8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『スーサイド・スクワッド』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

スーサイド・スクワッドの概要:スーパーマンが去ってしまい、荒廃した世界から悪を追放するために、凶悪犯ばかりの特殊部隊を作る計画が持ち上がる。そんな中、地下鉄の駅構内に怪物が現れた。急遽メンバーを集めて部隊は結成されたが、どうにもうまくまとまらない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スーサイド・スクワッドの作品情報

スーサイド・スクワッド

製作年:2016年
上映時間:123分
ジャンル:SF、アクション
監督:デヴィッド・エアー
キャスト:ウィル・スミス、ジャレッド・レトー、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン etc

スーサイド・スクワッドの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『スーサイド・スクワッド』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2021年3月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

スーサイド・スクワッドの登場人物(キャスト)

デッド・ショット(ウィル・スミス)
絶対に外さない腕を持つ狙撃の名手。冷酷な殺し屋だが、愛娘には弱い。
ハーレイ・クイン / ハーリーン・クインゼル博士(マーゴット・ロビー)
精神科医として悪役ジョーカーのカウンセリングをしていたが、彼に恋してしまい人格崩壊。それ以後は、可愛いけれど最強最悪の殺人鬼となった。
エル・ディアブロ(ジェイ・フェルナンデス)
炎を自由自在に駆使する。妻と子供を殺してしまった罪悪感から厭世的になっている。
アマンダ・ウォーラー(ヴィオラ・ディビス)
冷酷な政府高官。部隊のメンバーを指名し、巧妙に利用しようとしている。
リック・フラッグ大佐(ジョエル・ギナマン)
陸軍特殊部隊の大佐、優秀な軍人。部隊の指揮を任されている。ジューン・ムーン博士の護衛をしているうちに、恋仲になってしまったという弱みがある。
エンチャントレス / ジューン・ムーン博士(カーラ・デルヴィーニュ)
古代の遺跡に眠っていた魔女エンチャントレスが、ムーン博士に憑依してしまう。魔女は弟を蘇らせて味方とし、世界を支配しようとしていた。

スーサイド・スクワッドのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『スーサイド・スクワッド』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

スーサイド・スクワッドのあらすじ【起】

脱獄困難と言われるベルレーブ刑務所には、極悪の犯罪者が多数収監されている。政府高官ウォーラーは、彼ら囚人を特殊部隊タスクフォークXとして、死ぬかもしれない危険な任務に就かせようと画策していた。スーパーマンがいなくなり、世界には再び悪がはびこっている。悪人の中に、スーパーマンのようなメタヒューマン(超人間)がいたら、普通の軍隊では歯が立たない。そこで戦闘能力が高く、死をも怖れない部隊が必要だと考えたのだ。

減刑を餌に集められたのは、射撃の名手デッド・ショット。可愛い外見に似合わず、冷酷非情の殺人鬼ハーレイ・クイン。ブーメランを巧みに操る強盗のキャプテン・ブーメラン。ワニのような皮膚を持つ怪人のキラー・クロック。縄使いの暗殺者スリップノットだった。
そしてもう一人、逮捕ではなく自首してきた犯罪者、炎を自在に繰るエル・ディアプロが仲間に加えられる。

彼らを束ねることになったのは、陸軍特殊部隊のフラッグ大佐だ。大佐は犯罪者の部隊よりも軍人の部隊のほうが役に立つと考えているが、ウォーラーは聞き入れない。犯罪者を支配するために首に特殊なナノ爆弾を埋め込み、逃亡したり反抗したりしたら首が吹き飛ぶと脅すことによって、支配出来ると思っていたのだ。

スーサイド・スクワッドのあらすじ【承】

ジューン・ムーン博士は古代遺跡を調査中、太古の魔女を蘇らせてしまう。そして自身の体に憑依させてしまった。魔女は心臓を奪われると、相手に従うしかなくなる。それを知ったウォーラーは、別の場所に保管されていた心臓を手に入れ、魔女を自分の監督下に置く。

最初ムーン博士の警護に就いていたフラッグ大佐だったが、いつかムーン博士に恋してしまう。その力を利用するため、ウォーラーが魔女を呼び出す度に、フラッグ大佐は心を痛めていた。

魔女は支配されることを嫌い、密かに弟を召還して逃げ出す。そして街の人々を化け物に変身させて、世界を闇が支配するのだと画策する。

魔女の支配地にいる要人を助け出すという急務に、いよいよスーサイド・スクワッドの出番となったが、どうにもまとまらない。フラッグ大佐は、自ら危険な任務に志願してきた妖刀使いのカタナを護衛にして、危険なやつらと共に出動する。けれどディアプロはもう炎を使いたくないと消極的だし、ブーメランは隙あれば逃げ出すことばかり考えている。

スーサイド・スクワッドのあらすじ【転】

次々と襲いかかる化け物を倒しながら、要人救出に向かうが、途中ブーメランにナノ爆弾は偽物だと言われて信じたスリップノットは、逃げようとして爆死してしまう。何度も危険な目に遭いながら救い出した要人は、彼らを呼び出しナノ爆弾を仕込んだウォーラーだった。

ヘリで脱出しようとしたが、そのヘリはハーレイ・クインの恋人、最強の悪人ジョーカーによって奪われていた。ジョーカーはナノ爆弾を解除し、ハーレイ・クインを連れて逃げようとしたが、ヘリは軍の特殊部隊によって撃ち落とされてしまう。生き残ったハーレイ・クインは失意のうちに皆の元へ戻ってくる。

ウォーラーは魔女に連れ去られ、心臓も奪われた。敵のあまりの強大さに、フラッグ大佐はナノ爆弾のスイッチを破壊し、逃げたければ逃げろと提案する。だがそこで逃げ出す者はいなかった。全員が心を一つにして向かった敵地では、巨大化した魔女の弟が待ち構えていた。

スーサイド・スクワッドの結末・ラスト(ネタバレ)

やる気のなかったディアブロは、炎の悪魔となって巨人の弟と戦う。キラー・クロックは爆弾を仕掛けるために特殊部隊と共に浸水した地下鉄内に潜った。死力を尽くして戦ったディアプロは、仕掛けられた爆弾で巨人と共に吹き飛んだ。

弟を殺されて魔女は怒り狂うが、心臓を取り戻したので最強だ。もう勝ち目はないと思える状況の中、魔女は服従するなら助けてやると言ってくる。そこでハーレイ・クインは、仲間を裏切り魔女に仕えるとにこやかに言いながら近づいていく。だが一瞬の隙をついて、見事に魔女の胸を切り裂いて心臓を取り戻した。

魔女は死んだ。憑依されたムーン博士も死んでしまったのかと、フラッグ大佐は落ち込むが、何と魔女の体の中から、ムーン博士が出てきたのだ。

スーサイド・スクワッドのメンバーには、僅かの減刑と、望みが一つだけ叶えられるというご褒美が与えられた。デッド・ショットは愛する娘と一時を過ごし、キラー・クロックは念願のケーブルテレビを手に入れた。ハーレイ・クインはエスプレッソマシンをねだったが、それ以上の素晴らしいものが彼女には贈られた。恋人のジョーカーは生きていて、彼女を迎えに来てくれたのだった。

スーサイド・スクワッドの感想・評価・レビュー

一言でいうとなんか惜しい作品。それぞれのキャラクターの個性が強すぎて上手く活かせず、一部に関してはただの無駄遣いに終わった印象。せっかく美味しい素材だったのになとなんだか悔しくなる。会話が退屈で、アクションシーンも派手なシーンを見せたいだけというのが丸わかりなのが問題である。ハーレイ・クインとジョーカー主演の続編を密かに希望しておく。ないと思うけど。(男性 20代)


凶悪犯には凶悪犯の美徳があるのだろうが、いまいち感情移入が難しい作品である。
スーサイド・スクワッドで一番目立つキャラクターといえばハーレイ・クインであり、彼女の過去や、性格などを割と深めにフォーカスしていくのだが、結局の所、ジョーカーの為にという名目に収まってしまっているので、その先の発展があまり期待できないのである。
又、エルディアブロだけ群を抜いた能力だったので、力の均等性がとれていない分、見せ場が偏っているのは少し残念である。(男性 30代)


最近見た映画のなかで一番と言っていいほどの、お気に入りの映画である。特殊部隊の一人一人が後ろめたい過去があり、それを使って集めたのだが、徐々に仲間たちと和解し、協力していくシーンが好きだ。博士に憑依した魔女を倒すストーリーであり、手下の敵と戦い合ったり、その中で人間ならではの頭脳をフル活用していく。終盤の店に寄った時に、みんなでそれぞれの想いをぶつけ、戦いに挑むシーンも見所である。個性強めなメンバーだが、特にハーレイ・クインのはちゃめちゃでお馬鹿な、そしてぶっ飛んでいるキャラクターが一番好きだ。(女性 20代)


DC作品の悪役が集まって、割と普通に敵と戦って終わり。ストーリーが印象に残る作品ではないです。前半のキャラクター1人1人の紹介は、個性が際立っていてワクワクしました。正直、勢いそのままお祭り騒ぎの大暴れを期待していました。後半のシリアスシーンの連発で、悪人たちの弱さが目立ってしまったのが残念です。

他作品で様々な俳優が演じるジョーカー。今作品のジャレット・レトが演じるジョーカーは、セクシーでかっこ良くかなり目立っていました。JOKER、ダークナイトと見比べてみるのも楽しいと思います。(男性 20代)


人気アメリカンコミックを映画化した作品。凶悪な犯罪者を集めたチームが兆条的な力を持つ敵に挑む姿を描く。

登場キャラクターはバットマンをはじめとするヒーローに敗れた悪役ばかりだが、犯罪者ゆえの「悔恨」を描いており、ヒーロー映画とはまた違った葛藤を描いている。
キャストもウィル・スミス、マーゴット・ロビーと一流俳優の豪華共演となっている。(男性 20代)


世界を救う正義のヒーローを任されたのは、最強の「悪党たち」この悪党たちが度を超えて悪い。振り切った悪党たちなのでとても好感が持てます。この作品はとにかくBGMが最高です。シーンに合わせて流れる曲がどれもぴったりで、大音量で聴くとぞくぞくするほも興奮します。個性豊かなキャラクターが揃いますが、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが本当に可愛い。もちろん悪党なので悪いことをするのですが、とにかくキュートで憎めない。他のキャラクターたちも、ハーレイ・クインに心を開いていく様子がほっこりします。
この「スーサイド・スクワッド」が戦う相手が、さすがMARVELといった感じです。とても面白いストーリーだったので、その相手に少しがっかりしましたが、見応えのある作品でした。(女性 30代)


とにかくマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが可愛くて魅力的。この作品が日本で公開した年のハロウィンでハーレイ・クインのコスプレをしている人をやたらと見かけたのも納得である。ウィル・スミス演じる実は娘思いな殺し屋、デッドショットや、囚人たちを率いる立場なのに逆に何度も助けられる羽目になるちょっと情けないリック・フラッグ大佐など他にも魅力的なキャラクターはいるのだが、やはりハーレイ・クインが頭一つ抜けていると思う。
悪役たちが集まって、嫌々ながらもなんだかんだで世界を救ってしまうのが痛快。(女性 30代)


悪人集合という触れ込みだったのに、蓋を開けてみればちょっと悪いいい人たちの集まりというところにガッカリ。これでは、ヒーロー映画と大した差異はないではないか。悪人同士のもっと緊張した関係を上手に描写してから、チームワークを発揮するようにしてほしかった。これでは、全然盛り上がらない。

早々にリブートされてしまうのも納得だ。

とはいえ、ハーレークイン役のマーゴット・ロビーが可愛かったので、作品の満足度は底上げされていた。リブート版も、ハーレークインはマーゴット・ロビーが続投なので予習としてみる価値は十分ある。(男性 30代)

関連作品

次作 ワンダーウーマン(2017)
前作 バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SF映画アクション映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. monta より:

    可愛すぎる悪役のハーレイ・クインで有名となった本作。全体的にビジュアルが派手で、設定も昨今の悪役ブームに則った悪役メインで一般ウケしそうなもの。見た後も予想通りといった感じで、どこか面白味に欠ける印象があった。ストーリーに深みがないので、薄く広く見られるかもしれないが、コアなファンは付きづらいと思う。ただ、確かにハーレイ・クインはたまらなく可愛かった。個人的には檻に入れられている時が一番好きだった。危険な感じと妖しさ、美しさがあって、序盤だからかミステリアスなところが良かった。

    もったいない点がよく目立ったので、いくつか挙げると、スローモーションが多すぎるところとカタナが可哀想すぎるところだろう。
    スローモーションが多すぎる、と言うのもドラマチックに見せたいという気持ちばかり見えてしまい、一気に冷めてしまったのである。カタナに関しては見てもらえれば分かると思うのだが、悪役メンバーでは無いのに特別強いわけでもなく、そのせいで何のためにいるのかが謎な上、人物描写も非常に雑(緊張感のあるシリアスなシーンで突然身の上話をポロッとして終わり)なのだ。脇役にしても可哀想すぎると言わざるをえない役だった。

  2. ふくりん より:

    本作は、スーパーマンの死から数か月後に結成された特殊部隊「スーサイド・スクワッド」を描いたSFアクション作品。
    悪者同士の戦いや滅茶苦茶でド派手な世界観に圧倒されっぱなしで楽しかった。
    特に、ジョーカーとハーレイクインが好きだが、中でもハーレイクインの狂気じみた悪可愛いキャラクターが目立っていて印象的だった。
    個性的な悪党たちが集まって悪党と闘うという斬新な設定も面白く、内容に深みは感じなかったが、気軽に楽しめる作品となっている。

  3. yuma より:

    悪党だけで構成された部隊が凶悪な敵と対峙するという設定は、今までにない新鮮なものに感じた。登場人物は皆ぶっ飛んでいてまとまりがない。しかしそれこそがこの部隊の、この映画の魅力だ。一言で言えば本当に狂っている作品なのだが、初めはまとまりのなかった悪党部隊が徐々に団結していき、悪党を倒していくという興奮の展開である。
    ハーレイ・クインやその他の悪者たちのアクションシーンも魅力である。それぞれとてつもなく癖が強いのだが、戦い方も癖が強い。アクションシーンの迫力には目を見張るものがある。

  4. 松雪 より:

    ハーレイ・クインという可愛いキャラクターがいるな、くらいの軽い認識で見始めましたが、非常に面白いエンターテイメント性の高い作品だと思いました。ヒロインポジションのハーレイ・クインは噂通り可愛い女性ですが、演じた女優さんの狂気じみた演技も素晴らしく、とても魅力的なキャラだと感じました。後半では悪者部隊のチームプレーが炸裂し、最終的には奇妙な友情が生まれ、彼らは団結します。本当に熱い展開だと思います。悪者が悪者を倒すというストーリー展開は予測不可能で、見応え充分の映画だと思いました。

タイトルとURLをコピーしました