「素顔のままで」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

素顔のままでの概要:元FBI秘書のエリンは、別れた夫から娘の親権を取り戻す裁判資金を貯めるためストリッパーとして働きはじめる。ある時エリンのファンが殺される事件が起き、彼女は政治家の陰謀に巻き込まれていく。

素顔のままでの作品情報

素顔のままで

製作年:1996年
上映時間:115分
ジャンル:サスペンス、コメディ
監督:アンドリュー・バーグマン
キャスト:デミ・ムーア、バート・レイノルズ、アーマンド・アサンテ、ヴィング・レイムス etc

素顔のままでの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『素顔のままで』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

素顔のままでの登場人物(キャスト)

エリン・グラント(デミ・ムーア)
FBIで秘書として働いていたが、薬物使用者で窃盗犯である夫のせいで職を手放す。娘の親権が元夫に渡ってしまったため、娘を連れ戻すべくストリッパーとして働くようになる。
デイビット・ディルベック(バート・レイノルズ)
下院議員。選挙が6週間後に迫っているにも関わらずストリップクラブへ赴き、エリンに一目惚れする。彼女に絡んだ酔っ払いに重症を負わせてしまい、証拠隠滅のために手を回す。
ガルシア警部補(アーマンド・アサンテ)
エリンが働くストリップクラブの客や関係者が立て続けに殺害され、事件を追う。
ダレル(ロバート・パトリック)
エリンの元夫。車椅子の窃盗で金を稼ぎ、薬物も使用している。定住せずバンで放浪生活を送りながら、娘の親権を巡ってエリンと裁判中。
シャド(ヴィング・レイムズ)
エリンが働くストリップクラブのガードマン。悪徳弁護士と手を組んで詐欺を働こうと画策する。ストリッパー達から厚く信頼されており、彼女達のことを「ダンサー」と呼ぶ。

素顔のままでのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『素顔のままで』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

素顔のままでのあらすじ【起】

FBIで秘書をしていたエリンは、夫、ダレルが窃盗の罪で捕まったせいで職を手放すことになった。彼女は娘のアンジェラを自分で育てるつもりでいたが、判事は彼女が無職である故に親権をダレルに託す。判決に納得のいかないエリンは、親権を取り戻す裁判を起こすためストリップクラブ「ぬれぬれ天国」で働きはじめた。

ストリッパーになって8週間が経ったエリンは、新人ダンサーとして注目されていた。中でも、お忍びで店に通う下院議員のディルベックは彼女に夢中だった。ある夜、エリンのダンスに興奮した客が彼女に抱きつくと、嫉妬したディルベックは客をビール瓶で殴り卒倒させてしまった。同じくエリンのファンである客の1人、ジュリー・キリアンは、その一部始終をカメラに収めていた。

アンジェラの親権を持ったダレルは、娘を連れて窃盗を繰り返していた。エリンはアンジェラと会うため、ダレルの姉に居場所を聞き出したり電話料金の明細書から住所を特定したりしたが、彼の住居は定まっておらず中々娘と会えない日々が続いていた。

エリンは、仕事中にジュリーから手紙を受け取った。内容は、アンジェラの親権を取り戻すため現職の判事、フィンガーハットを説得できるというものだった。仕事を終えたエリンがジュリーに話を聞くと、彼は判事を説得できる下院議員の弱みを握っていると言う。エリンは期待を抱いたが、同時に困惑した。

素顔のままでのあらすじ【承】

ディルベックの事務所を訪れたジュリーは、写真をダシにフィンガーハットへ口利きしろと訴えた。選挙まであと6週間というタイミングで暴力事件を起こしてしまったディルベックは、右腕であるマルコムから「ぬれぬれ天国」での一件を責められた。エリンと寝てもいないのに彼女の肩を持つジュリーを脅威と捉えたディルベックやマルコム、彼らのバックに付いているロホ一族は、証拠隠滅にジュリーを殺害した。

刑事のガルシアは、休暇で訪れていた湖で変死体を発見。死体の身元がジュリー・キリアンであると判明し、彼が殺害された経緯を捜査し始めた。

「ぬれぬれ天国」のガードマン、シャドが、金儲けのアドバイスを貰いに通っている弁護士のモルデカイは、ジュリーから秘かに渡されたディルベックの写真で一儲けしようとシャドを誘った。モルデカイは、ディルベックを強請り大金を得ようと画策したのだ。シャドは、ケチな稼ぎを辞め彼の計画に乗った。

エリンは、ようやくダレルの居場所を突き止めると、アンジェラと会える僅かな時間を楽しんだ。ダレルがアンジェラを学校に通わせないばかりか、窃盗に付き合わせていると知ったエリンは、ジュリーの話に乗ることを決意した。しかし、ガルシアがジュリー殺害の件で店を訪れたため、彼から持ち掛けられた話を告白。エリンは、情報を提供する見返りにダレルを逮捕するよう要求した。

素顔のままでのあらすじ【転】

事件の進展を報告するためエリンの自宅を訪れたガルシアは、ダレルを一時逮捕したことと、フィンガーハットが心臓発作で死亡したことを彼女へ告げた。判事が死亡したため裁判が半年後に伸びたことを知ったエリンは、アンジェラを誘拐しようと思い付く。

老人ホームで営業していたディルベックの元へ、ジュリーが撮った写真を持ったモルデカイが訪れた。モルデカイに強請られたディルベックだったが、写真にエリンが映っていたことに歓喜し、彼女の姿にのぼせた。ことの重大さに気付いていないディルベックの裏では、写真が出回ることを恐れたマルコムやロホ一族がモルデカイの殺害を企てていた。

エリンは、夜中にアンジェラを連れ出し自宅へ匿った。アンジェラは、母との生活を喜んだ。エリンをストーカーしていたディルベックは、店の外で見る子連れの彼女に興奮し、エリンと寝るまでは選挙をしないと言い切った。

一時逮捕から保釈されたダレルは、仕事終わりのエリンを襲撃。娘を返せと恫喝したが、シャドに打ちのめされ再び逮捕された。エリンはダレルの件をガルシアに相談したが、娘を誘拐したことの方が法律上では重大だと言われてしまう。

ディルベックから何か言われたら必ず連絡するという条件で見逃して貰ったエリンが帰宅すると、ディルベックから手紙がきていた。1時間2千ドルでパーティに来いと書かれていた手紙をガルシアに見せたエリンは、金額が大きいため話を断れず、シャドを連れてディルベックが指定した船へ向かった。

素顔のままでの結末・ラスト(ネタバレ)

ディルベックの船でストリップを披露したエリンは、5千ドルやるから明日も来いと言われ、マルコムからは他言無用と念を押され帰された。しかし、マルコムは、エリンがガルシアと通じている事実を押さえていた。

モルデカイ殺害の一報を受けたガルシアは、シャドへ、エリンをディルベックに近づけるなと忠告した。

エリンは、ディルベックの秘書を装い各報道機関へ「ロホの砂糖工場で記者会見を開く」と電話して回った。シャドにも内緒でディルベックの船へ向かったエリンだったが、保釈されたダレルが彼女の後を追っていた。

ガルシアは、シャドと共に、店から居なくなったエリンを探しにディルベックの船へ向かった。

ダレルは、ディルベックの手下を殴り倒しエリンとディルベックの元へ乱入した。エリンはディルベックを砂糖工場に誘導し告発するつもりだったが、ダレルも連れて工場へ向かった。道中、エリンは酔ったダレルに「娘の親権を渡します」と直筆の誓約書を書かせた。ガルシアとシャドも、船から離れる車を追い工場へと到着した。

エリンとダレル、ディルベック、彼らを追って来たガルシアとシャド、さらにそれを追って来たマルコムやロホ一族は工場で一堂に会した。エリンは、ディルベックの口からジュリーやモルデカイの殺害を指示したこと、隠れて「ぬれぬれ天国」に通いつめたこと、妻と離婚したいという本音を引き出し録音。そこへ記者達が押しかけディルベックの一派は軒並み逮捕されることとなった。

エリンは合法的にアンジェラの親権を取り戻し、母娘で新しい生活を始めようと一歩を踏み出した。

素顔のままでの感想・評価・レビュー

デミ・ムーアの生命力溢れるストリップに魅了されてしまった。ストリッパー自体非常にかっこいい職業だと思っているが、それを抜きにしても、女性が憧れるダンサー姿を披露していたと感じる。

エリンに首ったけのディルベックは、下院議員という表の顔に対しドの付く変態性を隠しているところが人間らしくて憎めなかった。金や権力、多くの人からの期待があっても、ドア一枚隔てれば人間は何をしているか分からないものである。二面性が非常に面白かった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする