映画『手紙は憶えている』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「手紙は憶えている」のネタバレあらすじ結末と感想

手紙は憶えているの概要:認知症のゼヴは同じ老人ホームで暮らすマックスからある手紙を託される。2人はアウシュビッツ収容所からの生き残りだった。ゼヴは復讐のためにかつてのナチス親衛隊員を探しに行く。

手紙は憶えているの作品情報

手紙は憶えている

製作年:2015年
上映時間:95分
ジャンル:サスペンス
監督:アトム・エゴヤン
キャスト:クリストファー・プラマー、ブルーノ・ガンツ、ユルゲン・プロフノウ、ハインツ・リーフェン etc

手紙は憶えているの登場人物(キャスト)

ゼヴ・グットマン(クリストファー・プラマー)
認知症が進行し、自分の妻が亡くなったことさえ忘れてしまう。マックスとはアウシュビッツ収容所の同じ区画にいた。腕に98814と番号が刻まれている。
マックス(マーティン・ランドー)
かつてのナチス親衛隊員が死んだ捕虜の身分を盗んでアメリカに移住しているという証拠を掴み、体が不自由な自分の代わりにゼヴに復讐を依頼した。

手紙は憶えているのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『手紙は憶えている』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

手紙は憶えているのあらすじ【起】

老人ホームで暮らすゼヴは、一週間前に亡くなった妻のことさえ忘れてしまうほど認知症の症状が進行していた。ゼヴは友人のマックスと妻が亡くなったらある事を実行すると約束していた。マックスはゼヴが忘れないように手紙を書き、ゼヴはその内容を頼りに家族を殺したアウシュビッツ収容所の区画責任者への復讐を決行する。

マックスからの手紙には現金と列車の乗車券が入っていた。ゼヴはルディ・コランダーという人物に会うために列車でクリーブランドへ向かう。その頃、ゼヴがいなくなったことに気が付いた老人ホームの責任者は警察への捜索願を出していた。ゼヴの息子のチャールズも近場の病院へ連絡を入れ、ゼヴが搬送されていないか確認する。

マックスが特定したルディ・コランダーを名乗る人物は4人いた。ゼヴは第一のルディ・コランダーに会いに行く。しかし、ドイツ軍にはいたもののアウシュビッツ収容所には関与していなかったことがわかる。ゼヴはマックスに電話を掛け、次のルディ・コランダーに会いに行くと告げる。

手紙は憶えているのあらすじ【承】

マックスからの手紙には、かつてのナチス親衛隊員が死んだ捕虜の身分を盗んでアメリカに移住していたという証拠が見つかったと書かれていた。ゼヴとマックスが収容されていた区画の責任者が現在ルディ・コランダーという名前で生活しており、本名はオットー・バリッシュというらしい。しかし、逮捕に至る証拠までは見つからなかった。

ゼヴはバスでカナダ国境を越え、第二のルディ・コランダーがいる老人ホームを訪れる。アウシュビッツ収容所にいたと答えた第二のルディ・コランダーを区画責任者だと勘違いして憤るゼヴだったが、彼の腕にはゼヴと同じように番号が刻まれていた。第二のルディ・コランダーは同性愛者だとして収容所に入れられていたのだった。

ゼヴが第三のルディ・コランダーの家の前で待っていると、ルディの息子のジョンが帰ってくる。第三のルディ・コランダーは3ヶ月前に死亡していた。ゼヴがルディの友人だと伝えると、ジョンは家の中でルディについて話したいと言う。第三のルディ・コランダーは戦時品の収集家で、ゼヴはコレクションを見せてもらうことにする。

手紙は憶えているのあらすじ【転】

第三のルディ・コランダーの部屋にはナチスマークの旗が飾られており、当時のアルバムや軍服が保管されていた。確信したゼヴはジョンに話を聞くが、第三のルディ・コランダーは陸軍の料理人だったことがわかる。ゼヴが人違いだったと告げると、ジョンは逆上して差別的な言葉を叫び始める。ジョンはナチスの信奉者だった。

ゼヴはジョンに嗾けられて凶暴化した犬とジョンを銃殺し、そのままベッドに横たわる。翌朝、目を覚ましたゼヴは死体を見て取り乱す。上着のポケットに入っていたマックスからの手紙を読んでやるべきことを思い出し、決着をつけるために第四のルディ・コランダーに会いに行くとマックスに電話を掛ける。

第四のルディ・コランダーに会いに行こうとしたゼヴだったが、交差点で転んでしまい意識を失ってしまう。救急車で搬送され、目を覚ましたゼヴはマックスからの手紙を読んで記憶を取り戻す。病院からの連絡でゼヴの居場所を知ったチャールズと電話で話したあと、ゼヴはタクシーに乗りこむ。

手紙は憶えているの結末・ラスト(ネタバレ)

ゼヴは第四のルディ・コランダーの家へ向かう。ルディはいつかゼヴが会いに来るだろうとずっと思っていたと告げる。ルディは家族にばれないようにドイツ語で話し始め、ゼヴをバルコニーに連れて行く。ルディはいままでずっと嘘をついて生きてきたと話し、ゼヴは彼こそがオットー・バリッシュだと確信し銃を向ける。

チャールズがタクシーの乗車記録を辿ってルディの家までやってくる。ルディの娘がチャールズをバルコニーまで案内すると、ゼヴに脅されたルディが真実を話し始めた。

第四のルディ・コランダーの本名はクニベルト・シュトルムで、アウシュビッツ収容所で区画責任者をしていた。そして、クニベルトはゼヴこそがオットー・バリッシュだと言い放つ。クニベルトは逃亡の際に腕に98813と刻み、オットーは98814だと告げる。

全てを思い出したゼヴはクニベルトを撃った後、銃で自分の頭を撃ち抜いて自殺をする。事件はニュースとなり、老人ホームにいたマックスはゼヴが自分のしてしまったことを思い知ったのだと話す。マックスはオットー・バリッシュがゼヴであると知ったうえで手紙を渡していた。

手紙は憶えているの感想・評価・レビュー

認知症やアウシュビッツなど重いテーマの作品。
前半はロードムービー調で、すぐに忘れてしまうおじいちゃんをハラハラしながら見守っていたが、だんだんとピリピリとした空気に緊張感が漂う。
ラストは衝撃的で、観終わった後もラストの余韻がしばらく続いた。
すばらしいミステリーだし、色々と考えさせられる映画。戦争は罪深く終わりがない。(女性 40代)

この記事をシェアする