「守護神」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

守護神の概要:沿岸警備隊のレスキュー隊員養成学校を舞台に、辛い過去を持つ教官と訓練生の交流と成長を描く。事故のショックで現場を退き、隊員養成校の教官となったベンは、高校水泳チャンピオンの経歴を持つジェイクと出会う。

守護神の作品情報

守護神

製作年:2006年
上映時間:139分
ジャンル:アクション
監督:アンドリュー・デイヴィス
キャスト:ケヴィン・コスナー、アシュトン・カッチャー、ニール・マクドノー、メリッサ・サージミラー etc

守護神の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『守護神』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

守護神の登場人物(キャスト)

ベン・ランドール(ケビン・コスナー)
アメリカ沿岸警備隊のベテラン隊員。これまで幾多の海難事故で多くの命を救ってきた伝説的な人物。ある事故によるトラウマから現場を退き、沿岸警備隊のレスキュー隊員を育成する養成学校の教官を務めることとなる。非常に厳しいスパルタ指導を行う。
ジェイク・フィッシャー(アシュトン・カッチャー)
沿岸警備隊のレスキュー隊員養成学校に入学した訓練生。訓練生の中でも突出した能力を有する。高校水泳のチャンピオンという華々しい経歴を持つ。ベンからは他の訓練生よりも厳しく指導されており、差別ではないかと疑念を抱いている。
エミリー・トーマス(メリッサ・サージミラー)
ジェイクが参加したパーティーで偶然出会った女性。後の恋人となる。ジェイクの通う養成学校がある街で教師として働いている。

守護神のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『守護神』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

守護神のあらすじ【起】

アメリカ沿岸警備隊のベン・ランドールはベテラン隊員としてこれまで幾多の海難事故で多くの人命を救ってきた。ある日、ベンは難破船からの人命救助中に多くの仲間を失う。精神的なショックを受けたベンは現場を退き、沿岸警備隊のレスキュー隊員養成校の教官に就任することになる。

そして養成校に新しい訓練生が入学する。ベンは初日から非常に厳しい訓練を敢行し、中には訓練初日から脱落する生徒まで現れた。ベンの過酷な訓練は毎日続き、あまりのスパルタぶりに反感を抱く教官さえもいた。しかし、実際の救助現場はもっと過酷だと知るベンは指導法を改めることはなかった。

訓練生の中で、ひと際目立っていたのがジェイク・フィッシャーという青年だった。ジェイクは高校水泳のチャンピオンという経歴を持っており、入学初日から態度が大きかったものの、その実力は誰もが認める確かなものであった。

ジェイクは他の訓練生よりも厳しい訓練を課せられており、その差別的な扱いに怒りを覚えていた。しかし、ジェイクは決して挫けることなくベンのスパルタ指導に耐え続けた。ところが、いくら指導に耐え、求められたパフォーマンスを発揮してもベンはジェイクを認めようとはしなかった。二人の関係は険悪なまま訓練期間は過ぎていく。

守護神のあらすじ【承】

苦しい訓練生活の息抜きにと参加したパーティーでジェイクは教師として働くエミリーと出会う。二人は意気投合し、恋人関係になる。ジェイクにとってエミリーは苦しい訓練生活の癒しであり、活力であった。

その後、ジェイクは訓練の成果を発揮し、訓練校の全記録を更新する。もともとの記録保持者だったベンにようやく認めてもらえるのではとジェイクは期待したが、依然としてベンは敵意を向けるのであった。

その夜、ジェイクはバーでエミリーに愚痴を溢す。ベンが自分に対して敵意を向けるのは、自分が優秀で、ベンの保持していた記録をすべて塗り替えたから嫉妬しているに違いないと話すジェイク。すると、ジェイクの話を聞いていた店主が二人に話しかけた。店主はベンの友人で、現役時代のベンの活躍をよく知る人物だった。店主は古い新聞記事を二人に見せる。そこには宙吊りのまま指先の力だけで長時間救助者の身体を支え続けたというベンの活躍が記されていた。店主は、この時のベンは手の腱がすべて断裂した状態だったと当時の詳細を語った。それでも彼の記録を破れるというのか、と問う店主にジェイクは閉口した。

守護神のあらすじ【転】

訓練期間終盤、ジェイクのチームメイトのホッジはスランプに陥っていた。混乱して暴れる遭難者を救助するという訓練課題で、ホッジは暴れる遭難者によって毎回パニックを起こしてしまい、溺れてしまっていたのである。落ち込むホッジを見かねたジェイクはエミリーとの大事なデートを控えていたが、彼女との待ち合わせの前の時間を使ってホッジを気晴らしのためバーへと連れていく。

ところがバーで二人は酔っぱらって海軍将校と喧嘩騒ぎを起こしてしまい、警察で拘留されてしまう。連絡手段も絶たれてしまい、ジェイクはエミリーとのデートをすっぽかすことになってしまう。怒ったジェイクはホッジに掴みかかったが、ホッジはそれに応戦し、ジェイクを組み敷いた。ジェイクはホッジに訓練でも同じようにやってみろとアドバイスする。

騒ぎを起こした二人はベンの前に連れてこられるが、ジェイクはホッジを庇い、ホッジは退出を命じられる。部屋にはベンとジェイクが残された。ベンはあるファイルを取り出し読み上げる。ファイルの中にはジェイクの詳しい経歴が記されており、ジェイクが高校チャンピオンとなった後、車の運転事故によってチームメイト全員を死なせてしまった事実も記されていた。

ジェイクは涙しながら自分の何が分かると激昂する。ベンは海難救助の現場で自分だけが生き残ったことを今でも自問していると告白する。そしてベンはジェイクの才能を褒め、その能力を活かして救える者は救い、他は逝かせてやれと語りかけた。

その後、ベンはジェイクを連れて、彼が喧嘩騒ぎを起こしたバーを再訪し、喧嘩相手の海軍将校に仕返しを果たす。喧嘩騒ぎで再び大騒動になるかと思われたが、ベンの伝説的な海難救助を知る上級将校により事態はすぐに収束。ジェイクはベンの行動に驚くが、この一件によりベンへ強い信頼感を抱くようになった。

守護神の結末・ラスト(ネタバレ)

いよいよ訓練期間が終わり、ジェイクは訓練校を卒業。ジェイクのアドバイスにより訓練課題をクリアしたホッジも無事に卒業できることとなった。ジェイクは卒業式で出席者の中にエミリーの姿を見つける。喧嘩騒ぎによりデートをすっぽかしてから疎遠になっていた二人だったが、互いの想いは変わっていなかった。二人は卒業を祝うが、ジェイクは卒業後すぐに遠く離れた赴任先へ移動しなければならなかったので二人は互いのためにも恋人関係を解消することにする。

ジェイクの赴任先はベンが所属するアラスカ州だった。ベンはジェイクの卒業後、現場復帰を果たしており、二人は同僚として救助活動を行うようになった。しかしある日、ベンとジェイクがある海難救助にあたった際、救助途中でベンが過去のトラウマによるフラッシュバックで茫然自失となってしまい救助活動の継続が困難になってしまったのである。ジェイクによって救助活動は成功するが、ベンは自身のトラウマの影響の深刻さから、退職を決意する。

ベンが退職届を提出したあと、ほどなくして漁船の遭難事故が発生。ジェイクは現場に向かい、救助活動を開始する。沈んでいく船の中で救助活動を行うジェイクは、ヘリに戻るよう指示があったものの、一人でも多くの人命を救うために単身で船に残り救助を続けることを決意。ヘリは止む無く一時帰投し、別の救助隊を応援として連れてくることにする。退職の手続きを終え、荷物を片付けているベンはジェイクが危機的状況だと知り、最後の仕事としてこの救助隊に加わることにする。

ベンが現場に降り立つとジェイクは船内に閉じ込められた状態だった。ベンにより救助されたジェイクは、ベンと共にケーブルを使ってヘリへ戻ろうとする。しかし、嵐によりケーブルが破損。ベンは破損したケーブルでは二人分の体重を支えられないと気付く。まだ若く、才能が有り、これからも多くの人命を救うであろうジェイクの命を優先して救うため、ベンは自らケーブルを手放し、落下していく。ジェイクはベンの手を掴み、ベンを救おうとするが、ベンはその手を振り切って嵐の海上に落下。その後、ベンの消息は途絶えてしまった。嵐が収まった後、大規模な捜索活動が行われたがベンは見つからなかった。

ベンの消息が途絶えてから時が経ち、ジェイクはある海難事故で男性を救助した際、その男性から奇妙な話を聞く。彼は遭難している間、ずっとそばにいて自分を励ましてくれた男がいたと言うのである。しかし、男性のほかに救助された者はいない。ジェイクは男性の話を聞いて、その守護神のような謎の男の正体がベンだと直感した。

その後、ジェイクは学校に足を運び、授業中のエミリーを訪問する。突然の訪問に驚くエミリー。二人は再会を喜び、生徒たちも見ている中でキスをする。

守護神の感想・評価・レビュー

アメリカ版『海猿』といった感じである。過酷な訓練シーンは見ているこちらも苦しくなる。特に真冬の海での救助を想定した訓練は命の危険を感じるほどである。ベンが劇中でも指摘した通り、実際の救助現場は更に過酷なものなのだろう。このような過酷な訓練の中で犬猿の仲だったベンとジェイクが、共通した過去のトラウマ(仲間を失い、自分だけが生き残った)を介して心を通じ合わせ、師弟関係となっていく過程が感動的である。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする