。しばらくして犬が目を覚ますと、ポチと名乗り自己紹介を始める。驚く5人に対してお礼を述べるポチは、宇宙人だった。

ポチは手当をしてくれた5人に対して、しっかりとお礼をしたいと伝え、清の代からなくなった修学旅行へみんなで行くことになる。修学旅行の行き先は、人類最長記録の月。みんなでジャングルジムに捕まると、あっという間に宇宙に到達し、宇宙船へと乗り換えて月に到着する。そこには見たこともない大都市が広がっていた。

宇宙ショーへようこそのあらすじ【承】

月に到着した5人は入館審査を通過し、様々な宇宙人の暮らす街で、ショッピングや観光、全宇宙で大人気の「宇宙ショー」を思う存分楽しむ。月での修学旅行を満喫した5人が帰ろうとすると、ポチから地球に帰れなくなったと伝えられる。ポチが地球に来ていた理由でもある、宇宙にはもう存在しないとされていた「ズガーン」の密猟者の情報を報告したことにより、制限がかかり地球に入れなくなってしまった。

しかし5人は、親が迎えに来る一週間後までには帰らなければならない。焦る5人にポチは、別のルートを使えば地球へ帰れると伝える。

5人は地球へ帰るための運賃を稼ぐために、月で初めてのバイトをすることになる。それぞれに別れてバイトをするが、地球へ帰るための運賃には届かない。しかし、バイトをクビになり落ち込んでいた夏紀が、ズガーンとそっくりな成分で出来ているわさび味のお菓子を持っており、それを宇宙人に売ることで全員分の運賃を稼ぐことができた。

5人とポチは無事、地球へ向かう。様々な星を経由して地球へ向かう途中、「宇宙ショー」マニアのゴーバと出会い、宇宙旅行を楽しむ。

地球行きの宇宙船が出ているポチの星へ到着した5人だったが、ポチを待っている間に密猟者にズガーンを盗まれてしまう。しかしポチが追いかけ、無事にズガーンを取り戻し、密猟者を捕まえることができた。そこでポチは、意味深なメッセージを見つける。

ズガーンと一緒に取られた荷物を取り戻した5人は、ポチの実家で地球行きの宇宙船が出発するまで待つことになる。人間には少し小さい家だったが、見たこともない食べ物や動物を体験しながら、それぞれゆっくり過ごす。一方でポチは、夏紀が持っていたものが本当にズガーンであるかを、医者であるお父さんと一緒に調べていた。

夕方になり、夏紀と周が庭で話していると、空から光が降り注ぐ。その光はポチの家を壊しながら、ズガーンと周を吸い込んでしまう。そして、光は消えてしまう。取り残された4人は落ち込んでしまうが、夏紀の言葉に周を救いに行くことを決心する。犯人の検討がついているポチもまた、ズガーンと周を取り戻すために決意をする。

宇宙ショーへようこそのあらすじ【転】

ズガーンと周を連れ去ったのは「宇宙ショー」であるというポチの言葉を頼りに、4人は宇宙ショーが開催されると言われる星へと向かう。キラキラと賑わう星に到着し、そこでゴーバにも周の救出を手伝ってもらえることになる。4人は別々に情報を集めようとするが、周に関する情報を得ることはできない。

すると、星の誕生である超新星が始まる。星にいる全員がそれに見とれていると、宇宙ショーの歌手であるマリーの歌声が聞こえてくる。そして、宇宙ショーの司会ネッポも登場し、最後の宇宙ショーが始まる。

宇宙ショーの映像に周が映し出され、夏紀とポチは上空に浮かぶネッポ達の乗る船へと突っ込んでいく。周の元へと辿り着いた夏紀とポチだったが、激怒したネッポが目の前に現れる。そこでネッポの計画を知ることになる。ネッポは幻の星「ペットスター」を使って、宇宙を支配しようとしていた。

そんなネッポを止めるために、ポチは一騎打ちで戦う。夏紀は、マリーに連れて行かれた周を追う。しかしあと一歩届かず、宇宙ショーの船から落とされてしまう。周はペットスターの頂上に連れて行かれたことがわかり、4人で協力しながら夏紀がそこへと向かう。

宇宙ショーへようこその結末・ラスト(ネタバレ)

ペットスターへと連れて行かれた周は、マリーに縛り付けられている。ネッポとマリーの狙いは、周とぴょん吉を合成して完璧な生物を作り出すことだった。

ポチはネッポとの一騎打ちに勝ち、長い因縁に決着をつける。ぴょん吉と合成するために周がカプセルの中へと移されるが、そこで夏紀がヒーローのように登場する。そんな夏紀を排除しようとするペットスターのロボットだが、地球にいるとき以上の力を出せる夏紀が押し込んでいく。そんな夏紀を止めようと銃を構えるマリーだが、そこに倫子が突っ込んで行き、2人でロボットとマリーを倒した。

無事に周を救出できた夏紀は、謝りながら周を抱きしめる。ぴょん吉も一緒に救出できた。そこにポチと清と康二が宇宙船に乗って現れる。みんなでその船に乗り込むと、超新星を見に来ていた、たくさんの宇宙人に喝采を受ける。ネッポのおこないは全て、宇宙ショーのカメラが映し出していたのだ。

周を救出し宇宙の危機も去ったところで、5人はようやく地球へと帰れることに。宇宙を救った5人のために、宇宙全体が協力し、地球へと最速で帰れることになる。親が迎えにくる時間までに、ギリギリ間に合うように。ポチとの別れも近づくと、泣きながら再会を約束した。

夕方になった地球では、親達が学校の玄関まで迎えに来ていた。5人が窓から教室へと入っているところで、親達も教室へとやって来た。間一髪5人が学校にいなかったことは、バレなかった。

宇宙ショーへようこその感想・評価・レビュー

主人公が小学生ということで、子供向けの内容かなと思っていたら、大人でも十分に楽しめる内容だった。男の子なら特に共感を得られるような映画。子供の頃に誰もが想像する、あり得ない夏休みを叶えてくれているようで、見ていて懐かしいような嬉しいような気持ちにさせられる。様々な姿形をした宇宙人やカラフルな星を見ていると、宇宙には無限の可能性があるんだなとも思わせてくれる。暑い季節には、子供と一緒にぜひ観て欲しい一本。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする