映画『鉄コン筋クリート』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『鉄コン筋クリート』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『鉄コン筋クリート』の概要:人気漫画「鉄コン筋クリート」の劇場アニメ。ある町に住み「ネコ」と呼ばれる二人組の孤児が、ヤクザと関わり衝突していく。その中で、自分の本性や自分にとって大切な物に気付いていくストーリー。

スポンサーリンク

映画『鉄コン筋クリート』の作品情報

鉄コン筋クリート

製作年:2006年
上映時間:111分
ジャンル:アニメ、ヒューマンドラマ
監督:マイケル・アリアス
キャスト:二宮和也、蒼井優、伊勢谷友介、宮藤官九郎 etc

映画『鉄コン筋クリート』の登場人物(キャスト)

クロ(二宮和也)
宝町の孤児。シロとともに廃車の中で生活する。身体能力が高く喧嘩も強い。シロの身の回りの面倒を見ている。
シロ(蒼井優)
クロと共に暮らす、宝町の孤児。純粋で幼い心を持っていて、不思議な言動が多い少年。

映画『鉄コン筋クリート』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『鉄コン筋クリート』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『鉄コン筋クリート』のあらすじ【起】

ネコと呼ばれる二人組の少年、クロとシロは宝町に住んでいる孤児だった。二人は盗みをしながら廃車の中で生活し、お金が貯まったら海の近くに移り住むことを夢みていた。クロは異常な身体能力で町を飛び回ることができ、町をのっとろうとする者を暴力で追い払った。シロは純粋で幼い心を持っており、不思議なことを口ずさむ。そして身の回りのことは全て、クロにやってもらっていた。また、もう1人、町で恐れられている少年がいた。クロとシロは会ったことがないが、イタチという名前で、牛の仮面を被り、暴力だけを信じているのだそうだ。

ある日、宝町を縄張りにしているヤクザ「大精神会」の木村とその舎弟達が、クロとシロの友人であるチンピラ4人と揉めていた。ヤクザ達は町で薬を売りさばく様に指示を出し、チンピラ4人はそれを断っていたのだ。そこにクロとシロが現れ、木村達はいったん引くことにしたが、後でチンピラのうちの1人を人質にしてしまう。チンピラは仲間を取り戻そうとするが、自分の母親も人質になっていると脅され手を出せずにいたところ、クロが突入してきてヤクザ達を倒した。笑いながらヤクザ達を倒しいくクロの姿は、助けてもらったチンピラにも恐怖に映った。

映画『鉄コン筋クリート』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『鉄コン筋クリート』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『鉄コン筋クリート』のあらすじ【承】

ある日、「大精神会」に蛇という男が現れる。「子どもの城」というレジャーランドを建設し、金儲けをしようというのだ。そのためにヤクザと協力し、地上げや邪魔者の排除をしていこうと考えていた。「大精神会」の組長は喜んで蛇を迎えいれたが、ネズミと呼ばれる幹部は、慣れ親しんだ町の景色を壊すことを反対していた。

一方、クロに倒された木村は、ネズミから謹慎を言い渡されてやけ酒をしていた。そこに蛇が現れ、自分の元で働かないかと近付いてきた。彼女が妊娠をしてお金が必要になった木村は、蛇のもとで働くことを決める。

蛇がまず排除しようとしたのはネコだった。蛇は三人の殺し屋を使いネコを襲わせた。クロとシロは一人の殺し屋をどうにか倒し、逃げ切ることができた。しかし、二人がバラバラになった隙に、シロが見つかり、刺された。瀕死の状態で見つかり治療を受け、シロは命をとりとめた。シロの安全のため、クロはシロと別々に暮らすことを決意する。以前からネコのことを気にかけてくれている、藤村という警部に預けることにした。

映画『鉄コン筋クリート』のあらすじ【転】

シロは預けられた警部たちに、神様は自分達をつくるときに沢山失敗をしていて、クロが持っていないネジは自分が持っているのだと話した。そして、シロを失ったクロは、廃人の様に町をさまよっていた。更に、ヤクザを襲って動けなくし、「子どもの城」の建設現場に放置するということを繰り返していた。そのうちクロの凶行が町の噂になり、イタチの正体はクロなのではないかと話す者もいた。

蛇のもとで働くことにした木村は、ネズミを殺す様に指示をうける。ネズミも「子どもの城」の建設に反対する邪魔者だったのだ。しかし、ネズミは木村が若い頃から世話になっていた恩人だった。断る木村だが、妊娠している彼女の危険を仄めかされ、殺す決意をする。呼び出されたネズミは、木村のやろうとしている事を分かっていた。ネズミは女房と子供を大切にしろと伝え、木村はハイと答え涙ながらに銃の引き鉄を引いた。

蛇はクロも排除しようと、再び三人の殺し屋を向かわせた。遊園地でさまよい歩いているクロを、三人が次々と襲ってきて追い込まれていく。絶体絶命の状況で突然、牛の仮面を被った少年が現れ、恐ろしい力で三人の殺し屋を殺していった。

一方、ネズミを殺し、蛇のもとへ帰っていった木村は、蛇に銃を向ける。蛇から誰の差し金かと聞かれ、愛と誠だと答えながら銃を撃った。その後、彼女とともに町を出ようとした木村だが、蛇の手下に撃たれ殺された。

映画『鉄コン筋クリート』の結末・ラスト(ネタバレ)

三人の殺し屋が目の前で倒れ、あっけにとられているクロにイタチが話しかけてくる。お前の本当の力を解放しろ、と。闇こそが全てを超越する力で、闇の中にこそ真実があると言いながら、イタチは仮面をとった。そこにはもう一人のクロがいた。光と闇をさまようクロが、もう一人の自分を導き出したのがイタチなのだと語る。そして、シロを偽善の代表者だと言い、クロをそのまま闇の世界へ誘いこんでいった。クロの世界は、だんだんと闇の世界に飲み込まれそうになっていた。

その頃シロは発狂していた。暴れるシロを警部たちが抑え込むが、自分はクロが持っていないネジを持っているのだと叫び続ける。クロに会いたいのだろうと、なだめられ落ち着くが、シロには何かが見えている様だった。そして「ダメ!」と大きく叫んだ。その声が聞こえたかの様に、闇に飲み込まれる寸前のクロの意識に白い鳥が現れた。クロはそれがシロだと気付き、自分はシロを信じると言ってイタチを遠ざけた。そして、現実の世界に意識が戻っていくクロ。消えていくイタチは、俺はいつでもお前の中にいて、お前を救うのだと言い残した。イタチが消えると、シロも落ち着きを取り戻し安心していた。

翌日シロは、クロが自分を迎えにくるはずだと言い出し、その通りにクロが迎えにきた。お帰りと言ってクロを迎えたシロは、その後クロとともに海の近くに移り住んでいった。

映画『鉄コン筋クリート』の感想・評価・レビュー

ピンポンの原作でも知られる松本大洋の作品がアニメ化されたもの。シロとクロという2人の孤児が宝町という土地を巡り、時にヤクザとも対立するストーリー。シロはどこかぼーっとした存在であるが、逆に力に取り込まれやすいクロをそばで見守る大切な相棒でもある。子供といえど、身体能力は凄まじく、大人でも適わない程である。クロは途中イタチに取り込まれそうになるのだが、シロはクロの変化を敏感に感じ、寸前の所でクロを助け出す。友情という言葉とはまた違うのだが、大切な存在というものについて、松本大洋なりに描いた作品ではないだろうか。(男性 30代)


松本大洋の大好きな作品がアニメになるということで期待を胸に観ました。
結果は漫画に忠実で満足できました。
ただ声優さんについては俳優さんにするのはやめて欲しいなと思っています。
聞いたことがある声だと誰の声かずっと考えてしまって内容に集中できません。
アニメ全般に言えることですがプロの声優さんに任せて欲しいです。

とにかくシロがかわいいです。
話し方とか口を開けてる感じとか。
でも、ほとんどの人はクロ、シロみたいには生きられない…(女性 40代)


独特な絵のタッチや個性的なストーリーなので好き嫌いはすごく別れるかなと思いました。
しかし観はじめるとテーマが深く、考えさせられる内容であったりするので絵が好みだという人におすすめの映画になっています。
リアリティとはかけ離れてる世界観ですが、私はそこがまたぶっとんでいていいなと思いました。

主人公二人が離れ離れになりお互いの精神が壊れていくところは胸が痛くなる思いになりながら観ました。
声優の蒼井さんの声がすごく印象に残り良かったです。(女性 20代)


原作を読んだことがないため、映画が初見。タイトルだけは知っていて、実際に観るのは今回が初めてだったが、聞いていた評判の通りおもしろかった。キャラクターを初めて観る人たちにも優しい前半の展開から、まくるような後半の勢い。最初から最後まで飽きることなく楽しめた。
キャスト陣もかなりクオリティが高いと感じた。世界観も絵の作り込みも、非常に好みの映画だと感じた。(女性 20代)


本作の予告で流れる主題歌のアジアンカンフージェネレーションの「或る街の群青」が印象的でカッコよく、思わず見たくなった作品。懐かしい雰囲気もありながらどこか不気味でガチャガチャとした宝町の世界観が少し怖かったのだが、物語が進むにつれてどんどん引き込まれた。スピード感満載のアニメーションが見事だった。

声優陣も豪華で、特に主演の蒼井優と二宮和也は、最初その二人が演じているのだとわからないくらい役にハマっていた。(女性 20代)


今回初めて、松本大洋作品に触れた筆者であるが、オリエンタルかつ、昭和・平成の日本の街並みを織り交ぜた独特な風貌を持つ宝町を舞台に、ヤクザ顔負けのギャング兄弟が疾走する姿に圧倒された。
序盤の無邪気さ、コミカルさから、終盤の心理描写も多くなっていくシリアスな場面を通して、兄弟たちの狂気、ダーティさが映える。
終盤にかけて難解な部分も多いが、主人公のクロ・シロをはじめ主要人物たちそれぞれのドラマが描かれていた。(男性 20代)


名前は聞いたことがあったが、なかなか見られずにいた作品。題名からポップなストーリーを想像していたのだが、思っていたよりも心にずっしりとくる重たいストーリーだったと思う。大人向けの作品だった。ネズミと木村が対峙するシーンは切なくて、心が痛くなった。ネズミはカッコ良い男だと思う。
クロとシロの特別な繋がりが、なんだか羨ましく感じた。物語を通して、お互いがお互いを必要としている気持ちが伝わってきた。(女性 30代)


声優陣がとにかく豪華な今作。二宮和也、蒼井優のクロとシロはもちろんネズミを演じた田中泯や蛇の本木雅弘などメインキャラクター以外でも豪華すぎるキャストが選ばれていて、それだけで見る価値があるでしょう。
アニメ作品ではありますが、独特な世界観やごちゃごちゃした街並み、個性豊かなキャラクターたちと全てが「宝町」を作り上げる要素になっていて、クオリティが素晴らしかったです。
笑える楽しいストーリーではありませんが、心にズシッとくる見応えのある作品でした。(女性 30代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒューマンドラマ映画アニメ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました