猿の惑星 シリーズのネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ

猿の惑星 シリーズ一覧

猿の惑星 シリーズの映画ネタバレあらすじ一覧です。猿の惑星 シリーズのストーリーをネタバレを含めて結末までわかりやすく簡単に解説しています。

「猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー) 」のネタバレあらすじ結末と感想

猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー) の概要:猿インフルエンザによってほとんどの人間が死滅した時代。生き残った猿のリーダーシーザーは人間の軍隊に家族を殺されてしまう。これまで越えてはいけない一線を我慢してきたシーザーだが、ついに今作で人間の一番醜いところに近づいてしまうのであった。

「続・猿の惑星」あらすじとネタバレ感想

続・猿の惑星の概要:『続・猿の惑星』(ぞく・さるのわくせい、Beneath the Planet of the Apes)は、1970年のアメリカ合衆国の映画。ピエール・ブールによるSF小説『猿の惑星』を原作とする『猿の惑星』シリーズ全5作の第2作。監督は一作目と変わり「奴らを高く吊せ」のテッド・ポスト。主演は前作に引き続きチャールトン・ヘストンが務める。

「猿の惑星」のネタバレあらすじ結末と感想

猿の惑星の概要:1968年に公開され、その斬新な設定と衝撃的なラストから多くの続編・リメイク作品が制作された、SF映画の草分け的存在。遠い宇宙での任務から地球への帰途に着いたクルーがたどり着いたのは、猿が人間を支配する未知の惑星だった…。