「ビリー・リンの永遠の一日」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ビリー・リンの永遠の一日の概要:『ブロークバック・マウンテン』などで2度のアカデミー監督賞に輝いたアン・リー監督の戦争ドラマ。イラク戦争に従軍して英雄となった青年が凱旋帰国し、戦場の現実と米国での日常との間で揺れ動く姿を描く。

ビリー・リンの永遠の一日の作品情報

ビリー・リンの永遠の一日

製作年:2016年
上映時間:113分
ジャンル:ヒューマンドラマ、戦争
監督:アン・リー
キャスト:ジョー・アルウィン、クリステン・スチュワート、クリス・タッカー、ギャレット・ヘドランド etc

ビリー・リンの永遠の一日の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ビリー・リンの永遠の一日』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年6月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ビリー・リンの永遠の一日の登場人物(キャスト)

ビリー・リン(ジョー・アルウィン)
姉の婚約者と揉め事を起こし、イラク戦争に従軍することになった。先頭に立って行動するタイプで、危険を顧みず軍曹を救おうとしたことで英雄となる。
キャスリン(クリステン・スチュワート)
ビリーの姉。交通事故に遭い全身を何針も縫う怪我を負う。自分のせいでビリーが戦場に送られ、ビリーの身を案じている。
ダイム(ギャレット・ヘドランド)
ビリーの上官で、ビリーの兵士としての素質を見込んでいる。厳しいながらも愛情を持った姿勢でビリーに接する。

ビリー・リンの永遠の一日のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ビリー・リンの永遠の一日』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ビリー・リンの永遠の一日のあらすじ【起】

イラクでブラボー隊の特技兵ビリーが単身で軍曹の救出しようとする様子を捉えた映像がニュースで報道され、英雄視される。ビリーやブラボー隊の隊員は全米各地を巡ることになり、最終地のダラスにやって来る。皆がアメリカンフットボールのハーフタイム・ショーに出ることになっていたのだ。隊員全員がリムジンに乗り込んで会場に向かう。その2日前に隊員らは軍曹を埋葬したばかりだった。ビリーは実家に帰り、家族との再会も果たした。

スタジアムに向かう間、エージェントがブラボー隊の活躍を映画化する話を切り出し、隊員らはその収入をどう使うかを話して盛り上がる。ビリーはリムジンの外に見える景色をイラクでの情景と重ねる。イラクでビリーは軍曹に率いられながら市場を警戒したりしていた。

ブラボー隊はスタジアムに着き、シートに座る。ビリーは世間の人が何を考えながらと想像しながら、キャスリンとの会話を回想する。キャスリンはビリーに顔や体の傷の治り具合を見せる。そしてビリーの身を案じる。

ビリー・リンの永遠の一日のあらすじ【承】

ビリーは軍用車両を故障させてしまい、軍曹とダイムにしごかれる。ビリーはキャスリンが交通事故に遭って全身に怪我を負ったために婚約者に捨てられたこと、ビリーが仕返しにその男の車を壊したこと、そしてその男から告訴されないために入隊したことを説明する。

ビリーや隊員の姿がスタジアムのモニターに映され、観客から拍手を浴びる。隊員らはフットボールチームのオーナーやチアリーダーと共にビデオ撮影を行い、記者会見に臨む。リンはその途中にチアリーダーの一人から目を離せなくなる。また、ビリーは記者に軍曹を救うために反射的に行動したことを説明する。会見後、ビリーは惚れたチアリーダーと意気投合し、チアリーダーはビリーの功績をたたえる。そして2人はキスを交わす。

ビリーはイラクで民家を捜索した時のことを思い出す。拳銃が見つかり、ブラボー隊は妻子が泣き叫ぶ中で家主らを連行したのだ。さらにビリーは実家で食事を囲みながら、キャスリンが違法な戦争を始めた政府への批判を始めたことを回想する。ブラボー隊が食事中にシェールガスの採掘業者に話しかけられ、ダイムは不快感をあからさまにする。

ビリー・リンの永遠の一日のあらすじ【転】

国歌斉唱でビリーは敬礼しながら涙を流す。そして、キャスリンから心療内科医に頼んで戦地に戻らないように手を打とうと言われたことを回想する。試合を観戦中のビリーの元に心療内科医から電話があり、試合後に病院に来るようにと告げられる。ビリーはかつてダイムに米国に戻りたいと告げた時に、ダイムから兵士として素質があると言われたことを思い出す。

ハーフタイム・ショーのために、ブラボー隊は迷彩服に着替えさせられることになる。ビリーは迷彩服に身を包んで戦ったことを思い返す。捕虜になりそうになった民間部隊の救出に向かった時のことだ。それが初めての実戦経験だった。

ショーが始まり、隊員らはステージに上がる。花火が打ち上がるショーの最中にビリーは再び救出任務を思い返す。ブラボー隊は敵と交戦し、軍曹が負傷者を救けるために先陣を切って飛び出す。しかし、軍曹が敵に連れ去られそうになり、ビリーが一人で助けに駆けつける。そこに敵が現れてビリーともみ合いになり、ビリーは相手を殺す。

ビリー・リンの永遠の一日の結末・ラスト(ネタバレ)

ショーが終わるが、ステージ上に残っていたブラボー隊は設営スタッフともめてしまう。そこにチアリーダーが現れ、ブラボー隊を連れ出してくれる。ビリーはチアリーダーと連絡先を交換する。ビリーはキャスリンと電話で話し、待ち合わせ場所を決める。

ビリーはダイムと共にエージェントと会い、チームオーナーが映画を作りたがっていると知らされる。しかし、報酬が少ないことが侮辱と感じたダイムは不満を漏らす。そしてビリーもーナーに向かってはっきりとオファーを断る。エージェントも隊員らもビリーの判断を支持する。

ビリーはスタジアムを去る前にチアリーダーと会う。そしてチアリーダーと一緒に逃げたい気持ちをぐっと堪え、別れを告げる。ビリーは軍曹を救いきれずにダイムと涙したことを思い返し、隊員らと一緒にいることを決意する。そして迎えに来たキャスリンに戦地に戻ることを伝える。ビリーはキャスリンと抱き合って別れ、リムジンに乗り込んで隊員らとの絆を再確認する。

ビリー・リンの永遠の一日の感想・評価・レビュー

戦場を体験した兵士が日常生活に馴染めずに苦悩するというのは普遍的なテーマで、今作では兵士が帰還して過ごす一日に焦点を当てている。しかし、戦場と日常のどちらの物語もドラマ性に欠け、共感を呼ばない。主人公目線でドラマを描こうと視覚的にも工夫を凝らしているが、空回りに終わっている。『ハート・ロッカー』や『アメリカン・スナイパー』でも主人公の帰国場面が描かれているが、その2作の方が効果的に2つの世界を対比していた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする