「ステップ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ステップの概要:重松清の同名小説を原作に、主演・山田孝之で実写化。幅広い役柄を演じてきた山田孝之が等身大の男性を演じ、シングルファーザーとして成長していく様を追う一作。主題歌は秦 基博の書き下ろし楽曲「在る」。

ステップの作品情報

ステップ

製作年:2020年
上映時間:118分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:飯塚健
キャスト:山田孝之、田中里念、白鳥玉季、中野翠咲 etc

ステップの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ステップ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年6月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ステップの登場人物(キャスト)

武田健一(山田孝之)
妻に先立たれ、仕事のキャリアと引き換えに一人で幼い娘を育てる決断をする。初めてのことに翻弄されながらも、周囲の人の言葉や行動に動かされ娘と一緒に成長していく。
武田美紀(中野翠咲 / 白鳥玉季 / 田中里念)
生後間もない頃に母親に先立たれ、父親・健一と二人で暮らしている。健一に心配をかけないように、大人びた一面があり我慢することも多い。
村松明(國村隼)
健一の義父。息子のように健一を想い、孫の美紀の幸せを何より優先している。社長としてバリバリ働き大きな企業を支えている。
斎藤奈々恵(広末涼子)
健一が部署を異動してから出会った同僚。実は過去に子供に関して傷を負っている。健一と美紀に対してすごく誠実に接する女性。
ケロ先生(伊藤沙里)
保育園の美紀の担任。とても明るく園児にも人気の先生であるが、繊細な一面も多い。初めての子育てに奮闘する健一に、寄り添ったアドバイスをしてくれる存在。

ステップのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ステップ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ステップのあらすじ【起】

2009年。妻の予定がたくさん書きこまれたカレンダーから、真っ新なカレンダーに換えた健一は「再出発」と書き込んだ。若くして妻を亡くした健一は、男手で一つで幼い娘・美紀を育てる決心をしたのだ。健一には仕事があるため、保育園に入ることになった美紀。担任のケロ先生の元無事に保育園デビューを果たした娘の姿に、健一は安堵し仕事へ向かった。

営業の最前線にいた健一は、妻の死を機に総務課へと異動していた。元の部署の上司や同僚の配慮で仕事面は融通が利いたものの、美紀は思い通りにはならない。好き嫌いもあり、寝付けるのには時間がかかる。加えて家事をこなすためには自分の時間や睡眠時間が削られる一方であった。

ケロ先生から美紀が負けず嫌いであることを知らされた健一。保育園の直前でベビーカーから降ろして通園するなど、日々工夫を強いられていた。まもなく控えている保育園のクリスマス会には、義理の両親も一緒に参加できることになる。同然、美紀も楽しみにしていると思っていた健一。しかし、日が近づくにつれて美紀の表情は暗くなり始めていた。妻を亡くした時に、親族の優しさに甘え美紀を手放すべきだったのではないかと不安と後悔を募らせる健一。思わず「もうダメかもしれない」と本音が漏れるほどだった。

仕事が立て込み、お迎えの時間を過ぎてしまった日、保育園に着くとすぐにケロ先生が謝ってきた。実はクリスマス会の準備中に美紀の寂しいアピールを見過ごしてしまっていたという。美紀は「パパの抱っこは忙しい」と何気なく言っていたことを知った健一は、時間を言い訳にしていたことを気付かされるのだった。その日から健一はベビーカーを使わなくなった。美紀の時間軸に合わせることに重きを置くようになったのだ。

ステップのあらすじ【承】

2014年。美紀は小学生になった。学校の前までは送らなくていいという美紀の言葉に、健一は子育ての第一段階を終えた実感をした。授業参観で母の日のプレゼントを兼ねて似顔絵を描くという授業があると担任から知らせを受けた。あまりに大事のように相談してくる担任の話を聞くと、実は美紀が「ママが家にいる」と発言してしまったと知った。

男で一つだからといって妥協することはしたくない健一。担任は「嘘」だと言い切るが、一緒に過ごした家には妻がまだ居ると思っている健一は美紀と同じ気持ちであった。帰宅すると写真を見ながら妻の似顔絵を描く練習をしている美紀の姿を見て、健一は良く行くカフェの店員を思い出した。妻によく似た店員と美紀を合わせ、より良いイメージで授業に挑めるように準備してあげるのだった。美紀が描いた絵には天使の輪が描かれていた。

美紀は小学3年生になり、初めて飛行機に乗ることになった。義母の実家である岡山へ向かうことになったのだ。この頃から健一は、実の息子のように迎え入れてくれる親族に違和感を覚えるようになっていた。お盆には死者が帰ってくると知った美紀は、母親の影を探していた。本当は上司からお見合いの話を持ち掛けられていた健一。ふと妻の声が聞こえたように感じ、物思いにふけるのだった。

ステップのあらすじ【転】

2018年。美紀は小学5年生になり、健一は営業開発部に異動になった。義父の会社ではクーデターが起こり、それまで築き上げた地位から勇退へと追い込まれていた。義兄夫婦も長年の不妊治療を打ち切るなど環境は変わり始めていた。健一にも大きな変化があった。それは美紀に会わせたい女性・奈々恵がいること。義父と義兄に奈々恵の存在を打ち明けるとすんなり受け入れてもらえた。

美紀の運動会を控えた時、親族総出でお弁当を持ち寄るのが恒例であったが義父から一本の連絡が入る。義母が熱を出しお弁当が作れないので、奈々恵に作ってもらったらどうかという提案であった。妻を亡くして10年が経ち、浮いた話が一度もなかった健一の後押しをしようという思惑の義父母。健一は提案に甘え奈々恵の自宅でお弁当の予行練習をすることになった。

運動会前日、奈々恵とお弁当の練習をしながらたくさんの話をした。その中で、棚の上にへその緒が入った箱が置かれていることに気付く。あえて置いていたという奈々恵は、死産した過去があることを打ち明けてくれた。そして奈々恵の存在に勘づいていた美紀は、「お弁当のお礼」として会うことを了承してくれるのだった。しかし実際に会ってみると、美紀は体調を崩してしまった。その日を境に健一と奈々恵に対して壁を作り始めてしまうのだった。

ステップの結末・ラスト(ネタバレ)

美紀は中学に上がるタイミングで祖母のいる横浜に行くと言い出した。既に義父母との話を付けていたようで、受け入れる姿勢ができていることを聞かされた。本当の息子のように叱ってくれる義父母の言葉を受けて、もう一度美紀と向かい合う決心をした健一。朝食に奈々恵を招待し打ち解けることができた。しかしその矢先、義父が倒れてしまった。プライドから弱った姿を見せない義父に心を打たれる健一。美紀が面会に行きたくとも、拒絶するので奈々恵と3人で話をしていたところ、美紀は何気なく「お母さん」と呼んだ。小学校の卒業式が終わるまでは一緒に暮らしていない3人だったが、少しずつ絆は深まり始めていた。

卒業式を間近に控えたある日、病室に出向くとスーツを着てかしこまった義父が待っていた。奈々恵を認め、健一と美紀のことを託した義父。美紀は身近な人の死を感じて恐怖を覚えるも、義父の言葉に前を向かされるのだった。一歩ずつステップを登り、成長していく美紀。健一の呼び方は「パパ」から「お父さん」になった。美紀と健一、そして奈々恵は慣れ親しんだ道を一緒に歩んでいく。

ステップの感想・評価・レビュー

「家庭とは変わり続ける場所」一歩前に踏み出すことに怖気づいている人の背中を押してくれるようなセリフが多い一作であった。経験は宝であり、問題は時間が解決してくれる。娘の成長を追うだけではなく、父である健一も一緒に変化し成長してく様がとても素敵な経過であった。重松清原作の物語は意地悪な人は出てこない。今作も同様。皆温かく、優しい人と愛情で溢れているのだ。子役を含め、演者のナチュラルさは秀逸で、似顔絵が3枚になっていたりと憎らしいほどに凝った美術にも目を見張る作品であった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする