映画『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」のネタバレあらすじ結末と感想

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!の概要:海の底に「ビキニタウン」という町があった。そこには、カーニバーガーが名物のカニカーニという店があり、フライ係としてスポンジ・ボブが働いていた。ある日、カーニバーガーのレシピが忽然と消える事件が起きる。

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!の作品情報

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!

製作年:2015年
上映時間:93分
ジャンル:コメディ、アドベンチャー、アニメ
監督:ポール・ティビット
キャスト:トム・ケニー、アントニオ・バンデラス、クランシー・ブラウン、ロジャー・バンパス etc

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!の登場人物(キャスト)

バーガー・ビアード(アントニオ・バンデラス)
海賊。バーガー店「カニカーニ」のレシピを盗み、大金を得ようと画策する。
スポンジ・ボブ(トム・ケニー)
体は黄色くて四角いスポンジ。バーガー店「カニカーニ」のフライ係。仕事が大好き。明るくて陽気な性格。
カーニ(クランシー・ブラウン)
カニ。バーガー店「カニカーニ」のオーナー。お金が大好き。
プランクトン(ミスター・ローレンス)
バーガー店「カニカーニ」の向かいに店を構えているが、料理が不味くて客が来ない。常にバーガー店「カニカーニ」のレシピを盗もうと画策している。

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!のあらすじ【起】

海賊は困難を掻い潜り、骸骨が持っていた本を手に入れた。そして、カモメ達にその本を語って聞かせた。昔々、海の底に「ビキニタウン」という町があった。そこには、カーニバーガーが名物のカニカーニという店があった。店のフライ係の名はスポンジ・ボブ。スポンジ・ボブは仕事が大好きで、客のためにせっせと働いていた。

カーニバーガーは多くの人から愛されていた。だが、誰もバーガーのレシピを知らなかった。プランクトンはカニカーニの向かいに店を構えていたが、料理が不味くて客が来なかった。そこで、カーニバーガーのレシピを盗むことにした。だが、スポンジ・ボブに邪魔をされ、いつも失敗に終わっていた。

プランクトンは硬貨の中に忍び込み、レシピが入った金庫の中の潜入に成功する。しかし、そのことがスポンジ・ボブ達にばれてしまう。プランクトンはスポンジ・ボブを勧誘して逃げ出そうとするが、スポンジ・ボブはカニカーニの店長であるカーニを裏切ることはなかった。プランクトンとスポンジ・ボブが秘密のレシピが入った瓶を引っ張り合っていると、突然瓶が消失した。しかも、店の在庫まで消失していた。スポンジ・ボブは秘密のレシピを覚えていなかったため、新しく作ることができなかった。

スポンジ・ボブはレシピを盗んだのがプランクトンではないと知っていたが、カーニはプランクトンが犯人だと思い込んでいた。カーニはプランクトンを捕まえ尋問した。スポンジ・ボブはシャボン玉を使い、プランクトンを助けて逃げ出した。カーニはスポンジ・ボブが裏切ったのだと思い、ショックを受ける。カーニバーガーが無くなった「ビキニタウン」は、秩序が乱れ荒れ果てた街に変わり果てた。

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!のあらすじ【承】

海賊は物語を語り終わろうとするが、そんな終わり方は嫌だとカモメ達にごねられる。カモメ達は「終わり」と書かれたページを破き、海に捨てた。物語は続き、スポンジ・ボブはプランクトンと協力してレシピを探すことにした。友人のパトリックに助けを求めるが裏切られてしまう。スポンジ・ボブは友人のサンディに助けを求めることにした。しかし、サンディはバーガー禁断症状を発症し、おかしくなっていた。

スポンジ・ボブは大好きな町が壊されていくのを悲しそうな顔で見ていた。プランクトンはスポンジ・ボブを宥め、眠らせた。実は、プランクトンはスポンジ・ボブがレシピを隠したと思っており、眠っている隙にスポンジ・ボブの体に潜りこんで探そうとしていた。しかし、スポンジ・ボブの脳に潜りこむと、メルヘンな世界が広がっているだけでレシピはなかった。

プランクトンとスポンジ・ボブはタイムマシーンを作り、レシピが消える前の世界に戻ることにした。タイムマシーンを作るには、高性能コンピューターが必要だった。プランクトン達は見張りの目を掻い潜り、コンピューターがあるプランクトンの店に戻った。そして、無事にコンピューターを回収することに成功する。

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!のあらすじ【転】

スポンジ・ボブ達はタイムマシーンを作って作動させた。だが、辿り着いた場所は4日後の世界で、カニカーニの店が無くなっていた。スポンジ・ボブ達は再びタイムマシーンを作動させた。辿り着いたのは宇宙船の中だった。そこには見張り役のドルフィンがいた。スポンジ・ボブ達はドルフィンが何の見張りをしているのか知らないまま、ドルフィンがトイレに行っている間見張りをすることになった。スポンジ・ボブ達が宇宙を見ていると、惑星がぶつかった。ドルフィンは惑星同士がぶつからないように見張っていたのだ。仕事をきちんとしなかったせいでスポンジ・ボブ達は怒られ、殺されそうになる。スポンジ・ボブ達はタイムマシーンを使って逃げた。そこは、レシピが無くなる前の世界だった。

スポンジ・ボブ達はレシピを回収することに成功し、元の世界に戻った。しかし、それは偽物の瓶だった。怒ったカーニは、スポンジ・ボブ達をサンドウィッチの神様に生贄として捧げようとした。そこに、タイムマシーンを勝手に使ったパトリックが戻ってくる。パトリックは恐竜・イカノザウルスと一緒に戻ってきていた。イカノザウルスが暴れ、近くにいた人達は逃げ惑った。

プランクトンはスポンジ・ボブの間違いを責めた。スポンジ・ボブはショックを受け、生ごみと資源ごみを混ぜて恐慌状態に陥った。スポンジ・ボブが綺麗好きだと知る住民達にとって、彼の取った行動は信じられないものだった。

スポンジ・ボブは大切な住民達のために、自ら生贄になることを決める。処刑が決行されたとき、カーニバーガーの香りが漂ってきた。スポンジ・ボブ達は皆でカーニバーガーの匂いを辿っていった。すると、陸の上から漂ってきていることが分かった。しかし、スポンジ・ボブ達は海の外に行くことができなかった。困っていると、ドルフィンが現れる。ドルフィンはスポンジ・ボブのお蔭で仕事から逃れられたと感謝しており、口の中にスポンジ・ボブ達を入れて陸まで運んでくれた。

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!の結末・ラスト(ネタバレ)

スポンジ・ボブ達は地上の世界に戸惑いながら、カーニバーガーを探した。すると、「元祖カーニバーガーの店」と書かれた屋台を発見する。店主である海賊はスポンジ・ボブ達を見て驚愕した。なぜなら、スポンジ・ボブ達は陸では呼吸ができないからだった。スポンジ・ボブは魔法のイルカ・ドルフィンのお蔭で、外の世界でも呼吸することができるようになったことを話した。すると、海賊は再び驚愕した。本には魔法のイルカの存在など書かれていなかったからだった。本のエンディングは、海賊であるバーガー・ビアードが金持ちの屋台経営者になることで終わっていた。

ビアードは本を書き直し、カーニバーガーのレシピを手に入れていた。ビアードは本に文章を書き込み、スポンジ・ボブ達を遠く離れたペリカン島に飛ばした。スポンジ・ボブ達は必死にペリカンから身を守った。スポンジ・ボブはサンディに、助かるための良い案はないか尋ねた。サンディは紙を拾ってから調子が出ないため、紙を捨てて考えることにした。だが、ペリカンが襲ってきて、それどころではなくなる。サンディが捨てた紙は、カモメが海に捨てた破いた本の1ページだった。スポンジ・ボブはその紙に文章を書き込み、強力な力を得た皆と共にビアードの前に戻った。

スポンジ・ボブ達は戦うが、ビアードに敗れてしまう。すると、強靭な力を得たプランクトンが現れる。プランクトンとスポンジ・ボブは協力してビアードを倒し、カーニバーガーのレシピを取り戻した。スポンジ・ボブ達は「ビキニタウン」に戻り、カーニバーガーを販売した。プランクトンはレシピを手に入れようとするが、スポンジ・ボブにばれて店を追い出されてしまう。